アパート経営資金

アパート経営の見積もりの注意点:比較して儲かる業者を選ぶ

アパート経営見積もり

アパート経営の見積もりは、業者を比較する上で必要です。各業者に見積もりを依頼することで、建設費が安くて最も儲かる業者を選ぶことができるからです。

逆を言えば、見積もりを比較しなければ優良業者を見つけることはできません。そのため、アパート経営を検討している方は、必ず見積もりを比較するようにしてください。

また、見積もりを比較することを相見積もりと言います。

これからアパート経営で見積もりを取る方は、概算見積もりのポイントや業者を比較する際の注意点をご紹介します。

アパート経営は必ず相見積もりを取る

アパート経営は、必ず相見積もりを取りましょう。冒頭でもお伝えしたように、見積もりを比較しなければ儲かる業者を選ぶことはできないからです。

アパート経営は、業者によって儲かるかが決まります。業者によって初期費用も変わってきますし、その後の収益プランも違ってきます。

つまり、儲かる業者もいれば、儲からない業者もいるのです。せっかくアパート経営するのであれば、儲かる業者を選びたいと思うのが本音です。

アパート経営する方は、必ず相見積もりを比較するようにしてください。

初期費用が安くて儲かる業者を選べる

見積もりを比較することで、初期費用が安くて儲かる業者を選ぶことができます。以下のように、1社だけに見積もりを依頼したと仮定します。

  • A社:初期費用6,000万円:毎年の家賃収入500万円

1社だけの見積もりでは、6,000万円という価格が高いのか安いのか判断できません。また、家賃収入の金額も500万円では儲かる業者なのかわかりませんよね。

そこで以下のように、複数社に見積もりを依頼して初期費用や収益プランを比較してみましょう。

  • A社:初期費用6,000万円:毎年の家賃収入500万円
  • B社:初期費用5,000万円:毎年の家賃収入600万円
  • C社:初期費用4,800万円:毎年の家賃収入650万円

この場合、C社が最も安くて家賃収入が多いことがわかります。このように複数社を比較すれば、誰でも簡単に儲かる業者を選ぶことができるのです。

アパート経営をする上で、見積もりの比較は必須です。アパート経営をするからには、儲かりたいものですよね。

見積もりを比較して、最も安くて家賃収入が多い業者を選びましょう。

アパートの相見積もりは何社取ればいいのか

アパートの相見積もりは最初に多く取り、その後数を絞っていくようにしましょう。できれば、多くのアパート会社の特徴を知っておいたほうがいいからです。

アパートは地域によってパワーバランスが変わってきます。都市部に強いアパートメ―カーもあれば、地方に強い会社があります。

実際に見積もりを取ってみなければ、何とも言えないため、まずは資料請求や見積もりを取るようにしてください。

最初のざっくりした概算見積もりは、6社など多めに取り、その後徐々に少なくしていくのがおすすめです。そうすれば、あなたに合った業者を見つけ出すことができます。

できれば、初期費用が安くて儲かる業者を選びたいものですよね。アパート経営は、数千万円単位の買い物です。失敗しないためには、できるだけ多くのアパート会社に見積もりを依頼しましょう。

アパートの見積もりの価格の種類

アパートの見積もりの価格は、段階的に制度を増していきます。業者によって異なりますが、最初はざっくりとした見積もりになり、徐々に制度を増していきます。

そして、契約前になると最終的な見積もりになり、より細かい見積もりになるのです。

見積もりを依頼して業者を選ぶ際は、以下の手順で見積もりを作成してもらい徐々に業者の数を絞っていきましょう。そして、最終的な業者を選ぶようにしてください。

  1. 簡易的な概算見積もり:ざっくりとした見積もり
  2. 概算見積もり:ある程度細かい見積もり
  3. 本見積もり:最終的な見積もり

アパートの見積もりを取る際は、このように見積もりの価格に違いがあることを覚えておきましょう。必ず最終的な見積もりを比較した上で、アパート会社を決定しましょう。

それでは、業者の選び方の3ステップを解説していきます。

ステップ1.ざっくりとした概算見積もりで業者を絞る

業者の見積もりを比較する際に、まずは多くの業者に見積もりを依頼しましょう。そして、簡単な概算見積もりを貰ってから業者をある程度絞るようにしてください。

このとき、一括資料請求サービスがおすすめです。複数社の資料請求ができて、見積もりを簡単に取ることができます。

まずは、6社くらいからざっくりした見積もりを取るようにしましょう。そして、そのあと3、4社に絞るようにしてください。

無料!3分の入力で一括資料請求ができるタウンライフはこちら

ステップ2.3、4社に絞ったら詳細な見積もりを依頼する

3、4社に見積もりを絞ったら詳細な見積もりを依頼しましょう。より細かい内容を打ち合わせして、見積もりを作成してもらうようにしてください。

一言にアパートと言っても、業者ごとたくさん種類があります。木造なのか鉄筋コンクリート造(RCマンション)なのかでも価格は変わってきます。

さらに、戸数をどのくらいにするのかによって、アパートの見積もり価格は変わるので覚えておきましょう。

詳しい内容を決めることで詳細な見積もりがわかります。ここでさらに業者を絞ってもいいですが、せっかくなので最終的な見積もりを作成してもらうようにしてください。

この段階で4社依頼したのであれば、最終的な本見積もりは3社に絞るようにしてください。

ステップ3.3社に最終的な見積もりを作成し業者を決定する

最終的な見積もりを作成してもらい、業者を選ぶようにしてください。初期費用が安いことも重要ですが、収益を気にするようにしてください。

一番儲かる業者を探しましょう。アパート経営は、ビジネスです。儲かる業者を探さなければいけません。

たとえ初期費用が高くても儲かるのであれば、問題ありません。収益と損益のバランスを考えてアパートの見積もりを比較しましょう。

アパート建設費用の見積もりを取るメリット

アパートの見積もりにはさまざまなメリットがあります。アパート経営をする上で、必ず見積もりは取らなければいけません。

資料請求や見積もりは完全無料

アパートの見積もりを依頼する際に、資料請求や概算見積もりは無料でできます。そのため、できるだけ多くのアパート会社の情報を集めましょう。

大手だけがアパート会社だけではありません。あまり知られていないアパート会社でも、大手アパートメーカーよりも儲かっている大家がいるからです。

こればかりは、実際に見積もりを取ってみなければわかりません。見積もりを取ってみてから値段やプランなどがわかるからです。

しかしながら、完全無料であれば、気にせずに見積もりを取ることができます。資料請求も無料なので、もらえるだけもらったほうがお得ですよね。

数千万円単位の買い物をするからこそ、慎重にアパートメーカーを選びましょう。

見積もりをしてもお断り自由

見積もりをする際、「見積もりをすると断るのに気が引ける」という方がいらっしゃいます。

しかし、業者も見積もりを断わられることを承知の上で見積もりを作成しています。そのため、気にせずにお断りしましょう。

見積もりを断られることに慣れているので、心配しなくて構いません。それが仕事だからです。

良いアパートを建設するためには、多くの見積もりを取りその中から最も条件の良い業者を見つけ出しましょう。

土地を持っている場合土地活用プランを提供してくれる

土地を所有している方の場合、その土地をどのように活用すればいいのかプランを提供してくれます。アパートメーカーは土地活用のプロなので、どのように土地活用をすればいいのかを教えてくれます。

土地を所有している方は、アパート会社に土地活用プランを作成してもらいましょう。最も有効的な土地活用を作成してくれるはずです。

1番儲かる業者がわかる

見積もりを比較すると1番儲かる業者がわかります。

先ほどもお伝えしたように、業者ごとの見積もりや収益プランを比較すれば、最も条件の良い業者を選ぶことができるからです。

アパート経営建設費

複数社の見積もりを取れば、その中から最も儲かる業者を選べばいいだけなので、簡単に業者選びができますよね。

逆に、業者を比較しなければ儲かる会社を発見することはできません。アパート経営で失敗してしまう方は、これが原因なのです。

アパート経営で成功したいのであれば、必ず業者を比較しましょう。そうすれば、簡単に儲かる業者を選ぶことができます。

アパートの建設費用安くしたい場合の注意点

アパートの見積もりを取る際に、以下の注意点があります。

  • 同じ基準でアパートの見積もりを比較する
  • 建設費用を安くしすぎると破産する
  • 建設費よりも儲かる業者を探すほうがいい

アパートの見積もりを取ったことがない方は、これらの注意点を気にするようにしてください。それでは、アパート経営の見積もりの注意点をご紹介します。

同じ基準でアパートの見積もりを比較する

アパートの見積もりを依頼する際は、できれば同じ基準で見積もりを取るようにしてください。同じ基準でなければ、見積もりを比較することはできないからです。

たとえば、木造アパートと軽量鉄骨のアパートでは、構造上値段が変わってしまうので見積もりを比較できません。

木造アパートは安いですが、軽量鉄骨のアパートは値段が高いからです。そのため、見積もりを比較する際は、全ての業者に木造アパートの見積もりを取り、比較するようにしてください。

ただ、「ほかの見積もりも取ってみたい」という方もいるかもしれません。

その場合は、基準となる木造アパートの見積もりを取った上で、軽量鉄骨のアパートの見積もりを取るようにしましょう。

そうすれば、比較する木造アパートの見積もりと軽量鉄骨の見積もりを取ることができます。比較する見積書を作成してもらった上で、グレードの高いアパートの見積もりを取るようにしてください。

建設費用を安くしすぎると破産する

初期費用は安いほうが良いです。アパートローンで借金するリスクが少ないからです。

アパート経営は、数千万円~億単位の土地購入費用や建設費用がかかります。これだけの高額な費用がかかるため、リスクがあることを覚えておきましょう。

ただ、安さを求めすぎると建物の質が下がる恐れがあるので注意してください。

壁が薄かったり、外観がおしゃれでなかったりします。そうすると入居者が集まらない恐れがあります。アパート経営は、入居者がいなければ収益が発生しません。

安いアパートを建てることを目的とするのではなく、価格を抑えた上で入居者が快適に住めるようなアパートを提供することが大家の役割です。安っぽいアパートに住もうとは思いませんよね。

建設費用を安くすることは重要ですが、入居者が満足しない造りや構造では、かえって損をしてしまう恐れがあります。

儲からなくて破産したくなければ、安さだけを求めたアパート建設はしないようにしましょう。値段だけを重視するのではなく、快適性などを求めたアパート経営を心がけてください。

建設費よりも儲かる業者を探すほうがいい

建設費は安いほうが良いですが、アパート経営の目的は利益を出すことです。

つまり、儲からなければいけません。ボランティアではない以上利益を出す必要があります。そのため、収益が出るアパート経営を心掛けるようにしてください。

アパートの建設費用が安くても、儲からなければ意味がありません。そのため、建設費用が高くても最終的に儲かるのであれば、そちらを選択するべきです。

そのためには、多くのアパート会社の話を聞いて見積もりや収益プランを作成してもらい比較するようにしてください。建設費用を抑えることよりも、利益を出すアパート経営を心がけましょう。

アパートの見積もりで会社を選ぶポイント

アパートの見積もりによって、アパート会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。どのような基準でアパート会社を選べばいいのかお伝えします。

儲かるアパート会社を見つけ出すことも重要ですが、アパート経営は大家であるあなたと、アパート会社が長く付き合って一緒に賃貸経営をしていくビジネスです。

お金も重要ですが、それ以外にも重要なことがあるので覚えておきましょう。

オーナー基準でアパート経営を提案してくれる

アパート経営をする上で、オーナーであるあなた基準で賃貸プランを提案してくれるアパート会社を探し出しましょう。あなたのことを思ってくれるプランを提供してくれるほうがいいですよね。

アパート会社によっては、オーナーの意見をあまり取り入れてくれない恐れがあります。あなたがオーナーなのに、それではあまりいい気分ではないですよね。

さまざまなアパート会社を比較して、あなたのためにアパートを建設してくれる業者を選びましょう。

収益シミュレーションが分かりやすい

アパート会社を選定する際、収益シミュレーションがわかりやすい業者を選びましょう。アパート経営を行う上で、結局儲かるかどうかは収益によって決まるからです。

収益シミュレーションがわかりやすく明確であれば、信頼してアパート経営が行えるのではないでしょうか。逆に、収益シミュレーションが不透明なアパート会社だと、いざアパート経営をした際に儲かるか不安ですよね。

アパート経営は、利益を出さなければいけないため、収益シミュレーションがわかりやすいほうが安心できますよね。

アパート会社に見積もりを依頼した際は、収益シミュレーションがわかりやすいかどうかを比較しましょう。そして、その中で最も儲かる業者を選ぶようにしてください。

長く付き合いたいと思えるかどうか

アパート経営は、アパート会社と30年以上一緒に賃貸経営をします。

言い方を変えれば、オーナーとアパート会社は立派なビジネスパートナーです。長くお付き合いするからこそ、信頼できるアパート会社に依頼したいものですよね。

対応が悪いアパート会社には、依頼したくないのが本音です。アパートの収益はもちろんですが、アパート会社の対応や人の良さを気にするようにしてください。

お互いが、win win(双方良し)の関係になれるようなアパート会社を探しましょう。長く付き合いたいと思えるアパート会社を見つけ出すようにしてください。

まとめ

アパート経営の見積もりについてご紹介しました。アパート会社を探す際は、必ず複数社の見積もりを取るようにしてください。見積もりを比較しなければ、儲かる優良業者を見つけ出すことは不可能だからです。

あなたに合った初期費用が安くて儲かる業者を選ぶようにしましょう。

また、アパート会社に見積もりを依頼する際は、一括見積りサービスがおすすめです。一括見積サービスであれば、複数社の見積もりやアパートの収益プランをたった1度の入力で比較できるからです。

完全無料で利用できるサービスなので、これを活用しない手はありませんよね。なお、アパート会社の資料請求もできるので、資料だけもらうのも1つの方法です。

便利なサービスを利用してアパートの見積もりを取るようにしてください。そして、アパート経営で成功しましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら