土地活用

遊休地とは?田舎の土地活用の事例やおすすめ有効活用方法

遊休地土地活用

遊休地を持っているが、土地活用方法に悩んでいる方は多く見られます。遊休地は持っているだけでは、固定資産税を払う分赤字になってしまいます。

それではせっかく土地を持っていても損ですよね。そのため、遊休地を持っている方は、積極的に土地活用しましょう。

そこで本記事では、遊休地の土地活用の方法や土地活用の事例などをご紹介します。土地活用といっても、賃貸経営以外にも駐車場経営などがあるため、遊休地に適した方法で土地活用しましょう。

遊休地とは

遊休地とはどのような土地のことを指すのでしょうか。遊休地は、日本語表現辞典によると以下のような土地が当てはまります。

遊休地とは、宅宅や農地や駐車場などを初めとしたどのような用途でも使われておらず有効活用されていないような土地のこと。

つまり、活用していない土地が遊休地になります。有効活用していない土地になるため、持っている方は積極的に活用するようにしてください。

遊休地は積極的に有効活用するべき

遊休地は積極的に有効活用しましょう。せっかく土地を持っていても、利用しないのはもったいないですよね。

これから土地活用を検討するのであれば、遊休地を積極的に活用しましょう。遊休地は、以下のような点から土地活用したほうがいいです。

  • 固定資産税などの税金がかかる
  • 建物を建てると更地よりも税金が安くなる
  • 不動産収入が得られる
  • 管理の手間がかかる

せっかく土地を持っているのであれば、土地活用しなければ損ですよね。それでは、順番にご紹介していきます。

固定資産税などの税金がかかる

更地の場合、固定資産税が高いです。そのため、毎年遊休地を所有しているだけで税金を払わなければいけません。

固定資産税を支払う分赤字ですよね。そうであれば、何か有効的な活用をしたほうがいいのではないでしょうか。

建物を建てると更地よりも税金が安くなる

建物を建てると更地よりも税金は安くなります。そのため、遊休地を所有している方は、賃貸経営などを行うと固定資産税が安くなるのでおすすめです。

また、相続税も更地に比べて賃貸経営を行ったほうが評価額は3割少なくなります。

多くの方が相続税対策で賃貸経営を行う理由はこのような理由があるからです。遊休地を土地活用すると無駄な税金を少なくできます。

土地の税金対策を考えている方は、積極的に土地活用するようにしましょう。

不動産収入が得られる

遊休地を有効活用すると不動産収入を得られます。賃貸経営や駐車場経営を行うと、毎月賃料が支払われるからです。

更地のままでは何も収益を生み出しません。逆に、固定資産税を支払うだけ赤字です。

しかし、賃貸経営などを行えば、毎月あなたの口座にお金を振り込んでくれる仕組みを作ることができます。何も利用していない土地から毎月収入が生まれれば嬉しいですよね。

これから年金がもらえないリスクや将来のお金のことを考えると、遊休地を持っている方はできるだけ早く有効活用することをおすすめします。

管理の手間がかかる

更地は、管理の手間がかかります。放置すれば、雑草が生えてしまいます。そのまま放置すると、近所からクレームが来るため、草刈りなどの管理をしなければいけません。

何も利用していない土地のために、管理をするのは面倒ではないでしょうか。そうであれば、土地活用してしまうのがおすすめです。

賃貸経営や駐車場経営のような土地活用を行えば、管理をあなたがしなくてすみます。土地の管理が手間だと思っている方は、遊休地を有効活用しましょう。

遊休地の土地活用の成功事例

遊休地を土地活用する際、どのような方法があるのかご紹介します。一言に土地活用といってもさまざまな方法があるため、活用方法を把握しておきましょう。

  • 賃貸経営
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • 商業施設経営
  • 介護施設経営

遊休地の土地活用は、この5つの方法があります。それぞれどのような特長があるのかをご紹介していきます。

この中からあなたに適した方法で有効活用するようにしてください。

賃貸経営

新築アパート投資法賃貸アパートや賃貸マンションによる土地活用方法があります。駅に近い土地や周りにスーパーなど施設が多い土地を持っている方は、賃貸経営がおすすめです。

入居者が多いことが予想されるため、儲かる土地活用ができます。

賃貸経営の場合、空き室が増えるとその分家賃収入が少なくなるため、利益が少なくなってしまいます。そのため、駅から遠かったり生活に不便な土地だったりする場合は、ほかの土地活用方法が良いケースがあるため、注意してください。

賃貸経営は、利用者がいなければ意味がないからです。田舎でそこに賃貸経営をしても、誰も住まないような場所は、賃貸経営には不向きです。

賃貸経営は数千~億単位の借金をするリスクがあるため、一時的な感情で賃貸物件を建設すると失敗します。

賃貸経営をする場合は、持っている土地の立地条件などをよく考えて土地活用するか決めるようにしてください。

駐車場経営

駐車場経営土地なし

駐車場経営は、駅から近かったり住宅が密集していたりする場合におすすめです。また、駐車場経営といっても、以下の2つの方法があります。

  • コインパーキング経営
  • 月極駐車場

それぞれ特徴が異なるため、あなたが所有している土地に適した方法で土地活用するようにしてください。

コインパーキングは駅に近い場所がおすすめ

コインパーキングは、駅に近い土地がおすすめです。そのような土地は利用者が多いため、利用率が高いからです。

駅に近い土地を持っていて何も活用していない方は、コインパーキング経営を検討してみてはいかがでしょうか。

コインパーキング経営は、コインパーキング業者が初期費用を負担してくれるケースがあります。コインパーキング業者が利益になると見込んだ土地に限りますが、初期投資0円で遊休地を有効活用できます。

お金をかけずに毎月賃料が支払われるため、コインパーキングによる土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは、コインパーキング業者に問い合わせてみてください。

月極駐車場は住宅街がおすすめ

月極駐車場は、住宅街のように家が密集しているところがおすすめです。田舎の場合、1人1台車を乗る家庭もいらっしゃるため、駐車スペースに困っている方がいるからです。

路面電車をしているような地域は、駐車場経営が向いています。そのような地域に土地を持っている方は、駐車場経営を行うようにしましょう。

駐車場経営については、駐車場経営は儲かるのか?リスクのない失敗しない土地活用の記事で詳しく解説しています。

トランクルーム経営

コンテナボックス

トランクルーム経営は、賃貸経営や駐車場経営ができないような小さな土地でも有効活用できるメリットがあります。

コンテナボックスを置くだけで土地活用ができるからです。建物を建設するわけではないため、初期費用も安い特徴があります。

遊休地の土地活用に迷っているものの、初期費用を抑えた土地活用をしたい方は、トランクルーム経営を検討してみてはいかがでしょうか。

初期費用が少なければリスクの少ない土地活用が可能です。

トランクルーム経営については、「失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用」の記事で詳しくご紹介しています。

商業施設経営

田舎土地活用商業施設

幹線道路沿いなどの大きな土地を持っている方は、商業施設による土地活用がおすすめです。ユニクロや100円寿司といった店舗による土地活用ができるからです。

道路沿いの土地を活用して店舗を建設することから、「ロードサイド店舗」とも呼ばれます。このロードサイド店舗は、たとえば以下のような商業施設が当てはまります。

大和ハウス土地活用事例

このような店舗による土地活用は、何十年も土地を借りてくれるため安定した地代収入を得ることができます。土地を貸し出すだけで土地活用してくれるため、リスクなく遊休地を有効活用できるメリットがあります。

幹線道路に広い遊休地を持っている方は、このような店舗による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ロードサイド店舗による土地の活用方法は、「ロードサイドテナント店舗経営による土地活用で失敗しない注意点」の記事で詳しく解説しています。

介護施設経営

土地活用介護施設介護施設による土地活用は、賃貸経営や駐車場経営の空き室の心配がありません。そのため、安定した不動産収入が期待できる土地活用です。

また、駅に近い土地でなくても土地活用ができるため、広い遊休地を持っている方におすすめの土地活用になります。

国が運営することにより、安定した経営が可能です。国が経営してくれれば、土地を貸しているほうも安心ですよね。

これから高齢者が増えることが予想されるため、賃貸アパートやマンションよりも需要があることが見込めます。何も考えずに賃貸アパートを建てても、空き室が多ければ儲かりません。

一方、このような介護施設や高齢者住宅の場合、多くの需要が期待できるため、空き室の心配が不要です。また、地域貢献度も高いので、世の中の役に立っている土地活用といえます。

時代に合った方法で土地活用プランを考えましょう。やみくもに賃貸アパートやマンションを建設するのではなく、賢く介護施設・高齢者住宅による土地活用を行いましょう。

介護施設・高齢者住宅による土地活用は、「土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?」の記事でわかりやすくお伝えしています。

遊休地の土地活用を成功させる注意点

遊休地の土地活用を成功させるためには、以下の注意点があります。

  • 土地に合わせた有効活用方法を見極める
  • 最も儲かる方法で土地活用する
  • 優良業者で土地活用をする
  • 安さよりも利回りを重視する

土地活用は、戦略的に行わなければ失敗します。数千万単位の費用を使って土地活用するため、失敗してしまっては困りますよね。

特に初めての方は、土地活用の知識がないため、これからお伝えすることを参考にしてください。

土地に合わせた土地活用プランを見極める

先ほどもお伝えしたように、土地活用のプランはさまざまです。同じ土地活用でも、賃貸経営もあれば、駐車場経営など多くの種類があります。

土地活用で成功するためには、その土地に適した最適なプランで土地活用する必要があります。

たとえば、賃貸経営向きの土地でトランクルーム経営をするのはナンセンスです。また、駅から遠い土地で賃貸経営をするのは、空き室のリスクがあるためおすすめできません。

土地活用のプランを決める方法としては、多くの業者に問い合わせてみることです。多くの業者の意見を聞くことで、あなたの土地に適した方法でプランが見つかります。

ただ、業者によっては、賃貸経営を無理やり進めてくる恐れがあります。賃貸経営が不向きな土地に賃貸アパートを建設しても、業者は儲かるかもしれませんが、大家であるあなたは空き室が多くなる恐れがあるので注意が必要です。

そのため、業者のいいなりになるのではなく、よくプランを考えて適切な方法で土地活用方法を決めるようにしてください。

多くの業者の意見を聞けば、最適な土地活用方法がわかります。

たとえば、以下のように複数社に土地活用プランを提示してもらえればあなたの土地に適した方法での土地活用ができます。

  • A社:賃貸経営
  • B社:駐車場経営
  • C社:駐車場経営
  • D社:駐車場経営

この場合、A社だけが賃貸経営を提案しています。ほかの業者が駐車場経営を提案しているのにもかかわらず、A社だけが賃貸経営を提示しているため、あなたの土地に最適な有効活用方法は駐車場経営だとわかります。

地方で利用者が少なく、空き室が多くなるような地域で賃貸経営を行うのはリスクが高いです。

賃貸経営メーカーは悪徳業者が多く一括借り上げシステム(サブリース)などを理由に強引に賃貸経営を提案してくる可能性があるため注意しましょう。

アパート経営サブリース

一括借り上げシステムとは、一括借り上げシステムとは、賃貸メーカーが全室を借り上げて家賃を一定額保証することです。

ただ、空き室が増えると賃料を更新時に下げてくる恐れがあります。家賃保証といっても、家賃の金額を30年間保証しれくれるわけではないため注意が必要です。

しかし、複数の業者に提案してもらい、多くの業者が提案してくるプランであれば、あなたの土地に最適な土地活用プランである可能性は高いです。

まずは多くの業者に資料請求などを行い、土地活用プランを提案してもらうようにしてください。そうすれば、あなたの土地に適した土地活用方法が簡単にわかりますよね。

多くの業者に土地活用の提案をしてもらう場合は、一括資料請求サービスを利用すると効率が良いです。完全無料なので、ぜひ活用してください。

最も儲かる方法で土地活用する

太陽光発電投資を行う際は、儲かる方法で土地活用するようにしてください。せっかく土地活用するのであれば、儲けたいものですよね。

ただ、遊休地によって儲かる土地活用プランは異なります。そのため、業者のプランを比較して儲かるところを選ぶようにしてください。

同じ賃貸経営を提案してくれる業者でも、「儲かる業者」「儲からない業者」がいます。せっかく土地活用するのであれば、儲かるほうがいいですよね。

業者のプランを比較して極力儲かるものを選びましょう。

優良業者で土地活用をする

優良業者で土地活用するようにしてください。悪徳業者の場合、初期費用ばかり高くて儲からない恐れがあるからです。

同じアパート経営でも、初期費用や収益に1,000万円以上の差がある恐れがあります。

アパート経営建設費

土地活用するのであれば、初期費用が少なく儲かる業者を選ぶようにしてください。初期費用が少なければ、利回りも高くリスクが少なくなります。

業者を比較して選ぶだけで初期費用を抑えられるのであれば、リスクの少ないほうがいいですよね。

利回りとは、初期費用における家賃収入の割合のことです。1憶円のアパートで毎年1,000万円の家賃収入の場合利回りは10%になります。

利回りが高ければ高いほど、リスクが少なく儲かる不動産投資といえます。利回りが高ければ、初期投資費用を回収する期間も短くなるからです。

利回りが10%であれば、初期費用を10年で回収できます。利回りの高い土地活用方法で遊休地を有効活用しましょう。

安さよりも利回りを重視する

遊休地を有効活用する際、初期費用の安さも重要ですが、利回りを重視しましょう。初期費用が安くても利回りが低ければ儲からないからです。

初期費用1,000万円で利回り5%の場合、年間の家賃収入は50万円です。利回り5%の場合、回収するのに20年かかります。

一方、初期費用が1,500万円で利回り10%の場合、年間の家賃収入は150万円です。初期投資を回収するのに10年です。

初期費用の安さが儲かるためのポイントではありません。また、不動産投資の場合、利回りが高いほうがリスクは少ないです。この場合は、初期費用1,500万円で利回りが10%のほうが、リスクの少ない不動産投資といえます。

初期費用が安いほうがリスクは少ないように思えますが、不動産投資は家賃収入でローンを支払います。そのため、収入と支出のバランスが重要です。

初期投資の安さばかりに気を取られずに、利回りとのバランスを考えるようにしましょう。

遊休地の土地活用の業者の選び方

遊休地の土地活用をする際、業者の選び方が重要です。先ほどもお伝えしたように、業者によって初期費用は異なります。また、儲かるかが決まるからです。

土地活用は、業者によって成功するかが決まるといっても過言ではありません。数多くいる業者の中からあなたに合った業者を選びましょう。

多くの業者の情報を集める

業者を選ぶ際、まずは多くの業者の情報を集めましょう。土地活用といっても、さまざまな業者がいます。

賃貸経営が得意の業者もいれば、駐車場経営専門の業者までさまざまです。

ただ、業者の特徴についてわからないのではないでしょうか。最適な業者を選ぶためには、まずは資料請求などをして業者の特徴を知ることが重要です。

「遊休地を土地活用したいがどこの業者にすればいいのかわからない」という方は、まずは業者に資料請求などのお問い合わせをして、業者の特徴や土地活用プランなどを比較しましょう。

一括資料請求サービスを活用する

業者を比較する際、一括資料請求サービスを活用しましょう。完全無料で土地活用業者の情報を集めることができるため、非常に優れたサービスです。

通常、資料請求をする場合、各業者のホームページで個人情報の入力をしなければいけません。10社資料請求する場合、10回個人情報を入力する必要があります。

一方、一括資料請求サービスの場合、1度の入力で10社以上の資料が届きます。これであれば、1度の入力で資料請求したほうが楽ですよね。

一括資料請求サービスは大手以外にも資料請求できる

また、一括資料請求サービスを利用すると、あまり知られていない優良業者に資料請求ができます。有名ではない優良業者の資料も届くので、土地活用で失敗したくない方にはとても重宝します。

大手であれば、CMなどを見かけるため知っている方は多いです。

しかし、大手は広告宣伝費が莫大になるので、費用が高い恐れがあるのです。そのため、一概に大手が優良業者かと言えばそうではありません。

一方で、あまり知られていない優良業者は多くいます。そのため、知っている業者以外にも資料請求できるメリットがあります。

業者を比較した上で選ぶ

一括資料請求サービスによって、業者の情報を集めたのであれば、業者を比較しましょう。

そして、その中から最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。見積もりやプランを比較すれば、一番安くて利回りの高い業者を簡単に選べます。

たとえば、以下のように業者を比較すれば、簡単に業者を判断できます。

  • A社:初期費用8,000万円利回り5%
  • B社:初期費用6,000万円利回り6%
  • C社:初期費用5,000万円利回り10%

複数社に見積もりやプランを作成してもらい、それを比較するだけなので簡単ですよね。誰でも簡単に安くて儲かる業者を選べるため、業者は必ず比較して選ぶようにしてください。

まとめ

遊休地を所有している方は、土地活用を行いましょう。土地は持っているだけでは、税金を多く支払うだけなので損です。

せっかく持っていても意味がありませんよね。また、土地を買ってまで土地活用する方がいるため、そのような方に比べると土地をすでに持っていることは、とても大きなアドバンテージです。

仮に、今まで利用していなかった土地から、毎月50万円以上の家賃収入が入ることを考えると土地活用したほうがいいですよね。

何も活用していない土地から、安定した家賃収入を生み出せば嬉しいのではないでしょうか。遊休地を有効活用して不動産収入を手に入れましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら