土地活用

10、15坪以下の狭小敷地の土地活用は野立て看板がおすすめ!

野立て看板

あなたの土地は、「狭くて使い道がない」とあきらめていませんか?「建築費用をかけたくないけど、土地を活用したい」と考えていませんか?

狭い土地でも使い道はあります。しかも自分で建築費用を負担しないで収益化ができるのです。

それは、野立て看板の土地活用です。

野立て看板とは、市街地の空き地や路地、道路や線路から見える田畑などで目につく看板のことですね。通行人や電車の乗客、ドライバーに向けた看板になります。

野立て看板は、店舗の案内、企業のPR、施設の誘導目的などで立てられる看板のことです。

鉄道沿線から見える田畑に大型看板を見かけたりしませんか?

国道沿いで目にとまる看板のことです。土地の活用目的が決まらなくても固定資産税は払い続けなければいけません。

条件さえ合えば、野立て看板で土地活用は、長期的な安定収入になることでしょう。その理由は初期費用の安さと狭い土地でも活用できることです。

このページでは、野立て看板の土地活用のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

広告看板によるメリット

まず広告看板による土地活用のメリットのポイントを上げてみましょう。

広告看板によるメリット
  • 初期費用の安さ
  • 狭い土地でも活用できる
  • 壁や屋上も収益になる
  • 都市部なら需要が高い
  • 長期安定の収入

屋外の広告看板のポイントは、5つです。では、順番に解説していきますね。

初期費用が安い

広告看板の利用は、初期費用がかかりません。その理由は、看板の設置にかかる費用を広告主が負担してくれるからです。

そして、広告主が広告費として賃料を土地の所有者に支払ってくれます。さらにメンテナンス費、撤去費用も広告主が負担してくれるケースも多いでしょう。

広告看板の土地活用は、ほぼ土地を貸し出すだけなので、初期費用は安いのです。

狭い土地でも土地活用できる

看板土地活用狭い土地

広告看板の設置ならば、土地の隅にある空きスペースでも十分活用ができます。つまり広告看板は、使い道のない変形地の最適な土地活用になるのです。

狭い土地でも人通りが多く、看板が目につきやすければ、広告主が現れる可能性があります。

使い道のない非整形な土地の一区画でも看板を立てるだけだから、土地活用は実現できるのです。

壁、屋上などのスペースも収益化できる

屋上土地活用看板

広告看板は、すでに建物がある場合も収益化のチャンスはあります。土地の立地条件によっては、建物の壁や屋上など空きスペースに広告看板の設置価値が出てくるのです。

建物の壁や屋上などのスペース活用は、電車の線路から見える建物や通行量の多い道路などに価値があります。

建物の壁や屋上などに使う広告看板は、広告塔や広告板、広告面が大きい看板になります。

「遠くからも目立つ」がポイントになり、主要道路からドライバーの視線になれば広告主の需要はあるのです。

すでにある建物でも収益が見込めれば、屋上や壁の賢い有効活用になります。

都市部は需要が高い

特に都市部には、看板や広告の設置を希望する広告主は多いです。理由は、多くの人に見てもらえる宣伝効果が高いことになります。

都心部は、人口密度も高く、通行人や車で移動中の乗客へのアピール効果があるからです。

あなたの土地が道沿いならば、広告看板の反復効果が見込める可能性があります。毎日の通勤ルートを車の運転で同じ看板を目にして、自動的に記憶していくからです。

車を運転する人は、広告を3秒で認識して印象づけられていきます。毎日の通勤で深く記憶していく効果が見込めるのです。

設置が決まれば撤去されにくい

広告看板は、設置が決まれば、撤去されにくいのが特徴です。特に誘導看板や案内板の場合は、ずっと使われる可能性が高くなります。

数年単位で継続されれば、安定した不労所得になることでしょう。

広告看板による土地活用のデメリット

ここまでは、広告看板による土地活用のメリットを紹介してきましたが、広告看板で空きスペースを収益化するには、デメリットもあります。

野立て看板のデメリット
  • 収益が大きくない
  • 広告主を探しが大変
  • 法律の制限
  • 台風による破損
  • 落下事故などの責任問題

広告看板によるデメリットを理解して、あなたの状況に置き換えてみることが大事です。それでは、一つ一つ解説していきましょう。

収益は大きくない

広告看板の収益は大きくありません。一般的な相場で言うと、看板の大きさが、0.5m×2mほどで年間1万円~5万円の間の収益です。

地域や広告主にもよりますが、全体的に年間5,000円~15万円程度が相場になっています。アパート経営や駐車場経営の収益に比べたら、高額収入は期待できないのが、広告看板です。

設置する企業を探すのが大変

設置する広告主になる企業を探すのは、個人で動くと大変でしょう。

広告主を探すことはできますが、知識がないと法規制や契約内容が不十分のまま、後でもめる可能性が高くなるのです。

そのような理由から広告主探しは、個人で動かないで広告仲介業者に任せるのがおすすめです。

建築基準法などの法律の制限がある

広告看板をはじめとする野立て看板の設置にも法律の制限があります。

特にサイズが大きい広告看板の場合は、建築基準法・屋外広告物法・道路法・景観法の指示に従う必要があるのです。本体が4mを超える看板を立てる場合は、工作物確認申請を提出する必要があります。

「小さい看板であれば建築物ではない」と思いこまないほうがいいですね。自治体によっては、条例で広告看板の制限を受ける場合もあります。

屋外広告物条例は、自治体によって温度差もあるのです。場合によって広告物許可申請が必要になることもあります。自分の土地のある自治体に事前に確認をおすすめします。

台風などで破損する恐れがある

野立て看板台風

広告看板を立てた場合、建物と比べて台風などの自然災害で破損する恐れがあります。広告主に立てられた看板の場合は、破損した看板の立て直しされるかわかりません。

広告主の企業の判断により、そのまま撤去で解約終了となる場合もあります。そうなれば広告看板による収入も途絶えてしまうのです。

落下事故などが起こった場合責任が問われる

次は広告看板による落下などの事故が起こった場合の責任問題です。例えば、あなたの土地に設置した看板が落下したとします。

万が一、通行人や近隣住宅、車両などにぶつけてしまった場合、人身事故や器物破損が考えられます。

こういうことは絶対にあってはいけませんよね。

事故を起こした場合、最初に看板広告主の企業にメンテナンス責任が及びます。しかし安心はできません。土地や建物の所有者にも「無過失責任」という責任が及ぶ可能性もあるのです。

もちろん看板を施工した業者にも責任が出てきます。落下事故の大きさにもよりますが、土地の所有者として、損害賠償は真逃れないのです。

長期で収益を見込める広告看板だけに、メンテナンスを怠れば老朽化して落下などの事故の可能性もあるでしょう。

損害賠償の備えとして、施設賠償責任保険などに加入しておくことも必要ですね。

広告看板に向いている土地

それでは、広告看板に向いている土地の条件を解説しましょう。あなたの土地は、広告看板を立てて収益が見込めるのでしょうか?おすすめの土地の条件をご紹介します。

交通量の多い道路に面している土地

自動車の交通量の多い土地、道路に面している土地は、広告看板に向いています。

店舗の案内板など車窓から見える看板は、飲食店や大型スーパーなど企業のニーズに合っている場合が多いからです。

都市部の土地

都市部の土地は、広告をアピールするのに最適な条件になります。地方に比べて徒歩を利用する人が圧倒的に多いからです。

通行人に向けた看板ならば、狭い土地の小さな看板でも広告主の需要はあります。人の往来が多い土地ならば、地域に合った広告主から看板設置を依頼されるでしょう。

狭くて他の土地活用ができない土地

建物が建てられない狭くて活用できない土地こそ、広告看板の設置に向いています。広告看板は大きければ、規制も厳しくなるのです。

そのため小さい広告看板を設置したい企業には、ニーズのある土地になるでしょう。

広告看板の土地活用の注意点

広告看板の土地活用の注意点をご紹介します。自分の土地が広告看板を設置して収益化できると判断できたら、「どうやって広告主を見つけるべきか?」気になりますよね。

医療機関や企業に広告を依頼する

野立て看板病院

まず、医療機関や企業に広告看板の設置を依頼してみることです。

「なぜ医療機関なのか?」その理由は、医療法の広告規制にあります。医療機関は商業施設に比べて広告規制が厳しいのです。

医療法により、新聞の折り込み広告が出せないため看板広告に重きを置いている医療機関は少なくありません。広告看板には、医療機関の広告規制がかからないのです。そのため一度契約をすれば、長くお付き合いができます。

つまり長期的な安定収入になるのです。特に都市部など人通りの多い地域では、医療機関の広告看板は重用されることでしょう。

土地活用のプロに相談する

野立て看板による土地活用は、個人で進めようとしても実際は難しいのです。

「どこの病院と交渉すればいいのか?」「どんな企業に頼めばいいのか?」

地域の自治体の条例などの法規制や契約の進め方は、未経験では上手くいくかわかりません。

坪数によっては、分筆して宅地と雑種地を分けることで、固定資産税の対策もしなければなりません。

その場合、使い道のない土地が余ってしまうこともありますよね。そのような変形した狭い土地の扱いは、専門知識と情報に長けている必要性があるのです。そこで土地活用のプロに相談することをおすすめします。

まずは無料相談してみよう

土地活用のプロならば、あなたの土地に最適な広告主を紹介してくれるでしょう。

豊富な経験を活かしたアドバイスが受けられるのです。例えば旭化成ホームズの場合、将来起きうるリスクなども踏まえて、状況に応じた土地活用プラン作成を掲げています。

このように土地活用業者の中で高い分析力とプランニング能力を持った土地活用のプロならば、複雑な条件から最適な土地活用を提案してくれるでしょう。まずは、無料で相談してみましょう。

まとめ

野立て看板による土地活用について、解説してきました。もしあなたが目立つ場所に土地を持っていたら検討すべきです。

法規制や契約の面倒な部分は、土地活用のプロに任せて遊ばせている土地を有効に収益化させてみてはいかがでしょうか?

素人が考えてもよくわからないですよね。面倒なので、プロに任せてしまいましょう。何事も役割分担が重要です。

狭い土地でも、固定資産税は納めなければいけません。何も利用していない土地から収益が生まれれば、固定資産税の支払いにもあてられるのです。

このページを読まれたことで、「放置しておくのがもったいない」と理解されたことでしょう。さっそくプロに相談して野立て看板による土地活用をしましょう!

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら