駐車場経営

駐車場経営は儲かるのか?リスクのない失敗しない土地活用

土地活用を検討している方の中で「駐車場経営」が気になっている方は多く見られます。賃貸経営などの土地活用に比べて、初期費用が少なくリスクが少ないからです。

何も利用していない土地が収益を生み出すようになれば、とてもうれしいですよね。駐車場経営によって、毎月50万円の収益を生み出すことを考えるとワクワクするのではないでしょうか。

また、手軽に始められる点も駐車場経営の魅力です。とはいえ、これから駐車場経営をするにあたり、特徴や注意点など気になるのではないでしょうか。

土地活用するからには、失敗したくないものですよね。また、必ず儲かりたいものです。

そこで本記事では、駐車場経営を検討している方に駐車場経営で失敗せずに儲かるための情報を全て公開します。ここでご紹介した内容を参考にして、土地活用を成功させてください。

目次

土地活用における駐車場経営の種類

駐車場経営には種類があります。これから土地活用を考えている方は、どのような土地活用プランがあるのかを知っておきましょう。

最適な土地活用を行い、駐車場経営をするためには駐車場経営の種類を知っておくことが重要です。

月極駐車場

駐車場経営土地なし

月極駐車場は、契約者の駐車スペースを提供して毎月一定額の駐車場代を貰う土地活用です。契約者が多ければ利益になり、少なければその分利益は減ってしまいます。

初期費用も少なく活用できるため、手軽に始められる土地活用です。アスファルト舗装をすれば、費用は数十万円になります。

ただ、以下のように砂利(砕石)とロープによって区画を区切ることで簡単に駐車場経営は可能です。

月極駐車場トラロープこれであれば、初期費用をかけずに土地活用ができます。あまりお金をかけずに土地活用したい方は、このように駐車場経営するのがおすすめです。

コインパーキング

駐車場経営土地活用コインパーキングは、駅に近い場所などに1時間300円などで設置する時間制の駐車場になります。駅に近い場所や利用率の高い施設周辺に土地がある方は、コインパーキングによる土地活用がおすすめです。利用率が多ければ儲かるからです。

コインパーキングの初期費用は、月極駐車場よりかかります。車止めや集金システムなどの機会を設置する必要があるからです。

また、月極駐車場とは異なり、必ずアスファルト舗装をしなければいけません。

ただ、コインパーキングは業者によっては、初期資金なしで土地活用できるケースがあります。コインパーキング業者が、建設費用などの工事費用やメンテナンス費用を補ってくれるからです。

コインパーキング経営サブリース

つまり、あなたはコインパーキング業者に土地を預けるだけで、初期資金なしで土地活用ができます。さらに、コインパーキング業者が運営してくれるので、利用率に限らず毎月一定額の駐車場料金を支払ってくれます。

収入が毎月支払われるので、安定した土地活用が可能です。

コインパーキングはリスクが少ない土地活用です。立地は駅に近い場所など限られますが、初期費用が必要なく、毎月の収入が保証されています。駐車場経営を検討している方は、コインパーキングがおすすめです。

利用していない土地を活用し、お金をかけずに安定収入を手に入れましょう。

駐車場経営による土地活用のメリット

駐車場経営で土地活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。土地活用は、そのほかにも賃貸経営などがあります。ほかの土地活用と悩みますよね。

駐車場経営には、以下のようなメリットがあります。

  • 初期費用が抑えられる
  • ほかの土地活用に比べてリスクが少ない
  • ノウハウが無くても始められる
  • 短期間だけでも土地活用ができる
  • 小さな土地でも土地活用が可能

駐車場経営には、駐車場経営にしかない土地活用のメリットがあるため、ここでは駐車場経営のメリットをご紹介します。

初期費用が抑えられる

駐車場経営は、初期費用が安く土地活用できます。アパート経営やマンション経営の場合、数千万円~億以上の建設費が必要です。

しかし、駐車場による土地活用の場合、数十万~数百万円単位です。

また、ロープによる簡易的な月極駐車場であれば、初期費用は非常に安くなります。そして、コインパーキングの場合、初期費用0円で土地活用できる業者もいらっしゃいますので、ほかの土地活用に比べても非常にコストのかからない土地活用といえます。

あまりお金をかけたくはないけれど、「土地活用しないと固定資産税などがもったいない」という方は、とりあえず駐車場経営をしてみるのがおすすめです。

ほかの土地活用に比べてリスクが少ない

初期費用が少ないということは、土地活用のリスクも少ないです。賃貸経営の場合、入居者が集まらなければ赤字になり、破産するリスクがあります。

数千万円~億単位をローンによって返済するので、高額な借金を抱えてしまう恐れがあるのです。

土地活用しても赤字で破産してしまえば意味がありません。上手に経営できれば、利益は出ますが大きなリスクもあるのも事実です。

一方、駐車場経営であればいかがでしょうか。数千万円で土地活用ができます。また、高くても数百万円単位です。コインパーキングにいたっては、業者が費用を負担してくれるため、ほとんどリスクがありません。

リスクがなく、収益がある程度望めるのが駐車場経営のメリットです。リスクを回避した土地活用がしたい方は駐車場経営がおすすめです。

ノウハウが無くても始められる

駐車場経営は、特別なノウハウが無くても始められます。賃貸経営とは異なり、メンテナンスなどもほとんどなく、仕組みが簡単だからです。

特にコインパーキングの場合、業者に管理を任せればオーナーであるあなたが行うことはほとんどありません。毎月支払われる費用を通帳記入して確認するだけです。

つまり、不労所得による収入を得ることができます。ノウハウがなく、なにもせずに収入が生まれるのであれば、駐車場経営はとてもおすすめです。

短期間だけでも土地活用ができる

駐車場経営は、短期間だけでも土地活用が可能です。土地を所有しているものの、あと数年後に売却したり、賃貸アパートを建設したりする場合などでも土地活用が可能です。

簡易的に月極駐車場にすれば、短期間でも土地活用ができます。そのため、不動産収入を手にすることができます。

数年しか利用できない場合でも無駄なく土地活用できるので、短期間だけ土地活用したい方は駐車場経営がおすすめです。

小さな土地でも土地活用が可能

小さな空き地を所有しているが、特に利用するわけでもなく固定資産税を支払っている方もいるのではないでしょうか。小さい土地の場合、賃貸経営には不向きです。そのため、土地活用ができないと思っていらっしゃる方は多くいらっしゃいます。

しかし、一見利用できないような土地でも駐車場経営であれば、土地活用が可能です。

住宅街に密集しているような場所に土地がある場合、そこに駐車場があれば多くの方が利用するかもしれません。

何も利用しないのであれば、少しでも収益が発生する駐車場経営をしたほうがいいですよね。まずは、土地活用ができるのかどうかを業者に問い合わせてみましょう。

土地活用で駐車場経営をするデメリット

駐車場経営ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。デメリットをきちんと理解した上で、土地活用するようにしてください。

賃貸住宅に比べると節税効果は期待できない

駐車場経営は、固定資産税が賃貸住宅に比べて安くなりません。更地に賃貸アパートを建設する場合、評価額が下がるので固定資産税が6分の1になります。

さらに、相続の際も賃貸アパートは節税効果が期待できます。

更地で1憶円の評価の場合、賃貸アパートを建設すると評価額が下がり、7,000万円ほどになり、3割評価額が下がり相続税が安くなるからです。

賃貸アパートやマンションは、大きな節税効果が期待できますが、駐車場経営の場合はそうではありません。

節税を期待して土地活用を検討している方は、駐車場経営はおすすめできません。

賃貸住宅よりは大きな収益は期待できない

同じ敷地で土地活用する場合、駐車場経営は賃貸住宅に比べると収益は少ないです。賃貸住宅の場合、単価も高くまた戸数も多いからです。

たとえば、駐車場経営だと10台しか停められないような場所だと1台3万の場合、月に30万円の収入です。

一方で、賃貸住宅の場合月々8万円で10戸の賃貸マンションの場合、月々80万円の家賃収入になります。

駐車場経営は、平面での利用しかできませんが、賃貸住宅の場合は階数を増やすことで入居者の数を増やせます。駐車場経営は、初期費用やリスクは少ないですが、賃貸住宅のような高収益を上げることは難しいです。

リスクと収益のバランスを考慮した上で、適切な土地活用を行うようにしてください。

月極駐車場による駐車場経営の特徴

月極駐車場の特徴をご紹介します。駐車場経営で月極駐車場にするか悩んでいる方は、どのような特徴があるのかを知っておきましょう。

初期費用をかけずに月極駐車場経営ができる

以上でもお伝えしたように、月極駐車場は初期費用を抑えて土地活用ができます。

アスファルト舗装だと費用がかかりますが、ロープによる駐車場経営の場合は初期費用がほとんどかかりません。うまくいけば数万円で土地活用することも可能です。

コストをかけずに収益を生み出すことができるので、初期費用をかけたくない方は月極駐車場がおすすめです。

住宅地周辺の場合月極駐車場が高収益になる

住宅地やアパートやマンションの多い地域の場合、月極駐車場による土地活用をすると高収益の賃貸経営が可能です。

そのような住宅地の場合、駐車場に困る方は多くいるからです。

通勤で車が必要な地方だと、1人1台車が必要になります。仮に、4人家族で1人1人車を所有する場合、4台の車を停めるスペースが必要です。4台を止めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

住宅地などは、どこかしらの家庭が駐車スペースに困っている方がいらっしゃるので、月極駐車場による土地活用がおすすめです。

住宅地に土地を所有している方は、土地活用をしましょう。もしかしたら、あなたの所有している土地が高収益を生み出すかもしれません。

収益が安定しやすい

月極駐車場は利用者が集まれば、収益は安定しやすいです。来月すべての利用者が契約を解約する恐れは低いからです。

利用者が多ければ多いほど、収益が安定しリスク分散になります。収入が安定するので、月極駐車場で利用者が多く見込める場合は、駐車場を経営しましょう。

コインパーキングによる駐車場経営の特徴

コインパーキングで土地活用を検討している方のために、コインパーキングの特徴をご紹介します。コインパーキングの特徴は以下の通りです。

  • 初期投資が無くても土地活用ができる
  • 月極駐車場からコインパーキングに変更できる
  • 運営・管理をすべて任せられる
  • 毎月一定の収入が入る
  • 土地があるだけで駐車場経営ができる

駐車場経営にはこれらの特徴があります。それでは、順番にご紹介していきます。

初期投資が無くても土地活用ができる

コインパーキングは、初期費用をかけずに土地活用できます。先ほどもお伝えしましたが、コインパーキング業者が建設費などを支払ってくれるため、初期投資が必要ないからです。

つまり、土地を預けるだけで土地活用を全て業者が行ってくれるので、自己資金がない方でも気軽に土地活用できるメリットがあります。

何もしなくても、コインパーキングによる不動産収入が毎月支払われるため、土地活用しなければ損ですよね。コインパーキングで初期投資0円の駐車場を実現させましょう。

月極駐車場からコインパーキングに変更できる

月極駐車場からコインパーキングに土地活用できます。月極駐車場を行い、利益が少ないのであれば、コインパーキングを運営してみましょう。

コインパーキングの場合、業者がすべて一括で借り上げて管理してくれるため、毎月一定額の収入が期待できます。

月極駐車場からコインパーキング

管理費は支払うものの、すべて管理してくれる上に、毎月一定額の家賃を支払ってくれるのは魅力的ですよね。

運営・管理をすべて任せられる

コインパーキングは、運営や管理を任せられるのでノウハウなどが無くても土地活用ができます。サラリーマンの方で土地活用したいけれども、忙しくて時間がないという方でも運営を任せてしまえば、ほとんど運営業務をやることはありません。

土地活用するといっても、運営や管理などは極力業者に任せてしまいたいものですよね。

月極駐車場の場合、募集や契約、集金などの業務が必要です。これらの管理業務が必要になりますので、あまり手間をかけずに土地活用したい方は、コインパーキングによる駐車場経営がおすすめです。

また、運営を任せてしまえば、都市部に住みながら地方の土地で土地活用することも可能です。

さらに、メンテナンス費用に関してもコインパーキング会社が支払ってくれるので、放置でお金を稼ぐことができます。

コストがかからないので、気軽に土地活用したい方はコインパーキングで不労所得を手に入れましょう。

毎月一定の収入が入る

コインパーキングは、一括で借り上げを行ってくれる業者がいるため、稼働率に関係なく毎月一定額の家賃が支払われます。

極端な話ですが、その月の利用者が0人でも賃料が支払われるので、安定した収入が期待できます。

コインパーキングで土地活用を行い、毎月一定額の家賃が支払われれば安心できるのではないでしょうか。リスクなく土地活用を行い、安定収入を手に入れてください。

土地があるだけで駐車場経営ができる

コインパーキングは、土地を預けるだけで土地活用ができます。

先ほどもお伝えしたように、初期費用がなくてもコインパーキング会社が費用を支払って土地活用してくれるからです。

土地さえあれば駐車場経営ができるので、土地がある方は積極的にコインパーキングによる土地活用をしましょう。そして、初期投資ゼロ円で不動産収入を手に入れましょう。

駐車場経営の初期費用の相場

駐車場経営の初期投資には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。これから土地活用を検討している方は気になりますよね。

月極駐車場の初期費用

月極駐車場は、ロープによる区画とアスファルト舗装の2種類の方法があるため、それぞれ初期費用が異なります。そのため、それぞれの初期費用をご紹介します。

ロープによる区画の月極駐車場の初期投資額

月極駐車場トラロープ月極駐車場の初期費用は、ロープによる月極駐車場の場合、整地(地面を平らにする工事)と砕石(下に敷く砂利)、ロープの設置費用が必要です。

土地の地形によって値段は変わってきますので、正確な値段を算出することはできませんが、50万円程度かかることを想定しておきましょう。

アスファルト舗装の場合の月極駐車場の初期投資額

アスファルト舗装の場合、舗装の費用がかかるため、150万円ほど費用がかかることを想定しておきましょう。

ただ、駐車場の規模や業者によって費用が異なるので、あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

初期費用を抑えるためには、業者をいくつか比較して安い業者を選ぶようにしましょう。

コインパーキングの初期費用

コインパーキングの初期費用は、機械の設置などを考慮すると300万円程度かかります。そのため、コインパーキングで土地活用を検討している方は、300万円ほどの費用がかかることを想定しておきましょう。

ただし、先ほどもお伝えしたようにコインパーキング業者によっては、初期費用が不要なケースがあります。そのため、その場合に限っては初期投資0円で土地活用ができます。

初期費用を安くすませたい方は、初期投資のかからない業者で駐車場経営を行うようにしてください。

駐車場経営で土地活用する際の収入はいくら

駐車場経営をすると、いくらぐらいの収入が見込めるのでしょうか。土地活用をするからには、多く収入を得たいものですよね。

ただ、月極駐車場とコインパーキングでは、収入が異なるのでそれぞれの収入をご紹介します。

月極駐車場で見込める収入

月極駐車場の収入は、1台あたりの値段と停められる台数によって決定します。単価が高く多くの台数が停められるほど、収入は大きくなります。

それでは、単価と台数による収入を何パターンかご紹介しましょう。

1台1万円:10台停められるケース

1万円(1台の値段) × 10台(停められる数) = 10万円(月に見込める収入)

1台1万円:30台停められるケース

1万円(1台の値段) × 30台(停められる数) = 30万円(月に見込める収入)

1台1.5万円:10台停められるケース

1.5万円(1台の値段) × 10台(停められる数) = 15万円(月に見込める収入)

1台1.5万円:30台停められるケース

1.5万円(1台の値段) × 30台(停められる数) = 45万円(月に見込める収入)

1台2万円:10台停められるケース

2万円(1台の値段) × 10台(停められる数) = 20万円(月に見込める収入)

1台2万円:30台停められるケース

2万円(1台の値段) × 30台(停められる数) = 60万円(月に見込める収入)

1台3万円:10台停められるケース

2万円(1台の値段) × 10台(停められる数) = 30万円(月に見込める収入)

1台3万円:30台停められるケース

2万円(1台の値段) × 30台(停められる数) = 90万円(月に見込める収入)

月極駐車場の利回り

アパート経営表面利回り月極駐車場の利回りをご紹介します。利回りとは、投資した金額に対していくら収入が入ってくるかを割合にしたものです。

たとえば、月極駐車場の建設費や土地購入に1,000万円投資した場合、毎年100万円の収入があると利回りは10%です。

駐車場経営利回り

10%(利回り)= 100万円(毎年の収入) ÷ 1,000万円(投資額)

月極駐車場は初期投資額が少ないため、利回りは良いです。

駐車場経営の場合、100㎡あれば5台程度駐車可能です。東京の場合は、月極駐車場は月1台3万円が目安です。

そのため、100㎡あたり15万円の収入が見込めます。

それでは、200㎡の土地を活用した場合、月に30万円になり、年間で360万円です。利回りは投資額によって異なるので、ロープによる簡易的な月極駐車場とアスファルト舗装の場合の利回りをご紹介します。

ロープによる簡易的な月極駐車場の利回り

先ほどもお伝えしたように、ロープによる月極駐車場の場合、整地と砕石、ロープの設置費用が必要です。そのため、初期費用は50万円として計算します。

つまり、利回りを求める場合、投資金額50万円で年間の駐車場収入が360万円になります。そのため、計算式は以下の通りです。

駐車場経営利回り

720%(利回り)= 360万円(毎年の収入)÷ 50万円(投資額)

投資額50万円で、年間360万円の家賃収入が得られる場合、利回り720%です。非常に高い数字です。

あなたの住んでいる地域の駐車場料金と投資額を当てはめて、利回りを算出してみてください。

アスファルト舗装による駐車場経営の利回り

一方、アスファルト舗装による駐車場経営の利回りはどのくらいになるのでしょうか。アスファルト舗装の費用は、規模にもよりますが150万円と仮定します。

駐車場経営利回り

240%(利回り)= 360万円(毎年の収入)÷ 150万円(投資額)

アスファルト舗装の場合、このような利回りになります。

ちなみにですが、賃貸アパートやマンションの場合、10%の利回りがあれば安定した経営ができると判断できます。

それを考えると駐車場経営は、高利回りでリスクの少ない土地活用です。リスクなく土地活用したい方は、駐車場経営を行いましょう。

コインパーキングの収入

コインパーキングで駐車場経営をする場合、利回りはどのくらいになるのでしょうか。コインパーキングの収入は、都市部は高く地方は安くなります。

コインパーキングは1時間あたり、300円や500円といった形式になり、上限が定められています。そのため、地域によって収入は大きく異なるので注意が必要です。

以下では、三井のリパークの事例からコインパーキングの収入をご紹介します。

10台のコインパーキングで月30万円

三井のリパーク事例

設備投資不要、毎月30万円で年間360万円が支払われる事例です。1台あたり3万円で10台の規模のコインパーキングの場合、月に30万円の収入が見込めます。

10台のコインパーキングで月27万円

三井のリパーク事例

20台ある月極駐車場の半分が、空きになってしまった場合に10台を時間制のコインパーキングにした事例です。月極駐車場の空いてしまったスペースを、コインパーキングとして活用することで、安定した収入が見込める事例です。

この場合、10分のスペースをコインパーキングにし、1台当たり3万円で9台貸し出しているので、月に27万円の家賃収入です。

月極駐車場から臨機応変にコインパーキングとして利用できるので、無駄なく土地活用が可能です。そして、安定した収入が得られます。

コインパーキングの利回り

コインパーキングによる駐車場経営は、自分自身で設置する場合300万円程度の費用がかかります。

しかし、コインパーキング業者によっては自己資金が無くても土地活用ができますので、今回はこの2パターンの利回りをご紹介します。

自分自身で設置する場合のコインパーキングの利回り

自分自身でコインパーキングを設置する場合、コインパーキングの設備などで300万円ほどの資金が必要です。

コインパーキングは、1台あたり月に3万円の収入が見込めるため、10台で月に30万円の収入になり、年間360万円です。

つまり、300万円の投資で年間360万円なので利回りは以下の通りになります。

駐車場経営利回り

120%(利回り)= 360万円(毎年の収入)÷ 300万円(投資額)

300万円の費用はかかるものの利回りは120%と非常に高いです。資金がある方は、自分自身でコインパーキングによる土地活用をするのも1つの方法です。

コインパーキング業者に任せる初期費用なしの利回り

コインパーキング業者によっては、初期費用がかからずに土地活用が可能です。

つまり、この場合は土地を預けるだけで毎月30万円、年間360万円の収入が見込めます。初期投資がなしで土地活用できるので、利回りを計算しなくても高収益なのがわかりますよね。

土地を所有している方は、コインパーキング業者に土地活用ができるのかを相談してみましょう。

駐車場経営による土地活用が可能な土地

駐車場経営は、土地の形状を選ばなくても土地活用ができるメリットがあります。賃貸経営の場合、狭すぎたり形状が悪かったりすると建設できない恐れがあるからです。

駐車場経営に適している土地は以下の6つです。

  1. 空き地
  2. 変形地
  3. 小さい土地
  4. 建設予定地
  5. 解体予定地
  6. 月極駐車場

土地活用を検討している方のために、駐車場経営ができる土地について1つずつご紹介していきます。

空き地

駐車場経営空き地

空き地を所有している方は積極的に土地活用しましょう。駐車場経営であれば、以上でもお伝えしたように、手軽に土地活用が可能です。

月極駐車場であれば、数年経営した後にアパート経営をすることも可能ですし、自宅を建設することもできます。

何も利用していないと固定資産税などの税金が高く、また雑草などのメンテナンスや管理の問題もあります。何も利用していないのであれば、駐車場経営を行い土地活用しましょう。

変形地

変形地

土地はあるものの、変形地で活用ができていない方もいるのではないでしょうか。このような土地は活用方法が難しく、結局何も利用できていない方は多く見られます。

賃貸経営するには難しいので、どうすればいいのか悩みどころですよね。そのような場合でも、駐車場経営であれば土地活用が可能です。

せっかくスペースが余っているのであれば、駐車場経営を行い土地活用をしてみてはいかがでしょうか。

小さい土地

狭小地

土地を持っているが、狭くて活用できていない方は多くいらっしゃいます。小さい土地は、賃貸アパートやマンションなどの土地活用ができないためです。

しかし、駐車場経営であれば土地活用が可能です。

仮に、5台しか停められないようなスペースでも自動車が停められるのであれば、駐車場経営として土地活用できます。

「狭くて土地活用ができない」と思っていても、以外と土地活用はできるものです。そのため、まずは土地活用をするように検討してみてはいかがでしょうか。

土地活用ができるかどうかについては、専門家に相談すると話が早いです。まずは一括資料請求サービスを利用し、業者の情報を集めましょう。そして、その中から良さそうな業者を選ぶようにしてください。

建設予定地

建設予定地土地活用駐車場経営

建設予定地であったとしても、駐車場として土地活用は十分に可能です。数年後に賃貸アパートを建設する予定でも、その間に駐車場経営による土地活用ができます。

駐車場経営は、簡単に土地活用ができる上に工事期間も短いからです。さらに、駐車場経営から賃貸アパートに移行することも簡単にできます。

3年後賃貸アパートを建設するとしても、その間何も利用しないのはもったいないのではないでしょうか。コインパーキングによる駐車場経営であれば、業者に任せてしまえば行ってくれるので、非常に楽に賃貸経営ができます。

賃貸住宅の建設予定の方でも期間が空いているのならば、無駄なく駐車場経営による土地活用をしてみてはいかがでしょうか。

解体予定地

解体予定地土地活用古くなった建物を解体予定の方は、今のうちに次の土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。特に利用するわけでもなく、更地にするだけではもったいないです。

建物が建設してある場合より、固定資産税は高くなってしまいます。そうであれば、土地活用を行い不動産収入が得られるほうがいいですよね。

建物を解体後、スムーズに駐車場したい方は今のうちに土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。まずは、どのくらいの利益が見込めるのか業者に資料請求してみましょう。

月極駐車場

月極駐車場月極駐車場を運営しているけれど、空きが増えてきたり運営が手間だと感じてきていたりする方はいるのではないでしょうか。

その場合、そのままコインパーキングなどに移行するのも1つの方法です。

コインパーキングであれば、一括借り上げを行ってくれる業者がいますので、稼働に関係なく毎月一定額の賃料が支払われます。維持費もかからず、管理も業者任せなので非常に楽に土地活用が可能です。

実際に、月極駐車場からコインパーキングにする方は多くいらっしゃいます。

月極駐車場による土地活用に限界を感じてきた方は、コインパーキングに移行してすべてを任せてしまいましょう。そして、勝手に家賃収入が振り込まれる仕組みを作りましょう。

駐車場経営に向いている土地

駐車場経営に向いている土地をご紹介します。以下に当てはまる土地を所有している方は、土地活用をすると儲かる可能性があります。

  • 駅に近い土地
  • 住宅街にある土地
  • 利用率の高い施設が近くにある土地

これらの土地を所有している方は、駐車場経営を検討してみてください。それでは、順を追って解説していきます。

駅に近い土地

駅に近い土地は、駐車場に最適です。コインパーキングなどの利用も見込める上に、月極駐車場としても駅の近くにある企業が借りてくれる可能性があります。

徒歩5~10分圏内であれば、駐車場経営をすると利益が望めます。土日などに、駅の周辺のコインパーキングが満車になるようであれば、需要が高い証拠です。

駅に近い場所に活用していない空き地を所有している方は、ぜひ土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。大きな収益が期待できるはずです。

住宅街にある土地

住宅街にあり、活用していない土地を持っている方は駐車場経営を検討しましょう。住宅地は月極駐車場の利用が見込めるため、収益が期待できます。

車をよく使う地方の場合などは、駐車スペースに困っている方は多く見られるからです。

業者に依頼すれば、周囲の視察を行ってくれます。周囲の駐車場の環境や稼働率などから、月極駐車場を行うとどのくらいの利益になるのかを相談してみましょう。

まずは、駐車場経営が得意の業者に資料請求し、お問い合わせしてみましょう。

利用率の高い施設が近くにある土地

近くに利用頻度の高い施設があれば、コインパーキングなどを建設すると多くの利用者が見込めるため、儲かる可能性があります。

たとえば、商業施設や病院などがある場合、コインパーキングは儲かります。

商業施設や病院などの利用者が多い場所に土地を持っている方は、土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

駐車場経営で土地活用する際の注意点

駐車場経営は、いくつか注意点があります。これから土地活用を検討している方は、これからお伝えする注意点を気にするようにしてください。

駐車場経営は立地がとても重要

駐車場経営は、土地の場所が非常に重要です。駅に近かったり商業施設や病院などが付近にあったりする場合、住宅地などにある土地であれば、駐車場経営をしても利益になります。

しかし、あまりにも利用者のいないような場所で駐車場経営をしても十分な利益が見込めない恐れがあります。せっかく土地活用して駐車場経営をしたのにもかかわらず、赤字になってしまえば困りますよね。

最悪の場合、破産してしまう恐れがあります。

土地活用するのであれば、失敗しないように、所有している土地の周囲環境を見極めた上で、土地活用するようにしてください。

実質利回りで考える

駐車場経営で利回りを考える際は、実質利回りで考えるようにしてください。実質利回りとは、経費や稼働率を考慮した利回りのことです。

先ほどお伝えした利回りは、経費や稼働率を考慮していません。そのため、本当により正確に利回りを判断するためには、実質利回りを求めるようにしてください。

たとえば、先ほどご紹介した中の事例から実質利回りを算出してみます。

駐車場経営利回り

この場合、年間360万円はすべて満車の契約を1年間続けられた場合の事例です。実際に駐車場経営をしてみると満車を常に保つことはできないため、空いている箇所が数台分あるかもしれません。

それでは、稼働率が50%の場合の利回りを算出してみます。稼働率100%で360万円なので、50%の場合はその半分になり、年間の収入は180万円になります。

360%(利回り)= 180万円(毎年の収入)÷ 50万円(投資額)

さらに、ここから固定資産税を支払ったり、駐車場経営の維持費を支払ったりするため、さらに収入や利回りは少なくなるのではないでしょうか。

これが実質利回りの考え方や計算方法になります。駐車場経営を検討している方は、必ず実質利回りを考慮するようにしてください。

業者選びを慎重に行う

駐車場経営において業者選びはとても重要です。業者選びで初期費用が安くなるからです。

月極駐車場であれば、工事費用の安い業者にすることで初期費用を抑えることができます。同じ収益であれば、初期費用の安い業者のほうがいいですよね。

また、コインパーキングによる土地活用の場合も業者選びは慎重に行いましょう。以上でも述べたように、業者によっては初期費用がかからずに土地活用ができるからです。

初期費用をかけずに土地活用ができるのであれば、初期投資0円の業者を選ぶようにしてください。

初期投資額を抑えるためには、業者選びがとても重要です。初期費用が少なくなれば、その分利益が増えるということです。土地活用で成功するためには、無駄な費用を抑えて駐車場経営をするようにしてください。

月極駐車場かコインパーキングのどちらにするのか

土地活用を行い、駐車場経営をしようと健闘した際、「月極駐車場」「コインパーキング」、このどちらかにすればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか。

失敗しないためには、あなたの土地に最適な方法で駐車場を経営するように心がけましょう。

周囲の環境を気にする

駐車場経営は、周囲の環境がとても重要です。同じ駐車場経営でも月極駐車場が適している土地もあれば、コインパーキングが儲かる敷地があるからです。

適切な活用方法を行わないと損をしてしまう恐れがあります。せっかく駐車場経営をするのであれば、儲かりたいものですよね。そのためには、適切な活用方法を選択して土地活用しましょう。

調査しなければどちらがいいのかわからない

駐車場経営をする際に、土地の周辺の環境は調査しなければわかりません。実際に調査してみて、初めて月極駐車場がいいのか、それともコインパーキングがいいのかわかるからです。

したがって、まずは土地活用業者に相談してみることをおすすめします。

土地活用のプロなので、あなたの土地の最適な活用方法をアドバイスしてくれます。失敗しないためには、駐車場経営のプロである業者に相談して、どちらの活用方法が良いのかを教えてもらいましょう。

駐車場経営による土地活用の事例

駐車場経営をしている方の事例をご紹介します。実際に、土地活用している方の事例になるため、ぜひ参考にしてみてください。

東京都府中市:佐藤さんの駐車場経営の評判

佐藤さんの駐車場経営の評判

店舗併設の4階建てマンションと駐車場で賃貸経営をはじめましたが都市部の車の所有台数の減少や道交法改正に伴い、月極駐車場の経営は厳しい状況になると予想していました。

そこで一括借り上げのコインパーキングの賃料を見積もった所、収益がアップするとわかり、迷わず転用を決断しました。

パートナーである事業会社に三井のリパークを選んだ理由は「駐めやすさは、クオリティ。」と謳い独自の基準で駐めやすさを実感できる駐車場づくりを進めていたから。

利用者の立場になれば、無理に駐車台数を増やすより、出し入れしやすく、安心して駐められるのが一番嬉しいはずです。長い目で見て、こうした駐車場の方が経営的に安定すると思いました。

その甲斐あってか近隣にコインパーキングが林立する中でもほぼ満室状態が続いています。

さらにマーケティングに長けている会社であることも重要。環境に変化があったときには、運営会社からしっかりしたマーケティングデータに基づいて説明がなされることに満足しています。

その他、週2回のスタッフによる清掃や、365日24時間で事故やトラブル、クレームなどに対応してくれる体制が整っていることも高く評価しており、三井のリパークで土地活用に踏み切ったことに100%満足しています。

今は、信頼できる運営会社を選んだことが成功につながったのだと確信しています。先祖から受け継いだ大切な土地を預けるわけですから、ブランド的にも信用できる会社でないと不安ですよね。

三井のリパークなら解約したいときは2ヵ月前までに知らせればよく、契約形態は「一時使用賃貸借」で、借地権・営業権などは発生しない。

そしてなんと運営開始後に賃貸マンションのテナントが専用駐車場を必要とすることになり、2台分のスペースを返してもらったんです。こうした要望にフレキシブルに応えてもらえたのも、コインパーキングという変化に対応しやすい形態だからこそでしょうね。

三井のリパークより引用

駐車場経営で失敗しないポイント

駐車場経営で失敗しないためのポイントをお伝えします。土地活用をして失敗してしまえば、元も子もありません。

失敗しないためには、以下でお伝えするポイントを参考にしてください。

土地活用についてプロのアドバイスを貰う

駐車場経営をする際は、必ずプロのアドバイスを聞くようにしてください。いくら駐車場経営のリスクが少ないからといっても、必ず成功する保証はないからです。

失敗しないためには、プロにアドバイスや土地活用のプランを作成してもらうようにしてください。そして、プロの提案を参考にしましょう。

今までに、何百件以上の駐車場を経営してきたノウハウがあるからこその提案なので、とても信ぴょう性があるはずです。

あなたが「月極駐車場が良い」と思ってもプロに相談したらコインパーキングを進められるケースがあるかもしれません。

その場合は、プロの判断を優先しましょう。それが、土地活用で失敗しないコツです。

一括資料請求を利用して最適な業者を選ぶ

駐車場経営は、一括資料請求サービスを活用しましょう。一度に複数社の資料が請求できる上に、業者を比較できるからです。

複数社に相談してその中から一番儲かる業者を選ぶだけなので、誰でも簡単に駐車場経営で成功できます。

コインパーキング業者にお問い合わせする際、それぞれの業者1社ずつ個人情報を入力して資料を請求するのは手間です。

そこで、一括資料請求サービスであれば、たった1度の入力で複数社の資料が無料でもらえます。完全無料で利用できるため非常に便利なサービスです。

多くの方がこのサービスを使って土地活用で成功しているので、ぜひあなたも一括資料請求サービスを活用してみましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら