アパートローンの金利比較一覧ランキング:金融機関の動向や審査基準

アパートローンを申し込みを検討した際、金利が気になるものですよね。

 

 

アパートローンの金融機関の特徴、金利や審査について

アパートローンの金融機関の特徴や金利、審査状況などを金融機関ごとご紹介します。

 

http://ooya-mikata.com/sitemap.html

 

このサイトなどを参考にして書いてみてください。

三井住友銀行の特徴や金利

三井住友銀行の、特徴や金利について説明していきます。

三井住友銀行は、東京に本店があります。3大メガバンクの1つでもあります。名前だけでも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

エリア

支店のあるエリアは、沖縄や1部の県を除きほぼ全国にあります。

支店がなくても出張所や代理店もあるので、全国で借り入れができます。

特徴

融資の際に頭金3割を要求してくる支店が多いです。頭金がないと融資は難しいでしょう。

また、三井住友銀行は資産負債率という指標があります。評価した資産に対し負債が60%以内に収めないといけません。

たとえば、1億円かかるアパートが1億円の価値があったとします。負債の60%なので6,000万円までしか融資できないことになります。

三井住友銀行は、富裕層向けといえるでしょう。

金利

金利は、1%〜1%後半です。詳しい金利が知りたい方は、お問い合わせしてみましょう。

みずほ銀行の特徴や金利

みずほ銀行の特徴や金利について説明します。

東京に本店を置く3大メガバンクの1つです。銀行業のほかに宝くじなども行っています。

エリア

支店は、沖縄を含め全都道府県にあります。全国で融資が可能になっています。

特徴

積算評価と収益還元評価を合わせた評価手法です。他の銀行でフルローンが確実でも、みずほ銀行は約3割は審査が通らないことがあります。それぐらい、厳しい審査なのです。

ただし、担保評価が基準値に達していればフルローンも可能な銀行です。

支店によって審査の通りやすさが違います。ですので、地域で大きな支店に行くことをおススメします。

金利

1%~1%後半の水準です。しかし、元金均等返済になっているため金利が低くても当初返済額が多めになります。

三菱東京UFJ銀行の特徴や金利

りそな銀行の特徴や金利

スルガ銀行の特徴や金利

静岡銀行の特徴や金利

日本政策金融公庫の特徴や金利

商工中金の特徴や金利

アパートローンの金利比較一覧

ここは書かなくて良い

アパート経営をどこに業者に頼めばいいのかわからない方必見!

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、1番儲かる業者を選びたいのが本音です。

アパート経営建設費

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

実際にタウンライフを活用して年間で600万円以上の家賃収入を手に入れている方もいます。今の収入に600万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありません。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求ができるタウンライフはこちら

アパート経営が初めての方はセミナーに参加しましょう

アパート経営をこれから行う方で、セミナーに参加していない方は必ずセミナーに参加するのがおすすめです。

賃貸経営のノウハウやポイントなどを教えてくれます。

特に初心者の方は必ず参加するようにしてください。こういった勉強をするかしないかでアパート経営が成功するかしないかが決まります。

せっかくアパート経営をするのであれば、失敗したくないですよね。また、儲けたいのが本音です。

そこで、 LIFULL HOME’Sが提供している不動産投資セミナーがおすすめです。全国で開催されているセミナーの中からあなたに合ったセミナーが選べます。賃貸オーナー向けのセミナーや初心者向けのセミナーなど、たくさんの種類があります。

完全無料で利用できるサービスです。アパート経営を検討している方は、これを利用しない手はありませんよね。

LIFULL HOME’S 不動産投資セミナーの申し込みはこちら

関連記事

アパートローン金利

アパートローンの金利の種類や計算方法【金融機関別の比較・動向】