土地活用

田舎の土地活用の注意点:田舎の不動産投資の種類や失敗しないコツ

田舎土地活用

田舎に住んでおり、土地活用を検討している方は多く見られます。田舎で土地を所有しているものの、有効に活用できていない方は多くいらっしゃいます。

ただ単に土地を所有しているだけでは、固定資産税などを支払うだけなので赤字です。そうであれば、賃貸経営や駐車場経営など、安定した収入を生み出してくれるような土地活用をしたいのが本音です。

仮に、賃貸アパートを建設し、何もせずに毎月50万円の家賃収入が入ることを考えると、農地を土地活用したいですよね。

ただ、今まで土地活用をしたことがないため、どのような土地活用の種類や特徴があるのかわからないのではないでしょうか。できれば失敗したくないですし、初期費用も抑えたいですよね。

土地活用を行い、田舎で不動産収入を手に入れるための方法をご紹介します。

目次

田舎の土地活用の種類や特徴

田舎で土地活用を検討したとき、どのような土地活用の方法があるのでしょうか。土地活用には多くの種類があるため、正直わからない方は多く見られます。

田舎で土地活用する場合、都市部とは違った土地活用方法も存在するため、まずはどのような土地活用方法があるのかを知っておきましょう。

賃貸アパート・マンション

アパート経営のやり方

賃貸経営は、土地活用でも代表的な活用方法です。アパートやマンションを建設することで、家賃収入を得られるようになります。

賃貸経営は、土地活用の中でも得られる収入は多いです。

たとえば、家賃8万円が20戸ある場合、毎月160万円の家賃収入です。そのため、年間で1,920万円になります。

さらに8階建ての賃貸マンションを建設し、40世帯ある場合は、月々320万円です。つまり、年間で3,840万円の家賃収入になります。

田舎は土地が広いため、大規模な賃貸経営が可能です。今まで農地であったり、利用していない土地だったりしたものが、1,000万円以上の収益を発生させることができるのであれば、とても魅力的ではないでしょうか。

田舎の賃貸アパート・マンションの注意点

都市部とは違い、地方で賃貸経営をする場合、土地活用する場所がとても重要です。

都市部の場合は人口が多いため、入居者が表れやすいです。しかし田舎の場合、アパートを建てる場所を間違えると空き室が多くなってしまう恐れがあります。

駅から近い場所であればいいですが、駅から遠い場所や近くに何もない場所にアパートを建てても入居者は集まりにくいです。

賃貸アパートを建設する場合は、立地に注意するようにしてください。

アパート経営をしたい方は、「アパート経営するには?本当に儲かるの?不労所得で生活する」こちらの記事もご覧ください。アパート経営について解説しているため、役立つはずです。

戸建賃貸住宅

戸建て賃貸土地活用

賃貸経営は、アパートやマンション以外にも戸建賃貸による土地活用があります。戸建賃貸の場合、ターゲットがファミリー層に限られるため、土地活用する立地がとても重要です。

スーパーや小学校、中学校が近くにあるような場所でなければ、なかなか入居者が現れない恐れがあります。

戸建賃貸は、家賃設定を高く設定でき、10~15万円の家賃設定が可能です。月々15万円の場合、年間で180万円の家賃収入です。

戸建賃貸の場合、長く住み続けてくれるので、収益が安定しやすいです。

戸建賃貸による土地活用の注意点

戸建て賃貸は、1世帯だけしか生活できません。

空き室になるとすぐに入居者が表れないので、すぐに入居者が表れるような、需要のある土地で土地活用するのがおすすめです。

戸建賃貸による土地活用を検討している方は、まずは土地活用会社にリサーチしてもらいましょう。土地活用する予定の土地の周囲環境を調査することで、その土地に適した土地活用の方法がわかるからです。

田舎で土地活用を検討している方は、まずは、土地活用会社に相談するようにしてください。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付きの高齢者向け住宅は、高齢者が生活しやすいように介護や医療などのサービスのある賃貸住宅になります。

サービス付きの高齢者向け住宅とは、一般的な老人ホームとは異なり、必ず介護を必要としない賃貸住宅のことになります。

田舎は高齢者の割合が高いため、高齢者向けの賃貸住宅は需要があることが予想されるのではないでしょうか。

一般的な賃貸住宅では差別化できない場合、こういった高齢者向けの住宅を建設すると利用者が多く見られます。

そのため、一般的な賃貸アパートやマンションを建設するよりも儲かります。

また、一般的な賃貸アパートやマンションに比べて地域に貢献しているため、社会的地位の高い土地活用が可能です。

サービス付き高齢者向け住宅の土地活用の注意点

サービス付高齢者向け住宅は、大きな土地を必要とする場合やそのほかの条件があるため、必ずサービス付き高齢者住宅による土地活用ができるわけではありません。

土地活用する際は、まずは専門家に相談し、どのようなプランで有効活用するのかを調べてもらうようにしてください。

老人保護施設

田舎老人ホーム土地活用

田舎の場合、老人ホームによる土地活用も魅力的です。以上でお伝えしたサービス付き高齢者向け住宅同様に、たくさんの需要が見込めるからです。

これから老人が増えるのであれば、高齢者向けの保護施設を建設したほうが多くの需要が見込めます。

一概に、賃貸アパートやマンションによる土地活用をしても利用者がいなければ意味がありません。その土地に適した土地活用を行うことで、儲かる土地活用ができるようになるのです。

老人保護施設による土地活用の注意点

老人保護施設の場合、大きな土地が必要になります。また、先ほどのサービス付き高齢者向け住宅同様にさまざまな条件があります。

土地活用する際は、土地活用会社と相談して適切なプランで土地を有効活用するようにしましょう。時代やニーズに適した土地活用をするように心がけてください。

駐車場経営

駐車場経営土地活用

駐車場経営は、リスクの少ない土地活用の1つです。賃貸住宅に比べて初期費用が少ないため、赤字になるリスクが少ないからです。

また、初期費用が少ないということは、利回りも良いので初期費用を簡単に回収できます。

たとえば、コインパーキングによる土地活用の場合、月々30万円ほどの収益が期待できます。初期費用が300万円ほどかかるので、利回りは以下の通りです。

駐車場経営利回り

初期費用が、300万円かかったとしても利回りは120%になるため、非常に高い利回りです。

賃貸アパートやマンションの利回りは、10%でも高いです。そのことを比べると、駐車場経営がどれくらい利回りが高いのかがわかりますよね。

さらに駐車場経営の場合、コインパーキング業者が初期費用を負担してくれるケースがあるので、土地だけあれば土地活用が可能です。初期費用0円で土地活用ができるので、お金はないけれども土地活用を検討している方は、駐車場経営を検討してみましょう。

駐車場経営による土地活用の注意点

駐車場経営は、土地活用する場所がとても重要です。コインパーキングの場合、駅に近い場所や利用者の多い施設が近いところに設置しないと利用者がいない恐れがあります。

土地活用しても儲からなければ意味がありません。そのため、田舎で土地活用する際は、必ず専門家である土地活用業者などに相談するようにしてください。

土地活用のプランや収益シミュレーションを作成してくれるので、あなたの土地がどのような土地活用が最適なのかを知った上で最善の方法で土地を活用するようにしてください。

駐車場経営については、「駐車場経営は儲かるのか?リスクのない失敗しない土地活用」の記事でさらに詳しくお伝えしています。駐車場経営についてさらに知りたい方は、この記事を読むようにしましょう。

太陽光発電

太陽光発電土地活用

太陽光発電は、田舎で広い土地を持っている方におすすめな土地活用方法です。

日当たりの良い場所に設置すれば、賃貸住宅などの利用者によって収益が変わるものとは違い、毎月一定の収益が発生するからです。

賃貸住宅の場合、空き室が増えればその分利益も少なくなります。駐車場経営も同様です。利用者が少ない場合は、収入は少なくなってしまいます。

しかし、太陽光発電の場合、太陽光の日照時間は毎年ほとんど一緒です。多少差はあるものの一定の収益が見込めるので、安定した収益が見込めます。空き室などの利用率も気にしなくて良いため、精神的に楽に土地活用ができます。

山奥や田舎で賃貸住宅や駐車場経営しても儲からない場合は、太陽光発電による土地活用を行ってみてはいかがでしょうか。

太陽光発電による土地活用の注意点

太陽光発電は、日照時間がとても重要です。土地があっても日照時間が無ければ、思っている以上に儲からないからです。

つまり、日当たりが悪い場所では太陽光発電は不向きと言えます。

何も活用していない土地は固定資産税がかかるので、何も利用していないよりは土地活用したほうがいいですよね。そのためには、太陽光発電による土地活用を行いましょう。

まずは、太陽光発電による土地活用ができるのかどうかを業者に相談して、判断してもらうようにしてください。

太陽光発電による土地活用は、「【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット」の記事もご覧ください。

資材置き場

田舎土地活用資材置き場

田舎の土地活用の中で、資材置き場として利用する方法があります。建設会社など、多くの資材を置く場所が必要な会社に、土地を資材置き場として貸し出す土地活用方法です。

企業に土地を貸すため、長く借り続けてくれるので安定した収入が期待できます。大きな企業に土地を貸すことができれば、数十年単位で土地を借り続けてくれます。

また、土地を貸すだけなので初期費用もかからないので、初期投資0円による土地活用が可能です。

資材置き場として土地活用する注意点

資材置き場として土地活用する場合、土地を利用してくれる業者がいないと土地活用できないデメリットがあります。

こちらが資材置き場として土地を貸し出そうと思っても、土地を借りてくれる企業がいなければいけません。企業側から資材置き場として利用する依頼を待つしかありません。

土地活用業者によっては、資材置き場として利用したい企業を知っている可能性があります。その場合は、土地活用業者に企業を紹介してもらいましょう。

オフィス・商業施設

田舎土地活用商業施設

オフィス・商業施設による土地活用も可能です。企業のオフィスやデパートなどの商業施設を建設することで、長く土地を活用してもらえるようになります。長く土地を活用してもらうと、その分安定した収益が可能です。

また、このような土地活用の方法を「等価交換」といいます。

等価交換とは、土地を貸し出すことで企業にオフィスや商業施設として利用してもらいます。そして、土地を貸し出している地代家賃を貰う仕組みです。

これにより、建設費用をかけずに土地活用が可能になります。土地を貸す側としては、初期費用がかからないのでリスクなく土地活用ができます。

また、企業に土地を貸すので、何十年と土地を借り続けてくれます。長期的に安定した収益を生み出せる土地活用です。

オフィス・商業施設による土地活用の注意点

企業に土地を貸し出す際、数十年土地を借り続けてくれます。収益は安定しますが、自分自身が土地を活用できないデメリットがあります。

等価交換により土地活用する際は、何十年先のことを考えた土地活用プランを考えるようにしましょう。「今後土地に家を建てたい」という場合は、適していないので注意してください。

コンテナ・トランクルーム経営

トランクルーム田舎の土地活用コンテナ・トランクルームは、家には置ききれない荷物や職人さんが材料を置く場所に使うことで賃料を貰うビジネスです。

賃貸アパートやマンションに比べて初期投資が少ないです。また、コンテナ・トランクルームは、坪単価が1万円を超えるので非常に利回りが高いメリットがあります。

店舗を借りてトランクルーム経営をする場合は、20%の利回りになり、土地を所有している方がトランクルームの経営を行うと、利回りは50%を超えます。

また、野外にコンテナを置く場合も利回りが高いのでリスクの少ない土地活用です。また、維持費や管理も楽なので、放置で収益が発生する土地活用になります。

コンテナ・トランクルームによる土地活用の注意点

コンテナ・トランクルームは、立地がとても重要です。田舎でも人口が多くなければ、利用者が少ないため、儲からないからです。

そのため、その地域でコンテナ・トランクルームがあるかどうかを確認しましょう。コンテナ・トランクルームがあり、すべて借りられているような地域では、需要が見込めるため儲かる可能性は高いです。

田舎で土地活用する場合は、コンテナ・トランクルームによる土地活用が最適かどうかは、プロに相談すると早いです。

土地周辺の需要を調べてくれるので、コンテナ・トランクルームが適切なのかを判断してくれます。

無料で相談できるので、田舎で土地活用を検討している方は気軽に相談してみましょう。そのため、まずは資料請求をしてみることをおすすめします。

トランクルームについて気になる方は、「失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用」の記事も合わせて読むようにしてください。

田舎の土地を活用するメリット

田舎を土地活用する際、さまざまなメリットがあります。何も利用していない土地から家賃収入が入れば嬉しいですよね。それでは、具体的にどのようなメリットがあるのかをお伝えしていきます。

一般的に、田舎の土地活用は以下のメリットがあります。

  • 税金対策ができる
  • 不動産収入が手に入る
  • 地域貢献ができる

順番にご紹介していきます。

税金対策ができる

更地の土地を所有している場合、固定資産税がかかります。しかし、賃貸アパートやマンションなどを建設すると固定資産税が6分の1になります。

つまり、賃貸アパートやマンションなどで土地活用すると、固定資産税が節約できるようになるのです。

何も利用していない土地の固定資産税が安くなり、家賃収入が入るようになるのであれば、土地活用したほうがいいですよね。

相続税が安くなる

さらに、賃貸アパートやマンションを建てることで相続税が安くなります。土地の評価額が下がるからです。

たとえば、現金1憶円と土地1憶円を所有している場合、本来であれば2憶円の評価額になりその分の相続税が発生します。

しかし、賃貸アパートやマンション建設すると土地や建物の評価額が下がるので2憶円の場合は、7,300万円評価額を下げることが可能です。

1憶円の現金をアパートに変えて1憶円分の土地を土地活用すると、約3割程度評価額が下がり、その分の相続税を安くすることができます。

大和ハウス土地活用

多くの方が土地活用して税金対策をしている理由は、このような理由があるからです。

固定資産税や相続税対策を検討している方は、賃貸住宅を建設して税金対策を行いましょう。そして、家賃収入も手に入れましょう。

不動産収入が手に入る

土地活用すると不動産収入が入るようになります。何も利用してない土地から収益が発生するので、非常にメリットがあるのではないでしょうか。

たとえば、今まで何も利用していない土地にアパートやマンションを建て、毎月家賃収入が100万円入ることを想像してください。

それだけで生活することも可能ですし、今の収入に毎月100万円が加わることを考えると生活は豊かになりますよね。土地があるのにもかかわらず、土地活用しないのは非常にもったいないです。

田舎の土地を有効活用し、家賃収入を手に入れましょう。そして、あなたの生活が幸せになれば幸いです。

地域貢献ができる

土地活用は地域貢献のできるビジネスです。そのため、社会的地位が高いです。

何も活用していない土地に、地域のためになる賃貸住宅や老人向け住宅、商業施設などが建設されれば地域貢献になります。

田舎で商業施設がない場所に商業施設が建設されれば、地域貢献ができますよね。地域貢献をしつつ、不動産収入が入るようになるのでとてもすばらしいビジネスです。

土地活用を行い、人のためになるビジネスを行いましょう。

田舎の土地活用のデメリット

田舎で土地活用をする場合、メリットだけではなくデメリットも存在します。良い点だけではなく悪い点もあるので、注意するようにしてください。

それでは、デメリットをご紹介していきます。

借金をするためリスクがある

土地活用は、活用方法によっては借金をしなければいけません。賃貸アパートやマンションなどを建設する際、建設費用がかかります。

賃貸アパートの場合、4,000万円以上の費用が必要です。また、賃貸マンションの場合、1憶円以上の費用がかかるので、初期費用が必要になります。

仮に、入居者が少ない場合、赤字になる恐れがあります。借金をするということは、その分リスクがあるということです。

賃貸アパートやマンションを建設する場合、初期費用が必要になるのでこれから賃貸経営を検討している方は、借金をすることを覚えておきましょう。

人口が少ない

田舎は都市部に比べて人口が少ないため、土地活用が難しいです。都市部の場合、人口が多いので土地活用しても利用者は多いです。

たとえば、賃貸アパートやマンションを建設した場合や駐車場経営をした場合、都市部であれば人口が多いので利用者は多くなります。利用者が多いほど土地活用は儲かりますよね。

一方で、田舎で土地活用する場合、人口が少ないです。そのため、利用者が少ない恐れがあります。

利用者が少ないと収益は少なくなり、初期費用のかかる賃貸住宅の場合は、赤字になってしまうのではないでしょうか。土地活用する場合、人口が少ないと儲からない恐れがあります。そのため、人口の少ない田舎は土地活用が難しいです。

田舎の土地活用は戦略的に行う

人口が少ない場合、田舎での土地活用は戦略的に行うようにしてください。むやみやたらアパート経営や、賃貸経営をすればいいというわけではありません。

その地域や土地に適した土地活用を行うことが重要です。

アパート経営が適している地域であれば、アパート経営を行うほうがいいです。また、駐車場経営をしたほうがいいのであれば、コインパーキングなどを設置したほうが効率よく土地活用ができます。

適した方法で土地活用しないと赤字になる恐れがあるため、田舎の土地活用は土地周辺の市場調査を行うようにしてください。

土地の市場調査を行う場合、土地活用の専門家に任せてしまいましょう。無料で行ってくれる上に、今までの実績からあなたの土地を有効活用する方法を教えてくれるので、失敗しない土地活用が可能です。

田舎の土地活用で失敗したくないのであれば、必ず利用するようにしてください。

可能な土地活用に限りがある

以上でもお伝えしたように、田舎は人口が少なく土地活用に限りがある恐れがあります。人口が少なく、賃貸経営や駐車場経営が不向きの場合、これらの土地活用ができません。

借金してアパートを建てても入居者が集まらない恐れがあるので、赤字になってしまうからです。

アパート経営は、数千万円~億単位の借金をするため、無理にアパートを建てて破産してしまえば元も子もないですよね。

田舎は人口が少ないため、調査によってはできない土地活用が出てくる可能性があるので覚えておきましょう。

田舎や地方で土地活用する際に知っておきたい注意点

地方で土地活用する際、いくつか注意点があります。一時的な感情で土地活用した場合、損をしてしまう恐れがあるので気を付けてください。

市街化調整区域なのかを確認する

田舎で土地活用する際は、市街化調整区域なのかを確認するようにしてください。たとえば、田舎で農地の広がるような場所は、市街化調整区域である可能性が高いです。

市街化調整区域とは、市街化を防ぐために規制のかかっている地域のことです。

その場合、都市計画法(土地の使い方を決める法律)による許可を取らなければ、アパートやマンションなどを建設できません。

つまり、農地は田んぼや畑にしか利用できない法律があるのです。田舎で土地活用する場合は、これらの法律があるので注意するようにしてください。土地活用しようと思ってもできない恐れがあるので市街化調整区域かどうかを確認しましょう。

確認方法がわからない場合はプロに相談してみてください。土地活用のプロであれば調査してくれるので、簡単に調べることが可能です。

土地活用する周囲の環境を調べる

先ほどお伝えしたように、田舎の土地活用は周囲の環境がとても重要です。人口が少ないため、最適な方法で土地活用しないと利用者がいない恐れがあります。

せっかく土地活用するのであれば、儲けたいものですよね。田舎でやみくもに土地活用して破産してしまう方はたくさんいます。

土地活用しても破産してしまえば、土地活用した意味がありません。そのため、田舎で土地活用する際は、市場調査を行いどのようなニーズがあるのかを調べた上で、適切な方法で土地活用するようにしてください。

田舎の土地活用のプロに相談するのがおすすめ

田舎で土地活用する際は、まずはプロに相談するようにしてください。土地活用会社は、土地活用を専門的に行っているため、田舎での土地活用にも慣れています。

先ほどもお伝えしたように、田舎は土地があるものの土地活用がしにくいです。人口が少ないため、利用者が少ないからです。

アパートを建設しても入居者がいなければ意味がありません。また、駐車場経営をしても誰も車を停めてくれなければ利益になりませんよね。

しかし、そのような場所でも土地活用会社であれば、最善の土地活用方法を提案してくれます。

田舎には田舎の土地活用方法があるため、地方で土地活用を検討している方は、まずは土地活用のプロに相談するようにしてください。

田舎の土地活用する業者選びのポイント

これから田舎で土地活用を検討している方は、業者選びがとても重要です。業者によって初期費用が変わってきますし、収益シミュレーションも変わってくるからです。

つまり、業者によって儲かるかが決まります。評判の悪い業者に土地活用を任せてしまった場合、破産する恐れがあります。失敗してしまえば困ってしまうのではないでしょうか。

せっかく土地活用するのであれば、儲けたいものですよね。そのため、業者選びは慎重に行いましょう。それでは、田舎で土地活用する方のために業者選びのポイントをご紹介します。

初めての土地活用で失敗したくない方は、ぜひ参考にするようにしてください。

多くの業者に相談する

田舎で土地活用する際は、できるだけ多くの業者に相談するようにしてください。

1社だけでは不十分だからです。多くの業者に意見を聞くことで、より良いプランで土地活用ができます。

仮に1社だけで土地活用する場合、その会社が駐車場経営を提案してきたのであればいかがでしょうか。土地活用が初めての方は、そのまま駐車場経営を行ってしまうはずです。

しかしこのとき、本当はアパート経営のほうが良かったらいかがでしょうか。駐車場経営をしてもあまり儲からずに失敗してしまいます。

土地活用で失敗しないためには、必ず多くの業者に相談するようにしてください。それが田舎で土地活用する際に失敗しないコツです。

土地活用プランを比較した上で決定する

業者によって土地活用のプランはさまざまです。そのため、土地活用のプランを比較した上で最も良い業者を選びましょう。

土地活用のプランは業者によって異なります。以下のように業者によって提案してくる土地活用は変わってきます。

  • A社:賃貸アパート
  • B社:賃貸マンション
  • C社:駐車場経営

このように提案してくるプランが違うケースがあります。失敗しないためには、土地活用プランを比較し、その中から一番良いと思えるプランを選ぶようにしてください。

多くの業者のプランを比較した上で選べば、後悔しない土地活用ができるのではないでしょうか。田舎の土地活用は失敗しやすいため、よくプランを比較した上で選ぶようにしてください。

初期費用が安く儲かる業者を比較して選ぶ

田舎は人口が少ないため、土地活用で成功するためには業者選びが重要です。業者によって儲かるかが決まるからです。

業者によって、初期費用や収益シミュレーションは異なります。

同じ賃貸アパート経営でも初期費用が5,000万円の業者もいれば、8,000万円の業者もいます。業者によって、初期投資が3,000万円以上の差になることは珍しくありません。

土地活用の初期費用には相場がないため、業者の良い値だからです。できれば、初期費用は抑えたいものですよね。

さらに、業者によって収益も変わってきます。儲かる業者もいれば、さほど儲からない業者もいるからです。

同じ賃貸アパートによる土地活用をする際、以下の2つのどちらがいいでしょうか。

  • A社:年間の家賃収入1,000万円
  • B社:年間の家賃収入500万円

この場合、A社のほうがいいですよね。業者によって収益は大きく異なります。土地活用で儲かりたいのであれば、業者を比較して儲かるところで土地活用するようにしてください。

一括資料請求サービスを使うと簡単に業者を比較できる

土地活用で業者を選ぶ際は、一括資料請求サービスを活用しましょう。数多くいる業者に資料請求できるため、業者の特徴がわかります。

土地活用しようと思ってもどこの業者がいいのかわからないですよね。また、会社に直接訪問するのも気が引けるのではないでしょうか。

そこで、資料請求が簡単にできるのでおすすめです。たった1度の入力で、完全無料で複数社の土地活用プランがわかるので、田舎で土地活用を検討している方はぜひ活用しましょう。

簡単に業者を比較して初期費用を抑え、最も儲かる業者で土地活用をするようにしてください。

まとめ

田舎で土地活用するための情報をご紹介してきました。田舎の土地活用は以下の種類があります。今一度おさらいしておきましょう。

  • 賃貸アパート・マンション
  • 戸建賃貸住宅
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 老人保護施設
  • 駐車場経営
  • 太陽光発電
  • 資材置き場
  • オフィス・商業施設
  • コンテナ・トランクルーム経営

田舎で土地活用する際、このような種類があります。土地活用を検討している方は、この中から最適なプランを選んで土地活用するようにしてください。

また、田舎の土地活用は場所や業者選びがとても重要です。せっかく土地活用しても損をしてしまえば、元も子もありません。そうならないためには、初期費用が安くて儲かる業者を選ぶようにしましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら