アパート経営平均年収はいくら?儲かるの?収入や売り上げは?

アパート経営年収

アパート経営の「平均年収はいくらぐらい」なのか気になる方は多く見られます。これからアパートを建設し、賃貸経営を検討している方はいくら儲かるのか気になるものです。

利益が出るのであれば、アパート経営を行いたいのではないでしょうか。

このページでは、アパート経営を行うにあたってどのくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

アパート経営の収益構造

アパート経営は、家賃 = 利益ではありません。アパートを建設するためのローンの支払いや管理費などを支払うからです。そのため、家賃収入からそれらの経費を引いた金額が利益になり、家賃収入です。

たとえば、家賃収入が月に100万円あると仮定します。ローンの支払いや管理費が50万円の場合、以下のようになります。

100万円(家賃) - 50万円(経費) = 50万円(利益)

この場合、アパート経営による利益は50万円になりそれが収入になるのです。これから賃貸経営を検討している方は、そのことを勘違いしないようにしてください。

アパート経営の平均年収

アパート経営の平均年収は、一概にいくらとは言えませんが、年間で利益が300万円くらいの方が多く見られます。

ただ、部屋数や家賃の値段、ローンの支払いや管理費など条件によってそれぞれ異なるので、必ずそのようになるわけではありません。そこでさまざまなパターンの家賃収入を比べてみます。

家賃6万円10室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
6万円10室60万円720万円

家賃6万円15室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
6万円15室90万円1080万円

家賃8万円10室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
8万円10室80万円960万円

家賃8万円15室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
8万円15室120万円1440万円

家賃10万円10室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
10万円10室100万円1200万円

家賃15万円10室のアパート経営の年収

家賃部屋数月々の家賃収入年間の家賃収入
10万円15室150万円1800万円

家賃の金額を上げるよりも、部屋数を増やすほうが家賃収入の金額は増えます。ただ、空き室のリスクや管理の手間などはその分かかるので、注意が必要です。

アパート経営のメリットは家賃収入だけではない

アパート経営には家賃収入が得られるメリットだけではありません。サラリーマンオーナーの場合、節税ができます。

たとえば、アパート経営で赤字になった場合、その赤字を給与所得と合わせることで支払う所得税を少なくすることも可能です。

所得税を減らしつつ、不動産として資産を作ることができるので、アパート経営はとてもメリットがあります。また、赤字にならなくても副業として家賃収入があれば、生活にゆとりがでるのではないでしょうか。

仮にサラリーマンで年収500万円を稼いでおり、アパート経営で300万円でも利益があれば、合計で800万円の収入になります。アパート経営のための経費であれば、非課税になるので車や家なども必要に応じて経費にできるメリットがあります。

節税できて家賃収入が得られるアパートはとても魅力的ですよね。

アパート経営の年収を増やす方法

アパート経営ですが、年収を増やすには以下のポイントがあります。

  • 経費を減らす
  • 棟数を増やす

アパート経営は、家賃と経費の差額が年収になるため、収入を増やすにはこの2つの方法が一般的な方法です。それでは、順番に詳しく解説していきます。

経費を減らす

アパート経営で利益を出すためには、経費を減らすことです。そのため、アパートの建設費を抑えたり、管理費用を抑えたりしましょう。

たとえば、家賃は高いが建設費用も高いアパートではなく、家賃は普通で建設費用が安いコスパの良いアパートにするようにしてください。そうすれば、月々のローンの支払いの経費を削減できます。

棟数を増やす

アパート経営の数を増やすと収入を増やすことができます。1棟で月に30万円の利益が出るのであれば、2棟にすれば月に60万円になり、3棟にすれば90万円になるからです。

単純かもしれませんが、手っ取り早く収入を上げることができます。また、賃貸経営を行っている方が、何棟もアパートを建てているにはこのような理由があります。

管理などもすべて管理会社に任せてしまえば、手間はかからないので、土地をたくさん所有している方は土地活用をアパート経営で行いましょう。

まとめ

アパート経営の平均年収についてご紹介しました。アパートの年収は、家賃から経費を差し引いた金額になります。

また、アパートオーナーの平均年収は、家賃設定やアパートの規模によっても異なるので、一概にいくらとは言えません。これからアパート経営を検討している方は、家賃の金額や部屋数などを踏まえた上で、おおよその収入の見込みを立てましょう。

失敗しないアパート経営をするためには儲かる業者を選びましょう

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

アパート経営建設費

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「イエカレが行っているアパートの資料請求」です。たった1分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国50以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

実際にイエカレを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありません。無料で業者の資料を一度に請求できるので、業者の情報を集めるのに非常に役立ちます。

アパート経営で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

アパート経営イエカレ

誰でも簡単にたった1分でアパートの資料請求ができるイエカレはこちら

アパート経営が初めての方はセミナーに参加しましょう

アパート経営をこれから行う方で、セミナーに参加していない方は必ずセミナーに参加するのがおすすめです。

賃貸経営のノウハウやポイントなどを教えてくれます。

特に初心者の方は必ず参加するようにしてください。こういった勉強をするかしないかでアパート経営が成功するかしないかが決まります。

せっかくアパート経営をするのであれば、失敗したくないですよね。また、儲けたいのが本音です。

そこで、 LIFULL HOME’Sが提供している不動産投資セミナーがおすすめです。全国で開催されているセミナーの中からあなたに合ったセミナーが選べます。賃貸オーナー向けのセミナーや初心者向けのセミナーなど、たくさんの種類があります。

完全無料で利用できるサービスです。アパート経営を検討している方は、これを利用しない手はありませんよね。

LIFULL HOME’S 不動産投資セミナーの申し込みはこちら

関連記事

年収300万円アパート経営

年収300万円以下で始める年収1,000万円を目指すアパート経営

アパート経営利回り

アパート経営の利回りとは:表面・実質の計算方法や目安・平均