アパート経営土地活用

40坪のアパート経営:失敗しない狭小敷地の土地活用の注意点

40坪のアパート経営

40坪の敷地でアパート経営を検討する方は多く見られます。40坪という限られたスペースの中でアパート経営をする場合、いくつか注意点があります。

これからアパート経営をするのであれば、失敗したくないものですよね。

本記事では、40坪のアパート経営を検討している方のために知っておいてほしい情報をご紹介します。

ここでご紹介する内容を参考にして、40坪のアパート経営を成功させてください。

40坪アパート経営は十分に可能

「40坪の建物面積でアパート経営ができるのか」疑問に思う方は多く見られます。一般的な住宅が40坪ほどになるので、複数部屋のあるアパートを建設できるのか不安に思いますよね。

しかし、40坪のアパート経営は十分に可能です。

30坪の敷地でもアパートを建設できるため、40坪の敷地があればアパートを十分に建てられます。

40坪の建物を建てられるのであればアパート経営は十分にできるので、ぜひアパートを建設して土地を有効活用してください。

なお、40坪以下でアパートを建設したい方は、「30坪以下の敷地でアパートが建てられる土地広さはどのくらい?」の記事にも目を通しておきましょう。

アパート経営は収益が大きいのでおすすめ

土地活用には、アパート経営以外にも駐車場経営など、さまざまな土地活用方法があります。できれば、最も儲かる方法で土地活用したいのが本音です。

その中でもアパート経営は利益が大きいです。そのため、不動産投資で多くの利益が欲しい方におすすめの土地活用方法になります。

たとえば、同じ40坪の土地活用でも駐車場経営とアパート経営には差があります。

  • 駐車場経営:月30万円
  • アパート経営:月60万円

同じ40坪でもアパート経営のほうが儲かるので、土地活用で稼ぎたい方はアパート経営がおすすめです。

アパート経営を行い、儲けてください。

40坪のアパート経営の事例

40坪のアパート経営の事例をご紹介します。実際にアパートを建設している事例をご紹介するので、これからアパート経営を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

豊島区要町の3階建ての事例

40坪アパート経営事例

出典:住友不動産の賃貸物件

用途 アパート
所在地 豊島区要町
交通 有楽町線 要町駅 徒歩5分
土地面積 127.06㎡(38.43坪)
建物面積 188.93㎡(57.15坪)
階数 3階建
工法 2 × 4工法
戸数 5

住友不動産の賃貸住宅物件から引用

建物の面積が約40坪のアパートの事例です。階数は3階建てになり、5世帯のアパートです。

敷地面積は57.15坪なので、アパートを建設する敷地面積としては十分ではありません。

ただ、3階建てにする事で狭い敷地でも戸数を増やし収益率をアップしています。狭い敷地だからこそ、このように工夫してアパート経営をするようにしてください。

メゾネット型の40坪のアパート経営

40坪アパート経営 メゾネット40坪のアパート経営事例

出典:セキスイハイム中部

40坪と言えば、一般的な住宅ほどの建物面積です。先ほどもお伝えしましたが、アパートを建設するには十分とはいえません。

しかし、このようにメゾネットタイプにすることで、敷地を効率よく活用したアパート経営が可能です。

また、メゾネットタイプであれば部屋数も多くできるので、家賃設定を高くできるなどのメリットがあります。

狭い敷地でアパートを建設するからこそ、メゾネットタイプのような工夫したアパートを建設しましょう。

狭い敷地だからこそ賃貸併用住宅を建てる

40坪の土地活用賃貸経営40坪の賃貸経営土地活用

出典:セキスイハイム中部

以上でもお伝えしたように、40坪の建物は一般的な住宅の大きさです。そのため、アパート経営ではなく賃貸併用住宅を建設するのも1つの方法です。

賃貸併用住宅とは、住居の一部を貸し出して家賃収入で住宅ローンの返済を減らす方法です。

たとえば、上記の間取りのように左右で賃貸物件と住宅を分けたとします。

仮に家賃を10万円に設定し、毎月家賃収入が10万円ある場合、その分住宅ローンの返済は少なくなります。

住宅ローンの返済が15万円だった場合、そのうち10万円を家賃収入で補うことができれば、実質負担分は5万円です。

狭い敷地に無理にアパートを建てるのではなく、賃貸併用住宅を建設して自分自身の住宅ローンの返済を減らすのもおすすめです。

狭小敷地のアパート経営の注意点

40坪の敷地は狭く、「狭小敷地」と言われます。狭い敷地でアパート経営をする際は、以下のポイントに注意してアパート経営を行いましょう。

需要があるのかをよく考える

狭い敷地でアパート経営をする場合、そこの地域にアパートを建設して儲かるのかが重要です。

狭い敷地でアパート経営をしても、入居者が現れずに儲からなければ意味がありません。また、敷地が狭い分、駐車場などのスペースもない恐れがあります。

地方のように自動車を使う方が多い地域は、駐車場がないのは1つのデメリットです。狭小敷地でアパート経営をする場合は、そこの敷地にアパートを建設して利用者がいるのかどうかをよく考えるようにしましょう。

そうすれば、アパートを建設して空き室が多くなり、赤字になってしまうことも避けられますよね。

儲かる業者を選ぶ

アパート経営をする際は、儲かる業者を選ぶようにしてください。狭小敷地の場合、敷地が狭いため大きな土地のアパートに比べて設備が劣るなどのデメリットがあります。

したがって、狭い敷地だからこそ儲かる業者選びが重要です。

アパート経営は、業者によって大きく収益が異なります。儲かる業者と儲からない業者がいるので、40坪の限られた敷地でアパート経営をする場合は、利益が大きい業者を選ぶようにしてください。

40坪のアパートで費用を安くするためのポイント

賃貸経営をする際、できれば建設費用を抑えたいのが本音です。費用が安くなれば、その分儲かりますし、リスクは少なくなります。

つまり、アパート経営において初期費用を抑えることはとても重要なことです。同じ敷地で同じ収益であれば、建設費用は安いほうがいいですよね。

これからお伝えするポイントに注意して、アパート経営の初期費用を抑えるようにしましょう。

まずは業者の情報を集める

狭い敷地でアパート経営をする場合は、業者の情報をできるだけ集めるようにしましょう。先ほどお伝えしたように、業者によって収益が大きく異なるからです。

また、40坪の敷地でも素敵なアパートを建設してくれる業者がいいですよね。

しかし、アパートを建設できる業者の情報を知らない方は多く見られます。これでは、どこの業者がいいのかわかりませんよね。

そのため、まずは資料請求サービスなどを利用して業者の情報を集めるようにしてください。

業者の情報を集めた上で、狭い敷地でも儲かるアパートを建設してくれるところを選びましょう。

これが、40坪のアパート経営で失敗しないための業者選びのコツです。

業者の見積もりを比較して安い業者を選ぶ

価格を抑えるためには、必ず見積もりを比較しましょう。1社だけの見積もりだけを取るのではなく、複数社の見積もりを取って比較してください。

なお、このことを「相見積もり」と言います。価格を比較する上で重要なことなので、覚えておきましょう。アパートの価格を比較すれば、誰でも簡単に価格の安い業者を選ぶことができます。

たとえば、以下は1社だけに見積もりを依頼した場合です。

  • A社:6,000万円

この場合、1社だけではこの6,000万円という価格が安いのか高いのか判断することは難しいです。アパート経営は、業者や土地などの条件によって価格が異なるので、定価がありません。

つまり、アパートごと価格が異なるので、相場を見極めるのが難しいです。そこで、複数社に見積もりを取り相場を判断します。

以下は、3社に見積もりを依頼した場合です。

  • A社:6,000万円
  • B社:5,000万円
  • C社:4,800万円

この場合、A社の価格が一番高いことがわかります。そのため、価格を抑えるのであれば、B社かC社を選ぶ必要があります。

ただ、これは見積もりを比較したからこそわかることです。

逆を言えば、見積もりを比較しなければ安い業者や相場を判断することは不可能です。価格を安くアパートを建設したい方は、このように相見積もりを取るようにしてください。

まとめ

40坪のアパート経営は、敷地面積が限られているため工夫するようにしてください。事例でご紹介したように、3階建てやメゾネットタイプにすれば、狭い敷地でも土地を有効活用できます。

アパート経営は、家賃設定と戸数で収益が決定します。

建物を工夫して建設することで、家賃設定を高くしたり戸数を増やしたりすることが可能です。

また、アパート経営は業者によって収益が大きく異なるので、アパート経営をするのであれば、儲かる業者を選ぶようにしてください。

40坪を上手に活かした、アパートの収益プランを提案できる業者を選ぶようにしましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら