アパート経営の始め方

アパート経営をするには目的を事前に考える:なぜ賃貸経営をするのか

アパート経営目的

アパート経営をする際は、どのような目的で賃貸経営をするのか明確にしましょう。一時的な感情でアパート経営を行っても失敗するからです。アパート経営をするのであれば、失敗して破産したくないですよね。

実際にアパート経営で失敗してしまっている方もいるので、失敗しないためにはアパート経営の目的をはっきりさせる必要があります。

また、アパート経営の目的がはっきりしていれば、家族と話し合い説得することもできます。土地活用といっても、アパート経営だけが正解ではありません。そのほかにも土地活用方法があるからです。

アパート経営の目的をはっきりさせてからアパート経営を行いましょう。

そこで本記事では、アパート経営でよくある目的をご紹介します。どのような目的があるのかを事前に理解しておきましょう。

目的1.土地の有効活用

アパート経営をする上で、よくあるのが土地活用です。土地を持っているものの、利用していない方は多く見られます。土地を持っていても、有効活用しなければ意味がありません。

土地を所有している分、税金を多く支払っているだけなので、土地を持っているだけでは逆に損です。

また、更地を持っている場合雑草が生えるなどの管理も必要です。

アパート経営土地広さ

あまりにも雑草が生えると近所からクレームが来る恐れがあります。

更地を持っている方は、土地活用しなければ損です。そのため、できるだけ早くアパート経営を行うなどの土地活用をするようにしましょう。

目的2.相続税対策

アパートを建てる方の中で、相続税対策目的でアパート経営を行う方は多く見られます。更地をそのまま相続するよりも、アパートを建てたほうが評価額は3割ほど下がるからです。

たとえば、1憶円の評価額の土地を持っていると仮定します。このとき、土地をそのまま相続した場合とアパートを建てた場合の評価額は以下の通りです。

  • 更地のまま:1憶円
  • アパート経営:7,000万円

アパートを建てると評価額が下がるので、相続税の金額も少なくなります。相続税が安くなるのであれば、アパートを建てたほうが家賃収入もあるのでお得ですよね。

こういった理由から相続税対策でアパート経営をする方は多く見られます。相続を控えている方は、アパート経営を行い税金を安くしましょう。

目的3.固定資産税対策

アパート経営を行うと固定資産税は安くなります。更地の場合よりも建物が建っていると固定資産税は、6分の1になるからです。

誰も住んでいない空き家をそのままにしているのは、このような理由があるからです。空き家を壊して更地にする場合、固定資産税が高くなります。

税金が高くなるのであれば、そのまま建物を持っていたほうがいいですよね。

このようなこともあり、更地よりも建物を建設すると固定資産税は安くなります。更地を持っている方は、アパートを建てて固定資産税を安くしましょう。

目的4.老後の年金対策

アパートを建てて家賃収入があれば、老後の生活資金になります。年金が貰えるかわからない以上、いざというときのために対策をしておく必要があるからです。

仮に、家賃収入が毎月30万円あれば、老後の年金が貰えなくても生活できます。

つまり、アパートの家賃収入を年金変わりにするということです。老後に年金が貰えるかわからない以上、アパート経営などで収入の柱を増やしておくことは重要ですよね。

目的5.アパートの建て替え

すでにアパートを持っている方で、築30年を経過している場合は、アパートを建て替えるのがおすすめです。古いアパートは、入居者が集まらないからです。

そのため、アパートの建て替えも1つの方法と言えるでしょう。

同じ家賃や場所で、築30年と築1年では築1年の物件のほうがいいですよね。近年建てられるアパートはおしゃれなものが多いです。

古いアパートの価値

古いアパートは、どうしても人気がなく空き室が多くなります。

古いアパートを持っているのもいいですが、収益性を考えるのであれば建て替えて新築アパートにしてしまったほうが入居率が良いので儲かります。

目的6.賃貸併用住宅で住宅ローンを軽減する

アパートを建てて、オーナーが生活するのも1つの方法です。賃貸併用住宅を建てれば、家賃収入があるので住宅ローンの支払いが楽です。

たとえば、1階部分を賃貸に貸し出し、2階部分で生活します。仮に、住宅ローンが15万円だとしても、家賃収入が10万円入ってくれば、実質5万円の負担になります。

このようにすれば、住宅ローンの返済を少なくすることが可能です。住宅ローンを安くしたい方は、賃貸併用住宅を建設しましょう。

目的7.事業としての不動産投資

アパートオーナーを事業としている方はいます。そのため、事業としてアパート経営をするのも1つの方法です。

アパート経営を行い、不動産収入が1,000万円を超える方もいます。本気でアパート経営を行い、不動産収入で食べていくのであれば、事業としてアパート経営をしましょう。

何も目的がないのは問題ですが、「アパート経営で成功する」という明確な目的があれば、きっと成功します。その目的を忘れずにアパート経営を成功させましょう。

まとめ

アパート経営をする際は、必ず目的を持ちましょう。目的を持たないと、賃貸経営で失敗するからです。

しっかり目的があれば、きっとアパート経営は成功します。それでは、今一度どのような目的があったのかをおさらいしましょう。

  1. 土地の有効活用
  2. 相続税対策
  3. 固定資産税対策
  4. 老後の年金対策
  5. アパートの建て替え
  6. 賃貸併用住宅で住宅ローンを軽減する
  7. 事業としての不動産投資

アパ―経営の目的は、主にこの7つです。アパート経営をしたいが目的がない方は、このどれかに当てはまるか気にしてみてください。

目的を持ってアパート経営を行い、賃貸経営を成功させましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら