太陽光発電

太陽光発電投資のローンのポイント:銀行や金融機関などの金利や審査

太陽光発電ローン

太陽光発電投資を行う際、ほとんどの方が金融機関にローンを組んで資金調達します。数千万円単位の費用になるため、この費用を現金で投資する方はほとんどいないからです。

また、ローンを組めば頭金だけで毎月収入のある仕組みを生み出すことができます。

たとえば、頭金100万円でローンを組み、1,000万円で太陽光発電を行った場合、利回り10%で毎年100万円の売電収入です。これからローンを返済しますが、実際にあなたが支払った現金は100万円です。

つまり、100万円を使い毎年100万円の売電収入を20年間以上生み出せるのです。

ローンの返済は売電収入から支払うため、あなたが直接支払う金額は最初の頭金である100万円になります。

このように、100万円を投資し、毎年100万円の売電収入が得られるのが太陽光発電投資をローンで行うメリットです。

本記事では、太陽光発電投資の資金調達をローンで行う方のために、メリットや審査のポイント、金融機関の特徴など知って欲しい情報をわかりやすくお伝えします。

太陽光発電投資をローンを使うメリット

太陽光発電投資は、ローンを使うのがおすすめです。それは、以下のメリットがあるからです。

  • フルローンで太陽光発電投資ができる
  • 利回りが良いためリスクが少ない
  • キャッシュを取っておくことでほかの投資ができる

太陽光発電投資をする際は、ローンで資金調達しましょう。それでは、ローンで太陽光発電投資を行うメリットをご紹介します。

フルローンで太陽光発電投資ができる

太陽光発電投資は、場合によってはフルローンによる融資が可能です。冒頭の場合、100万円の頭金で毎年100万円の売電収入でした。

しかし、フルローンの場合は金利は高くなるものの、初期投資0円で100万円の売電収入を生み出すことが可能です。

お金をかけずに売電収入が毎月あなたの口座に支払われるため、フルローンはこういったメリットがあります。

初期投資費用を抑えた不動産収入が欲しい方は、太陽光発電投資を検討してみましょう。

利回りが良いためリスクが少ない

太陽光発電投資は利回り10%が期待できます。利回りが良いためリスクの少ない不動産投資が可能です。利回り10%であれば、10年でローン分の売電収入を稼げます。

利回りとは、投資額における不動産収入の割合のこと。1,000万円の太陽光発電投資を行い、利回り10%であれば毎年100万円の売電収入になります。そのため、10年で投資分を回収できる計算です。

太陽光発電投資の利回り10%は高いです。賃貸アパートの場合、6~7%ほどになるからです。

このように利回りが高いため、太陽光発電投資はリスクの少ない不動産投資です。

たとえ、ローンによって資金調達したとしても、問題がないのではないでしょうか。積極的にローンを組んで売電収入を手に入れましょう。

キャッシュを取っておくことでほかの投資ができる

ローンにより資金調達できるとお金を手元に残しておけます。お金があれば、ほかの投資に使うことができるため、選択肢が増えます。

仮に、あなたが1,000万円の現金を持っていると仮定しましょう。このとき、全額を使ってはいけません。100万円を頭金として利用し、残りの900万円は取っておくようにしてください。

金利が10%かかるのであればローンを組むことはおすすめしません。

しかし、1~2%であれば融資によって資金調達をしたほうがいいです。そして、残りのお金を賃貸経営の頭金などに利用したほうがお金を効率よく利用できます。

金利を安くお金を借りることは1つのメリットです。

太陽光発電投資の費用であれば、金利を安く融資できます。金利が安くお金を借りれるのであれば、積極的にローンで資金調達したほうがおすすめです。

太陽光発電投資をローンで資金調達するデメリット

太陽光発電投資のメリットをご紹介しましたが、ローンによる資金調達はデメリットもあります。これから太陽光投資を検討している方は、デメリットにも注意してください。

金利分利益が減る

太陽光発電費用をローンによって資金調達すると、金利分の利益が減ります。ローンによって資金調達する以上、これは仕方がないことです。

しかし、先ほどもお伝えしたように、太陽光発電投資は安い金利で資金調達が可能です。

2,000万円の費用を1~2%の金利でローンを組めることは、なかなかありません。自動車ローンであったとしても3~5%です。一般的なカードローンの場合、12%以上です。

これらと比較すると、非常に安い金利でローンを組めることがわかります。金利分利益が減るデメリットがありますが、それ以上のメリットがあります。

1つのデメリットとして考えておきましょう。

売電収入がなくてもローンの支払いがある

ローンは毎月返済しなければいけません。そのため、売電収入がなくても支払いがあります。売電収入があれば、そこから返済できるので問題ありません。しかし、自然災害などで太陽光発電ができない場合も返済し続けなければいけません。

たとえば、以下は自然災害の被害に遭った太陽光パネルの画像です。

太陽光発電台風

このような被害に遭った場合もローンの返済義務があります。そのため、ローンで太陽光発電投資をするとこのようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

ただ、太陽光発電業者によっては自然災害の保険を扱っているところがあります。

太陽光発電保証

このように手厚い業者を選べば、自然災害でローンの返済ができなくなることはありません。ローンで太陽光発電投資を行う方は、自然災害保険に加入するようにしてください。

太陽光発電投資のローンを組む金融機関の特徴

太陽光発電の借り入れをする際、多くの方が悩まれるのが金融機関選びです。お金を借りる場所によって金利や融資の条件などは異なります。

できれば、金利の安いところでローンを組みたいと思うのが本音です。太陽光発電投資の際、以下の金融機関に依頼するのが一般的です。

  • 銀行
  • 政策金融公庫
  • ソーラーローン

太陽光発電投資の資金調達をする場合は、これらの金融機関にローンの申し込みをするようにしてください。

太陽光発電投資を行う際の金融機関の特徴をご紹介します。

銀行の特徴

一言に銀行といっても、「都市銀行」「地方銀行」「信用組合」などさまざまな種類があります。

三井住友銀行やみずほ銀行などの都市銀と呼ばれる大きな銀行もあれば、都道府県名が付く地方銀行や信用組合があり、特徴はさまざまです。

都市銀行は金利は低いが審査が厳しい

都市銀行は金利が低いですが、審査は厳しいです。年収も1,000万円を超えるようなサラリーマンや公務員と言った方がターゲットになります。

ただ、申し込んでみなければ融資を受けられるかはわかりません。まずは、ローンについて話をするだけでもしてみましょう。

地方銀行が金利が低く現実的

地方銀行は、金利も低いため太陽光発電投資の融資を依頼するのであれば、都市銀行よりも現実的です。

とはいっても、審査は通りやすいわけではありません。簡単にローンが組めないので注意が必要です。

信用組合は金利は高いが通りやすい

信用金庫は、都市銀行や地方銀行に比べると金利は高いです。しかし、ローンの審査は通りやすい特徴があります。

まずは、都市銀行や地方銀行にローンを依頼して、それでもダメだった場合に利用するようにしましょう。そうすれば、金利が低い金融機関で融資ができます。

手間かもしれませんが、金利が安いとその分利益は増えますので、融資先にはこだわるようにしてください。

銀行は太陽光発電投資に対して消極的

銀行の特徴についてご紹介しましたが、銀行によっては太陽光発電投資の融資に消極的な恐れがあります。太陽光発電投資は利回りが高く儲かりますが、担保としての価値がほとんどありません。

万が一の場合、担保がない物件の融資の審査は厳しくなるからです。

賃貸物件の場合は、建物自体が担保になります。融資しても担保があるため、銀行は安心して融資ができます。

しかし、太陽光発電投資の場合は、担保がありません。担保がないので、銀行は融資をなかなかしてくれない恐れがあるのです。

ただ、全く融資をしてくれないわけではないため、まずは融資担当者に相談してみるようにしましょう。

政策金融公庫の特徴

政策金融公庫は、政府の公的機関です。国から融資が受けられるため、金利が低くおすすめの金融機関です。

金利も安いため、政策金融公庫で融資を受けられれば非常にお得に資金調達ができます。

また、審査も厳しくはありません。そのため、太陽光発電投資で融資を検討している方は、審査を申し込んでみましょう。

ソーラーローンの特徴

太陽光発電ソーラーローン

ソーラーローンとは、太陽光発電投資向けのローンのことです。信販会社が行っており、アプラスやジャックス等が有名です。

銀行とは異なり、無担保やフルローンでも積極的に融資をしてくれます。太陽光発電投資は、利回りが高いことを知っているため、その条件で融資をしても元が取れると判断しているからです。

銀行や公的金融機関で融資ができなかった場合は、ソーラーローンを利用するようにしましょう。

ただ、金利は2%以上になるため、高めであることを覚えておいてください。

産業用太陽光発電投資のローンの審査のコツ

産業用太陽光発電投資で、ローンの審査に通るコツは以下の通りです。

  • 事業性が重要
  • 金利の安い金融機関でローンを組む
  • 頭金を1割は用意する
  • 手続きにかかる期間について
  • 保証人や担保を用意する
  • 銀行は融資が難しい

金利が安くなればその分利益は多くなります。事前に全く知識のない状態だと融資を断られてしまいます。

そのため、事前に融資が通りやすくなるようなポイントを抑えた上で、融資担当の方に相談してみるようにしてください。

事業性が重要

金融機関に融資を依頼する際、事業性が重要です。具体的に、どのように太陽光発電投資をするのかをしっかり決めてから相談するようにしてください。

何も事業プランが決まっていない方に融資をしてくれないですよね。

とはいえ、プランについてよくわからないのではないでしょうか。その場合は、以下のサービスを活用しましょう。

無料登録で太陽光発電投資について相談できるため、これから太陽光発電投資を検討している方は、必須のサービスです。

素人が事業プランを作成しても内容は甘いですが、プロに相談して事業内容を決めれば、間違いないですよね。

金利の安い金融機関でローンを組む

先ほどもお伝えしたように、金利が安ければその分支払いは少なくなります。支払いが少なくなるため、利益が増えるからです。

太陽光発電投資において、金利を安く資金調達することはとても重要です。

金利が高いと審査が厳しくなりますが、金利の低い金融機関で融資を受けるように努力してください。ソーラーローンなどは、審査が通りやすいですが、まずは必ず金利の安い銀行や公的金融機関を利用してください。

頭金を1割は用意する

頭金がなくてもローンの審査には通ります。

ただ、金利が高くなる恐れがあります。また、ローンの残高も高くなるため、頭金を1割は用意するようにしてください。

頭金がない場合は、まずは頭金を貯めてから再度申し込むのも1つの方法です。フルローンでもいいですが、金利が高くなったり残高が高くなったりするデメリットを考えると、おすすめできません。

頭金を1割用意するようにしましょう。

手続きにかかる期間について

ローンの申し込みから融資まで、どのくらいかかるのかを確かめておきましょう。金融機関によって異なるからです。

仮に、6カ月かかってしまう場合、その分太陽光発電投資を始められる時期は遅くなってしまいます。あまりにも融資が遅いと困りますよね。

手続きや融資に、どのくらいの時間がかかるのかをあらかじめ確認しておくと安心です。契約通りに太陽光発電投資をするには、手続きや融資期間を確かめるようにしてください。

保証人や担保を用意する

金融機関によっては、保証人や担保を用意しなければいけない恐れがあります。その場合は、保証人になってもらう方を用意するようにしてください。

保証人が不要なローンもありますが、金利が高いなどのデメリットがあります。金利が高いと利益は少なくなります。そのため、保証人を用意してでも金利の安いローンを組むようにしてください。

そういった無駄な出費を極力なくすのが、不動産投資で成功するコツです。「純利益をいかに残すか」ということを意識して太陽光発電投資を行いましょう。

銀行は融資が難しい

先ほどもお伝えしたように、銀行は融資が厳しいです。そのため、銀行で融資が受けられなくても気にしないようにしましょう。

銀行の融資が厳しくて太陽光発電投資を諦める方もいますが、そういった方は別の金融機関で融資をしてもらうようにしてください。

事前に銀行は融資が厳しいということを覚えておきましょう。

まとめ

太陽光発電投資のローンについてご紹介してきました。これから太陽光発電を検討している方は、ここでご紹介した融資や金融機関の情報を参考にしてください。

太陽光発電投資でローンを組む際は、金利を抑えるようにしましょう。金利が安ければ、その分利息も少なくなり利益は大きくなります。

ローンを組む際は、いかに金利を安くできないかということに着目して借り入れを行うようにしましょう。そして、ローンを上手に活用してお得に太陽光発電投資を行いましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら