土地活用

保育園や幼稚園の土地活用は儲かる?メリット・デメリット・利回りまで解説

アイキャッチ 保育園

儲かる土地活用に、「保育園経営」というものがあるのはご存知でしょうか。保育園経営は、形態にもよりますが非常に高い利回りを持っています。

意外かもしれませんが、大きく儲けたい人にとって保育園経営はぴったりの土地活用なのです。

本記事では、保育園経営のメリットやデメリット、どのくらい儲かるのかを紹介します。

保育園経営について興味がある人、もしくは興味がわいた人はぜひ最後まで読んでみてください。

保育園と幼稚園の違い

まずは、保育園と幼稚園の違いについて紹介しましょう。

「どういった違いがあるのかがイマイチ分からない」という人はここで疑問を解消してください。

保育園とは

保育園土地活用

保育園は、「0歳から小学校入学前の子供を保育する児童福祉施設」のことです。大体、朝から夕方まで子供を預かってくれます。

子供は保育園で何をするのかというと、基本、園内で遊んだり近くの公園へ散歩しに行ったりします。

最近の保育園では遊ぶだけでなく、簡単な工作をする時間や体操を習う時間が設けられているのが特徴ですね。

幼稚園とは

保育園土地活用

幼稚園は、「3歳になった春から小学校入学前までの子供の発達を促す教育施設」です。教育施設ということで、幼稚園教諭免許を持った人が子供を教育してくれます。

幼稚園で子供たちは何をするのかというと、お絵描きをしたり歌を歌ったりします。

幼稚園によっては、こういったレクリエーションともいえるものだけでなく、英語の勉強をする時間があるのが特徴です。

どういった違いがあるのか

保育園や幼稚園を利用する側に直接関係する違いとしては、対象の年齢ですね。

保育園は0歳から小学校入学前までと長いですが、幼稚園は3歳から小学校入学前までとなっています。

そのため、「3歳になったから保育園から幼稚園へ転園させよう」と考える親もいるのです。

また、年齢だけでなく保育してくれる時間帯も違いますね。幼稚園は朝から昼過ぎまで対し、保育園は朝から夕方までとなっています。

それゆえに、両親が朝から晩までフルタイムで仕事をしている家庭の場合、保育園を選ぶ家庭が多いことでしょう。

保育園の4つの種類

保育園には、以下のような種類があることをご存知でしょうか。なんと、どの種類の保育園なのかによって、収入や補助金の額が大きく変わってきます。

保育園という土地活用をするうえで非常に重要なことなので、この章でしっかりとおさえましょう。

収入の目安 利回り 初期費用
認可保育園 5000~8000万円 20% 1億円~
認証保育園 300万円~ 3% 500万円~
無認可保育園:個人経営 300万円~ 3% 3億円
無認可保育園:フランチャイズ 100万円~ 3% 150万円~

認可保育園:年収5,000万円以上利回り20%

許可保育園

まず、認可保育園について紹介します。

認可保育園とは

認可保育園は、国が定めた保育園の認可基準を満たしていて、都道府県知事に認可された保育園のことです。

国や知事に認可されているだけあって、国から補助金をもらえたり初期費用が一部免除されたりするのが特徴ですね。

この補助金というのは、園児の数に応じて支給される方式のものです。

「園児1人あたりいくら」という形で支払われるので、園児が多ければ多いほど補助金が多くもらえます。

このように、認可保育園は他の保育園の形態より、資金・収入面で非常に優遇されているのです。

より大きく儲けるためにも、保育園の経営をする場合は、認可保育園として経営ができないのかを必ず検討してください。

認証保育園:300万円~利回り3%

認証保育園

認証保育園は、認可外の保育園でありながら、ある一定の基準を満たした保育園のことです。

この認証保育園という方式は、東京都独自のものとなっています。

何故、東京都に認証保育園という形式があるのかというと、認可保育園をつくるためにパスしなければならない条件をパスしづらいからですね。

東京のような大都市となると、保育園の敷地面積や定員数を確保しづらいわけです。

「認証保育園は東京都独自のもの」と紹介しましたが、横浜市では、「横浜保育室」という名前で認証保育園にあたる形式を設けています。

認証保育園や横浜保育室は、地方自治体が定めた条件をクリアしているので、「無認可保育園より質が高いとお墨付きをもらっている」といえるでしょう。

そのため、認可がおりなかった場合は、認証保育園として経営ができないかを検討してください。

無認可保育園個人経営:300万円~利回り3%

無認可保育園

敷地面積や職員数といった条件がクリアできず、認可がおりなかった場合は、無認可の保育園として経営することになります。

認可保育園と違い、補助金の支給が無いため経営が難しく、利回りが低いというデメリットがありますね。

ただ、認可されていないおかげで、国や自治体からの制約を受けることなく経営が可能です。

儲けるうえで認可されるに越したことはないですが、その土地のニーズに合った保育園をつくれば無認可であっても儲けられることでしょう。

無認可保育園フランチャイズ:300万円~利回り3%

保育園もコンビニのように、フランチャイズ経営をすることが可能です。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、親企業から看板、商品、サービス、ノウハウなどを仕様する権利をもらい、その対価として親企業に代金(ロイヤリティ)を支払う仕組みのこと。

フランチャイズ経営をした場合のメリットは、企業が培ったノウハウを共有してもらえるところですね。

保育園を経営するノウハウがない場合、このメリットは非常に嬉しいです。

また、面倒な手続きを代行してもらえたり、立地についてのアドバイスをしてもらえたりと大きなメリットを受けることができます。

そのため、経営を始めるための手間を省きつつ、フランチャイズ本部の知恵を借りることができるのです。

このようなメリットがある反面、ロイヤリティー(代金)を支払う必要があるのがデメリットです。

自分への利益が減ってしまうというのは、土地活用をするうえであまり嬉しくないことですね。

このように、フランチャイズ経営はメリットもあればデメリットもあります。フランチャイズ経営をする際は、自分の土地活用スタンスにマッチしているかどうかをよく考えてみてください。

無認可保育園フランチャイズは、簡単に企業できる反面、毎月ロイヤリティ(対価としての代金)を支払う必要があります。

保育園を建設できる条件とは

保育園にはどういった種類があるかを紹介したところで、次は保育園を建設するうえでクリアしなければならない条件を紹介しましょう。

安全が確保できる場所

保護者の大切なお子さんたちを預かるわけですから、安全が確保できる場所でなければなりません。

具体的にどうすればよいのかですが、東京都福祉保健局の『東京都保育所設備・運営基準解説』の資料を見てみましょう。

『非常口は、火災等非常時に入所児童の避難に有効な位置に2か所2方向設置されていること』

東京都福祉保健局の公式HPより引用

東京都福祉保健局の『東京都保育所設備・運営基準解説』には、このように明記されています。

つまり、保育園の非常口が1つでは問題があるということですね。このような条件となっているため、保育園を建設するときには非常口の数に注意してください。

園児をあずかれる建物を建設する

先ほど紹介した『東京都保育所設備・運営基準解説』には、非常口のこと以外にも、建物や設備についての様々な基準が具体的に明記されています。

『保育室又は遊戯室、屋外遊戯場(保育所の付近にある屋外遊戯場に代わるべき場所を含む。第3号において同じ。)、医務室、調理室及び便所を設けること』

東京都福祉保健局の公式HPより引用

引用文から分かる通り、保育園では園庭や医務室などを設ける必要があるのです。

このように、「園児を預かれる建物」をつくるためには、多くの条件を満たしてなければならないのです。

きちんと基準を調べることはもちろんですが、見落としをなくすためにも保育園をよく知る専門家に相談するのもよいでしょう。

園児を45人以上あずかれる規模の土地の広さ

昨今の待機児童問題のこともあり、東京都世田谷区では、「保育園の定員は45人以上」とされています。

そのため、最低45人を預かれる規模の土地がなくてはなりません。

「45人が預かれる土地」というのはどういうことなのかというと、「1人あたり3.3㎡以上の屋外遊戯場」がある土地のことですね。

45人の園児を預かれる広さとは?

1人あたり3.3㎡以上の屋外遊戯場を必要とした場合

45人 × 3.3㎡ = 148.5㎡ となり、坪に換算すると「約45坪」が必要!

保育園の近隣に園庭の代わりになる公園や広場がある場合、園庭がなくてもよくなる場合があります。

ですが、必ず「園庭がなくてもOK」となるわけではありません。そのため、定員に見合った園庭を設けられる土地に保育園をつくることをおすすめします。

土地活用の保育園のメリット

保育園の種類や条件が分かったところで、次は保育園という土地活用の魅力に触れてみましょう。

土地活用の中でも利回りが良い

保育園経営の魅力は、なんといっても利回りの高さですね。認可保育園経営の利回りは20~40%といわれています。

利回りとは?(実質利回り)

実質利回りとは、年間収入から支出を引き、それを購入価格で割ったもののことです。実質利回りを計算することで、正確な年間利益を求めることができますよ!

例:1年間で得られる家賃収入が1,200万円、年間の経費が200万円、購入金額が1億円(10,000万円)のアパートを経営する場合

 家賃収入(1,200万円)-年間経費(200万円)÷初期費用(10,000万円)×100=10%

この「10%」が実質利回りとなり、年間で得られる利益となります。

この利回りは、土地活用の中でも非常に高いです。

たとえば、有名な土地活用であるマンション経営の利回りですが、5~10%というのが相場ですね。マンション経営の利回りが10%だったとして、元がとれるのには10年かかるわけです。

一方で認可保育園の場合、利回りを40%と仮定すると2年半で元がとれます。マンションより利回りの良い認可保育園なら、あっという間に元がとれてしまうのです。

このように、認可保育園の利回りは他の土地活用と比較しても、非常に高いものとなっています。土地活用をする際にはぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい
土地活用 利回り
土地活用の利回りとは:表面・実質の計算方法や土地活用別の利回りを紹介土地活用の方法について考えるときに、必ず参照しておきたいのが利回りです。 この記事では表面利回り、実質利回りの計算方法や、土地活用...

補助金制度を利用できる

保育園土地活用補助金

認可保育園の解説をしたところでも紹介しましたが、認可保育園の場合、園児の数に応じて補助金が支給されます。

つまり、保護者からの保育料だけでなく、国からの補助金までも収入になるということです。

多くの土地活用は利用者からの利用料のみが収入になりますが、認可保育園の場合は国からの補助金も収入になります。

そのため、認可保育園の経営は、他の土地活用と比べて非常に儲けの大きい土地活用となっているのです。

土地活用をするうえで、儲けの大きさを特に重視している人は、認可保育園の経営をおすすめします。

国からの補助金をもらえるのは「認可保育園」の場合のみです。国からの認可を受けていない、「認証保育園」「無許可保育園」は対象外となるので注意が必要です。

待機児童問題を解決できる

保育園をつくるということは、所有している土地の収益化ができるだけでなく、「昨今問題になっている待機児童問題の解決に一役買う」ということでもあります。

ここで、保育園の空きを待っている児童がどのくらいいるのか紹介しましょう。

2018年の東京都の待機児童数は、約5,500人となっています。なんと、東京都に住んでいる5,000人以上の子供が保育園へ通いたくても通えていないのです。

2017年より東京都の待機児童数は減っているものの、まだまだこれだけの待機児童がいます。

待機児童を減らすことで、地域貢献をしたい」という人は、保育園経営という土地活用を検討してみてください。

長期的に収入が安定する

保育園の収入

土地活用をするうえで、「安定した収入を長い間もらえるか」という点がどうしても気になりますよね。

保育園経営は、先ほども紹介した待機児童問題があるため、「保育園をつくったけど、そもそも需要がなかった」ということにはならないでしょう。

また、「国にサポートしてもらえる」という点も、安定した収入を長期的にもらえる理由ですね。

どのようにサポートしてもらえるかというと、認可保育園の場合は国の方で、保育園の空き状況を告知してくれます。そのため、空きが出てしまっても新しい入園者が集まりやすいのです。

このように、待機児童問題や国のサポートがあるため、保育園の経営は安定した収入を長期的に得ることができます。

国からのサポートをうけられるのは、「認可保育園」の場合のみとなります。国からの認可を受けていない、「認証保育園」「無許可保育園」は対象外となるので注意しましょう!

初期費用が免除される可能性がある

金額に差はあるものの、どんな土地活用であっても初期費用が必要です。初期費用が大きければ大きいほど、土地活用を始めるための負担が増えます。

そのうえ、元をとるまでの期間が長くなってしまいますね。

嬉しいことに認可保育園は、初期費用の一部が免除されるのです。初期費用が抑えられれば、必要資金も減り、利回りも良くなります。

このことは土地活用をするうえで、とても嬉しいことですよね。

「保育園は建設費や設備費が大きいから」という理由で保育園経営を渋っている人は、認可保育園として経営できないかを考えてみてください。

許可保育園の場合は、60%を国が負担してくれる

「初期費用が一部免除される」と聞いたら、どのくらい免除されるかが気になりますよね。どの程度の初期費用が免除されるかですが、およそ60~70%ほどの初期費用が免除されます。

アパートやマンションの場合は、初期費用が免除されないため、満額支払う必要があります。ですが、認可保育園の場合は、こんなにも初期費用を安くすることができるのです。

儲かる土地活用をしたい人は、非常にお得な土地活用といえる認可保育園の経営を検討してみてください。

認可保育園の場合、初期費用に3億円かかるとしたら、約2億円免除される計算になりますね!

相続税対策が可能

認可保育園の経営は、初期費用が免除されたり利回りが良かったりするだけでなく、相続税の対策にもなるのが嬉しいところです。

具体的にどのくらい相続税が小さくなるかというと、建物は30%、土地は15%小さくなります。

もし、保育園の建物が3億円、土地が1億円だった場合、相続税がおよそ5,000万円減額されるのです。

相続税の対策を考えている人は、保育園経営という手があることを覚えておきましょう。

あわせて読みたい
実家土地活用
【実家の土地活用】親からもらった家や相続時の対策を徹底解説両親が亡くなったり、老後のことを考え違う土地に引っ越したりと、様々な事情で実家を手放すことを考えている方も多いのではないでしょうか。 ...

資格がなくても土地活用できる

保育士になるためには、保育士資格が必要ですよね。では、保育園の経営にも資格が必要なのでしょうか。

「土地活用をするのに資格が必要」となると非常にハードルが上がってしまいますよね。

資格が必要かどうかですが、嬉しいことに、保育園を経営するために必要な資格は特にありません。資金や土地などがあれば、保育園経営を始められるのです。

保育園の土地活用のデメリット

たくさんのメリットがある保育園経営ですが、いくつかデメリットがあります。ここでは、そのデメリットについて紹介しましょう。

簡単には土地活用できない

「土地も資金もあるし、さあ保育園経営を始めよう!」という風にはいかないのが保育園経営の悲しいところです。

土地や資金があったとしても、先ほど紹介したような基準をクリアしたり、近隣住民から理解を得たりしなければなりません。

そのため、「手軽に保育園経営の始める」ということはできないのです。

手軽でない反面、先ほどから紹介している通り、儲けが多い土地活用です。ハードルが高いとはいえ、それにあった見返りがある土地活用といえるでしょう。

許可が下りるのに時間がかかる

認可保育園は、「国からの認可がおりるまでに1年ほどかかってしまう」というデメリットがあります。

保育園経営を始めようと思っても、すぐに経営を始められないのは歯がゆいですね。

「土地から収益を得るまでに時間がかかる」ということは、「維持費のみがかかる土地を所有している時間が長くなる」ということに他なりません。

固定資産税や整備費用がかかり、収入を得ることができないのは不経済ですよね。

ただ、認可されれば儲けの大きい土地活用が可能です。焦らずじっくり待って、後でどんと儲けましょう。

地域に数が限られるので早い者勝ち

都市部で待機児童問題が起きている一方で、地方では、「保育園には余裕がある」なんて話もあります。

保育園のニーズのない地域に保育園をつくろうとした場合、保育園がすでに足りているわけですから、認可がおりにくいことが予想されます。

十分な広さの土地や良質な設計があったとしても、所有している土地周辺の保育園のニーズがなければ、不認可となることでしょう。

認可保育園をつくりたいと思っている人は、その地域の保育園の需要をきちんと確認してみることをおすすめします。

保育園の需要がない場所で保育園経営を行っても、国からの認可がおりなかったり、園児が集まらなかったりと不利益になっていまう恐れがあるので注意してください。

保育園による土地活用の事例

保育園経営がどういうものなのかが分かった次は、実際の事例を見てみましょう。

土地活用の外観

下記の株式会社アミックスによって建設された保育園を見てみてください。野暮ったいデザインではなく、今どきのスタイリッシュなデザインになっていますね。

こういったモダンなデザインでしたら、都市部にあるおしゃれな街にもよくマッチすることでしょう。

保育園土地活用事例

出典:http://www.amix.co.jp/

保育園の内装

出典:http://www.amix.co.jp/

次に内装を見てみましょう。こちらも株式会社アミックスによって建設された保育園です。明るく広々とした空間なのが特徴ですね。

このような清潔感あふれる保育園でしたら、子供を安心して預けられます。

また、園児が使用する手洗い場や便器といった設備は、きちんと子供サイズになっています。園児が生活しやすい空間になっているというのも嬉しい特徴ですね。

保育園による土地活用の注意点

保育園経営をはじめるうえで注意しなければならない点を紹介します。これらの点に気を付けて、保育園経営を始めましょう。

まずはプロに相談してみる

土地活用を始める際に重要なのは、独力だけで行わないことです。自分1人の見識だけでは、分からないことや見落としがどうしてもあることでしょう。

分からないことや見落としをなくすために勉強することは大切です。ですが、土地活用全般や保育園経営についての勉強をずっとしていては、いつになっても土地活用を始められません。

そんなときはどうしたらよいかというと、土地活用のプロへ相談しましょう。自分の見識だけでは不十分なのなら、専門家の知恵を借りればよいのです。

保育園経営はもちろん、どんな土地活用であっても、まずはプロへ相談することをおすすめします。

土地活用での重要なポイントは、まずは土地活用のプロに相談することです。わからないことは、自ら考えずどんどん相談するようにしましょう!

ほかの土地活用と比較して決める

土地活用には保育園経営以外にも様々な形態があります。また、その形態によって向いている立地とそうでない立地があるのです。

では、所有している土地にマッチした土地活用が何なのかを知るためには、どうしたらよいのでしょうか。

その土地に向いている土地活用を知るためには、タウンライフ土地活用のような土地活用会社の「プラン一括請求サービス」を利用しましょう。

このサービスを利用すれば、様々な土地活用プランを一括かつ無料で手に入れられます。

手に入れたプラン同士を比較すれば、保育園経営より自分の土地にマッチした土地活用が見つかるかもしれません。

プラン一括請求サービスはネットから無料で利用できるので、まずはこのサービスを使って情報収集してみましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら

まとめ

最後に、本記事で紹介したことをまとめてみましょう。

まず、保育園と幼稚園の違いですが、入園できる年齢や預かってくれる時間帯が違いますね。

こういった点が違うため、「3歳からは幼稚園へ転園する」、「より長く預かってくれるから保育園に預ける」ということが起こります。

保育園には様々な種類がありますが、中でも認可保育園の経営は安定して大きく儲けることが可能です。

何故そうなのかというと、国から補助金が出たり、保育園の需要が高かったりするからですね。儲けもニーズも大きいというのは、土地活用をするうえで非常に嬉しいことです。

儲けもニーズも大きいという美点がある反面、国が定めている基準をクリアしたり、近隣住民の理解を得たりしなければならないというハードルがあります。

ただ、ハードルがある分、儲けの大きい土地活用です。頑張ってハードルを乗り越えて、儲かる土地活用を始めましょう。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら