管理・建設会社選び

三井のリパークの土地活用・評判や口コミ:駐車場経営のメリット

三井のリパーク土地活用

駐車場経営の土地活用を検討した際、三井のリパークが有名ですよね。そのほかの土地活用業者とどのような違いがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

土地活用で失敗しないためには、業者選びが重要です。業者選びで儲かるかが決まるからです。

本記事では、三井のリパークの土地活用にはどういった種類のものがあるのか、また、その土地活用の実際の例を紹介いたします。

所有している土地を使って駐車場経営をしたいと思っている人にぴったりの記事ですので、ぜひご覧ください。

三井のリパーク:土地活用の種類

まずは三井のリパークではどのような土地活用を行っているのかを見ていきましょう。

以下に駐車場の形式ごとにまとめてみました。

時間貸し駐車場

時間貸し駐車場

30分500円や60分2,000円というように、駐車をした時間に応じて料金を支払う形式の駐車場です。コインパーキングとも呼ばれる形式ですね。

土地にアスファルト舗装をし、精算機や精算するまで出庫できないようにするロック装置などを設置することによって始められるので、初期費用が低くて済む駐車場の形式です。

また、大規模な駐車場でなければ、駐車場の管理も自分で行うことも出来ます。

ありがたいことに、三井のリパークに土地の活用を任せれば、機器や設備にかかる費用を負担してくれます。

その上、運営管理費用も負担してくれます。土地の規模も問わないので、広い100坪の土地でも20坪くらいの土地でも駐車場にすることが出来ます。

施設型駐車場

施設型駐車場

オフィスビルやショッピングセンターといった施設に併設されているタイプの駐車場です。

三井のリパークでは、独自の運営診断・管理システムによって確実に稼働率と収益をアップさせてくれるでしょう。

また、施設設計段階の駐車場についての相談にのってくれます。

施設型駐車場をすでに経営している方だけでなく、これから施設型駐車場を経営しようと考えている方にも三井のリパークによる施設型駐車場はおすすめです。

月極駐車場

月極駐車場

時間貸し駐車場のよう時間単位で駐車場を貸すのではなく、月額5万円というように月額制の駐車場です。

初期費用がほとんどかからない土地活用の方法で、アスファルト舗装や車止めの設置などを設置しなければ、1台ごとの駐車スペースを区切るためのロープとそのロープを固定する費用だけで経営を始めることが出来ます。

アスファルト舗装なしの月極駐車場

月極駐車場

ただ、「駐車場の運営管理を自分1人で行うのは難しい……駐車料金の滞納とかがあったらどうしよう……」と思う方はいるのではないでしょうか。

三井のリパークでは、運営管理業務を代行してくれるサービスがあるので、駐車場の運営やトラブル対応をすべて任せることが出来ます。

したがって、駐車場の管理をするのが難しい方でも、三井のリパークに任せれば月極駐車場の経営を始めることが出来ます。

時間貸自転車駐輪場

時間貸し駐車場

自動車でなく自転車を停めるスペースを提供する土地活用があります。時間貸し自転車駐輪場というものです。

この土地活用は6時間100円というように駐輪した時間分の料金を払うもので、時間貸し駐車場と似たタイプの土地活用です。

自転車駐車場であれば、狭い土地でも有効活用できます。

三井のリパークでは、駅に近かったり放置自転車の多かったりする場所に時間貸し自転車駐輪場を設置することをおすすめしています。そのような場所に土地を持っている方は検討してみましょう。

さらに、三井のリパークに任せれば、機器や設備の設置費用がいりません。運営管理費用も負担してくれるので、土地さえあれば経営を始めることが出来ます。

駐車場経営の形態

土地活用にはどういったものがあるのかを見ました後は、経営そのものは三井のリパークがどのようにサポートしてくれるのかを見ていきましょう。

一括借上げシステム:空車保証

一括借り上げシステム

一括借上システムとは、オーナーが所有している駐車場を三井のリパークへ貸し出して、その賃料を駐車場のオーナーに毎月支払うシステムです。

このシステムでは、もし駐車場に空きがあったとしても、毎月一定の賃料をオーナーへ支払ってくれるので、安定した収入を得ることが出来ます。

たとえば、10台駐車出来る駐車場を月額1万円で10人に貸し出しているとします。10人ともずっと借りてくれていればよいですが、突然5人借りるのを止めてしまった状況を考えてみてください。

毎月10万円あった収入が5万円になってしまいます。ですが、三井のリパークの一括借上システムでしたら、空車があったとしても賃料、つまり収入が変わることはありません。

毎月一定額の賃料を保証してくれるからです。稼働率に関係なく収入が発生するので、収益が安定しますよね。

また、駐車場そのものの管理やトラブル対応なども三井のリパークの方で行ってくれるので、経営の手間や時間を三井のリパークにすべて任せることが出来ます。

駐車場の収益がどうなるのか不安な方や経営そのものを自分で行うのが難しい方は、三井のリパークへ貸し出せば、不安なく簡単に駐車場経営が出来るでしょう。

管理受託システムとは:すべておまかせ

管理受託システムとは、三井のリパークへ所有している月極駐車場の運営や管理をすべて任せることが出来るシステムです。

すべて任せることが出来るうえに、駐車場を借りている方が駐車料金を滞納したときに、1か月分の駐車料金を立て替えてくれます。

そのため、滞納者が出てしまっても収入がすぐに減るということはありません。ですから、駐車場の経営をすべて委託したい場合には、三井のリパークの管理受託システムを利用すればよいでしょう。

三井のリパーク:駐車場経営のメリット

三井のリパークに駐車場経営を委託するときの形態として、一括借上システムと管理受託システムがあることをご紹介しました。

次は、三井のリパークに駐車場経営を任せたときのメリットを改めて見てみましょう。

一括借り上げで収入が安定する

先ほど紹介した一括借上システムなら、駐車場に空きがあるかどうかによらずに、三井のリパークが毎月一定の賃料を支払ってくれます。

そのため、駐車場を借りている人の人数によらず安定した収入を得ることが出来ます。

一括借上システムは駐車場経営をして、収益があるかどうか不安という方におすすめのシステムです。

お任せだから管理が楽

駐車場経営を三井のリパークにすべて任せることが出来るので、とても楽です。さらに、駐車場を借りてくれる人の募集からクレームの処理まで行ってくれます。

他にも、駐車場の設計や清掃までも行ってくれます。駐車場経営をやったことが無い方でも、駐車場の管理をするのが難しい方でも問題なく駐車場経営を始めることが出来ます。

初期投資が0円

駐車場の設計や施工は三井のリパークが行ってくれるので、所有している土地を駐車場にするのに費用はいりません。

また、駐車場に必要な機器や看板などの設置にかかる費用も三井のリパークが負担してくれるため、こちらの費用も必要ありません。

「土地はあるけど駐車場経営を始めるためのお金がない」という方でも三井のリパークなら駐車場経営を始められますね。

ランニングコストがかからない

嬉しいことに初期費用だけでなく、駐車場を運営したり管理したりするのに必要な費用も三井のリパークが負担してくれます。

駐車場経営を始めるにあたって、どのくらいコストがかかるのか心配という方もいると思いますが、三井のリパークならそのような心配は必要ありません。

どのような土地の形状・広さにも対応

駐車場経営を始めたいけど所有している土地を駐車場に出来るか分からない、もしくは出来そうにないとお考えの方、三井のリパークなら土地の大きさや形を問わず駐車場にすることが出来ます。

所有している土地を駐車場に出来るか疑問に思っている方は三井のリパークに相談してみましょう。

三井のリパークの実例

三井のリパークが行っている土地活用の種類やシステムを把握したところで、次は実際に土地活用を行った例を見ていきましょう。

事例1.相続した土地で駐車場経営

三井のリパーク事例

親が亡くなって、相続した土地を駐車場にした例です。

この例では、建物が古くて取り壊さなければならないが、取り壊し後の土地管理が難しいというのがポイントですね。

更地にした後も定期的に遠方から来て、土地の手入れをしたり、土地の中で何かトラブルがあったときに対応したりしないとなりません。

そのような土地でも三井のリパークに任せれば、土地の管理を任せることが出来ると同時に賃料まで得ることが出来ます。

事例2.建設予定地を有効活用

三井のリパーク事例

土地を確保したものの、その土地にすぐに建物を建設するわけではなく、土地を持て余してしまっている例です。

土地をそのまま建物を建設するまで放置したのでは、土地も雑草やゴミだらけになってしまうかもしれません。なにより固定資産税などの税負担の一部すらも賄えないのでは、とても不経済です。

こういった持て余してしまった土地も三井のリパークに頼んで駐車場にしてしまえば、建物を建設するまで賃料による収入を得ることが出来る上に、土地の管理も自分でしなくてよくなります。

また、2か月前に三井のリパークに通知すれば、解約できますし、設備の撤去も三井のリパークが負担してくれます。

たとえば、2年後、所有している土地にアパートを建設して、アパート経営を始めるとします。アパート建設まで何もしないでいると、2年もの間、土地を遊ばせておくことになってしまいます。

そこで、土地を一時的に駐車場にすることによって、アパート建設が始まるまでの間も土地から収益を得ることが出来ます。

ですが、土地にアパートを建設することが決まっているわけですから、建設前に駐車場から更地へ戻す必要があります。

三井のリパークは、駐車場の初期費用だけでなく、駐車場の機器や看板などの撤去費用も負担してくれます。そのため、駐車場経営を始めるための費用だけでなく、更地へ戻すための費用もかかりません。

ゆくゆくは使う土地を持て余してしまっている方は、三井のリパークでの駐車場経営を始めるのもよいかもしれません。

事例3.月極駐車場の空いたスペースを有効活用

三井のリパーク事例

月極駐車場を経営していたけど多くの空きが出てしまって困っているという例ですね。

自分だけで空いてしまった10台分の穴を埋めるために、新しく駐車場を借りてくれる人を探すのはとても難しいでしょう。

それも1人や2人でなく、10人です。しかし、その空いてしまった10台分のスペースを、一括借上げの時間貸し駐車場として三井のリパークに任せることで、新たに借りてくれる人を探すことなく、問題を解決出来ます。

さらに、解決出来ただけではなく、月極駐車場だったときより2万円も多く収入を得ることが出来るようになったのです。

駐車場の経営をしている方は、駐車場の一部を三井のリパークに任せるという選択もあるということを覚えておきましょう。

駐車場経営のオーナー様の声

三井のリパークに土地活用を委託した実例だけでなく、その実際の声も見てみましょう。

佐藤さんご夫妻|三井のリパークに頼んでよかった

三井のリパーク

店舗併設の4階建てマンションと駐車場で賃貸経営をはじめましたが都市部の車の所有台数の減少や道交法改正に伴い、月極駐車場の経営は厳しい状況になると予想していました。

そこで一括借り上げのコインパーキングの賃料を見積もった所、収益がアップするとわかり、迷わず転用を決断しました。

パートナーである事業会社に三井のリパークを選んだ理由は「駐めやすさは、クオリティ。」と謳い独自の基準で駐めやすさを実感できる駐車場づくりを進めていたから。

利用者の立場になれば、無理に駐車台数を増やすより、出し入れしやすく、安心して駐められるのが一番嬉しいはずです。長い目で見て、こうした駐車場の方が経営的に安定すると思いました。

その甲斐あってか近隣にコインパーキングが林立する中でもほぼ満室状態が続いています。

さらにマーケティングに長けている会社であることも重要。環境に変化があったときには、運営会社からしっかりしたマーケティングデータに基づいて説明がなされることに満足しています。

その他、週2回のスタッフによる清掃や、365日24時間で事故やトラブル、クレームなどに対応してくれる体制が整っていることも高く評価しており、三井のリパークで土地活用に踏み切ったことに100%満足しています。

今は、信頼できる運営会社を選んだことが成功につながったのだと確信しています。先祖から受け継いだ大切な土地を預けるわけですから、ブランド的にも信用できる会社でないと不安ですよね。

三井のリパークなら解約したいときは2ヵ月前までに知らせればよく、契約形態は「一時使用賃貸借」で、借地権・営業権などは発生しない。

そしてなんと運営開始後に賃貸マンションのテナントが専用駐車場を必要とすることになり、2台分のスペースを返してもらったんです。

こうした要望にフレキシブルに応えてもらえたのも、コインパーキングという変化に対応しやすい形態だからこそでしょうね。

三井のリパークより引用

月極駐車場から三井のリパークによる一括借り上げのコインパーキングに転用したところ、収益もアップし、コインパーキングが周りに沢山あるというのにほとんど満室であるとのことでした。

そして、その成功の理由が三井のリパークという信頼できる会社に頼んだからだと佐藤さんご夫妻は言っております。

この声から、三井のリパークは駐車場経営において実力も信頼もある会社ということが分かります。

そして、なんといっても収益のアップです。佐藤さんご夫妻が収益アップしただけでなく、ほとんど満室ということで三井のリパークの収益もアップしているでしょう。

まさにwin-win(双方が利益を得られること)です

月極駐車場からコインパーキングという駐車場の形態が変わったこともあると思いますが、佐藤さんご夫妻が駐車場の経営を続けるのが難しいと言っている土地を、ほとんど満室状態にしてしまう三井のリパークの実力は素晴らしいものでしょう。

まとめ

最後に本記事で紹介した事柄を1つ1つ見直していきましょう。

まず、三井のリパークによる土地活用の種類ですが、以下の4種類がありました。

  • 時間貸し駐車場
  • 施設型駐車場
  • 月極駐車場
  • 時間貸し自転車駐輪場

時間貸し駐車場や月極駐車場では、三井のリパークに運営・管理を任せることで、手間や時間をかけることなく駐車場経営が出来ます。

また、駐車場の機器や設備の費用も三井のリパークが負担してくれる上に、駐車場の設計や施工まで三井のリパークが対応してくれます。そのため、初期費用をかけずに土地活用が可能です。

施設型駐車場には、三井のリパークが施設型駐車場の収益や稼働率をアップするためのシステムがあります。

時間貸し自転車駐輪場では、時間貸し駐車場や月極駐車場と同様に、駐輪場に必要な機器や設備の費用を三井のリパークが負担してくれます。

また、運営・管理費用の負担と運営・管理業務の対応も三井のリパークが行ってくれるので、知識のない方でも安心です。

このように、三井のリパークなら、自分の持っている土地を初期費用なしで土地活用出来ます。土地活用をしたいと思いましたら、まずは三井のリパークに無料相談をしましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら