土地活用

【狭小敷地の土地活用】10、20、30坪の狭い敷地の土地活用一覧

狭い敷地を持っている方は多く見られますが、土地活用方法に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

狭い敷地は土地活用方法が限られているため、どのように活用すればいいのかわからないからです。

ただ、活用方法を間違えてしまうと土地活用しても赤字になる恐れがあります宇。せっかく土地活用するのであれば、儲かりたいですよね。

そこで本記事では、10~30坪の狭い敷地の土地活用についてご紹介します。狭い敷地を持っているものの、土地活用で悩んでいる方はぜひ、ご覧ください。

狭小敷地税金が安い

狭い敷地は、税金が安いメリットがあります。土地の税金は大きくなると高くなるからです。

土地を持っている上で、最もデメリットは税金がかかることです。

しかし、狭い敷地の土地活用であれば税金がかからないため、税金を抑えることができます。これは非常に大きなメリットですよね。

狭小敷地は建物が建てにくい

ただ、10坪や20坪と言った狭い敷地は建物が立てにくいデメリットがあります。賃貸経営などのアパート経営を建設する場合、敷地面積が必要になるからです。そのため、ある程度の敷地が必要になります。

しかし、狭い敷地の場合スペースが限られているので、十分な建設スペースがありません。そのため、土地活用がしにくいのです。

とはいえ、土地活用方法は建物を建てるだけではありません。狭い敷地には、狭小敷地に適した土地活用方法があるからです。

次からは、狭い敷地に適した土地活用方法をご紹介します。どのような土地活用方法があるのかを知った上で、適切な方法で狭い敷地を有効活用するようにしてください。

自動販売機

自動販売機は、狭い敷地でも設置できるメリットがあります。そのため、自動販売機を設置する方は多く見られます。

また、自動販売機といっても、缶ジュースのものもあれば、オリジナルの商品を販売するものなどさまざまです。

ただ、人通りがない場所に自動販売機を設置しても利益にならない恐れがあるので、注意しましょう。

野立て看板

狭い敷地の場合、看板を設置するのも1つの方法です。看板であれば、メンテナンスが不要なため、楽に土地活用ができます。

ただ看板の場合、あまり収益にならないデメリットがあります。そして、そこに広告を出してくれる企業を探さなければいけません。

設置してしまえば楽ですが、利益にならなかったり看板を設置してくれる企業がいなかったりすると土地活用できないデメリットがあります。

コインロッカー

コインロッカーは、狭い敷地でも設置できるのでおすすめの土地活用です。利用者が多ければ、収益も期待できます。

ただ、コインロッカーを設置しても利用者がいなければ意味がありません。田舎の狭小敷地に設置しても収益は期待できません。

都市部で駅に近い場所などに、狭い敷地を持っている方はコインロッカーによる土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

狭小アパート

狭い敷地でもアパート経営は可能です。10坪では難しいですが、30坪あればアパート経営できます。

たとえば、以下は30坪の狭小敷地に建設されたアパートの事例です。

延べ床面積25坪のアパート

延べ床面積25坪アパート

出典:有限会社|宮坂工務店

このように、狭い敷地でも工夫すればアパート経営はできます。アパート経営は、土地活用の中でも利益率が高いです。

初期費用がかかるものの、家賃収入が見込めるのでおすすめです。

一括借り上げシステム

アパート経営サブリース

一括借り上げシステム(サブリース)などもあるので、空き室を気にすることなく賃貸経営できます。

一括借り上げシステムとは、アパート会社が部屋を全部借り上げ、大家であるあなたに毎月一定額の賃料を支払うというものです。そのため、空室に関係なく収入が安定します。

空き室に関係なく賃料が支払われれば安心ですよね。アパート会社によっては、一括借り上げシステムを提供している会社があります。

アパート経営を検討している方は、おすすめです。

戸建て賃貸

狭小敷地でも一戸建てを建設できれば、戸建て賃貸によって土地活用が可能です。戸建賃貸とは、一戸建てを貸して家賃収入を得るというものです。

こちらもアパート経営同様に、一括借り上げシステムがある業者があるので、空き室に不安のある方は一括借り上げシステムのある業者に依頼しましょう。

ただ、戸建て賃貸の場合は、アパート経営よりも業者探しが難しいので注意するようにしてください。

アパート経営は、何世帯かありますが、戸建て賃貸の場合は1世帯のケースが多く見られるからです。1世帯の場合必ず入居者がいないと赤字になってしまいますよね。

このような理由から戸建て賃貸をするのは難しいです。そのため、戸建て賃貸もあるということを視野に入れて狭い敷地の土地活用を検討しましょう。

駐車場・コインパーキング

狭い敷地でも駐車場経営やコインパーキング経営は行えます。アパートが建てられなくても車であれば、駐車できますよね。

全く利用していないのであれば、少しでも収益になるように土地活用したいものですよね。

駐車場経営といっても、方法は「月極駐車場」「コインパーキング」の2つの方法があります。それぞれ特徴が異なるので、順番に解説していきます。

月極駐車場

月極駐車場

月極駐車場は、初期費用がかからずに手軽に土地活用できます。アスファルトにしなくても、砂利を敷けば駐車できるからです。

たとえば、以下の写真のようにロープを金具で止めれば簡単に土地活用ができてしまいます。

月極駐車場トラロープ

月極駐車場は、手軽にできる土地活用なので狭い敷地で土地活用方法に困っている方は、駐車場経営を検討してみましょう。

コインパーキング

駐車場経営土地活用

コインパーキングは、初期費用がかかりますが、月極駐車場よりは収益性が高いです。

しかし、駅の近くにある土地などではないと経営しても利益がでない恐れがあります。初期費用ですが、300万円ほどはかかるので、覚えておきましょう。

業者によっては初期費用やメンテナンス費を負担してくれる業者があります。

コインパーキング経営サブリース

このように初期費用がかからない業者がいるので、まずは話だけでもしてみるのがおすすめです。

駐輪場

狭い敷地でも駐輪場であれば、十分な駐輪スペースがあるので土地活用できます。数時間数百円で駐輪場を貸し出せます。

ただ、駅に近ければいけないなどの立地条件がとても重要です。土地活用しても駐輪する人がいなければ意味がありませんよね。

駅に近い場所などの立地条件が良いところに土地を持っている方は、駐輪場の土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

貸し農園

狭い敷地の土地活用で農園として貸す方法があります。個人の方に年間数万円で土地を貸すことで、固定資産税を回収できます。

農園であれば、初期費用も少なく土地活用ができますよね。

また、駅に近い場所でなくても農園であれば利用してくれる人がいるかもしれません。利益はあまり出ませんが、管理をしてくれるので、放置して雑草が伸びっぱなしという状況よりはいいですよね。

貸し農園として土地活用することも覚えておきましょう。

コインランドリー

コインランドリーも狭小敷地にはおすすめです。敷地面積がなくても経営できるからです。また、収益性も高いので、儲かります。

精米所

 

まとめ

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら