太陽光発電

後悔しない太陽光発電投資!失敗する理由や知っておきたい対処法

太陽光発電投資失敗

太陽光発電投資を検討している方で、実際にどのような失敗があるのか気になっているのではないでしょうか。

これから太陽光発電投資を行うのであれば、失敗したくないものです。太陽光発電投資は、1,000万円を超えるため、心配になってしまうのも無理はありません。

1,000万円以上を投資し、失敗してしまえば困りますよね。

そこで本記事では、太陽光発電投資で失敗してしまう方の理由や対処法をご紹介します。よくある失敗例などをご紹介するため、ここでお伝えする失敗をしないように気をつけましょう。

産業用太陽光発電投資でよくある失敗例

太陽光発電投資でよくある失敗をご紹介します。太陽光発電投資の失敗例は、以下の通りです。

  • 悪徳業者に依頼してしまい手抜き工事をされた
  • 地盤が悪く傾いてしまう
  • 詐欺で騙されてしまう
  • 相場よりも高い費用で建設する
  • 自然災害による保険をかけていない
  • メンテナンスを怠っていた
  • 想定よりも儲からない

太陽光発電で失敗しないためには、これらの失敗に注意するようにしてください。これらの失敗をしてしまうと、十分に売電収入が得られません。

利益を出すために投資をするのが不動産投資です。そのため、絶対に失敗しないようにしてください。それでは、順番に詳しく解説していきます。

悪徳業者に依頼してしまい手抜き工事をされた

太陽光発電を悪徳業者に依頼してしまう方は、多くいらっしゃいます。悪徳業者に依頼すると、手抜き工事をされてしまい後で後悔することになります。

雨漏りしてしまい電線がショートしてしまったり、施工ミスにより漏電してしまったりすると、十分に電気を売却することができません。そのため、せっかく発電しても売電収入をロスしてしまうのです。

本来、年間で200万円の売電収入が期待できるのにもかかわらず、このような業者のミスがある場合、150万円しか売電収入がなかったということになりかねません。

さらに、手抜き工事をされた場合のこれらの修理費用は、保証などがない場合あなたが負担しなければいけません。その分利益は減ってしまうため損ですよね。

利回りは悪くなり、10年で投資分を回収する予定が12年などになってしまう恐れがあります。太陽光発電投資を悪徳業者に依頼すると、損をする恐れがあるため、業者選びは慎重に行いましょう。

地盤が悪く傾いてしまう

土地付き太陽光発電投資を行う際、地盤の固さに注意しましょう。地盤の固さを気にせずにソーラーパネルを設置し、傾いてしまい失敗してしまう方がいらっしゃるからです。

地盤が柔らかい場合、杭を打たなければいけなくなるため、その分費用がかかってしまいます。また、地震で太陽光パネルが傾いてしまう恐れがあります。太陽光発電投資を行う際、地盤の固さは軽視しがちです。

ただ、こういった部分で失敗するとせっかくの投資が思い通りにいかなくなります。

せっかく太陽光発電投資を行うのであれば、このような失敗やリスクは避けたいものです。地盤が悪い場所で太陽光発電を行うと、このようなリスクがあるため注意しましょう。

詐欺で騙されてしまう

太陽光発電投資を狙う詐欺は多く発生しています。方法は2つあり、以下の2種類です。

  • 計画倒産する
  • そもそも会社がない

よくある手口になるため、注意するようにしてください。それでは、具体的にどのような詐欺なのかを解説します。

計画倒産する

太陽光発電投資の契約後、お金を支払ったら計画倒産してしまうパターンです。倒産してしまった場合、泣き寝入りするしかありません。

この場合、支払ったお金は戻ってこないため、借金だけ背負うようになります。そのため、少しでも怪しいと感じたのであれば、注意するようにしてください。

業者を選ぶ際は、赤字の会社ではなく黒字の会社かどうかを確認しましょう。黒字の企業は優良業者である確率は高く、計画倒産する可能性は低いです。

そもそも会社がない

インターネットが普及してきたことで、ネット上に架空会社が増えました。契約して手付金をしはらったものの、その後連絡がつかなくなるケースです。この場合、後で調べたところ、元々そのような会社は存在しなかったそうです。

サイト上に物件を載せていても、それが本当にあるのか確認するすべはありませんよね。太陽光発電投資は、このような詐欺が非常に多いため、業者を選ぶ際は注意してください。

相場よりも高い費用で建設する

太陽光発電投資の値段には、定価がありません。施工費用など言い値の部分があるからです。物件の相場をよく理解しておかないと、相場よりも高い建設費で太陽光発電設備を建設してしまいます。

これを防ぐためには、複数社に見積もりを取るようにしてください。

仮に、相場よりも高い業者に見積もりを依頼してしまったとしても、ほかの業者と比較することで相場や平均価格がわかります。

以下は、1社だけに見積もりを依頼した場合です。

  • A社:3,000万円

1社だけでは、価格が高いのか安いのかを判断できません。これでは、相場よりも高い値段を提示されても判断することは不可能です。

一方、以下のように複数社に見積もりを依頼したのであればいかがでしょうか。

  • A社:3,000万円
  • B社:2,600万円
  • C社:2,000万円

複数社比較すれば、おおよその相場がわかります。この場合、先ほどのA社の価格がほかの業者よりも明らかに高いことがわかりますよね。

オーナー様が素人だということを理由に、相場よりも高い値段を提示してくる業者は多く存在します。騙されてしまわないように、必ず複数社に見積もりを取るようにしてください。

自然災害による保険をかけていない

太陽光発電投資を行う際、自然災害の保険に加入するようにしてください。太陽光発電パネルによる自然災害は多く報告されているからです。台風などで太陽光パネルが壊れてしまい、ローンだけ残ってしまう恐れがあります。

万が一のことを考えると保険に加入するようにしてください。以下は、台風などの自然災害に合った太陽光パネルの画像です。

大雨による土砂崩れ

土砂崩れ

大雨が降り、太陽光パネルの下の地盤が崩れてしまった画像です。こうなってしまった場合、早急に対応しないとさらに土が崩れてしまいます。

台風による太陽光パネルへの被害

太陽光発電台風

台風で太陽光パネルが吹き飛ばされてしまった事例です。太陽光パネルは強風に弱いため、強い台風などでこのように破損してしまう恐れがあります。

こうなってしまった場合、一溜りもないです。

皮が氾濫してソーラーパネルが水没

太陽光発電水害 太陽光発電水害リスク

大雨で河川が氾濫し、太陽光パネルが水没してしまった事例です。こうなってしまった場合、もう手遅れです。すべて撤去しなければいけません。

このような被害はいつどこで起こるかわかりません。保険に入っていない場合、借金だけが残ってしまいます。これでは大赤字ですよね。

そうならないためには、費用はかかりますが、必ず自然災害に対する保険に加入するようにしましょう。

太陽光パネルは自然災害に弱いため、このような被害に遭って投資が失敗してしまわないようにしてください。

メンテナンスを怠っていた

太陽光発電投資は、メンテナンスはあまり必要ではありませんが、メンテナンスフリーではありません。定期的に配線などを点検したり、草が生えたら草刈りなどをしたりしてメンテナンスをする必要があります。

たとえば、施工不良により漏電していた場合、電気が漏れてしまう恐れがあります。せっかく発電しても売却できていない可能性があるためもったいないです。

漏電などがあると、売電収入がロスしてしまいます。

本来であれば、年間200万円の売電収入が見込める予定が、漏電により150万円しか得られない場合損をしてしまいますよね。

定期的に漏電などをチェックしてメンテナンスをしない場合、こういった事態に気が付くことができません。メンテナンスをしないと損をしてしまいます。

太陽光発電のメンテナンスをせずに、失敗してしまう方は多くいらっしゃいます。あなたが太陽光発電投資をした際は、メンテナンスを定期的に行うようにしてください。

また、太陽光発電投資のメンテナンスは、業者が行ってくる場合があります。

万が一、メンテナンスをしてくれなくてもメンテナンス会社があるため、依頼してしまうのも1つの方法です。産業用太陽光発電は、メンテナンスが必要です。必ず怠らないようにしてください。

想定よりも儲からない

いざ、太陽光発電投資を行ってみたものの、思いのほか儲からないという方は多くいらっしゃいます。利回りなどをよく確認しておかない場合、このようなことになります。

業者選びなどを失敗すると、あまり儲からない太陽光発電投資になってしまうのからです。

利回りは業者によって異なります。また、利回りが良いと思った業者であったとしても、過度の利回りを提示してくる業者がいます。

その場合、想定よりも儲からない恐れがあるので注意してください。

たとえば、利回りが12%を提示してきた業者が儲かると思い選んだとします。しかし、実際の売電収入は、利回りが8%ほどしかなかったということはよくある話です。

業者を選ぶ際に、業者が提示してくる利回りの信ぴょう性や信頼できる業者なのかをよく見極めないと、このような失敗を犯してしまいます。後で後悔してからでは遅いため、注意して業者を選んでください。

国民生活センターへの太陽光発電投資の相談事例

太陽光発電投資によるトラブルなどの相談は、国民生活センターに多く寄せられます。数多くの相談やクレームがあるため、一部をご紹介します。

数カ月前、ローンを組んでソーラーシステムを設置したが、未だに売電できない。国の認定が下りないことが原因だと言うが事実か。

ソーラーシステムが壊れた。保証期間内なので修理を頼みたいが、業者が倒産している。保証を引継いだ業者を知りたい。

数カ月前に夫が太陽光発電とオール電化工事の契約をし、ローン払いにしたが、工事の前に業者が倒産したようだ。対処法を知りたい。

国民生活センターより引用

実際に、このような相談やクレームが国民生活センターに寄せられています。こういったことにならないために、注意するようにしてください。

せっかく太陽光発電投資を行っても、トラブルになってしまえば損ですよね。トラブルの多い投資になるため、気をつけましょう。

太陽光発電事業で失敗しないための対処法

太陽光発電投資で失敗しないためには、どうすればいいのでしょうか。これから産業用太陽光発電を検討している方は、どうすればいいのか悩みどころですよね。

これからお伝えする内容は、太陽光発電投資で失敗しないための対処法をご紹介します。数千万円単位の買い物になるので、失敗したくないですよね。

そのためには、以下の内容を参考にして対処するようにしてください。

相見積もりを行い業者を選ぶ

業者を選ぶ際は、必ず相見積もり(複数社に見積もりを依頼すること)を行いましょう。1社だけでは、業者を比較することができないからです。

仮に、その1社が悪徳業者だった場合、せっかくの太陽光発電投資が失敗に終わってしまう恐れがあります。1,000万円以上の費用を支払って失敗したくないですよね。

したがって、必ず相見積もりを取りその中から価格や対応などの全てのバランスを踏まえた上で、優良業者に太陽光発電を依頼するようにしましょう。

太陽光発電は、業者選びで成功するか失敗するかが決まります。また、儲かるかという一番重要な部分も決まるため、できるだけ数多くの業者を比較して選ぶようにしてください。

どのような費用がかかるのかを想定しておく

太陽光発電投資を行う際は、事前にかかる費用を想定しておきましょう。後で、メンテナンス費用や修繕費用が足りなくなることのないようにしてください。

実際に、太陽光発電投資を行うと思いがけない出費はあるものです。あらかじめかかる費用を想定しておかないと、いざというときに現金が足りなくなる恐れがあります。

メンテナンスが基本的には不要ですが、全くメンテナンスフリーなわけではありません。そのため、メンテナンス費用などがかかります。ここまでの費用を太陽光発電業者は教えてはくれません。

このようなことから、実際に太陽光発電を行うとさまざまな出費があり、思っている以上にお金がかかるということになります。

また、業者によっては、追加工事によって初期費用が高くなるため注意してください。

契約時は1,000万円だったにもかかわらず、契約後に追加工事などで最終的に1,500万円になってしまうケースがあります。これでは、利回りは悪くなりますし、初期費用も割高になってしまいますよね。

こういったことを防ぐために、事前にかかる費用を想定しておくようにしてください。そして、追加工事などによって初期費用が増えないかを確かめておきましょう。

事前に太陽光発電について勉強をする

太陽光発電投資を始めて行う方は、事前に太陽光発電について勉強しておくようにしてください。産業用太陽光発電は、初心者の方でもできますが、全く知識がない状態で行うのはリスクが高いです。

知識がない場合、業者に足元を見られてしまう恐れがあります。また、業者の提案が、正しいのか間違っているのかも判断できません。

太陽光発電投資は、数千万円単位の買い物です。せっかく投資するのであれば、失敗したくないですよね。

  1. 太陽光発電投資の勉強をしている人
  2. 太陽光発電投資の勉強をしていない人

この2種類の人がいるとする場合、勉強をしている人のほうが失敗する可能性は低いですし、成功する確率は高いです。太陽光発電投資は難しくはありませんが、簡単ではありません。

後で失敗してしまい後悔したくないのであれば、ある程度は勉強するようにしましょう。

太陽光発電投資の勉強については、以下の「タイナビ発電所」がおすすめです。たった1分の無料登録で、太陽光発電投資についての有益な情報を無料で教えてくれます。

 

太陽光発電投資のセミナーやお得な情報を教えてくれるため、太陽光発電投資が初心者の方は必ず登録して太陽光発電について勉強するようにしてください。

こういったちょっとしたことが、後で大きな成果の差を生みます。無料で登録できて勉強できるため、利用しない手はありませんよね。こういったサービスを活用して、太陽光発電投資で成功しましょう。

優良業者が登録しているサービスを活用する

太陽光発電の業者選びは、優良業者が登録しているサービスを利用するようにしましょう。優良業者が多く登録しているサービスを利用すれば、必然的に優良業者に出会える可能性が高いからです。

太陽光発電投資は、業者によって儲かるかが決定します。太陽光発電投資は、定価が存在しません。車であれば、新車の価格は決まっています。

しかし、太陽光発電投資の場合、業者ごと工事費用などが変わってくるため、高い業者もいれば安い業者がいます。

同じ敷地で土地活用するのであれば、初期費用の安い業者がいいですよね。優良業者の場合、相場よりも必要以上に高い値段で工事を行いません。

つまり、優良業者で太陽光発電投資を行えば儲かります。太陽光発電投資で失敗しないためには、優良業者が多く登録しているサービスを活用するようにしてください。

失敗・後悔しない太陽光発電業者の選び方

太陽光発電投資で失敗しないためには、業者選びが重要だということをお伝えしました。この項では、優良業者の選び方をご紹介します。

業者選びのポイントは以下の通りです。

  • 値段ではなく信頼できる業者かを判断する
  • 実際に会って話す
  • 施工実績の多い業者を選ぶ
  • 保証がある業者を選ぶ
  • 売電シミュレーションの信ぴょう性はあるか

優良業者さえ見つけてしまえば、太陽光発電投資で失敗することはありません。優良業者を探して太陽光発電で成功しましょう。

値段ではなく信頼できる業者かを判断する

太陽光発電投資で値段を重視することはとても重要です。安ければ、安いほど利回りが良くなるからです。しかし、安さだけで業者を選ぶのは控えるようにしてください。

先ほどもお伝えしたように、太陽光発電投資の価格は業者によって変わってきます。

タイナビ発電所

初期費用を抑えれば利回りは良くなり、初期投資を回収できる年数も短くなります。できれば、安い費用で太陽光発電投資をしたいというのが本音です。

ただ、太陽光発電投資の価格は、手抜き工事をすると簡単に安くできます。

工程を省いたり安い材料を使ったりすることで、価格をいくらでも安くできるからです。以下は、太陽光発電投資の手抜き工事の事例です。

太陽光発電手抜き工事

この手抜き工事は、アンカーボルト(地面にボルトを埋めて太陽光パネルを固定するもの)が十分に埋まっていません。コンクリートの量も少ないように感じます。

手抜き工事を行うと工事期間が少なくなるため、人件費を節約できます。また、コンクリートの量を少なくすれば、その分利益は多くなります。

このように、太陽光発電投資は手抜き工事を行えば、簡単に工事費用を安くできるのです。

つまり、値段だけで業者を決定してしまうと、手抜き工事を行うことで意図的に価格を安くしている業者を選んでしまう恐れがあります。

安い業者に依頼してしまい、「手抜き工事の被害に遭った」と言うことのないようにしてください。業者選びの際は、価格も重要ですが信頼できる業者なのかをよく確かめましょう。

実際に会って話す

業者を選ぶ際は、実際に会って話すようにしてください。実際に会って話さなければ、業者の良し悪しを判断することはできません。

業者を比較する際見積もりを取りますが、できれば多くの業者に会うようにしましょう。

たとえば、3社見積もりを取り価格を比較する際は、この3社全てに会うようにしてください。優良業者を見極めるためには、実際に会って話をしなければわかりません。

会うことで、その業者が信頼できるのかどうかをより判断しやすくなります。太陽光発電投資で失敗しないためには、必ず担当者に会って話すようにしてください。

施工実績の多い業者を選ぶ

太陽光発電投資の施工実績が多い業者を選びましょう。施工実績が多いということは、それだけ実績の多い業者だからです。

つまり、実績が多ければ優良業者である可能性は高いです。

優良業者の場合、お客さんが多くなります。きちんとした工事を行いオーナーに満足してもらっているからです。手抜き工事をする業者は、人気は出ないはずです。

実績が多ければ、安心してその業者に依頼できます。多くの方が利用している業者を選ぶようにしましょう。

保証がある業者を選ぶ

業者を選ぶ際は、保証があるのかどうかに注意してください。保証がない場合、何か不具合があると全てお客様負担になってしまうからです。

たとえば、太陽光発電を設置後4年で不具合があって修理が必要になった場合、施工後5年保証のある業者であれば無償で修理をしてくれます。

一方、保証のない業者は保証する義務がないため、オーナーであるあなたが自費で修理費用を支払わなければいけません。

仮に、修理費用が100万円かかってしまった場合、その年の利益はほとんどないですよね。業者選びで保証があるのかないのかは、とても重要です。

以下はある日本エコシステムという業者の保証内容です。

太陽光発電保証

このような保証がしっかりしている業者を選べば安心ですよね。業者を比較する際は、どのくらいの保証があるのかよく確認して決めるようにしましょう。

売電シミュレーションの信ぴょう性はあるか

太陽光発電投資を行う際、業者がどのくらいの収益があるのか試算してくれます。このとき、そのシミュレーションに根拠があるのかが重要になります。

利回り11%と言われても、本当にその利回りが11%になる信ぴょう性がなければいけません。悪徳業者の場合、契約を取るために過度の利回りを提示してくる恐れがあります。

契約時は利回り11%の予定が、実際は利回りが8%しかないこともありえます。業者に文句を言っても「想定利回りは保証する義務がない」「あくまでも計算上の数字」というように言われてしまうのです。

こうなった場合は、もうどうすることもできません。

業者を選ぶ際に利回りは想定売電収入を比較するときは、その数字の信ぴょう性があるのかを確かめるようにしてください。業者に説明を求めて、納得のいく解説ができる業者であれば安心できますよね。

まとめ

太陽光発電投資のよくある失敗、失敗しないための対処法をご紹介してきました。太陽光発電投資は、情報が少ないため、失敗する方は多くいらっしゃいます。

事前に、ここでお伝えしたないようを知っておけば、失敗する可能性は少なくなります。

また、太陽光発電投資で失敗する原因のほとんどが業者選びです。業者選びに失敗すると、手抜き工事をされたり高い費用で太陽光発電装置を設置したりしてしまう失敗をします。

業者選びで失敗しないためには、多くの業者を比較することです。業者を比較した上で信頼できる業者に太陽光発電投資を依頼しましょう。そうすれば、太陽光発電で失敗しないはずです。

業者を比較する際は一括比較サイトがおすすめです。無料で簡単に業者を比較できるため、これを利用しない手はありません。失敗したくない方は、必ず利用するようにしてください。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら