太陽光発電

【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット

太陽光発電による土地活用

土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリットがあるのか気になりますよね。

「太陽光発電は儲かるのか」「費用はどのくらいかかるのか」「ほかの土地活用と比べてどうなのか」など、さまざまな疑問があるものです。

せっかく太陽光発電するのであれば、失敗したくないですよね。

ソーラーパネルによる土地活用は、メンテナンスが不要であったりほかの土地活用ができなかったりする敷地でも活用できるなどの魅力があります。そのため、近年多くのオーナー様が参入している事業です。

とはいえ、必ずしもあなたが太陽光発電による土地活用を行えば成功するかと言えば、そうではありません。

そこで本記事では、太陽光発電を検討している方のために、土地活用の際に知っておきたい情報をすべてまとめました。太陽光発電で失敗したくない方は、ぜひ最後まで読み進めるようにしてください。

目次

土地活用で太陽光発電は儲かるのか

太陽光発電は儲かるのでしょうか。土地活用する上で、気になるのが利回りや収益プランです。土地活用するのであれば、儲けたいものですよね。

固定価格買取制度による安定収益

土地活用太陽光発電固定価格買取制度

出典:東芝エネルギーシステムズ株式会社

太陽光発電による電気は、発電した電気を販売することで利益を得る土地活用です。

固定価格買取制度によって国が定める固定価格で買い取ってくれます。そのため、安定した収入が見込めます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、2012年7月1日にスタートしました。

引用元:http://www.enecho.meti.go.jp

ただ、期限が決まっており、20年間になります。そのため、21年目以降は買取価格が下がる恐れがあります。

太陽光発電は安定して儲かる

太陽光発電は、太陽光があれば発電できるため、安定した収益があります。賃貸経営の場合、空き室があると家賃収入は少なくなるからです。

それに比べて太陽光発電は、空き室などの概念がありません。日に差はあるものの日照時間は毎年大きく変わらないからです。したがって、毎年一定額の収入が見込めます。

空き室などを気にせずに土地活用したい方は、太陽光発電による安定した不動産収入を手に入れましょう。

太陽光発電の買取価格

太陽光発電の買取価格

2018年の太陽光発電の買取価格は、1kWあたり21円+税です。この価格を20年間買取続けてくれます。

来年以降はこの価格が下がる恐れがあるので、早めに契約するとお得です。

太陽光発電の収益事例

太陽光発電は、どのくらいの利益が見込めるのか気になるものです。太陽光発電を実際に行っている事例をいくつかご紹介します。

太陽光発電の設置費用が1,400万円の収入事例

太陽光発電野立て

初期費用1,400万円かかった場合の太陽光発電の売電収入は154万円です。利回りは以下の計算式になります。

アパート経営表面利回り

年間の収入から投資額を割ると利回りを算出できます。この場合、以下の計算式のようになります。

11%(利回り) = 154万円(年間の収入)÷ 1,400万円(初期投資)

利回りは11%になり、高い利回りです。投資額した金額を9年で回収できるため、10年目以降はほとんどが利益になります。

毎月12万円以上の売電収入が入るので、安定して稼げる土地活用です。土地を所有しており土地活用を検討している方は、太陽光発電で安定収入を手に入れましょう。

太陽光発電初期費用が8,150万円の収入事例

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

初期費用が8,150万円の太陽光発電を設置した事例です。1年あたりの売電収入の平均は、約1,160万円になります。7年間で初期投資費用を回収できるため、非常にリスクのない土地活用です。

それでは、利回りを計算してみましょう。

14%(利回り) = 1,160万円(年間の収入)÷ 8,150万円(初期投資)

この場合、14%の利回りになります。非常に高い利回りです。7年間で初期投資費用を回収できるため、それ以降は毎年1,000万円以上の収益が見込めます。

何も利用していなかった土地が、毎年1,000万円以上の売電収入を生み出してくれることを考えると、太陽光発電は非常にメリットのある土地活用といえます。

太陽光発電設置費用が3,400万円の収入事例

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

ソーラーパネルの設置費用が、3,400万円の太陽光発電の事例です。毎年の平均売電収入が、約440万円になります。利回りは以下の通りです。

12.7%(利回り) = 440万円(年間の収入)÷ 3,400万円(初期投資)

利回りは12.7%になり、8年で初期投資費用を回収できます。利回り10%を超えているので、非常に高利回りです。

利回りの目安としては、10%を超えると安定した経営ができるとされています。太陽光は、10年ほどで初期投資資金を回収できる安定したビジネスです。

これから土地活用を検討している方は、太陽光発電システムによる売電収入を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ソーラーパネルによる土地活用のメリット

ソーラーパネルによる土地活用には、さまざまなメリットがあります。近年注目されているビジネスということもあり、多くのオーナー様がソーラーパネルによる土地活用を行っています。

太陽光発電には、以下のメリットがあります。

  • 収益が安定する
  • グリーン投資減税
  • メンテナンスが不要
  • 土地を選ばずに土地活用できる
  • ほかの土地活用に利用可能
  • 雪国でも土地活用が可能
  • 人口が少ない地域でもできる

太陽光発電には、このようなメリットがあります。それでは、詳しく解説していきます。たくさんのメリットがあるため、じっくり読み進めて特長を把握しましょう。

収益が安定する

太陽光発電は、収益が安定します。先ほどお伝えしたように、固定価格買取制度があるからです。国が電気の買取金額を決めているので、20年間販売価格が下がりません。

そのため、20年間は収入が安定します。賃貸経営の場合、入居者がいなければ赤字になります。そのことを考えると収益が安定する土地活用です。

安定した不動産収入が欲しい方は、太陽光発電による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

グリーン投資減税

青色申告をしている法人や個人の場合グリーン投資減税が利用できます。3種類があり、以下の3つによる減税が可能です。

  1. 青色申告をしている中小企業者等に限り、設備取得価額の7%相当額の税額控除
  2. 青色申告をしている法人又は個人を対象に、普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却
  3. 青色申告をしている法人又は個人を対象に、取得価額の全額を償却(100%償却、即時償却)できる特別償却

初年度100%を減価償却できる

3番目の優遇の場合、太陽光発電などによる減税処置になり、初年度で100%を即時償却できるメリットがあります。

一般的に、太陽光発電設備は17年の法定耐用年数です。

つまり、17年間かけて設備費用を経費計上する必要があります。太陽光発電設備に1,700万円かかったのであれば、17年間かけて経費計上するため、年間で100万円しか経費にできません。

しかし、グリーン投資減税があるため、初年度にすべての費用を経費として計上できます。早い段階で経費にできるので、節税対策が可能です。

10kW以上を平成27年3月までに設置し、設置から1年以内に発電を開始した物件が対象となります。

メンテナンスが不要

太陽光発電による土地活用は、メンテナンスがほとんど必要がありません。また、維持費用も掛からないので、ほとんど放置で土地活用できるメリットがあります。

土地活用と聞くとメンテナンスをしなければいけないため、近くに生活しなければいけないというイメージを持たれる方は多くいらっしゃいます。

しかし、ソーラー経営はほとんど放置で土地活用ができるので、遠方の土地に土地活用することが可能です。メンテナンスする必要がないということは、近くに住む必要ありません。

何もしなくても発電し続けてくれるので、手間暇をかけずに放置しながら土地活用したい方は、太陽光発電で安定した売電収入を手に入れましょう。

土地を選ばずに土地活用できる

太陽光発電は、日照時間があればできる土地活用です。そのため、場所を選ばずに土地活用ができるメリットがあります。

賃貸経営や駐車場経営の場合、駅に近かったり近くにスーパーや病院が周辺だったりしないと建設できません。田舎で誰もいないような土地で、賃貸経営をしても入居者は集まりませんよね。

一方で、太陽光発電は日当たりの良い場所であれば、崖などの特殊な場所を除いて土地活用が可能です。土地を持っている方であれば、ほとんどの方ができる土地活用です。

土地はあるけど賃貸経営や駐車場経営には向いていない」という方でも、太陽光発電であれば土地活用による不動産収入が得られます。

遊休地を持っている方などは、ぜひ太陽光発電を検討してみてはいかがでしょうか。

ほかの土地活用に利用可能

太陽光発電は、ほかの土地活用に利用が簡単にできます。賃貸経営の場合、アパートやマンションを建設した場合、最低でも30年以上は土地活用をしなければいけません。

しかし太陽光発電の場合、早い段階でほかの土地活用に変更することも可能です。太陽光発電設備は簡単に撤去できます。10年くらい土地活用をして、賃貸経営を始めるのも1つの方法です。

特に土地活用の方法についてプランがない方は、何も利用しないのはもったいないです。とりあえず、太陽光発電をしてみてはいかがでしょうか。

雪国でも土地活用が可能

太陽光発電と聞くと、「雪国は積雪があるため向いていない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、雪国は太陽光発電が不可能な地域ではありません。逆に、台風などの影響を受けないなどのメリットがあります。

さらに、雪国の日照時間は少なくありません。太陽光発電をするには十分な日照時間です。以下の図を見ていただくとわかりますが、そこまで日照時間に差がないことがわかります。

雪国日照時間

出典:太陽光発電協会

東北地方などの雪国ですが、ほかの地域と比べてもそこまで差はありません。そのため、太陽光発電をするには十分です。

実際に、雪国で太陽光発電を行っているオーナー様は多くいらっしゃいます。雪国に土地を所有している方は、太陽光発電による土地活用を検討してみましょう。

人口が少ない地域でもできる

賃貸経営などによる土地活用の場合、田舎などの人口が少ない地域だと利用者が少ないです。そのため、儲からない恐れがあります。

駅に近い土地や都市部に土地を持っている方であればいいですが、なかなか都合よくそのような土地を持っているとは限らないのではないでしょうか。

そこで、人口が少ない地域に土地を所有している方は太陽光発電をしましょう。太陽光発電であれば、太陽の光が当たれば土地活用ができます。そのため、人口の少ない地域に関係なく不動産収入を手に入れられます。

人口が少なくて土地活用方法に困っている方は、太陽光発電を検討してみましょう。

太陽光発電の土地活用のデメリット

太陽光発電は、良い点もあればデメリットもあります。これから太陽光発電を検討している方は、どのようなデメリットがあるのかを理解しておきましょう。

太陽光発電の土地活用のデメリットは以下の通りです。

  • 業者選びが難しい
  • ずさんな工事をされる
  • 銀行の評価が下がる
  • 節税効果はない
  • 環境の変化で発電量が下がるリスク
  • 反射光によるトラブル・クレーム

太陽光発電をしてからデメリットに気づき、後悔しては遅いですよね。事前に、どのようなデメリットがあるのかを把握しておきましょう。

業者選びが難しい

太陽光発電を行う際、業者選びに苦労します。それもそのはずです。太陽光発電をしようと思ってもどうすればいいのかわからない方がほとんどです。

ほとんどの方が、太陽光発電を専門に行っている業者のことを知らないからです。業者のことを知らなければ、どこの業者に依頼すればいいのかわからなくて当然です。

その場合は、一括見積もりサービスなどで、できるだけ多くの業者を比較しましょう。そうすることで、適正価格の業者を選べます。業者を比較しない場合、初期費用の高い業者に頼んでしまう恐れがあります。

タイナビ発電所

このように、同じ敷地に太陽光発電を設置したとしても初期費用は大きく異なります。業者によって発電量は変わりません。また、先ほどお伝えしたように、固定価格買取制度によって電気を売却する際の値段は20年間変わらないため、収益は安定します。

収益が同じであれば、設置費用は安いほうがいいですよね。

太陽光発電は業者選びが難しいため、数多くいる業者の中から適正業者を選ぶためには、業者を比較する一括見積もりサービスを利用するのが賢い選択です。

ずさんな工事をされる

以上でお伝えしたように、太陽光発電は業者選びがとても需要です。業者によっては、ずさんな工事を行う可能性があるため、注意してください。

太陽光発電は、人が住む住宅とは異なり、業者によっては手を抜く恐れがあります。そのため、台風などで破損したり、発電ができなくなったりします。

業者選びに失敗すると手抜き工事をされるので注意してください。

銀行の評価が下がる

太陽光発電は、不動産投資を行っている方にはデメリットになる恐れがあります。太陽光発電は、銀行の評価が下がるからです。

たとえば、太陽光発電を行い、その後賃貸経営を行おうと銀行に融資を依頼すると仮定します。このとき、太陽光発電を行っていると銀行の融資の審査が厳しくなります。

土地活用の中でも、賃貸経営などに比べると銀行の評価が下がる恐れがあるので注意してください。

これから不動産投資を本業にしようと考えている方にとっては、デメリットになる恐れがあります。賃貸経営などを将来的に考えている方は注意してください。

節税効果はない

土地活用をする上で、節税対策目的で行う方はいらっしゃいます。更地よりも、賃貸アパートなどを建設したほうが固定資産税や相続税が安くなるからです。

ただ、太陽光発電は更地と扱いが変わらないため、固定資産税や相続税対策は期待できません。

多くの土地を所有しており、固定資産税や相続税対策を検討している方は、気をつけるようにしてください。

環境の変化で発電量が下がるリスク

太陽光発電は、環境によって発電量が下がる恐れがあります。ソーラーパネル周辺にビルなどが建設され、日照時間が少なくなるケースがあるからです。

将来的に周囲の環境の変化で日照時間が下がる可能性があります。将来的に、そのようなリスクがあることを想定しておきましょう。

反射光によるトラブル・クレーム

太陽光発電は、太陽の光を反射します。そのため、反射光によるトラブルやクレームが起こる恐れがあります。

田舎の土地で周りに建物がない場所であればいいですが、街中でマンションやビルがあると反射光が当たってしまうからです。

その場合、トラブルやクレームが発生しやすくなります。街中や人が住んでいる近くで太陽光発電を検討している方は、注意するようにしてください。

太陽光発電の設備費用や初期費用

太陽光発電を検討している際、どのくらいの初期費用がかかるのか気になりますよね。できれば、安くしたいものです。

一般的に、太陽光発電をする際にどのくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

土地面積4840㎡:設置費用81,500,000円

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

先ほどご紹介したシミュレーションの設置費用は、土地の面積が4840㎡になり坪に表すと1464坪です。

そして設置費用は、81,500,000円です。

土地面積1890㎡:設置費用34,000,000円

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

土地面積1890㎡に対して、設置費用34,000,000円の事例です。坪に表すと571坪です。

実際の事例をご紹介しましたが、必ずしもこのような値段で太陽光発電を設置できるとは限りません。

業者や設備費用によって初期投資金額は異なるからです。あくまでも目安程度にとらえるようにしましょう。

太陽光発電を始めるまでにかかる期間

太陽光発電は、見積もりから設置完了まで約6カ月かかります。設備の設置に時間がかかるのはもちろんですが、電気を販売するための手続きが必要になるからです。

とはいえ、賃貸経営に比べると土地活用を行い、収益が発生するまで早いです。賃貸経営の場合、2~3年かかる恐れがあります。

ただ、太陽光発電も土地活用する土地によっては、整地など設置する場所を整える作業があると時間がかかります。

たとえば、草が生えている場合、草刈りをする作業が必要です。また、平坦な土地ではない場合、平坦にする工事が必要になるので、その分工事期間が必要になります。

これらの工事を行うと、その分工事期間は長くなるので6か月という期間はあくまでも目安になります。

太陽光発電の土地活用事例や土地の種類

太陽光発電による土地活用を行った事例をご紹介します。

実際に土地活用を行っている土地をご紹介しますので、これから土地活用を検討している方は参考になるのではないでしょうか。

遊休地にソーラーパネルを設置した事例

遊休地の太陽光発電による土地活用

遊休地を土地活用して太陽光発電を行っている方の事例です。投資額が1,550万円になり、年間の売電収入は181.2万円です。

利回りは、11.7%になります。投資額を8.6年で回収できますので、高利回りだといえます。何も利用していない土地から収益が発生することを考えるとうれしいですよね。

遊休地はあるものの、何も土地活用していない方はぜひ太陽光発電を検討してみましょう。

駐車場跡地に太陽光を設置した事例

駐車場跡地の太陽光発電による土地活用

もともと駐車場だった場所を太陽光発電に変更した事例です。

投資額、1,380万円になり、年間の売電収入は138.7万円です。利回りは10.1%になり、投資額を9.9年で回収できます。

太陽光発電は、駐車場経営などに比べて稼働率などを気にしなくても問題ありません。そのため、気軽に土地活用ができる特長があります。

若干差はあるものの、日照時間は年間を通してほとんど変化がありません。毎年安定した売電収入が得られます。

したがって、土地活用で手間暇をかけたくない方におすすめです。

資材置き場を太陽光発電に土地活用した事例

資材置き場太陽光発電土地活用資材置き場として利用していた土地を太陽光発電システムに土地活用した事例です。

初期投資額は、960万円です。そして、年間の収益は90.7万円になります。利回りは9.4%になり、10.6年で初期投資費用を回収可能です。

太陽光発電にすれば、毎月安定した収入が手に入ります。

資材置き場として利用している場合では、何も収益を生み出しませんでしたが、土地活用することで収益を生み出せるようになります。

農地を太陽光発電に土地活用して安定した収入を手に入れる

農地を太陽光発電に土地活用

農地を太陽光発電に土地活用した事例です。初期投資額が1,200万円になり、年間の売電収入が122.6万円です。

利回りは10.2%になり、初期投資額を9.8年で回収できます。

農地を太陽光発電にすれば、働かなくても勝手に電気を発電して売却収入が入るようになります。農業とは違い、何もしなくても収入が勝手に振り込まれるので、不労所得を手に入れることが可能です。

農家の方で多く農地を持っており、その一部を太陽光発電にする方は多く見られます。農業ではなく、不動産収入が欲しい方は太陽光発電を検討してみましょう。

工場・倉庫の跡地を太陽光発電に土地活用した事例

工場跡地太陽光発電土地活用

工場や倉庫の跡地を太陽光発電にした事例です。初期費用1,600万円に対し、年間の売電収入は169.6万円になります。

利回りは10.6%になるため、9.4年で初期投資を回収できます。工場や倉庫の跡地を利用していないのであれば、太陽光発電を行い収益化しましょう。

何も利用していない土地は非常にもったいないです。固定資産税を払うだけの状態の方は、土地活用を検討したほうがいいですよね。

積雪地域で太陽光発電による土地活用の事例

積雪地の太陽光発電による土地活用

積雪地域にある土地を太陽光発電に土地活用した事例です。初期投資額は1,850万円になり、年間の売電収入は161.2万円です。

利回りは8.7%になり、11.5年で初期投資を回収可能になります。先ほどもお伝えしたように、積雪地方でも十分に太陽光発電による売電収入は見込めます。雪が多く降る地域で土地を所有している方は、太陽光発電を行いましょう。

せっかく土地があっても何も利用していないのはもったいないですよね。

太陽光発電による土地活用が向いていない土地

ほとんどの土地に対応できる太陽光発電ですが、土地活用に向いていないケースがあります。どのような土地が向いていないかをご紹介します。

200㎡以下の土地

200㎡以下の土地は、太陽光発電には適していません。十分に発電できるほどの太陽光パネルの枚数を設置できないからです。小規模で太陽光発電を行っても利益が見込めません。

200平方メートルは、坪数にすると60.5坪です。この規模の土地で太陽光発電を検討している方は、まずは業者に相談して太陽光発電ができるかを相談しましょう。

日照時間が短い土地

日照時間が短い土地は、太陽光発電に向いていません。ビルなどの高い建物や木の陰になってしまう場所は、太陽光発電に十分な日照時間を得られないからです。

日当たりの悪い土地は、太陽光発電に向かない恐れがあるので注意してください。

とはいえ、日照時間がどのくらいなのかわからない方もいるのではないでしょうか。その場合は、まずは専門家に相談しましょう。

日照時間を調査してくれるため、太陽光発電が可能かどうかを判断してくれます。

設置が不可能な土地

太陽光発電は設備を搬入するため、車で行けるような土地でなければ設置は難しいです。山奥など、車で行けない場所は太陽光発電設備を設置することは難しく、土地活用出来ない恐れがあります。

また、平坦ではなく傾斜の厳しい崖なども、太陽光発電ができない恐れがあるので注意しましょう。

ただ、こちらのケースも実際に太陽光発電を設置できるかどうかは、専門家に判断してもらうしかありません。

そのため、まずは資料請求を行い問い合わせて見るようにしてください。

メガソーラーパネルによる土地活用が向いている人

太陽光発電による土地活用が向いている人をご紹介します。これからお伝えする内容に当てはまる人は、太陽光発電を行うことをおすすめします。

安くて広い土地を持っている

田舎などで地価の安い土地を持っている方は、太陽光発電による土地活用がおすすめです。地価が安い土地は、売却するのも難しいのではないでしょうか。

とはいえ、そのような土地は賃貸経営や駐車場経営は向いていないものです。そのような土地は、駐車場経営に適しているので太陽光発電を考えてみましょう。

田舎で人口が少ない地域に土地がある方

地方や田舎で人口が少ない地域に土地を所有している方は、太陽光発電による土地活用がおすすめです。人口が少ない場合、賃貸経営や駐車場経営は需要がなく、なかなか経営が難しい恐れがあります。

一方、太陽光発電の場合は、太陽の光さえあれば発電して電気を売却してくれるため、安定した収入が見込めます。

人口が少ない土地や賃貸経営などが向いていない土地は、太陽光発電による土地活用を行いましょう。

リスクなく土地活用したい方

太陽光発電は、初期投資費用も少なく赤字になることがほとんどありません。リスクなく土地活用したい方におすすめです。

賃貸経営の場合、空き室が多ければ家賃収入は少なくなり、赤字になる恐れがあります。また、駐車場経営に関しても、稼働率が少ないと思っているような収益を上げられない可能性があります。

一方で太陽光発電の場合は、太陽の光さえあれば発電してくれます。稼働率などを気にする必要はありません。土地活用でリスクがないのは非常に大きなメリットです。

リスクなく土地活用したい方は、太陽光発電による土地活用を検討しましょう。

手間暇をかけたくない方

太陽光発電はメンテナンスをする必要がないため、手間暇をかけたくない方におすすめの土地活用です。賃貸経営の場合、入居者の集客や管理、家賃の回収などさまざまな大家業を行う必要があります。

しかし太陽光発電は、メンテナンスをする必要はほとんどありません。そのため、あまり手間暇をかけたくない方は太陽光発電による土地活用がおすすめです。

賃貸経営や駐車場経営以外の土地活用を検討している方

土地はあるものの、賃貸経営や駐車場経営ではなく、そのほかの土地活用を検討している方は、太陽光発電による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電であれば、太陽の光が当たる場所ならほとんどの地域で土地活用が可能です。

  • 土地はあるけど、土地活用方法がわからない
  • 賃貸経営のようにリスクは取りたくない
  • 駐車場経営をしても利用者がいない

せっかくある土地を利用しないのはもったいないです。土地活用は、土地を持っている方は非常に有利に不動産経営が可能だからです。

土地がない方は、土地を購入して土地活用しなければいけません。土地を購入するとその分費用は高くなり、リスクが増えます。

それに比べると、土地を所有している土地活用は、土地代がかからないのでリスクの少ない土地活用です。そう考えると、土地活用をしないのはもったいないですよね。

賃貸経営や駐車場経営以外の土地活用を考えている方は、太陽光発電による土地活用を行いましょう。

これから太陽光発電の土地活用を始めるためには

太陽光発電を始める方のために、これから具体的にどのようなことを行えばいいのかをお伝えします。

賃貸経営とは違い、太陽光発電は業者選びなど分からないことが多いです。そのため、太陽光発電を始めるためには、どうすればいいのかわからないですよね。

太陽光発電への業者の依頼はもちろんですが、手順などわからないことばかりです。そこで、これから太陽光発電を検討している方のために、手順や流れなどをご紹介します。

太陽光発電による土地活用を検討している方は、どのような流れで行えばいいのか参考にしてください。

太陽光発電が可能な土地なのか調べる

太陽光発電を行う際、まずは太陽光発電ができるのか判断する必要があります。ほとんどの土地で太陽光発電は可能です。

しかし、太陽光発電ができない土地もあるため、まずは太陽光発電可能か土地を調べる必要があります。簡単に調べる方法は、業者に問い合わせすることです。

「太陽光発電が可能な土地なのか判断できない」という方は、業者に一括見積もりを行いましょう。そうすれば、業者が土地を調査してくれて土地活用が可能な土地か判断してくれます。

業者に一括見積りを行い初期投資額の安い業者を選ぶ

太陽光発電が可能な土地か判断できたのであれば、業者に一括見積もりを行いましょう。

太陽光発電業者によって初期費用が異なるので、業者を比較しなければ適正価格の業者を選べないからです。初期費用を抑えれば、その分利回りも良くなり初期投資の回収も早くなります。

毎年200万円の売電収入がある場合、初期費用が違うと以下のように利回りは変わってきます。

  1. 200万円(売電収入) ÷ 2,500万円(初期費用) = 8%(利回り)
  2. 200万円(売電収入) ÷ 1,800万円(初期費用) = 11.1%(利回り)

この場合、2番のほうが利回りは良いですよね。太陽光発電の設備費用は、業者によって変わってきます。高い業者もいれば安い業者もいるからです。

そのため、業者を選ぶ際は一括見積もりを行い業者を比較しましょう。

ただ、いざ太陽光発電を行うと思っても、太陽光発電ができる業者がどこの会社なのかわかりませんよね。

太陽光発電を行える業者は、一括見積もりサービスに加盟しています。そのため、一括見積もりサービス利用しなければ、太陽光発電を行う業者に出会えません。

そのため、そのような手間を省くためにも、一括見積もりサービスを利用してください。

業者の提案や価格を比較して業者を決定する

実際に業者に見積もりを作成させて、比較すれば簡単に初期費用の安い業者を選べます。

価格を比較すれば、一番安い業者を選ぶだけなので誰でも初期投資の安い業者を選べますよね。

たとえば、以下のように3社に見積もりを依頼したのであればいかがでしょうか。

  • A社:2,500万円
  • B社:1,800万円
  • C社:1,600万円

このように業者を比較して一番安い業者を選ぶだけなので、誰でも簡単に安い業者を選べますよね。

同じ敷地に太陽光発電を設置するのであれば、初期費用は安いほうがいいです。そのため、業者を比較して一番安い会社を選ぶようにしてください。

まとめ

太陽光発電による土地活用についてご紹介しました。太陽光発電は、太陽の光さえあれば売電収入が手に入るので、ほとんどの土地で利用できる土地活用です。

賃貸経営や駐車場経営ができない土地でも行えるので、利用できていない土地を持っている方は太陽光発電がおすすめです。

また、初期費用も安く空き室や稼働率を気にせずに土地活用ができるので、気楽に手間をかけたくない方は太陽光発電による土地活用を行うようにしてください。

ただ、業者によって初期費用が異なるので、必ず一括見積もりサービス利用して初期投資が安い業者を選ぶようにしましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら