空き家の活用対策

空き家はどうすればいいの?有効活用方法のアイデア・成功・先進事例

空き家活用

「空き家を有効活用したい」と考えた場合、実際に活用している方がどのように空き家対策を行い、活用しているのか気になるものです。

何も利用しなければ、固定資産税などの維持費だけがかかってしまいますよね。また、売却しようにも親から相続した先祖代々から受け継いでいる土地をそう簡単には手放せません。

しかし、そのまま放置し続けても、庭の手入れは大変ですし、建物の老朽化はさけられません。また、維持費を支払う余裕はないのではないでしょうか。

したがって、できれば有効活用して無駄を無くしたいのが本音です。

そこで本記事では、空き家の有効活用方法や成功・先進事例についてご紹介します。ここでお伝えした事例を参考にして、空き家を有効活用しましょう。

空き家を賃貸として貸す

空き家をそのまま居住用の賃貸として貸す方法があります。賃貸として貸すことができれば、家賃収入が得られます。固定資産税などの維持費を賄える上に、家賃収入が得られれば利益が出ます。

ただし、そのまま古い状態の空き家を賃貸に出しても、なかなか借り手が見つからないのが現状です。

いくら安いからと言っても、古い家にはなかなか住もうとは思いませんよね。そこでリフォームを行いましょう。

リフォームを行うと借り手が見つかりやすくなる

修繕を行うと借り手が見つかりやすくなります。古い空き家と修繕してあるきれいな物件がある場合、あなたもきれいな物件で生活したいものですよね。

借り手のことを考えて空き家を物件に出すのであれば、リフォームを行い住みやすくしたほうが、入居者が見つかるのが早くなり結果としてお得です。

固定資産税などがかかるため、何もしなくても年間で40万円ほどの費用がかかります。

項目 かかる費用
固定資産税 15万円
自治会費 2~4万円
庭の維持 5万円
修繕費の積立 15万円
合計 39万円

仮に古いまま1年間、借り手が見つからなければ40万円の負担です。また、2年間見つからなければ、80万円の費用を支払う必要があります。

そうであれば、早めにリフォームして借り手が見つかってくれれば、家賃収入得られやすいですよね。

空き家を賃貸として貸し出すことを検討しているのであれば、まずはリフォームすることをおすすめします。

空き家をお得にリフォームする方法

空き家をリフォームして有効活用したいが、「空き家のリフォーム費用がない」という方の相談を多く受けます。なかなか数十万~数百万円の費用を負担できる人は少ないのではないでしょうか。

しかし、空き家は火災保険を活用すると実質負担を減らしてリフォームすることが可能です。

実は、火災保険には風災補償というものがあり、空き家の屋根や外壁、雨樋などの外部が台風や雪などで破損して場合、被害状況に応じて保険金が支払われます。

これを利用することによって空き家の修繕費用を抑えられるのです。

たとえば、空き家の外壁の塗り替えが130万円かかると仮定します。このとき、130万円以上の保険金が支払われれば、実質負担0円で外壁塗装が行えます。以下は、実際に当サイト経由で火災保険が支払われた事例です。

火災保険事例

火災保険保険金事例

130万円の保険金が支払われている事例になります。この費用が支払われれば空き家を活用する際にとても助かるのではないでしょうか。火災保険は、保険を利用しても保険料が高くなることはありません。

したがって、積極的に活用するようにしてください。このような便利な制度があるのならば、使わない手はないですよね。

借り主負担DIYを行う

借主負担DIY(ディーアイワイ:日曜大工)を行うと借り手が現れやすくなります。また、大家の自己負担なしで修繕を入居者が行ってくれます。

「自分自身で修繕して田舎暮らしを楽しみたい」というような方はいらっしゃるので、借主負担で修繕したい方がいた場合、空き家を貸してあげましょう。

ただし、自己負担でリフォームしてもらう代わりにその分家賃の金額は安くしてあげるようにしましょう。

リフォームを借り手に行ってもらうため、その分家賃が安くなければ借り手は見つからないからです。

このように借り手も安く借りることができる上に、空き家の貸主も安く修繕ができるメリットがあります。両者ともにメリットがあるので、試してみてみるのも1つの方法です。

そのまま放置し続けても維持費ばかりがかかるのであれば、そのような空き家を大切に活用してくれる方に依頼してはいかがでしょうか。

空き家をシェアハウスとして貸し出す

空き家を貸し出す方法の中に、シェアハウスがあります。シェアハウスとは、複数の借主が一緒に生活することです。古い空き家は4LDKなどのように、大きな間取りが多くみられます。

1人で暮らすには広すぎますが、複数人で生活すれば一人当たりの家賃を抑えて生活できる特徴があります。

たとえば、大家であるあなたが月々6万円で貸し出すと仮定し、このとき4人でシェアハウスを行えば、1人当たり月々15,000円の費用で借りることができるのです。

なかなか借り手の見つからない空き家が、シェアハウスを行うことで借り手が見つかることはよくあることです。大家としても、十分な家賃収入が見込め、借りても安く借りることができるので、双方にメリットのある有効活用方法になります。

空き家の民泊経営

空き家を民泊として利用する方法があります。民泊とは、営利目的をしないサービスです。届け出を行えば経営が行えるので、空き家を手軽に利用することができます。

一般的な旅館業法では許可が必要です。しかし、利益目的ではない民泊は、手続きだけで行えるので空き家を「有効活用したい」方には人気の活用方法です。

海外では人気の民泊ですが、まだ日本では普及していません。あまり民泊のことに詳しくない方もいるのではないでしょうか。集客方法なども気になりますよね。

民泊は、「Airbnb(エアビーアンドビー)」というサービスが人気です。世界的に有名なサービスなので、集客を簡単に行えます。

初期費用もかからず、手軽に始めることができるため、「とりあえず空き家を有効活用したい」という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

店舗用として貸し出す

空き家を店舗用として貸し出すのも1つ方法です。しかし、どの店舗が利用するのかわからないのに大家であるあなたがリフォームするわけにもいかないですよね。そのため、リフォーム可能ということで貸し出しましょう。

たとえば、「田舎の雰囲気で店舗を出したい」という方がいれば、初期投資を抑えられるので大家と借主の双方にメリットがあります。

win win(ウィンウィン:双方良し)の関係で空き家を有効活用できれば、とても素敵ですよね。店舗として空き家を有効活用しましょう。

店舗の利用であれば、一般的な賃貸の貸し出しよりも長く空き家を借りて利用してくれます。一般の人では、1年で退去することも考えられます。

しかし、店舗の利用であれば何年も利用してくれるのではないでしょうか。大家としては、借主がリフォームを行ってくれる店舗利用のほうが助かりますよね。

空き家を賃貸に出すのであれば、店舗利用を行ってくれる借主を探してはいかがでしょうか。

空き家の有効活用事例集

空き家の活用方法の例をご紹介しましたが、実際の事例をご紹介します。

有効活用している方法がわかれば、どのように空き家を活用すればいいのかのヒントがわかるのではないでしょうか。

空き家の有効活用事例1:古民家を改修、会員制農家民泊

空き家活用事例

出典:国土交通省

古民家を民宿として活用している事例です。

1人の利用料は、年間1万円の会員費と一泊2,000円の費用です。一人あたりの費用は安いですが、多くの方が利用してくれるので利益になる仕組みになります。

空き家の有効活用事例2:空き家を事務所として活用

空き家活用事例

出典:国土交通省

地域の空き家を紹介するためのビジネスに活用している事例です。ビジネスを行う上で事務所を構えるケースは多くありますが、初期投資に費用がかかってしまいます。

そこで空き家を活用すれば、低価格で事務所を設置することが可能です。

月々の家賃も安く、広い空き家を借りることができるので、これからビジネス行う方に取っては、低価格で広い戸建てを借りられるメリットがあります。

空き家の有効活用事例3:空き家を改修、地域復興

空き家活用事例

出典:国土交通省

空き家を修繕することで再利用を目的とした有効活用方法の事例です。空き家が綺麗になれば、利用者も現れやすくなります。そして、それが結果的に地域復興につながります。

まとめ

空き家の有効活用方法やその事例についてご紹介してきました。空き家は、そのまま放置していては、固定資産税などの維持費がかかります。

また、建物が古くなったり、庭に雑草が生えたりするため、メンテナンスを誰かが行わなければいけません。

しかし、誰も活用していない空き家を手入れするのは、人手不足などの理由から難しいです。

そこで空き家を活用して有効活用すれば、そのような悩みを解決できるのではないでしょうか。空き家の有効活用で悩んでいる方は、ここでご紹介した方法を参考にして有効活用しましょう。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら