土地活用

小さな土地を活用するなら自動販売機経営がおすすめ:成功する方法やメリットを詳しく解説!

土地活用 自動販売機 アイキャッチ

土地活用を考えた際、「自動販売機経営をやってみたい!」と思う方もいるのではないでしょうか?

自動販売機経営は、初期投資を抑えられたり、土地が小さかったりした場合でも行える土地活用法です。また、場所によっては、月に100万円以上の売り上げをだすことも可能な土地活用方法なんですよ!

しかし次のような悩みから、なかなか自動販売機経営に踏み切れない方も多いはずです。

  • 自動販売機経営ってどうやってやるの?
  • どのくらいの資金が必要?
  • 本当に収益がでるの?
  • この土地でも自動販売機経営はできる?
  • 自動販売機経営はどういった土地が適しているの?

そこで今回は、土地活用の一つの方法である「自動販売機経営」について解説していきます。自動販売機経営は、土地をムダなく活用する方法なので、参考にするようにしてください。

土地活用で自動販売機経営をする2つの方法

土地活用で自動販売機経営をする場合、土地だけを貸す「フルオペレーション」という方法と、自動販売機を自ら設置する「セミオペレーション」という方法があります。

どちらの方法にもあるメリットとデメリットをしっかりと理解して、より自分の所有している土地に合った活用法を選ぶことが重要です。

それでは、2種類の方法について見ていきましょう。

土地だけを貸す方法(フルオペレーション)

フルオペレーションとは、オーナーの土地を自動販売機の設置用に業者に貸し出すし、その売り上げから配当利益を得るという方法です。

自動販売機の設置はもちろん、つり銭の管理、飲料の補充等の業務は、すべて業者側が行ってくれます。つまり、土地オーナーは土地を貸す以外には何もする必要がありません。

自動販売機の設置費用や、その他の初期費用も一切発生することなく、かかるのはランニングコストとしては、「土地を貸す」ことと「毎月の電気代」のみです。

また、フルオペレーションで土地オーナーが得られる利益は、売り上げの約15~20%と言われています。

全体の売り上げから、自動販売機運営、管理にかかる経費(業者に払う分)、電気代(月4,000~5,000円)を引いた残りが土地オーナーの利益となります。

(単価 × 売上本数) - 経費 - 電気代 = 利益

(120円 × 10,000本)- 1,000,000円- 5,000円 = 19,5000円

自動販売機経営をする場合、フルオペレーションの方法では土地オーナーの負担が少ないため、こちらの方法を選んでいる土地オーナーが大半です。

フルオペレーションのメリット

フルオペレーションのメリットは、先にも述べましたが、自動販売機経営を行ううえで「オーナーが何もする必要がない」という点です。

飲料の補充、つり銭の管理、メンテナンス、故障やクレームへの対応等、すべてを業者が行ってくれるため、土地オーナー様が管理する必要はありません。

また、初期費用もかからないといったメリットもあるので、「土地活用する費用がない」といった方でも土地さえあれば運用をすぐはじめられます。

土地だけを貸す方法のデメリット

フルオペレーションのように、土地を貸すだけの方法のデメリットは、「利益が少ない」ことです。

フルオペレーションでは、自動販売機の運営・管理はすべて業者が行います。

そのため、自動販売機で得た利益の中から業者の取り分を支払う必要があるので、当然ですが商品1本あたりの利益率が下がってしまいます。

先ほどもお伝えしたように、フルオペレーションの場合の利益は、売り上げの15~20%ということを覚えておきましょう。

利益を少しでも優先させたい場合は、フルオペレーションは適さないといえるでしょう。

管理・運営を業者が行うからといって、100%利益がでるわけではありません。場合によっては、電気代だけ払って赤字経営なんてこともあるので、自動販売機経営を行う場合は、信頼できる業者を見つけるようにしましょう!

自動販売機を自ら設置する方法(セミオペレーション)

セミオペレーションとは、自動販売機を業者からリースまたは購入し、オーナー自らが管理・運営を行う自動販売機経営方法です。

商品仕入れ、補充、つり銭の管理、故障やクレームへの対応等のすべてをーナー自身が行う必要があり、販売する商品や価格設定までオーナー自身が自由に選択できます。

また、セミオペレーションでは管理・運営を自分で行いますので、売上金はすべて自分の手元に残り、商品1本あたりの利益率も高くなる特徴があります。

(商品の定価 - 仕入れ価格)× 売上本数 - 電気代 = 利益

(120円 - 50円) × 10,000本 - 5,000円 = 69,5000円

ただ、ほかの自動販売機との差別化や商品の選定など、売り上げを伸ばす方法を自ら行っていかなけれなならないので、土地活用の初心者の方には、向かない方法といえるでしょう。

自動販売機を自ら設置する方法のメリット

セミオペレーションのメリットは、何と言っても利益率の高さでしょう。

自動販売機経営を土地オーナー自ら行うため、販売本数が増えれば増えるほど、ひと月での収益はフルオペレーションよりも大きくなります。

管理・運営は自らで行わなければいけないものの、ある程度の利益を期待したいのであれば、セミオペレーションによる自動販売機経営がおすすめでしょう。

自動販売機を自ら設置する方法のデメリット

セミオペレーションのデメリットは、まず初期費用がかかる点です。

自動販売機の相場は17080万円です。賃貸住宅建築ほどではなくても、ある程度のまとまったお金が必要になります。

さらに、管理・運営をオーナー自身がすべてやらなくてはなりません。

仕入れの手続きや内容の検討、在庫管理、補充等々、実際の「労働」を行うからこそ利益率が良いわけですが、多くの手間は必ずしも楽ではないでしょう。

また、商品が購入者のニーズに合わなければ売上ダウンもあり得ます。仕入れ代と電気代の経営を引いたら売り上げがほとんど残らないというケースも無いとはいえません。

利益は高い分、リスクも多くあります。売上を伸ばすのも、赤字経営になるのも土地オーナー自身のやり方次第で変わってきます。

自動販売機経営が向いている土地

自動販売機経営で収益を上げるには、当然のことながら「どれだけ多くの人に利用してもらうか」にかかっているといえるでしょう。そのためには、次のような、設置の立地条件が非常に重要になります。

自動販売機経営が向いてる土地
  • 駅周辺の土地
  • 通勤・通学などで人通りが良い土地
  • 近くに中学校・高校などがある土地
  • アパート・マンションなど集合住宅に近い土地
  • 公園・レジャー施設など人が集まりやすい土地
  • 会社や・オフィスなど事業所が多くある土地

上記の条件を満たしている場所とは、単純に「人が集まるか」「人通りが多いか」です。

商品1本あたりの利益はそれほど大きくはないので、自動販売機経営を行うのであれば、とにかく数が売れる場所であることが大事になります。

こんな土地でも自動販売機経営ができる!

自動販売機経営の強みは、何と言っても「狭い小さな土地」や「変形的な土地」でも土地活用できる点です。以下に「すきま土地」ともいえるような、小さな土地を活用している例を紹介します。

変形的な土地を所有している

変形的な土地

出典:https://www.i-park.co.jp

自動販売機経営であれば、このような「変形的で小さく余った土地」でも十分に土地活用することができます。

マンション経営やアパート経営とは違い、小さく変形した土地を活用できるの自動販売機経営の最大のメリットと言えるでしょう。

このような土地であれば、コインランドリーの利用者による集客も見込まれるでしょうし、暗くなったらコインランドリーの明かり&目印にもなります。

小さな土地を所有している

出典:https://www.i-park.co.jp

自動販売機経営であれば、他には使い道が無いような小さなスペースでも問題なく土地活用ができます。

例え、建物の横に少しのスペースが無くても、自動販売機さえ置ければなんの問題もありません。

この例は、お弁当屋さんの例ですが、アパートやマンション経営を行っている方でも少しの空きスペースがあるだけで土地を有効活用できますよ。

駐車場などの空きスペースの土地

出典:https://www.i-park.co.jp

上記の写真は、駐車場利用者をターゲットにした見事な自動販売機経営と言えるでしょう。

何度もお伝えしていますが、自動販売機経営であれば小さな土地でも「自動販売機を置くスペースさえあれば十分に土地活用できる」方法です。

そのため、このように駐車場の中にできたデッドスペースでも、十分に活用できます。

そのままにしておいてもほぼ役に立たない土地でさえ有効活用できるので、ぜひ自動販売機経営をしてみてくださいね。

自動販売機経営の事例

わずかなスペースから想像以上の収益が

東京都渋谷区 Sさんのお悩み

店舗を拡張するため隣接地を購入したSさん。増築までの間、空き地の有効活用をお考えでした。

  • 将来の店舗拡張に備え隣接の売り地を購入。
  • 増築に取りかかるまでの間、空き地の有効活用を検討。

引用:https://www.le-perc.co.jp

【業者からの提案】

現地に伺ったところ、営業車以外に駐車できるスペースはないことを確認。人通りのある道に面していることもあり、自動販売機設置をご提案しました。設置後のメンテナンスも一括してお任せいただけることをご説明し、導入していただきました。

【結果】

  • 高い収益を実現
  • メンテナンス等の手間もなく店舗経営に集中

お客さまの声

更地にしておくよりはと考えて始めたのですが、立地が良いこともあり予想以上の収益があがっています。商品の補充や空き缶・ゴミの回収と清掃、集金作業など手間のかかることをすべてお任せできるので、店のことに注力できています。

引用:https://www.le-perc.co.jp

このように、自動販売機を設置したことで、更地で置いてあっただけの土地が利益を出してくれるのは嬉しいですね。

駐車場やほかの土地活用ができなくても、自動販売機経営であれば土地を有効活用できることを再確認できた良い例です。

ビルの隙間スペース活用で安定収入

【東京都千代田区 N社さんのお悩み】

自社ビル外構の植木スペースを改修することにしたN社さん。それを機に安定収入の手段を検討されていました。

  • 自社ビル内の休憩コーナーへすでに自動販売機を設置済み。
  • 外構工事を機に安定収入源を検討。

引用:https://www.le-perc.co.jp

【業者からの提案】

N社さんとは、数年前にビル内の休憩コーナーへ自動販売機を設置していただいてからのお付き合い。すでに自動販売機の収益性についてはご存知でしたので、今回も私たちのご提案をしっかりとご理解いただくことができました。

【結果】

  • ビル内外の自動販売機すべてを一括委託。
  • 安定収入を実現。

お客様の声

NTTル・パルクさんに、ビル内外の自動販売機すべてを一括して管理・運用してもらっています。お陰さまで、今ではビル管理費の一助と期待できるほどの安定収入を生み出してくれています。

引用:https://www.le-perc.co.jp

『今回は、会社の植木スペースを利用した自動販売機経営の例ですね。自動販売機経営であれば、今まで植木スペースだった土地でも十分に土地活用することができます。

今まで植木が生えていただけの土地が安定した収益を生み出してくれているのありがたいですね。』

自動販売機を設置する上での注意点

これまで、自動販売機経営に関することをお伝えしてきましたが、自動販売機経営を行ううえで、次のことに注意しなければいけません。

自動販売機経営での注意点
  • 近隣住民のクレームが入る可能性がある
  • 売り上げは立地によって大きく左右する

上記のことに注意しなければ、問題になったり、赤字経営になったりと自動販売機経営を上手に行うことができない恐れがあります。

それでは、それぞれに注意事項について詳しく見ていきましょう。

近隣住民からのクレームが入る可能性がある

自動販売機の設置には、近隣住民のクレームが入る可能性があることを知っておいてください。

たとえ自分の私有地であったとしても、隣の家にギリギリに接するような場所ではご近所トラブルに発展することは十分に考えられます。

また、自動販売機周辺はゴミが散らかりやすかったり、タバコを吸う人が留まりやすかったりします。何かと近隣からのクレームの材料になる要素は持ち合わせています。

周囲の家に隣接した場所への自動販売機の設置を考えるなら、事前に住民に相談の上、納得・了承を得ておくことが大切です。

売り上げは立地によって大きく左右する

所有している土地があり、せっかく自動販売機を設置したのに、立地条件が悪くて一向に売り上げが上がらなければ経営は失敗に終わります。

自動販売機経営は管理・運営はもちろん大事ですが、収益を上げるためには、何よりも「立地条件」が重要です。

狭い小さな土地があるというだけで、即自動販売機設置に踏み切らず、その場所にニーズがあるかをしっかり調査しましょう。

自動販売機経営に向いている土地か判断するには、土地活用のプロに調査を依頼するのがポイントです。自ら判断せず、わからないことがあればプロに相談するようにしましょう。

自動販売機経営で成功するポイント

自動販売機経営で利益を出すポイントをまとめました。「利益を上げる」「損をしない」ために重要なポイントです。

自動販売機経営で成功するポイント
  • 立地条件を見極める
  • ほかの自動販売機と差別化を図る
  • 一括資料請求で複数の業者から可能性を探る

立地条件を見極める

記事の中でも述べてきましたが、自動販売機経営で利益を上げるには立地条件の見極めが最重要です。

もしフルオペレーションで業者に依頼する場合、実際に業者が現地に出向いて行ってリサーチ・調査をしてから設置の判断を行い、売り上げが見込まれないような場所では設置OKとはなりません。

また、セミオペレーションの場合は、立地条件を見極めたり、季節、周辺住人の年齢層、人の流れ等を調べたりとオーナーがすべて調査し把握しなければ成功する確率は低くなってしまうでしょう。

このように、土地活用や自動販売機経営において土地の立地条件はとても重要となるのです。

ですので、安易な見切りスタートではなく、リスクの可能性も踏まえた上での立地条件の見極めが重要です。

ほかの自動販売機と差別化を図る

自動販売機経営で利益を出すなら、他の自動販売機との差別化を図ることも1つの方法です。

自動販売機は置いてある機械が「お店」ですから、利益アップには自分の自動販売機に特徴を持たせることが重要です。

差別化を狙った自動販売機の例を以下に紹介します。

差別化を図った例
  • 震災等の影響を受けて作られた日中の電力95%減のピークシフト自販機
  • おサイフケータイに対応したタッチパネル式自販機
  • ルーレットの当たり機能付き自販機
  • 購入者に話しかける「おしゃべり自販機」
  • ほかの自動販売機で売られていない商品を販売する

自動販売機とはいえ「買えればいい」だけではなく、プラスの満足感を与えられるものが増えています。売り上げアップのためには、ほかの自動販売機と差別化を図ることも意識しましょう。

一括資料請求で複数の業者から可能性を探る

土地活用をしようと考えたら、「一括資料請求」で、全国の複数の専門業者から「土地活用プラン」の提案を集めることもおすすめします。

一括資料請求はネットで行え、なお無料&簡単に誰でも行なえます。

所有する土地の条件を入力し、情報を送信するだけで、土地活用を行う全国の優良企業からのさまざまなプランを受け取れるわけです。

そのため、自動販売機の経営を考えていたとしても、ほかの土地活用方法が見つかる可能性もおおいにあります。

土地活用方法を個人で悩むよりも、専門家からの複数提案を比較検討したほうがよりよいアイデアが生まれるかもしれませんよ。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら

まとめ

「使い道が無い!」とあきらめていた小さな土地でも、活用方法が見いだせるのが「自動販売機経営」です。

そのスペースを眠らせておくくらいなら、少しでも利益が得られた方が嬉しいですよね。

軌道に乗ってしまえば、後はほぼ「自動」で動いてくれますから、自動販売機経営はとても有効な土地活用だといえるでしょう。

あなたが所有する土地をもう一度見直してみて、「小さくて狭い場所」が空いているとしたら、ぜひ自動販売機経営の可能性を検討してみてはいかがでしょうか。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら