駐車場経営

駐車場経営の必要資金は?初期費用はいくらかかるのか

駐車場経営資金

駐車場経営を始める際、どのくらいの初期費用が必要なのか気になるものですよね。いざ駐車場経営を始めようと思っても、初期費用がいくらぐらいなのかわからないのではないでしょうか。

値段がわからなければ不安ですよね。駐車場経営の初期投資は、いくらぐらいが相場なのか知っておきたいのが本音です。

ただ、駐車場経営は、月極駐車場とコインパーキング経営で初期費用は大きく異なります。それぞれ値段が変わってくるため、あなたがこれからしようと思っている方法の値段を調べておきましょう。

このページでは、駐車場経営の初期費用についてご紹介します。「月極駐車場」「コインパーキング経営」のそれぞれの初期費用や値段を抑えるコツをご紹介します。

駐車場経営の初期費用がいくらぐらいなのかを知り、値段を抑えて儲かる駐車場経営をしましょう。

駐車場経営はいくらから始められるのか

駐車場経営は、どのくらいから始められるのか気になる方は多く見られます。できれば、初期費用は抑えたいものですよね。

どういった方法で行うのかにもよりますが、月極駐車場で未舗装の場合数十万で駐車場経営が可能です。

コインパーキング経営は初期費用0円から可能

一方、コインパーキング経営は業者に任せれば初期費用0円で駐車場経営ができます。土地さえ預ければ、業者が初期費用や維持費用を負担してくれるからです。

以下はタイムズのホームページのものですが、初期費用がかからないことを明記しています。

コインパーキング経営サブリース

コインパーキング経営の場合、土地さえあれば後は業者が費用を負担してくれるため、初期投資ゼロ円で駐車場経営が可能です。

土地の形状によっては、費用を負担しなければいけませんが、基本的にはいりません。

お金をかけなければリスクがありません。赤字になることが決してないからです。ノーリスクで土地活用ができるため、土地を持っている方は積極的に駐車場経営をしましょう。

今まで活用していなかった土地が、毎月30万円の収入を生み出せばうれしいですよね。

月極駐車場とコインパーキング経営で初期投資は変わる

駐車場経営には、大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • 月極駐車場
  • コインパーキング経営

それぞれ必要な初期費用は変わってきます。あなたが行う予定の駐車場経営にかかる初期投資を把握しましょう。それでは、順番にご紹介します。

月極駐車場経営にかかる初期費用

 

月極駐車場

月極駐車場は、未舗装の場合とアスファルト舗装する場合では、初期費用は変わってきます。未舗装のほうが安く、アスファルト舗装をするとその分値段は高くなります。

未舗装の場合数十万円

月極駐車場トラロープ

未舗装の場合、砂利を敷いてロープで区画を区切れば完了です。そのため、初期費用は数十万ほどですみます。

アスファルト舗装の場合100万円

舗装工事

一方、アスファルト舗装の場合、アスファルト舗装費用やライン引きなどの費用がかかるため、値段は100万円ほど必要になる恐れがあります。

ただし、これはあくまでも目安です。土地の大きさや形状によって値段は大きく変わるからです。凸凹の土地の場合、平らにするための工事が必要になり、その分値段は高くなります。

また、土地の面積が大きくなると、その分値段は変わってきます。

月極駐車場の値段は、実際に業者に見積もりを取って初めてわかります。そのため、正確な値段を知りたい場合は、実際に見積もりを取ってみるようにしてください。

土地の状態によっては値段が高くなる

以上でもお伝えしましたが、土地の状態によって別途工事費用が必要になる恐れがあります。土地が凸凹の場合は、平らにするための整地作業が必要だからです。

また、駐車場の入り口に段差がある場合は、入口を入りやすくするための工事が必要になります。

月極駐車場乗入れ

このような入り口にスロープを設置する場合、費用はさらにかかります。道と駐車場に段差がある場合は、さらに工事費用がかかるため注意しましょう。

コインパーキング経営の初期費用

コインパーキング経営の初期費用は、コインパーキング業者に任せると初期費用を負担してくれます。

ただ、管理費用がかかってしまうデメリットがあります。

しかし、自分自身で初期費用を負担する場合、管理費用がかかりません。そのため、利益は多くなります。

アスファルト舗装や設備で10台300万円

コインパーキング経営を自分自身で行う場合、10台で300万円ほどの費用がかかります。ただ、1台で3万円の利益が見込めるため、月に30万円です。

300万円の初期投資で年間の360万円です。1年で元が取れてしまいます。ちなみに、このときの利回りは以下のとおりです。

360万円(年間の収入) ÷ 300万円(初期投資) = 120%(利回り)

利回りとは、初期投資における不動産収入の割合のこと。初期投資が1,000万円で不動産収入が100万円の場合、利回りは10%になります。不動産投資において、利回りが10%を超えれば高い利回りと言えます。

この場合、利回りは120%になります。1年で初期投資を回収できて、その後はすべて黒字です。

利回りは10%を超えれば高いといわれているため、コインパーキング経営は、非常に儲かる不動産投資です。

土地のある方は、コインパーキング経営を積極的に行いましょう。

駐車場経営の初期費用は業者によって変わる

駐車場経営の初期費用は、業者によって施工費用が異なります。駐車場経営の施工費用は、定価がありません。

高い業者もあれば、安い業者もあります。業者選びで失敗してしまうと高い費用で工事を依頼してしまう恐れがあります。

同じ収益であれば、安い業者に依頼したいものですよね。

初期費用が安くなると利回りが高くなる

業者によって初期費用は変わってきます。初期費用が安くなると利回りは高くなるので、初期投資は安くするようにしましょう。

たとえば同じ収益の場合、初期費用が変わると以下のように利回りが変わってきます。このとき、年間の収入は300万円と仮定します。

  • A社:初期費用300万円|利回り100%
  • B社:初期費用500万円|利回り60%

初期費用が安くなると利回りは高くなり、初期投資を早く回収できます。駐車場経営をする際は、初期費用を抑えるようにしてください。

駐車場経営の初期費用を安くするための方法

駐車場経営の初期費用を安くするための方法をご紹介します。以上でもお伝えしたように、初期費用が安くなると利回りは高くなります。そのため、できるだけ初期費用を安くするようにしましょう。

この項では、駐車場経営の初期費用を安くするための方法をご紹介します。

業者を比較して安い業者を選ぶ

駐車場経営の初期費用を安くするためには、業者を比較するようにしてください。以上でもお伝えしましたが、高い業者もいれば安い業者がいます。これを見極めるためには、業者を比較するしかありません。

たとえば、以下は1社だけに業者を依頼した場合です。

  • A社:初期費用500万円

この場合、初期費用500万円では相場より高いのか安いのかわかりません。高いかもしれませんし、安いかもしれません。

そこで、以下のように業者を比較しましょう。

  • A社:初期費用500万円
  • B社:初期費用400万円
  • C社:初期費用300万円

業者を比較すれば、簡単に安い業者がわかります。値段を比較するだけなので、駐車場経営の知識のない方でも簡単に安い業者を選べます。これなら失敗しないですよね。

逆に業者を比較しない限り相場はわかりません。そのため、必ず複数社に見積もりを依頼して初期費用を抑えるようにしてください。

コインパーキング経営の場合、業者に費用を負担してもらう

コインパーキング経営の場合は、業者に費用を負担してもらいましょう。そうすれば、初期費用を負担することなく駐車場経営は可能です。

土地があるのであれば、土地を預けるだけであとは業者がすべてやってくれます。あなたは毎月支払われる賃料を受け取るだけです。業者に任せれば、不労所得を手にすることができます。

月極駐車場がやりたい方や自分自身でコインパーキング経営をしたい方以外は、業者に任せてしまうのがおすすめです。

初期投資0円ということは、土地だけあれば駐車場経営が可能です。リスクなく不動産収入を手に入れましょう。

一括見積もりサービスを利用する

駐車場経営の費用は、一括見積もりサービスを利用するようにしましょう。

1度の入力で業者を比較できるため、誰でも簡単に安い業者を選ぶことができます。業者の見積もりを比較する際、どこの業者にすればいいのかわからないですよね。

一括見積もりサービスであれば、数多くの駐車場経営業者が登録していますので、業者の知識がない方でも簡単に見積もりを比較できます。

たった1度の入力で一括見積もりができるため、非常に便利なサービスです。無料で利用できるので、一括見積もりサービスを使わないのは損です。

一括見積もりサービスを活用して、初期費用を抑えて駐車場経営を成功させましょう。

まとめ

駐車場経営の初期費用についてご紹介しました。月極駐車場とコインパーキング経営のどちらの方法を選ぶかによって、駐車場経営の初期費用は変わってきます。

コインパーキング経営の場合は、業者に任せてしまえば初期費用0円で駐車場経営ができるメリットがあります。コインパーキング経営を検討している方は、コインパーキング業者に経営を任せてしまうのも1つの方法です。

そして、月極駐車場を検討している方は、業者によって初期費用が異なります。そのため、相見積もりを取り初期費用の安い業者を選ぶようにしてください。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら