アパート経営土地活用

アパート経営がしたい!農地転用による土地活用のポイント

アパート経営農地転用

農地を転用して、アパート経営を検討している農家の方は多く見られます。農地ではなく、アパート経営による家賃収入や相続税対策などさまざまなメリットがあります。

アパート経営を行い、賃貸オーナーには憧れるものですよね。仮に、家賃収入が毎月50万円支払われるとすれば、今の生活はとても豊かになるはずです。

ただ、農地転用でアパート経営を行う際、いくつか注意点やポイントがあります。

一度アパート経営をしてしまうと後には引き返せないため、よく考えて賃貸経営をするようにしてください。

このページでは、農地転用でアパート経営をする際のポイントをご紹介します。この記事で農地転用についてしっかり学び、アパート経営を成功させましょう。

畑や田んぼを活用しアパート経営は可能

農地を転用したアパート経営ができるのか疑問に思う方は多くらっしゃいますが、農地転用でアパート経営をすることは可能です。

実際に、農地転用をしてアパート経営で成功している方はいらっしゃいます。農地を転用して家賃収入が毎月50万円入ればとても嬉しいですよね。

農地を所有している方は、農地転用をしてアパート経営を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、後述しますが農地転用にはいくつか注意点があります。農地によっては、アパートを建設できないケースもあるため、まずは土地活用の専門家にお問い合わせしてみるのがおすすめです。

実際にプロに診断してもらい土地活用できるのか確かめてみてください。

農地転用でアパート経営をするメリット

農地転用をする際、アパート経営にはいくつかメリットがあります。どのようなメリットがあるのかご紹介しましょう。

家賃収入が入る

アパート経営をすると家賃収入が入るようになります。農地の場合、農作業をしなければ収益が発生しないため、毎月コンスタントに利益を生み出すことは難しいです。

しかし、アパート経営であれば毎月家賃が支払われるので、安定した収益を生み出す資産になります。農地を土地活用することで毎月家賃収入が入るようになれば嬉しいですよね。

農地転用でアパート経営に成功すれば、家賃収入が安定して入るようになります。アパート経営を検討している方は、農地転用を検討してみてください。

農地の管理をしなくて良いため遠方に住める

農地の場合、手入れをしなければいけません。放置していると草が生えてしまうため、定期的に手入れをしないと見るも無残な姿になってしまいます。

農地の管理をする場合、その土地に住み続けなければいけないのではないでしょうか。

相続なので農地を相続した場合、農地の管理などしたくない方もいらっしゃいます。とはいえ、先祖代々受け継がれてきた土地を売却するのも難しいですよね。

そういう場合は、農地転用してアパートを建設してみてはいかがでしょうか。農地の管理をしなくても良いですし、土地を売却しなくてもすみます。

そうすれば、農地のことを気にせずに都市部に引っ越すことも可能です。アパート経営は、管理をアパート会社に任せてしまえば、オーナーがすることはほとんどありません。

つまり、完全放置で家賃収入が入るようになります。

農地の管理をしたくない方は、アパートを建設し、家賃収入を手に入れながら管理をアパート会社に任せてしまいましょう。

税金対策になる

アパートを建設すると税金対策になります。規模にもよりますが、経費の幅が広がるからです。

農業をするよりも経費の幅が広がるので、税金対策ができます。

たとえば、管理費や手数料、広告宣伝費などさまざまなものが経費として計上できるようになります。より多くのものを経費として計上が可能です。

農業では経費として認められなかったものでも、経費として落とせるようになります。今まで経費としてできなかったものを積極的に経費計上して節税しましょう。

アパートの経費や税金対策については、「アパート経営の経費で税金対策しよう!落とせるものや節税のコツ」の記事で詳しくお伝えしています。ぜひ、参考にしてください。

土地の購入費用がない

農地を転用する場合、土地がすでにあるため土地購入の必要がありません。アパート経営は、土地を購入してアパートを建設する方は多く見られます。土地をすでに所有している場合、有利にアパート経営ができます。

土地の購入費用がかからないからです。そのため、アパート経営をアパートの建設費用だけで行えます。

たとえば、土地とアパートを両方購入する場合、以下のようになります。

4,000万円(土地) + 6,000万円(アパート建設費用) = 1億円(アパートの総額)

土地とアパートを購入する場合、総額で1憶円の費用になります。

しかし、土地を所有している場合、この4,000万円の費用がかからないため、6,000万円でアパート経営が可能です。

土地がない方に比べて4,000万円初期費用が安くアパート経営ができます。

土地を所有してアパート経営ができることは、土地の購入費用がかからないため、とてもメリットがあります。

多くの方が、土地を購入してアパート経営を行っていることを考えるとお得ですよね。農地を有効活用してお得にアパート経営をしましょう。

管理を任せてしまえば楽

アパート経営は、管理をすべて任せてしまえば楽に賃貸経営が行えます。アパート経営と聞くと、以下のようなことをしなければいけないと思うのではないでしょうか。

  • 入居者の集客
  • アパートの管理
  • 家賃の回収
  • 退去時の修繕

アパート経営を行うとこのような業務をしなければいけません。しかし、管理を任せてしまえば、これらを含めたすべての業務をアパート会社に任せることが可能です。

管理をすべて任せてしまえば、遠方に住んでいても毎月支払われる家賃を通帳記入して確認するだけです。何もしなくても家賃収入が入るようになれば、うれしいですよね。

ただ、管理をすべて任せるとその分管理費用は割高になります。

とはいえ、農地の管理などせずに毎月家賃収入が入るようになるのであれば、アパート経営は非常に魅力的ではないでしょうか。

農地転用でアパート経営をするデメリット

農地転用でアパート経営は、さまざまなメリットがあることをお伝えしました。しかし、アパート経営はメリットだけではなくデメリットもあります。

農地転用してアパート経営をする際は、デメリットも考慮した上で賃貸経営をするようにしてください。それでは、デメリットをご紹介していきます。

アパートの購入費用がかかる

アパート経営をするためには、アパートの購入費用がかかります。先ほどもお伝えしたように、アパートの建設費用は数千万円単位になります。

つまり、数千万円単位の借金をしなければいけません。

非常に高額な買い物だからこそ、リスクなどをきちんと把握した上で判断するようにしてください。

アパート経営は、家賃収入が毎月入るメリットがありますが、アパートを建設するために、高額な借金をします。その分リスクがあることを覚えておきましょう。

とはいえ、アパートローンの返済は、家賃収入から支払います。借金をするものの、あなた自身のお金で返済するわけではありません。

実際、アパート経営をしている方は高額な借金をしています。また、土地がない方は先ほどもお伝えしたように、土地代もローンで支払っているのです。そのことを考えると、そこまで神経質になる必要はありません。

破産するリスクがある

アパート経営は、借金をするため当然破産するリスクがあります。空き室が増えて家賃収入よりもローンの支払いや経費が多くなれば、赤字になります。

アパート経営は、数十年経営しなければいけません。今が良くても30年後どうなるかはわかりません。当然、借金をするので赤字になれば破産します。

アパート経営をする以上、破産するリスクがあることを忘れないようにしてください。

アパート経営のリスクについては、「アパート経営の7つリスク:後悔・失敗しないために問題点を知る」でご紹介しています。そのほかにもリスクがあるため、どのようなリスクがあるのかを勉強しておきましょう。

アパートを建てれば必ず儲かるわけではない

賃貸経営で勘違いする方が多くいらっしゃるのですが、アパートを建てれば必ず儲かるわけではありません。

アパートを建てれば、入居者が集まって家賃収入が手に入ると簡単に思っていると後で痛い目を見ます。

先ほどもお伝えしたように、赤字になれば破産するリスクもあります。入居者が集まらなければ利益はありません。

とりあえず、農地があるからアパートを建てておくという考えは危険です。アパート経営はリスクがあり、建てれば必ず儲かるわけではないからです。

安易な考えだと破産するので注意してください。

農地転用でアパート経営をする注意点

農地転用してアパート経営をするとさまざまなメリットがあります。ただ、農地を転用してアパート経営を行う際、以下の注意点があります。

  • アパート経営は立地条件が重要
  • すべての農地が転用できるわけではない
  • 空き室が多い地域は要注意

農地転用でアパート経営を考えている方は、これらに注意するようにしてください。それでは、具体的にどのような注意点なのかを解説していきます。

農地転用のアパート経営は立地条件が重要

アパート経営は、立地条件がとても重要です。駅から近い場所や住みやすい場所ではないと入居者が集まらないからです。

たとえば、電車通勤などの都市部の場合、駅から徒歩10分の場所と30分の場所では、どちらのほうが入居者は集まりやすいと思うでしょうか。

駅から近いほうが立地はいいですよね。

田舎の場合でも、周りにスーパーがなかったり、コンビニがなかったりすると入居者は集まりにくいです。賃貸経営は、入居者がいなければ利益が発生しません。

つまり、入居者のことを考えた賃貸経営が重要になります。

農地転用でアパート経営をする場合は、入居者が生活しやすい場所かどうかを気にするようにしてください。

すべての農地が転用できるわけではない

畑や田んぼですが、すべての農地が転用できるわけではありません。これは都道府県や市区町村によって異なりますが、農地にも種類があり農地だけしか利用できないケースがあります。

その場合、農地を転用してアパート経営ができない恐れがあるのです。

あなたが農地転用をしようと思っても農地転用できない恐れがあるため、まずはその農地が転用できるのかを専門家に相談してみましょう。

無料簡単!土地活用の専門家に農地転用できるかを無料相談

空き室が多い地域は要注意

周りのアパートに空き室が多い地域は注意してください。アパートを建設しても需要がないと考えられるからです。その場合、アパートを建設しても入居者が集まらない恐れがあります。

逆に、周りのアパートが満室ばかりであれば入居者は集まりやすく、農地を転用してアパートを建設すると儲かるチャンスかもしれません。

アパート会社に依頼すれば、周りの賃貸状況を市場調査してくれます。そのため、農地を転用してアパート経営をするべきかどうかを分析してもらいましょう。

無料でできるので、農地転用を検討している方はまずは専門家に相談するのが手っ取り早いです。

無料簡単!土地活用の専門家に市場調査を無料で依頼する

農地転用してアパート経営を成功させるためのコツ

農地転用してアパート経営を成功させるためのコツをご紹介します。せっかく賃貸経営をするなら儲けたいのが本音です。

農地を転用して賃貸経営で成功させましょう。

まずは農地転用できるか業者に相談する

農地を転用する場合、まずは専門家に相談するようにしてください。素人では、そこの土地が農地転用できるのか判断できません。

農地転用できないのに、アパート会社を探しても意味がありませんよね。そのため、まずは農地転用ができるのかを業者に相談しましょう。

そして、農地転用ができることがわかったら次の話に進むのがおすすめです。

農地転用の手続きは業者に任せる

農地にアパートを建てる場合、農地を転用してアパートを建てられる土地に変更しなければいけません。

このときに手続きなどは、何をどうすればいいのかわかりませんよね。

その場合、手続きなどは専門家に任せてしまいましょう。アパート会社であれば、手続きなどを手伝ってくれますので、農地を転用してアパート経営する際に非常に助かります。

素人ではわからないことが多いので、業者に任せるようにしてください。

アパートを建てた際の収益プランを確認する

アパートを建設する際、収益シミュレーションを確認するようにしてください。業者ごとの収益シミュレーションを比較すれば、儲かる業者を選ぶことができるからです。

せっかくアパート経営をするのであれば、儲かる業者を選びたいものですよね。

たとえば、年間の家賃収入が300万円よりも600万円のほうがいいですよね。アパートの収益プランは、業者ごと異なります。

アパート経営建設費

収益シミュレーションを比較すれば、儲かる業者が簡単にわかりますよね。一番儲かる業者を選びましょう。

アパート会社によって儲かるかが決定する

以上でもお伝えしたように、アパート会社ごと収益プランは異なります。そのため、アパート会社選びで儲かるかが決まります。

そのためには、できるだけ多くの業者の見積もりを貰うことです。比較する業者が多ければ、業者選びで失敗しないですよね。

3社だけよりも6社の見積もりを比較すれば、嫌でも儲かる業者がわかります。できるだけ多くの業者を比較して、その中からあなたに合った業者を選びましょう。

業者を比較する際は、一括資料請求サービスがおすすめです。1度の入力で多くの業者の資料を貰える上に、見積もりを取ることができるからです。パンフレットや見積もりを比較して一番儲かる業者を探し出しましょう。

アパート経営の資料請求については、「アパート経営の資料請求で建設費用が安くて儲かる賃貸会社を選ぶ」で解説しています。資料請求を使い、儲かる業者を見つけ出しましょう。

さらに、アパート経営の見積もりについては、「アパート経営の見積もりの注意点:比較して儲かる業者を選ぶ」の記事で詳しく解説しています。こちらの記事も合わせて読むようにしてください。

農地転用はまずは土地活用プランを利用する

農地転用してアパート経営をすることについてご紹介してきました。畑や田んぼにアパートを建てたい方は、ここでご紹介したことを参考にしてください。

農地を転用するのであれば、まずは土地活用の専門家に相談しましょう。「農地転用ができるのか」「アパート経営をしても儲かるのか」をプロの目線で判断してくれるからです。

せっかく土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

まずは、いろいろな業者に土地活用のプランを資料請求してみるのがおすすめです。

一括資料請求をすれば、200社の中から1番収益が出る業者を選べます。業者ごとのプランを比較し、1番儲かる業者を選べば間違いないですよね。

そこでおすすめなのが「タウンライフ土地活用」です。完全無料な上に、たった3分の入力で一括資料請求ができてしまうのでとても便利なサービスです。こんな便利な制度を利用しないなんて損です。

畑や田んぼなどの農地にアパートを建て、年間で600万円以上の家賃収入を手に入れている人もいます。今の収入に600万円増えたらとても幸せですよね。

多くの方が土地活用する際に利用しているサービスなので、ぜひ活用してみましょう。そして、何も使っていない土地から収益を発生させましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら