土地活用

フランチャイズの土地活用:コンビニやコインランドリーは儲かるのか

フランチャイズ土地活用

自分で新しく店舗事業を始めるのは失敗しないか不安ですよね。そこで、フランチャイズによる土地活用がおすすめです。

フランチャイズであれば、大手の名前を利用して土地活用ができます。

飲食店をやるとしても、自分自身が新たに始めるよりもすでに集客力のある大手のブランドを利用したほうが失敗しにくいですよね。

土地活用によるビジネスは簡単ではありません。土地活用して借金を背負い、失敗してしまえば元も子もありません。

そこで、ビジネス未経験でも失敗の可能性が低いフランチャイズで土地活用を紹介します。フランチャイズによる土地活用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズとは

フランチャイズ

出典:https://dokuritsu.mynavi.jp/fc/about

フランチャイズとは、本部となる親会社と加盟店となる事業者が契約を結び展開するビジネスモデルのことです。

フランチャイズは、親会社の商標、商号、商品、サービス、システム、経営ノウハウなどを使って運営していきます。本部からマニュアルの提供や研修の実施を受けて、企業イメージの看板を背負って営業していくのです。

たとえば、コンビニ大手の「セブンイレブン○○店」というような知名度の高いブランド名を掲げることになります。

このようにフランチャイズ本部は、加盟店に知名度のある自社のブランド名と商品やノウハウを使う権利を許可されます。その対価として加盟店は、本部に権利利用料を支払っていくシステムになるのです。

つまりフランチャイズは、未経験でも始められるビジネスモデルになります。

商売の経験がなくても、実績のある親会社からノウハウを教えてもらえるわけですからね。仕入れ先や商品、集客力などを利用できて土地活用できるのは大きなメリットではないでしょうか。

「失敗したくない」「リスクを取りたくない」という方は、大手のブランド力を利用できるフランチャイズにしてみてはいかがでしょうか。

代表的なフランチャイズによる土地活用

フランチャイズによる土地活用で代表的な経営モデルを3つ取り上げます。

代表的な3つの土地活用
  • コンビニ経営
  • コインパーキング経営
  • コインランドリー経営

フランチャイズの代表格になるコンビニをはじめ、駐車場経営のコインパーキング、立地場所によっては需要の高いコインランドリーなどです。

それでは、それぞれのフランチャイズ経営の特徴を解説します。

コンビニ経営

コンビニ土地活用

フランチャイズのコンビニ経営で土地活用する場合、最初の選択肢が2つあります。

  • コンビニ経営者に自分の土地を貸す
  • 自分の土地を活用してコンビニ経営者になる

まず、どちらのスタイルで土地活用をするか選ぶ必要があります。

コンビニ経営者に土地を貸して賃料収入で土地活用にする方法と、自分の土地で自らコンビニ経営者になって営業利益を期待する方法です。

コンビニ経営者に土地を貸すだけなら、賃料収入が見込めます。コンビニ業者が撤退しない限り、安定した不労所得を得られるのです。逆に自分の土地を活用してコンビニ経営者になった場合は、賃料収入ではなく営業収入が期待できるでしょう。

利益を求めたいのであれば、自分自身で営業するようにしましょう。

ただ、コンビニ経営と言っても簡単ではありません。大手のブランド力を借りても撤退しているコンビニをよく見かけますよね。

コンビニ経営者の仕事は、資金繰りと人材育成です。あくまでも経営者の立場ですから、基本は現場の仕事ではありません。現場責任者は、別に「店長」をおくべきでしょう。

経営者は、最高責任者ですが、フランチャイズのコンビニ経営は、経営責任があるけど経営判断は本社依存になります。

本社のブランド力を借りて、本社の商品を本社のマニュアルに沿って販売するからです。そのためコンビニ経営は、本社に歯向かえない立場になっていくのです。

そのような流れから、コンビニ経営の大きなポイントが人材育成になります。コンビニは、24時間365日の営業に対して人手不足でも閉店はできないのです。

人が見つからなくても営業はしなければならない重圧が本社からかかってきます。

ブランド力の大きいコンビニは、企業イメージを守るため厳しい契約を交わされるのです。そのため店長や店長候補になる人材を育成する必要があります。

「いかに任せられる人を育てるか」

人がいなければ、家族総動員でも乗り切らなくてはならなくなります。コンビニ経営は、人材育成が大きなポイントになるでしょう。

それでもフランチャイズの中では、コンビニ経営は収益性が高く、立地によっては大きく売上が見込めるビジネスモデルです。

コンビニは、日用品を売っていることで生活に欠かせない店舗になります。場所さえよければ、大手コンビニのブランド力と実績を踏まえた本社からのサポートにより、大きな宣伝効果や販売力を味方につけられるのです。

店舗面積90坪、敷面積300~600坪ほどあれば、土地活用で郊外型のコンビニが経営できます。

あなたの土地がコンビニ経営に向いていれば、大手コンビニのブランド力で未経験でも大きな収益が期待できるでしょう。

コインパーキング経営

土地活用駐車場経営

フランチャイズで土地活用のコインパーキング経営の場合です。コインパーキング経営は、月極駐車場より収益性が高い時間貸しになります。

コインパーキング経営で土地活用する場合は、「自分で経営」または、「自営全部委託」の2つから選びましょう。

自分で経営

初期費用からランニングコストまで全部、自分で負担して投資する経営方法です。さらに管理や運営も自分で行うので、トラブルや事故など手間がかかります。

自営全部委託

業者任せの一括貸しです。自営全部委託は、初期費用やランニングコストがありません。 管理から運営まで、すべて委託してしまう方法です。

土地をコインパーキングとして、業者に貸し出し、賃料収入をもらう不労所得になります。

コインパーキング経営の特徴は、無人営業にあります。特にトラブルや故障がなければ、人を配置する必要はありません。人的コストは、精算機のつり銭の補充や売上の回収、駐車場の清掃にかかるくらいです。

ただし、コインパーキング経営を自分でするには、初期費用と維持費がかかります。

  • 土地の調査費用
  • 精算機設置費用
  • アスファルト舗装
  • フラップ設置
  • ロック板
  • 看板設置
  • 精算機メンテナンス費用
  • 電気料金
  • レシート用紙など消耗品費
  • 警備会社

上記に取り上げた初期投資や維持費がかかりますが、人件費が清掃程度でかからないのが特徴です。コインパーキング経営は、機械が24時間働いてくれるシステムなのです。

フランチャイズのコインパーキング経営の場合は、賃料収入のみの自営全部委託のケースが多いでしょう。

業者によっては、売り上げに応じて賃料が変動する経営プランがあったりします。自営全部委託の場合は、自己投資がないのでリスクがなく始められる賃料収入になるでしょう。

コインランドリー経営

コインランドリー

フランチャイズでコインランドリー経営の場合は、立地条件に大きく左右されるでしょう。土地の周辺にある競合店の調査や人通りの多さなどです。

コインランドリーは、「生活密着型安定投資」というほど立地場所によっては大きな収益が期待できます。

コインランドリー経営は、特にマンションの多い場所に需要あり、中でも大型マンションの近く需要があるのです。

その理由は、マンションでは洗濯物の外干しスペースに限界があるためです。布団や毛布など大きな洗濯物をコインランドリーに持ち込むケースは多いでしょう。

住宅地に需要のあるコインランドリー経営ですが、自己資金での初期投資は、2000万円ほどかかるでしょう。

設備投資の事例として2000万円をかけた場合は、建物と内装費、給水排水工事、電気工事、看板などの設置工事と乾燥機8台、洗濯機3台、洗濯乾燥機3台を導入した規模になります。

自己負担の初期費用を抑える方法として、業者とリース契約を結ぶことも可能です。ただし機械のリース料は、経営が赤字でも支払う必要があります。

コインランドリー経営は、立地がすべてです。大型マンション近郊でも二車線の国道沿いでは、駐車スペースや駐車場の確保にも困りますよね。

あなたの土地の立地が、片側一車線の県道レベルの道路沿いで「車で入りやすい場所」であれば、気軽に立ち寄れるでしょう。

フランチャイズによる土地活用のメリット

次に土地活用をフランチャイズ経営にする場合のメリットを取り上げてみましょう。

フランチャイズのメリット
  • 認知度の高い社名を利用できる
  • マニュアルがしっかりしているので初心者でも安心
  • 立場としてはオーナー・経営者になれる
  • 30年など長く契約してくれる
  • 多くの加盟店の経験から失敗しない

まったくの初心者でもフランチャイズによる店舗経営はできます。初心者でもできる理由になるフランチャイズ経営のメリットを解説していきますね。

認知度の高い社名を利用できる

フランチャイズ経営は、ブランド力のある全国展開している企業が多いのです。

そのため認知度の高い社名を使って、店舗運営ができます。開店から本社のマークやシンボル、販売実績のある商品やサービスを使って商売ができるのです。

マニュアルがしっかりしているので初心者でも安心

コンビニでもコインパーキングでも、素人や未経験者が理解できるマニュアルに沿って経営を進めていけます。

フランチャイズ本部の数多い店舗展開で得た、実績と経験から作成されたマニュアルに沿って運営できるのです。しっかりしたノウハウを伝授されることで、初心者でも安心できるでしょう。

立場としてはオーナー・経営者になれる

フランチャイズの経営者は、立場として独立している経営者になります。未経験者でも認知度の高い有名企業の看板を背負った責任者になれるのです。

30年など長く契約してくれる

フランチャイズ業者が、30年など長期間契約してくれる場合もあります。コインパーキングなど、人通りが多くて立地場所に需要がある場合です。

フランチャイズ店舗の場合は、実際の売上で左右されて撤退することもあります。その点、コインパーキングなら長期で契約してくれる可能性があるでしょう。

多くの加盟店の経験から失敗しない

フランチャイズ業者は、数多くの加盟店を指導、運営してきた経験があります。過去の運営経験から「失敗や成功事例」をたくさん抱えているのです。

多くの加盟店の事例を参考に成功しやすいマニュアルや指導を提供してくれることでしょう。初心者にとって、下積みの苦労もなく独立した経営者になれる近道になります。

さらにフランチャイズ業者には、あなたの土地が「開業に適した土地か」も判断してくれる市場調査のノウハウも備わっています。戦略面もすべて本社任せにできるのです。

フランチャイズ経営は技量と知識が不要になります。個人で一から始めるよりも時間短縮になるでしょう。フランチャイズ業者と契約していくことは、経営のプロの力により指導付きで営業していくことなのです。

フランチャイズによる土地活用のデメリット

フランチャイズ経営のメリットを取り上げてきましたが、本社企業主体の経営にはデメリットもあります。

続きましてフランチャイズ経営による土地活用のデメリットを取り上げてみましょう。

フランチャイズのデメリット
  • 大手の言うとおりにしなければいけない
  • 自分自身のアイデアを経営に活かしにくい
  • 営業時間を守らなければいけない
  • 開業資金は自己負担
  • 売り上げの一部をロイアリティとして支払う

フランチャイズによる土地活用は、このようなデメリットがあります。きちんとデメリットを理解した上で、土地活用するようにしましょう。

大手の言うとおりにしなければいけない

土地活用でフランチャイズの経営者になった場合、大手企業の本部が作ったルールは厳守する必要があります。

さらに本部の指導と監視は、常に付きまとうでしょう。大手の経営方針に従うことが、契約の段階で取り交わされます。強固な秘密保持義務や契約期間途中で中途解約した場合、解約するための条件が多いのもフランチャイズ企業の特徴です。

初心者でも経営可能の裏側には、大手企業の言うとおりに経営することが、絶対条件になります。つまり自由気ままに経営ができるわけではないのです。

大手のブランドを利用する反面、このようなデメリットがあります。

自分自身のアイデアを経営に活かしにくい

フランチャイズの広告宣伝は、本部が担当するので集客には困らない反面、自分のアイデアは通りにくいのです。

企業イメージや販売ノウハウから外れたアイデアは、経営者の立場でも採用されないのがフランチャイズの特徴になります。経営戦略で自分のアイデアがあっても活かしにくいことを理解しておきましょう。

営業時間を守らなければいけない

フランチャイズ企業は、企業イメージを「24時間営業」「365日休みなし」と認知されていることから、営業時間を守ることには厳しいのです。

営業時間を厳守することに重点を置けば、休日が取りづらくなるのは明白ですね。

開業資金は自己負担

フランチャイズ経営の店舗を開業するまでの資金は、多額の自己資金が必要になります。フランチャイズ経営者は、多額の自己資金を負担することで大きな出費を抱えるのです。

売上を伸ばして開業資金を取り戻すには、本社の意向をしっかり受け入れながら運営せざるを得なるでしょう。

売り上げの一部をロイアリティとして支払う

フランチャイズ経営は、売上の一部をロイヤリティとして毎月支払う義務があります。大手企業の経営ノウハウを使わせてもらっている代わりに、本部にロイヤリティを支払い続けなければいけません。

フランチャイズ経営は、経営者ではあるけど自由に運営方針を変えられない一企業の加盟店に過ぎないのです。

フランチャイズを成功させる秘訣

それでは、土地活用でフランチャイズ経営を成功させる秘訣はあるのでしょうか?
フランチャイズ経営を成功させるには、3つの重要な秘訣があるのです。

  • フランチャイズ向きか?土地の調査
  • 加盟店選び
  • 土地活用のプロに相談する

順に説明していきましょう。

土地がフランチャイズに向いているのか調査する

あなたの土地が、「フランチャイズに向いているか?」調査をする必要があります。土地がコンビニ店舗に向いていないのに、自分の目的や理想だけで動き始めては失敗する可能性があるでしょう。

あなたの土地でフランチャイズを考えている場合は、土地の調査から始めなければいけません。

人通りが少なく店舗や事務所がない場所にコインパーキング経営を始めても、近辺に訪れる需要がないことは明らかです。

まずは、土地がどのようなフランチャイズに向いているか調査をすることから始めましょう。

どこの加盟店に加入するのか

当ページで土地活用に向いているフランチャイズの経営モデルを3つ取り上げてきました。

フランチャイズ加盟店と言っても、業種業態は様々です。コンビニやコインパーキング、コインランドリー経営の中でも、数社の企業から選ぶ必要があります。

フランチャイズ企業は、全国展開する実績からも決断や判断も早いです。

実際に加盟店加入の審査をしても、断られるケースもあります。初心者でもフランチャイズ経営ができるからと言って安心はできないのです。

加盟店のオーナーになるあなたの人間性や人柄も審査対象になることでしょう。

大手企業は、企業イメージを基準にして選考します。あなたの希望する業者があれば、事前に企業理念や取り組みなど、その会社で勤める社員になったつもりで調べておくべきですね。

それから、実際にフランチャイズ経営をしている知り合いに、現状の経営状態や本社の関わり方などを聞いておくことも必要です。

契約してから知る厳しいノルマなど、事前に知ることができれば加盟店選びの参考になることでしょう。

ただし、フランチャイズ経営者は守秘義務があるので実際の内容と異なる可能性もあるのです。

やはり、直に「加盟店募集の案内」から、担当者と打ち合わせして判断することをおすすめします。

土地活用のプロに一度相談するのがおすすめ

土地活用でフランチャイズを考えている場合、自分の土地がフランチャイズに向いているか調査をすることが重要です。

土地周辺の店舗状況や人通り、人口の増減や将来の土地計画の見通しなど、とても素人には判断が付きません。そのような理由から、土地の調査を個人でするのは、なかなか難しいのです。

土地活用は、個人の要望を十分伺ったうえで、土地所有者の希望に沿う活用方法を提案してくれる土地活用のプロに相談することをおすすめします。

悩んでいる時間を土地活用のプロに相談することで、短縮して進めることが可能になるからです。

無料で相談できるので、土地活用で迷っている方はまずは気軽に相談してみてください。

まとめ

フランチャイズで土地活用は、初心者でも取り組める経営モデルということが理解できたでしょうか?

大手企業の実績とブランド力を利用できる加盟店になることは、独立経営の近道とも言えます。

ただし、経営者と言ってもアイデアやルールを自由に変えられない「大手企業の加盟店の一つ」という認識は忘れないことです。

それらを踏まえて、業者に土地だけを貸す「賃料収入を選ぶ」か、自分が経営者になって「営業利益を期待する」のかを判断しましょう。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら