アパート経営の始め方

【賃貸アパート経営】大家に必要な役立つ資格は?不動産経営の資格

アパート経営必要な資格

アパートの大家になり賃貸経営をする上で、必要な資格は特にありません。そのため、アパート経営をするために資格を取らなくても大丈夫です。

ただ、取得しておくと役立つ資格はいくつかあります。

これからアパート経営を検討している方、資格を取ろうか考えている方は、資格を取れるのであれば取るのも1つの方法です。アパート経営の収益が上がりやすくなり、成功できる可能性は高くなります。

本気でアパート経営を考えているのであれば、このページでご紹介する資格を取ってみてはいかがでしょうか。

アパート経営には資格は必要ない

アパート経営は、資格が無くても行えます。アパートの管理などは管理会社が行ってくれるからです。

実際に、アパート経営をしている大家の方も資格が無くても成功している方はいらっしゃいます。そのため、必ず資格が必要なわけではありません。

ただ、先ほどもお伝えしましたが、アパート経営を行う上で役立つ資格があります。そういった資格を持っているとアパート経営がスムーズになり、成功しやすくなります。

そうすれば、必然的に収益も増えていくものです。

資格が無くても行えますが、資格があると有利になります。余裕があるのであれば、資格を取ってアパートの大家になってみてはいかがでしょうか。

アパートの大家に役立つ資格

アパート経営で役立つ資格をご紹介します。アパートの大家になる方は、以下の資格を取得すると賃貸経営が成功しやすくなります。

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 不動産実務検定
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
  • 住宅診断士

必ず必要な資格というわけではありませんが、時間とお金に余裕がある方は取得を検討してみてください。それでは、具体的にどのような資格なのかご紹介します。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、国家資格です。「宅建」と呼ばれるのはこの資格です。不動産の売買や賃貸物件の仲介業に必要な資格になります。

たとえば、家や土地などの物件を売買するのに必要だったり、賃貸物件を紹介する際に必要だったりします。

アパートなどの賃貸経営を仲介する際、宅建の資格を持った方が契約するため、賃貸における注意事項などを理解しておかなければいけません。

つまり、宅建を持つと賃貸経営におけるプロになれます。

単純に、賃貸についての知識があれば、アパート経営をしても成功しやすくなりますよね。

たとえば、以下の2つのタイプの大家がいるとした場合、どちらがアパート経営はうまくいくと思うでしょうか。

  • 宅建を持たずに賃貸の知識のない大家
  • 宅建を持っていて賃貸の知識がある大家

この場合、明らかに「宅建を持っていて賃貸の知識がある大家」のほうがアパート経営は成功できそうですよね。

実際にアパート経営をする上で、賃貸経営の知識は必要です。知識を付けるために、宅建を取得してみてはいかがでしょうか。大家として成功する確率は必ず高くなるはずです。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、ローンなどのお金にまつわるスペシャリストです。お金に関する知識を付けたいのであれば、ファイナンシャルプランナーを取得しましょう。

アパート経営は、ローンを組んで購入する方がほとんどです。そのため、ファイナンシャルプランナーの知識はとても役立ちます。

家賃収入の中から管理費用やローンを返済しなければいけません。

つまり、収入と支出のバランスが重要になり、支出より収入が多くなければ賃貸経営で儲けることはできません。

アパート経営は利回りが重要

また、アパート経営は利回りを考えて経営する必要があります。利回りが悪いと儲からないからです。利回りとは、投資金額のうち年間で何%の家賃収入があるか判断できます。

たとえば、物件の購入金額が1憶円の場合、年間の家賃収入が1,000万円であれば、利回りは10%です。

アパート利回り10%

この数字が高ければ高いほど、リスクがなく健全経営になりやすいです。このようなお金のリスクなどの専門家になれば、アパート経営で成功しやすくなります。

賃貸経営を考えている方は、ファイナンシャルプランナーを取得してみましょう。

なお、アパート経営の利回りについては、「アパート経営の利回りとは:表面・実質の計算方法や目安・平均」の記事で詳しく解説しています。利回りについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせて読むようにしてください。

不動産実務検定

不動産実務検定は、民間資格になります。アパート経営やマンション経営などの賃貸経営についての資格になるため、アパート経営を検討している方はこの資格を取ると非常に勉強になります。

たとえば、以下のような方におすすめです。

  • ゼロから大家になる方法を学びたい
  • 今ある空き室を満室にして健全経営したい
  • 土地を有効活用したい
  • プロのコンサルタント育成に生かしたい

不動産実務検定は、これからアパート経営をしたい方のための資格です。賃貸経営を行うことを目的としたカリキュラムになります。

アパート経営で直接役立つ内容です。賃貸経営の知識がない方は、非常に勉強になるはずです。

マスター資格と1級、2級があるため、まずは2級から習得してみましょう。

詳しくは、一般社団法人日本不動産コミュニティーのホームページを確認してみるとわかりやすいです。

公式ホームページはこちら

マンション管理士

マンション管理士は、国家資格になります。合格率は10%以下なので難しい資格ですが、賃貸経営を行う上であると便利な資格です。

「マンション管理士になるため、アパートの大家と関係ないのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、アパート経営をする際に非常に役立ちます。

マンションの管理の知識があれば、アパートの管理もできるからです。

アパート経営がうまくいくと、マンション経営をする方がいらっしゃいます。賃貸経営を行う上で将来を見据えたとき、マンション管理士を持っておくと将来的に役立ちます。

アパートは共同住宅になり、住民のトラブルが起こるものです。そういった場合、とばっちりは大家に来てしまいます。

マンションはもちろんのこと、アパートの設備の管理や入居者の管理、トラブルなどに対応できるようになります。賃貸経営を検討している方は、この資格を取得するとスムーズに賃貸経営ができるのではないでしょうか。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンションを管理する資格です。

「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験(以下「主任者試験」という)に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証(以下「主任者証」という)の交付を受けることが必要です。

一般社団法人マンション管理業協会より引用

業務内容は、マンションの管理を管理組合から管理業務を委託されます。つまり、マンションの管理業務を行う人が、管理業務主任者になります。

法律により、30戸につき1名以上の主任者がいなければいけません。

マンション管理士と似ていますが、こういった資格があるとアパート経営の管理もできるようになります。アパート経営を管理会社ではなく、自分自身でしたい方はこの資格を取るようにしましょう。

住宅診断士(ホームインスペクター)

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断方法などにおける一定以上の知識、高い倫理観を有することを消費者に明示するために、JSHIが2009年より実施している「公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験」に合格し、認定会員として登録している個人に対して付与する民間資格です

日本ホームインスペクターズ協会より引用

住宅診断士は、住宅の診断を行います。建物などを診断できるため、「欠陥住宅ではないか」「修繕費用がどのくらいかかるのか」「あと何年ぐらいもつのか」などがわかります。

住宅診断士は、一般住宅向けの診断ですが、アパートは住宅とそこまで構造が変わりません。外壁が古くなれば、屋根や外壁を塗装します。

これは、住宅もアパートでも同じです。そのため、住宅を診断するスキルはアパート経営にも役立ちます。

アパートを建てて、「どのくらいの修繕費用がかかるのか」「どこを修繕すればいいのか」がわかるため、賃貸経営をする方にとってはとても役立つ資格です。

アパート経営に必要な知識や心構え

アパート経営は資格よりも知識のほうが重要です。アパート経営をする上で、必要な知識をお伝えします。

アパートを建てれば儲かるわけではない

「アパートを建てれば儲かる」と勘違いしている方は多く見られます。しかし、アパートを建てたとしても入居者がいなければ利益になりません。家賃収入が発生しないからです。

むやみやたらにアパート経営をするのではなく、戦略的に「土地選び」「ターゲット」「家賃設定」「管理会社」などをよく考えてアパート経営をするようにしてください。

一時的な感情でアパート経営を行い、破産してしまう方もいらっしゃいます。

アパートは建てれば入居者が住んでくれて不労所得が手に入るわけではありません。注意するようにしてください。

利回りを意識する

先ほどもお伝えしましたが、アパート経営は利回りがとても重要です。利回りが少ないとその分利益が無くなり、リスクの高い賃貸経営になってしまう恐れがあるからです。

無理にアパートを建設しても利回りが少なければ、ほとんど利益は出ません。そのため、アパート経営をする際は利回りを計算してからするようにしてください。

入居者のことを考えた賃貸経営を心掛ける

入居者は「人」です。人がそこに生活することを意識しないアパート経営は失敗します。土地選びもそうですが、キッチンやお風呂、トイレなどの設備もきれいなほうが入居者は快適に生活できます。

居住者が快適に暮らせるアパートを建設すれば、自ずと空き室も少なくなり、長く住み続けてくれるようになるのです。

アパート経営は、大家目線ではなく入居者目線になるようにしてください。入居者の気持ちを考えて賃貸経営を行うのが、アパート経営を成功させるためのコツです。

入居者のことを考えたアパート経営を心がけましょう。

まとめ

アパート経営に必要な資格はありません。しかし、取得しておくと有利になる資格はたくさんあります。

せっかくアパート経営を行うのであれば、成功させたいものですよね。資格を取得するとアパート経営は成功しやすくなります。

賃貸経営を本気で考えている方や時間に余裕のある方は、ぜひここでご紹介した資格を取ってみてはいかがでしょうか。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら