土地活用

農協で土地活用したい!土地活用するメリットやデメリット

農協土地活用

「土地活用をしたいけど、どこに相談すればよいのだろうか?」なんて思っている人は、農協に相談してみてはいかがでしょうか。

なんと、農協は農業のサポートだけでなく、土地活用のサポートも行っている組織なのです。

本記事では、農協を通しての土地活用のメリットやデメリットを紹介しましょう。

農協での土地活用についての知識を増やし、土地活用をするうえでの選択肢を増やしてください。

農協とは:農協協同組合

農協での土地活用を紹介する前に、まずは、「農協」とはどういったものなのかを紹介します。

農協のホームページによると、

農協とは

農協は、『相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合』であるとされています。

こういった目的で組織された組合なので、農業をする際に必要な資材の購入や資金の借り入れなどに農協が関わり、農家をサポートしているのです。

では、農家や農業そのもの以外にはノータッチかというと、そうではありません。

農協は、「JAバンク」という金融サービスを提供していたり、土地の売買や賃貸住宅経営のサポートなどをしていたりします。

農協は、「農業協同組合」という名の組織ですが、農業とは直接関係のない事業も請け負っているのです。

農協の土地活用の種類

農協そのものの紹介の次は、本題である農協による土地活用について紹介しましょう。農協では以下のような土地活用の形態をサポートしています。

土地の売買

100坪 土地活用

農協では、土地売買の仲介業務を実施しています。そのため、各地方の農協ホームページを見ると、売り出している土地の情報を確認可能です。

また、売却の相談も受け付けているため、土地を買いたい人だけでなく売りたい人も農協を活用するとよいでしょう。

土地は土地活用をするうえで必須のものです。土地の相談は不動産業者だけでなく、農協へも相談できるということを覚えておいてください。

賃貸経営

入居者募集

農協は土地売買だけでなく、賃貸住宅の仲介業務も請け負っています。

そのため、土地の売買同様、各地方の農協ホームページで物件の確認をすることができるのです。

つまり、賃貸住宅を借りたい場合は不動産業者ではなく、農協に相談するという手もあるということです。

また、賃貸住宅の建設プランの提案や賃貸住宅の管理なども行っています。そのため、農協に賃貸経営の相談をしたり、物件の管理業務を請け負ってもらったりすることが可能です。

土地活用のことをすべて自分で考えて、1人で経営していくというのは大変なので、とても助かりますね。

このように、賃貸住宅を経営する場合も借用する場合も、農協へ相談するという選択肢があるのです。

賃貸住宅についての相談先は、不動産業者だけではないことを知っておきましょう。

定期借地

事業用定期借地

土地を他人に売るのではなく、「貸し付ける」という土地活用があります。この土地を他人へ貸し出す「定期借地」という土地活用も、農協へ相談可能な土地活用の1つです。

農協へ、「所有している土地を貸し出したい」と相談をすれば、土地の借地人を募集する広告を出してくれることでしょう。

この「広告が出る」ということは非常に大きなメリットです。

広告が出るということは、「ここの土地を借りることができる」という情報を多くの人々に知ってもらえるということです。

たくさんの人に知ってもらえるということは、借り手が見つかるまでの時間短縮につながります。

つまり、「広告が出る=土地活用を早く始められる」ということです。これは土地オーナーとしては嬉しいことですね。

このように、農協を活用することで、土地の借り手をより素早く見つけることができます。

土地を貸し出す場合は、農協へ相談するという方法もあることを覚えておいてください。

農協で土地活用するメリット

先ほど紹介したような土地活用などを農協で行うのは、どんなメリットがあるのでしょうか。いくつかのメリットは紹介済みですが、それ以外のメリットをここでは紹介しましょう。

全国展開しているので地域密着型

農協という組織は、「北は北海道、南は沖縄まで」、日本各地に存在しています。

そのため、日本のどこで土地活用をしようとも、農協へ土地活用の相談をすることが可能であるといえるでしょう。

また、その土地の土地活用は、その土地の農協がサポートしてくれるというのも、全国展開しているがゆえの特徴ですね。

たとえば、先ほど紹介した「定期借地の広告」ですが、神奈川県大井町の場合、リンク先(http://www.kn.zennoh.or.jp/land/oh_i_teisyakuchi.html)のような広告が出されています。

このように、神奈川県の土地は神奈川県の農協が広告を出すわけです。その地域に精通した農協に広告してもらえるのは、まさに地域密着型サービスといえますね。

組合員だと相談しやすい

農協には、組合員制度が設けられています。組合員になれば、農協の様々な事業サービスや施設を使用することが可能です。

また、土地活用をするうえで重要な、「ローンの金利」を引き下げてもらうことが可能となっています。

ローンの金利を低くしてもらえると分かっていれば、土地活用をするためのローンの相談をしやすくなることでしょう。そのうえ、嬉しいことに農協では、「ローン相談会」というものを実施しています。

農協によるローンの詳細について知りたい場合は、この相談会へ参加してみましょう。

このように、組合員だと優遇措置が受けられるため、農協へ相談するときの心理的なハードルが低くなることでしょう。

農協を活用する場合は、組合員になっておいた方がよいということですね。

農協の土地活用のデメリット

メリットの次は、農協を通して土地活用をするデメリットについて紹介しましょう。

正組合員でない利用しにくい

先ほど、「組合員になると様々なメリットがある」と紹介しました。ですが、裏を返せば、「組合員でないと優遇措置が受けられない」ということです。

また、組合員であったとしても、「正組合員」でなく「准組合員」の場合は不可能ことがあります。

どういったことができないのかというと、「農協の運営に関係する決議や役員の選任」です。

つまり、農業以外の仕事をしている組合員である准組合員は、運営や役員については口出しできないということです。

このことは、人によっては「肩身が狭い」と感じ、農協を利用しにくいと思うかもしれませんね。

ただ、農協のホームページ(https://org.ja-group.jp/about/unionmember)によると、『准組合員は、JAの事業を正組合員と同じように利用できます』とあります。

そのため、正組合員であっても准組合員であっても、土地活用そのものにはあまり影響はないと捉えることが可能です。

ですが、土地活用は大きな資金を用いる事業です。念には念を入れて、農協で土地活用をする際には、正組合員と准組合員の差を直接聞いておくことをおすすめします。

農協自体は土地活用をしない

農協そのものは土地活用を行いません。提携している業者への仲介をするだけです。

その証拠に、先ほど紹介した神奈川県の土地の広告(http://www.kn.zennoh.or.jp/land/oh_i_teisyakuchi.html)では、問い合わせ先は農協ではなく、「湘南ミサワホーム」となっています。

このように、実業務は農協と提携している業者が行っているのです。

こういった業者への仲介事業を農協が無料で請け負っているかというと、無料だと考えるのは難しいでしょう。

仲介をする見返りとして、業者から農協はマージンを受け取っていると考えるのが妥当です。マージンが存在している場合、そのマージンの大きさだけ土地活用にかかる費用が増えることでしょう。

もちろん土地活用をする際には、経費や初期費用をできる限り小さくしたいものです。

このマージンのことを考慮しつつ、農協で土地活用をするかどうかを考えてください。

農協で土地活用するなら資料請求がおすすめ

農協で土地活用をしようと考えたときは、まず資料請求をしましょう。土地活用をするうえで大切なものの1つは情報の多さです。

農協に依頼するとマージンがかかる

先ほど紹介したように、農協は提携業者へマージンをもらっていることでしょう。

そのマージンが大きければ大きいほど、土地活用をする側が支払う初期費用や経費は大きくなってしまいます。

このことは、土地活用をするうえであまり好ましくないことです。農協で土地活用をする際は、このデメリットを念頭に置きつつ、土地活用をしましょう。

農協に依頼するなら直接業差に依頼しよう

マージンがかからないようするにはどうしたらよいかというと、直接業者へ依頼することです。

農協を挟まず業者へ直接依頼すれば、マージンをとっていく組織はなくなりますね。

では、どこに土地活用の依頼や相談をするかですが、その土地に向いている土地活用を取り扱っている業者ですね。

賃貸住宅経営を行いたい場合は不動産業者へ相談し、太陽光発電を行いたい場合は太陽光発電の業者へ相談すればよいということです。

もし、向いている土地活用が分からない場合は、土地活用全般の相談を受け付けている土地活用会社へ相談してください。

有名な土地活用会社としては、「タウンライフ土地活用」や「教えて!土地活用」ですね。土地活用に悩んだら、これらの会社へ相談するのがおすすめです。

一括資料請求サービスがおすすめ

土地活用会社では、「一括資料請求サービス」を実施しています。このサービスは、無料で様々な土地活用業者の資料を集めることができるサービスです。

先ほど、土地活用に大切なのは情報の多さと言いましたが、このサービスを利用すれば、その大切な情報を多くに手に入れられます。

土地活用資料請求

手に入れた資料は土地活用をする際の参考資料として、大いに活躍することでしょう。

嬉しいことに、この「一括資料請求サービス」は無料で利用可能です。

そのうえ、webページから利用できるため、「どこかへ出向いて相談する」というようなことをする必要はありません。

このように、一括資料請求サービスを利用すれば、家にいながら、無料かつ手軽に多くの情報を収集できます。

土地活用を始めたいと思ったら、まずはこのサービスを利用してください。

まとめ

最後に、本記事で紹介した内容を簡単にまとめてみましょう。

まず、農協では農家の支援だけではなく、土地活用の仲介も行っています。どういった種類の土地活用を仲介しているかというと、賃貸住宅経営や定期借地などですね。

こういったポピュラーな土地活用を農協はサポートしてくれているというわけです。

農協で土地活用をするメリットは、ローンの金利が安くなったり農協のサービスを活用できたりするところです。

ただ、これらのメリットは、農協の組合員になる必要があります。そのため、組合員でないと農協での土地活用は少々しづらいといえるでしょう。

農協が仲介業務を請け負っているということは、農協は提携業者からマージンをもらっていることでしょう。

このマージンがあるため、悲しいことに土地活用をする側が支払う費用は大きくなります。

このデメリットを受けないためには、その土地に向いている土地活用を実施している業者へ直接相談する必要があるのです。

ただ、どういった土地活用が所有している土地に向いているのかの判断がつかないということもあるでしょう。

そんなときは、土地活用会社へ相談したり、一括資料請求サービスを利用したりしてください。自分の土地にマッチした土地活用が見つかることでしょう。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら