太陽光発電

太陽光発電投資の土地探し:いい立地の条件や購入する際の注意点

太陽光発電投資の土地探しは、いくつかのポイントがあります。せっかく土地を購入するのであれば、太陽光発電投資に適切な土地を購入したいものですよね。

産業用太陽光発電に向いている土地は、安くて陽当たりが良いだけではありません。

そのほかにもさまざまな条件があります。どのような土地がいいのか把握しなければ、立地条件の良い土地を購入することはできません。

購入した土地が太陽光発電のできない土地だったら困りますよね。実際に、法律などの関係で買った土地で太陽光発電投資のできない方はいらっしゃいます。

このページでは、太陽光発電投資を行う際の土地探しのポイントをご紹介します。いい立地条件や土地探しの注意点を理解して、最適な土地を見つけ出しましょう。

太陽光発電投資の土地探しの方法

太陽光発電投資の土地探しの方法をご紹介します。どのような方法で土地を探せばいいのかわかりませんよね。

これから土地探しを検討している方のために、失敗しない土地探しの手順をお伝えします。

まずは情報収集をする

太陽光発電投資の土地探しをする際は、まずは情報収集が必要です。一概に太陽光発電の土地といっても、多くの場所があるため、どこの土地を選べばいいのかわかりませんよね。

地域の不動産会社を訪ねてみたり、全国で太陽光発電投資の土地を販売しているサイトを利用したりして、どのような種類の土地があるのかなどの情報を集めましょう。

また、不動産投資についての勉強なども行うとおすすめです。利回りなどについて詳しく知らない方は、まずは事前に勉強しておく必要があるからです。

太陽光発電投資を行う場合は、情報収集を怠らないようにしてください。

インターネットを使うと効率が良い

太陽光発電投資の土地探しは、インターネットを活用しましょう。今では、インターネット上に多くの物件の情報が記載されています。

つまり、インターネット上には、非公開物件などを除いてほとんどの情報が公開されているのです。まずは、インターネットを調べて物件の情報を集めて候補を絞りましょう。

インターネットで土地を探したり情報を集めたりする場合は、以下のサービスがおすすめです。太陽光発電投資の有益な情報を教えてくれる上に、非公開物件を紹介してくれます。

無料情報はこちら

これから太陽光発電投資を検討している方は、必ず登録することをおすすめします。

無料で太陽光発電投資についての物件や土地などの情報を教えてくれるのであれば、登録しない手はありませんよね。

こういったサービスを活用して、太陽光発電投資を成功させましょう。

土地付きの太陽光発電設備を購入するのも1つの方法

太陽光発電投資の土地を探して土地活用するのではなく、土地付きの太陽光発電設備を購入するのも1つの方法です。

産業用太陽光発電装置が土地とセットで販売されているからです。この場合、すぐに売電収入を得られたり、太陽光発電設備のための業者を選んだりなどの手間が不要です。

また、すでに建てられている物件になるため、見学することも可能です。立地条件や工事に不備がないのかを確かめられます。

すでに建設してある太陽光発電装置を購入することで、失敗するリスクの少ない不動産投資ができます。

こちら

産業用太陽光発電の土地選びの注意点

太陽光発電投資において土地の立地条件はとても重要です。できれば、安くて日当たりの良い物件を購入したいものですよね。

このとき、太陽光発電投資の土地選びには、以下の注意点があります。

  • 実際に土地を見に行く
  • 買った土地で太陽光発電ができるか確認する
  • できるだけ安い土地を購入する
  • 土地の周囲環境を確認する

土地選びで失敗してしまわないためには、これらのポイントに注意して土地探しをするようにしてください。

実際に土地を見に行く

土地を購入する際、実際に物件を見学しにいくことをおすすめします。見学しなければ、わからないことがあるからです。

最低でも3ヶ所は物件を見学するようにしてください。1つだけでは、ほかの物件と比較することができません。手間かもしれませんが、見学して土地を選ぶのとそうではないのでは大きな違いです。

良い土地を購入して太陽光発電するためには、実際に物件を見に行きましょう。

買った土地で太陽光発電ができるか確認する

太陽光発電投資ができる土地なのかを事前に確かめましょう。土地には地目というものがあるからです。

農地の場合、畑や田んぼしか利用できない恐れがあります。この場合、せっかく土地を購入しても太陽光発電投資として土地活用できません。

土地を購入して太陽光発電投資に土地活用する場合、こういったリスクがあります。事前に土地の情報を確かめて土地活用ができるのかを確かめておきましょう。

できるだけ安い土地を購入する

太陽光発電投資の土地を購入する際、土地の価格はできるだけ安く抑えるようにしてください。安ければ安いほど、利回りが良くなるからです。

同じ発電量だと仮定した場合、土地の値段が変わると利回りは変わってきます。売電収入を年間で200万円だと仮定した場合、以下のような利回りや回収年数に差が生まれます。

2,000万円で土地を購入した場合

200万円(売電収入) ÷ 2,000万円(初期投資) = 10%(利回り)

1,500万円で土地を購入した場合

200万円(売電収入) ÷ 1,500万円(初期投資) = 13.3%(利回り)

同じ売電収入の場合、2,000万円と1,500万円で土地を購入すると利回りは10%と13.3%になりました。2,000万円の場合は初期投資を10年で回収できます。

一方、1,500万円で購入した場合は、7.5年で初期費用を回収できます。このように、太陽光発電投資において土地の値段を抑えることはとても重要です。

業者選びで価格を抑えるよりも土地の購入費用のほうが差は大きいです。そのため、初期費用を抑えるためには、安い土地を買うことが重要になります。

できるだけ安い土地で太陽光発電を行いましょう。そうすれば、失敗しないリスクの少ない土地活用ができます。

土地の周囲環境を確認する

土地を購入する際、周囲の環境を確かめましょう。土地を購入して、「いざ、太陽光発電設備を工事しようと思ったら住民に反対される」と言うことのないように事前に周囲環境を調査しましょう。

土地勘がない場合は、そこの不動産会社に相談してみたり、太陽光発電投資の専門家に相談したりするのがおすすめです。

土地を購入してからでは遅いため、事前に周囲環境を確認して太陽光発電投資ができるのかを確かめておくようにしてください。

太陽光発電投資で良い立地条件の土地とは

太陽光発電投資の土地探しは立地の良い場所を選びましょう。賃貸経営などの土地活用とは異なるため、以下に当てはまる土地を探すようにしてください。

  • 法律などの規制のない自由な土地
  • 日照時間が長い土地
  • 道路に面しているアクセスの良い土地
  • 平らな土地を選ぶ
  • 地盤が頑丈な土地
  • 自然災害の被害がない土地

これらに当てはまる土地であれば、太陽光発電投資に向いている土地だと言えます。これから土地を購入する場合、あなたの好きな場所で土地活用が行えます。

せっかく購入するのであれば、土地の条件が良いところがいいですよね。これらの太陽光発電に適している条件の土地を探すようにしましょう。

法律などの規制のない自由な土地

以上でもお伝えしたように、土地には地目というものがあり、法律で土地の活用方法が決まっている恐れがあります。

土地を買う場所はあなたが選べるため、必ず自由に土地活用ができる土地を選ぶようにしてください。購入して「土地活用ができない」ということになったら困りますよね。

太陽光発電投資を行う土地を購入するのであれば、自由に土地活用できる土地を購入するようにしてください。

日照時間が長い土地

太陽光発電は、日照時間が重要です。陽当たりが良いと発電量が期待できるからです。周りに日陰になるような木があったり、ビルなどの建物があったりする場合は、太陽光発電に向いていない土地といえます。

太陽光発電をする土地は、日当たりの良い土地を購入するようにしてください。そうすれば、安定した売電収入が期待できます。

道路に面しているアクセスの良い土地

太陽光発電投資の土地は、車で行ける場所にしましょう。山奥などの土地を購入しても車で行けないのであれば、太陽光発電投資には不向きです。

メンテナンスはもちろんですが、太陽光パネルの搬入などが難しいからです。最低限車で行けるような土地を購入しましょう。

安い土地の場合、アクセスなどが悪い恐れがあります。そのため、土地を購入する際は注意するようにしてください。

平らな土地を選ぶ

太陽光発電をする土地は、できれば平らな土地が望ましいです。平らな土地であれば、山沿いの傾斜でも問題ありません。太陽光パネルは凸凹している土地だと設置できません。

凸凹している土地の場合、太陽光パネルを設置できるように整地作業を行います。このとき、重機を使って凸凹を無くすような工事が必要になります。場合によっては、残土(山を削った際に出るような不要な土)を処分しなければいけません。

重機で山を削る費用がかかりますし、残土を処分する費用がかかります。

安い土地を購入したものの、これらの作業が必要になり逆に高くなってしまうこともあります。土地を選ぶ際は、このような点を考慮した上で土地探しを行ってください。

地盤が頑丈な土地

丈夫で頑丈な土地を購入しましょう。地盤が柔らかい場合、地震などで太陽光パネルが傾いてしまう恐れがあるからです。

地盤でパネルが傾いてしまうと十分に発電できません。また、パネルを元に戻す費用もかかるため、余計な費用がかかってしまいます。

これでは、想像以上に利益にならない土地活用になってしまいます。太陽光発電を行う土地は、地盤が頑丈な土地を購入するようにしてください。

また、安い土地を購入し、その後地盤を頑丈にする工事をすることもできますが、数百万円単位の費用がかかります。それでは安い土地を購入する意味がありません。

安いからといって、地盤が柔らかい土地を購入するのは控えましょう。

自然災害の被害がない土地

太陽光発電投資をする土地は、自然災害の被害が起こらない場所を選びましょう。自然災害によって、太陽光パネルが壊れてしまう恐れがあるからです。

太陽光パネルは強風に弱いため、台風で飛ばされてしまいます。また、川が氾濫して水没してしまう恐れがあります。

以下は実際に自然災害の被害に遭った太陽光パネルの写真です。

大雨による土砂崩れ

大雨土砂崩れ

大雨で太陽光パネルの下が土砂崩れしてしまった事例です。このままですと、太陽光パネルが落下してしまう恐れがあります。

崩れないようにするための工事が必要です。この場合、数百万円単位の工事費用がかかるため、その分売電収入による利益は少なくなってしまいます。

台風による太陽光パネルへの被害

太陽光発電台風

台風の強風により、ソーラーパネルが飛ばされてしまった事例になります。ソーラーパネルは薄い板です。そのため、強風などに弱いです。

台風がよく通り、被害の多い地域で土地を買うのは控えるようにしましょう。

皮が氾濫してソーラーパネルが水没

太陽光発電水害 太陽光発電水害リスク

大雨で川が氾濫してしまい、ソーラーパネルが水没してしまった事例です。この場合、もう使うことはできません。

これらのソーラーパネルを撤去し、再度設置するため数千万円単位の費用が必要になります。大赤字になってしまうため、太陽光パネルを設置する場所は過去に川が氾濫したことのない地域を選びましょう。

自然災害の保険に加入する

太陽光発電保証

太陽光パネルの業者によっては、自然災害に対する保険を扱っている場合があります。

太陽光発電投資は、これから20年以上続けていく必要があります。そのため、自然災害保険などに加入するようにしてください。

まとめ

太陽光発電投資の土地探しについてご紹介してきました。これから太陽光投資の土地を探している方は、ここでご紹介した内容を参考にして土地選びをしてください。

太陽光発電は、陽当たりがよく平たんな土地が望ましいです。せっかく選んで土地を購入できるのであれば、条件の良い土地を購入したいものですよね。

また、太陽光パネルの土地探しで注意しなければいけない点があります。自然災害が起こりやすい地域や、法律によって土地活用ができない土地を購入してはいけません。

万が一の場合に損をしてしまう恐れがあるからです。太陽光発電投資は、戦略的に行い利益を出さなければいけません。そのため、土地探しの時点からそう言った部分に注意しましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら