大東建託のアパート経営のデメリット:失敗例や成功例、評判や口コミ

大東建託アパート経営

大東建託でアパート経営を検討しているのであれば、大東建託について詳しく知っておかなければいけません。リスクや評判、口コミなど、気になることはたくさんありますよね。

また、大東建託のアパート経営の失敗例や成功例などもわかれば、とても参考になるはずです。

このページでは、大東建託のアパート経営を考えている方のために事前に知っておきたい情報をご紹介します。リスクや評判、口コミなどを考慮した上でアパート経営をしましょう。

大東建託のアパート経営のリスクやデメリット

大東建託に限らず、アパート経営はリスクがあります。アパートを建てれば、必ず入居者が現れて賃貸経営が成功するわけではありません。そのため、事前にどのようなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

一括借り上げシステムサブリースの罠

大東建託でアパート経営を行う際、一括借り上げシステムのサブリース契約を結びます。これは大東建託が部屋をすべて借り上げて管理し、一定額の家賃をあなたに支払う制度です。

アパート経営サブリース

たとえば、35年一括借り上げを行い、10部屋のアパートを建てると仮定します。このとき、家賃を5万円にした場合、満室で50万円の家賃収入です。この家賃を保証してくれるのがサブリースのメリットです。

実際は、空き室があったとしても決められた金額が支払われるので、安定した家賃収入がえられます。

これから大東建託に支払う管理費用やローンの支払いで40万円支払う場合、月に10万円の利益になります。

最初の家賃の金額が35年保証されるわけではない

ただし、一見素晴らしい制度ですが注意点があります。最初の家賃の金額が30年保証されるわけではないからです。

営業マンの説明や「一括借り上げ」というフレーズから35年間家賃が保証されるような印象がありますが、これがサブリースの落とし穴です。

35年一括借り上げを行うと言っているものの、「35年間家賃を保証する」とは言っていないからです。

10年を超えると2年ごと保証額が下げられる

実際に、10年を超え空き室があると2年ごと保証額を下げられるケースがあります。大東建託は、35年間家賃の金額を保証するわけではないからです。

最初は支払われた50万円が10年を経過し、2年ごと保証額を下げられる場合、16年後には、35万円になる恐れがあります。

サブリースの家賃下がる

家賃収入の金額が下がる場合、最終的にはローンや管理費の維持費のほうが高くなり、赤字になる恐れがあります。

最悪の場合契約解除

当然、これでは採算が合わないので契約解除をする大家は多く見られます。もちろん、アパートのローンは残るため、それを返済する必要があります。

実際は、入居者がそう簡単に集まるわけがなく自己破産してしまう方も多くいらっしゃいるのです。一時的な感情で賃貸経営を行うと後悔するため、リスクを考慮した上でアパート経営を行いましょう。

大東建託のアパート経営の成功例

大東建託でアパート経営を行っている方の成功例をご紹介します。成功例を参考にしてアパート経営を成功させましょう。

立地が良い

アパートの立地が良いと賃貸経営は利益が出ます。人気の場所だと入居者が現れやすいからです。

たとえば、駅から徒歩5分、大学が近い、スーパーや病院が近いなど、生活しやすい場所は人気です。

特に、都市部の場合駅に近いと人気物件になる可能性があります。そのため、このような場所に土地を所有している方は、アパート経営で成功しやすいです。

リスクを考慮した上で判断している

アパート経営で成功している方は、リスクを十分に考慮している方です。当然、アパートを建ててサブリース契約を行えば、利益が出るわけではありません。

たとえば、アパート経営を相続税対策目的で行う方は多く見られます。更地で相続すると相続税が高くなるからです。このとき、相続税対策でアパート経営を行う方は多く見られます。

しかしながら、果たして「アパートという1億円以上の借金をしてまでも相続税対策をする必要」があるのでしょうか。

仮に、相続税が300万円かかったとしても、リスクを背負ってまでもアパートを経営するのは疑問が残ります。相続税対策でアパート経営を行う方は、相続税の金額とリスクを十分に考慮した上でアパート経営をよく考えて行いましょう。

大東建託のアパート経営の失敗例

大東建託のアパート経営の失敗例をご紹介します。実際に失敗している方の事例になるため、参考にしてください。

そして、この失敗事例のようなアパート経営をあなたはしないようにしましょう。

営業マンの言いなりに契約した

セールスマンの言いなりにならないようにしてください。アパートメーカーの営業マンは、契約を取るために過度な表現をする恐れがあるからです。

たとえば、「サブリースは保証料が下がらない」と言ってくるセールスマンも実際にいます。しかしながら、先ほどお伝えしたように、サブリースは保証料が下がるため、騙されてしまう方は多く見られます。

このように悪徳営業マンに騙されてしまう方は多くいらっしゃるので、注意してください。

アパートを建てれば儲かると思っている

アパート経営は、そう甘くはありません。1億円などの金額でアパートを建設し、入居者を安定的に生活させて家賃収入を得なければいけないです。そして、ローンを支払いながら利益を生み出さなければいけません。当然、リスクはあります。

しかし、アパート経営で失敗してしまう方は、「アパートを建てれば儲かる」「家賃収入が得られる」と思っている方は多く見られます。

駅に近いなどの条件が良ければ問題ありませんが、田舎の畑だらけの場所でアパートを建設しても住む人はあまりいないですよね。アパート経営は、アパートを建設すれば利益になるわけではないので注意しましょう。

サブリースのリスクを軽視しすぎた

アパート経営で失敗する方のほとんどが、サブリース契約が原因です。家賃収入が「一定額支払われ続ける」という甘い誘惑に騙されてしまい、保証額を下げられ赤字になってしまう大家はたくさんいるからです。

よく考えていただければわかりますが、空き室でも家賃を支払っていては、大東建託側は損をしますよね。

そのため、「家賃が一定額ずっと支払われる」という言葉がおかしいと気が付かなければいけません。サブリースに騙されないように、リスクがあることを覚えておきましょう。

大東建託のアパート経営の評判や口コミ

大東建託アパート経営

大東建託のアパート経営の評判や口コミをご紹介します。これから大東建託でアパート経営を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

大東建託はアパート日本1位の物件数

以下は、アパートを建設しているランキングです。

順位賃貸メーカー戸数
1位大東建託グループ97万8902戸
2位積水ハウスグループ59万1000戸
3位レオパレス2156万8739戸
4位大和リビング50万4059戸
5位スターツグループ48万3120戸
6位東建コーポレーション21万4696戸
7位ハウスメイトパートナーズ20万3518戸
8位ミニテック18万2210戸
9位タイセイ・ハウジーグループ8万4521戸
10位長谷工ライブネット8万2833戸
11位東急住宅リース8万2288戸
12位旭化成不動産レジデンス8万1079戸
13位日本管理センター7万3816戸
14位パナホームグループ7万3284戸
15位アパマンショップホールディングス7万1078戸
16位生和コーポレーション6万8855戸
17位三井不動産レジデンシャルリース6万1392戸
18位ジェイ・エス・ビー6万154戸
19位常口アトム5万7937戸
20位LIXIlリアルティ4万7800戸

大東建託は、アパートの建設数で№1の実績があります。2位の積水ハウスに大差をつけての1位なので日本一番多いアパートメーカーです。

つまり、日本の賃貸メーカーの中で、大東建託のアパート経営を行っている方は一番多いのです。

評判が悪ければ、アパート経営で1番多い実績を出すことは不可能です。評判がいいからこそ、このような実績があるのではないでしょうか。

多くの方がアパート経営を行っている実績があるので、アパート経営をする施工会社に迷っているのであれば、実績が多い大東建託でアパートを建てるのも1つの方法です。

大東建託のアパートの評判

大東建託のアパート評判、実績

大東建託は多くの分野で1位の実績があるため、オーナーの評判は良いです。できれば、安心してアパート経営を行いたいものですよね。

実績がある大東建託でアパート経営を行いましょう。

大東建託のアパート経営の口コミ

実際に、大東建託のアパート経営を行っている方の口コミを見てみましょう。

静岡県富士市オーナー様

大東建託のアパート口コミ

「所有していた土地を2分するように真ん中を道路が通るようになってしまいましてね。道路が完成すると途端に固定資産税が跳ね上がってしまった。困りましたよ・・・。」とオーナー様。

これまで一番不安に思っていた、20年、30年先にお子様やお孫様に残される資産が負担になってしまうのではないかということ。

これをそっくり解決したのが「賃貸経営受託システム」でした。

安定した賃料収入があり、原状回復費、修繕費の負担まで心配する必要がなく、長期の安心を得られるなら賃貸経営をする上でこれ以上の安心はないとご納得。 賃貸経営による土地活用を決断されたのでした。

大東建託から引用:http://www.kentaku.co.jp

千葉県市原市オーナー様

大東建託アパート口コミ

「今の土地は先代が残してくれたものだから、私も息子へ安定した資産として賃貸住宅を残してやりたいとの思いがありました。」

オーナー様は、すでに賃貸経営をされていますが 修繕費の負担が非常に大きく、その費用は貯めておいた預金から支払う状況だったといいます。

「“賃貸経営受託システム”ならそういった心配もない。よりオーナー側の立場で作られている。修繕費を心配しなくて良いのは将来的に本当に安心。」

また、宅地並み課税で固定資産税の負担が大きく、また、近隣ではショッピングセンターなどの大規模開発が進み、住環境もより良くなることを見込まれ、新たに賃貸経営をする決断に至ったそうです。

大東建託から引用:http://www.kentaku.co.jp

まとめ

大東建託のアパート経営についてご紹介してきました。リスクや評判、口コミなどは理解できたのではないでしょうか。

大東建託は、アパートの経営実績が一番多い賃貸メーカーです。多くの方が安心してアパート経営を行っているのであれば、それだけの理由があるということです。

ただ、大東建託に限らず、アパート経営にはリスクがあります。サブリース契約はどこ賃貸メーカーも行っています。リスクのない賃貸経営はありえないため、事前にリスクやバランスを考慮した上でアパート経営を行いましょう。

失敗しないアパート経営をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

アパート経営建設費

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「イエカレが行っているアパートの資料請求」です。たった1分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国50以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

実際にイエカレを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありません。無料で業者の資料を一度に請求できるので、業者の情報を集めるのに非常に役立ちます。

アパート経営で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

アパート経営イエカレ

誰でも簡単にたった1分でアパートの資料請求ができるイエカレはこちら

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損ですよね。無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら

関連記事

アパート経営ハウスメーカー工務店

アパート経営のハウスメーカー・工務店:おすすめ建設会社の選び方

土地活用パナホーム

パナホームで土地活用:アパート建設の評判は?費用や坪単価は?

新築アパート投資法

失敗しない新築アパート投資法:メリットやデメリットを紹介

アパート経営管理会社選び

失敗しないアパート経営管理会社選び方・手数料や管理費用

大和ハウスアパート評判

大和ハウスのアパートを建設:経営の評判は?リスクや失敗談とは

アパート経営管理費

アパート経営の管理費とは:毎月の賃貸管理委託料の相場