駐車場経営

駐車場経営は儲かる?月収・年収はいくら?利益はどのくらい?

駐車場経営収入儲かるのか

駐車場経営を始める方にとって儲かるかどうかはとても重要です。儲かるのであれば駐車場経営をしたいものですよね。

ただ、どのくらいの月収が見込めるのかわからない方はいるのではないでしょうか。いくらぐらい儲かるのか気になるのが本音です。

駐車場経営といっても、月極駐車場とコインパーキング経営で方法が異なるため、やり方によって利益は変わってきます。どのような種類や方法があるのかを知った上で、駐車場経営をする必要があります。

失敗しないためには、事前に駐車場経営がどのくらい儲かるのかを知っておきましょう。

本記事では、駐車場経営を検討している方のために駐車場経営がどのくらい儲かるのか、利益はどのくらいになるのかをお伝えしていきます。

駐車場経営の2つの種類

駐車場経営は、大きく分けて以下の2つの種類に分けられます。

  • コインパーキング経営
  • 月極駐車場

それぞれ方法や収入は異なります。特徴を理解した上で、あなたが儲かるほうで土地活用しましょう。それでは、それぞれの特徴をご紹介していきます。

コインパーキング経営

駐車場経営土地活用

コインパーキング経営は、1時間300円といった時間制の駐車場経営になります。都市部になると時間当たりの値段は高くなり、地方になると値段は安くなります。

たとえば、東京の場合は30分600円で上限がないところもあれば、地方の場合は30分で100円のところもあるなどさまざまです。

コインパーキング経営の収入の事例

コインパーキング経営は、時間当たりの値段と稼働率でどのくらいの月収になるのかわかります。一般的に1台あたり月に3万円の利益が見込めます。

駐車場経営収入

10台であれば月収は30万円です。コインパーキング経営の場合、コインパーキング業者が初期費用や維持費用を負担してくれるため、土地さえあれば毎月安定した収入が支払われます。

コインパーキング経営サブリース

コインパーキング業者に任せてしまえば、管理などもすべて行ってくれるため、オーナーであるあなたは何もしなくてすみます。毎月口座に支払われる賃料を通帳記入して確認するだけです。

ほとんど不労所得に近い状態になるため、手間暇をかけずに安定収入が見込めます。初期費用や維持費がかからないので、リスクなく確実に儲かる駐車場経営が可能です。

駐車場経営を考えている方は、コインパーキング業者に任せてしまいましょう。

月極駐車場

月極駐車場

月極駐車場は、1台当たり月額の賃料を貰います。1台1万円の場合、10台で10万円です。こちらもコインパーキング同様に、都市部になるほど高くなり、地方だと安くなります。

東京だと1台あたり3万円ほどになり、地方だと1台5,000円以上になります。

月極駐車場の収入事例

1台3万円の場合、10台で30万円の駐車場収入です。そして、1台1万円だと10万円になります。

月極駐車場は1台当たりの値段と台数によって収入が決まります。あなたの土地に何台の車が駐車できるのか、地域の月極駐車場の相場を考慮するとどのくらいの月収になるのかが計算可能です。

コインパーキング経営と月極駐車場はどちらが儲かるのか

結局のところ、コインパーキング経営と月極駐車場はどちらが儲かるのか気になるのではないでしょうか。

ただ、どちらが適しているのかは土地によって異なります。コインパーキング経営が適している土地は、コインパーキングのほうが儲かります。

一方で、月極駐車場が適している土地は、月極駐車場が適しているのです。

地方で駅に遠い場所などは、コインパーキング経営をしても儲かりません。そういった場所は、月極駐車場が適しています。

また、都市部で駅に近い場所は月極駐車場よりもコインパーキング経営のほうが儲かります。土地に適した土地活用方法があるため、あなたの土地はどちらの方法が儲かるのかを業者に相談してみてはいかがでしょうか。

業者であれば、過去の実績から簡単に儲かる土地活用方法を教えてくれます。

駐車場経営が安定して儲かる理由

駐車場経営は儲かります。では、なぜ儲かるのでしょうか。どのような理由があるのか気になりますよね。儲かるのであれば、駐車場経営したいのが本音です。

駐車場経営が儲かる理由は、以下の通りです。

  • 低リスクで始められる
  • 初期投資が少ない
  • 安定した収入が見込める
  • 初心者でも始められる
  • ほとんどの土地で利用できる
  • ほかの土地活用に転用可能

駐車場経営は、このような理由から安定して儲かります。それでは、具体的に解説していきます。

低リスクで始められる

駐車場経営はリスクの少ない土地活用です。コインパーキング経営の場合、土地を預ければコインパーキング業者が初期費用や維持費を支払ってくれます。

つまり、あなたは土地を預けるだけで駐車場経営が可能です。お金を利用していないのであれば、損をしません。そのため、リスクの少ない駐車場経営が可能です。

初期投資が少ない

駐車場経営は初期投資が少ないです。コインパーキングの場合、業者が初期費用を負担してくれるため、ほとんど初期投資0円です。

しかし、月極駐車場の場合、自分自身で初期投資しなければいけません。

ただ、月極駐車場は、アスファルト舗装をしなくても砂利とロープによって区画を区切れば、簡単に駐車場経営ができます。

月極駐車場トラロープ

これであれば初期費用があまりかからないため、リスクの少ない駐車場経営ができます。初期費用が少なく毎月安定した収入が見込めるので、駐車場経営はとても魅力的な土地活用です。

安定した収入が見込める

月極駐車場は、安定した収入が見込めるメリットがあります。ある程度利用者がいれば、毎月安定した収入が期待できます。来月利用者が全ていなくなるということも考えにくいため、利用者さえ集まってしまえば安定した収入が見込めますよね。

一方、コインパーキング経営の場合、一括借り上げシステムがあります。

一括借り上げシステムとは、一括借り上げシステムとは、全車分の駐車スペースをコインパーキング業者が一括で借り上げてくれることです。

そのため、稼働率に関係なく毎月一定額の賃料がコインパーキング業者から支払われます。

一括借り上げシステムであれば、毎月安定した収入が見込めます。どちらの方法にしても安定した収入があるため、毎月一定額の収入が欲しい方は駐車場経営がおすすめです。

初心者でも始められる

駐車場経営は、初心者でも簡単に始められます。コインパーキング経営の場合、管理をすべて業者が行ってくれます。何もしなくても毎月賃料が振り込まれるので、初心者の方でも簡単に駐車場経営が可能です。

お金の管理など初心者の方にはわかりませんよね。また、駐車場の管理もよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

そういった場合は、すべてコインパーキング業者に任せてしまいましょう。

ほとんどの土地で利用できる

駐車場経営は、賃貸経営とは異なりほとんどの土地で土地活用ができます。賃貸経営の場合、法律によって建物を建てられない地域があるからです。

しかし、駐車場経営であればほとんどの土地で利用可能です。以下は、駐車場経営ができる土地の種類になります。

変形地

変形地

大きな敷地に家を建ててスペースが余っている場合、そのスペースで駐車場経営しましょう。駐車場経営はこのような空いたスペースを有効活用できるメリットがあります。

狭小地

狭小地

小さな土地は、土地活用方法に困ります。あまりにも小さな土地の場合、アパートや住宅を建てられません。そのため、土地活用方法に迷っている方は多いのではないでしょうか。

しかし、狭小住宅であれば土地活用可能です。小さな土地を持っているが、有効活用できていない方は駐車場経営をしてみてはいかがでしょうか。

建設予定地

建設予定地土地活用駐車場経営

数年後住宅やアパートなど、建物建設を予定している場合でも、その間駐車場経営は可能です。数年でも土地を有効活用できるため、無駄なく土地活用できます。

建設予定の土地を持っている方は、少しの間でも土地活用して収益化しましょう。

解体予定地

解体予定地土地活用

建物を解体する場合で、土地活用が決まっていない方は駐車場経営をしましょう。更地にすると固定資産税が高くなります。また、駐車場経営であれば、初期費用も少なくほかの活用方法に転用可能です。

いろいろな土地で駐車場経営できる

このような土地でも駐車場経営による土地活用は可能です。「賃貸経営はできないけれど土地活用したい」方は、駐車場経営がおすすめです。

利用していない土地がある方は、積極的に土地活用して不動産収入を手に入れましょう。

ほかの土地活用に転用可能

駐車場経営のメリットは、ほかの土地活用に転用ができる点です。駐車場経営をしてその後賃貸経営できます。

また、そこに自宅を建設することもできます。

とりあえず駐車場経営をしてみて、ダメだったらほかの土地活用に変更するのも1つの方法です。ほかの土地活用に転用できるため、万が一駐車場経営がうまくいかなかったとしてもリスクが少ないです。

駐車場経営で儲かる土地の特徴

駐車場経営には適している土地とそうではない土地があります。駐車場経営で儲かる土地の特徴は以下の通りです。

  • 駅に近い
  • 駐車場のない賃貸物件が近くにある
  • 病院などの施設が近くにある

このような土地を持っている方は、駐車場経営を行いましょう。稼働率が見込めるため、儲かる可能性は高いです。

駅に近い

駅に近い場所は、駐車場経営に最適です。コインパーキング経営でも月極駐車場経営でもどちらでも可能です。

コインパーキング経営の場合、電車を使う方の利用率が見込めます。一方、月極駐車場の場合でも駅に近い企業が借りてくれる可能性があります。

ただ、あまりにも地方の場合は当てはまらない恐れがあるため注意しましょう。ある程度の利用者の多い駅の近くに土地を持っている方は、駐車場経営をしてみてはいかがでしょうか。

駐車場のない賃貸物件が近くにある

駐車場のない賃貸アパートやマンションが近くにある土地は、月極駐車場の利用者が多い可能性があります。そのような場所は、車の駐車スペースに困っている方が多くいるからです。

特に、地方で車がなければ通勤できないような場所は、月極駐車場の利用者は多いはずです。

たとえば、路面駐車などをよくしている場合は、月極駐車場経営をすると儲かります。そういった場所は駐車場経営にねらい目の土地なので、積極的に駐車場経営を行いましょう。

病院などの施設が近くにある

病院やスーパーといった施設が近くにある場合、コインパーキング経営をすると儲かります。車で来た際に駐車スペースに困る可能性があるからです。

ただ、病院やスーパーの駐車場が大きい場合は、利用者がいない恐れがあるので注意が必要です。

まずは専門家に相談して駐車場経営をしても儲かるかどうかを相談してみましょう。

駐車場経営で儲けるためのポイント

駐車場経営で儲けるためにはいくつかのポイントがあります。むやみやたら駐車場経営をしても儲かりません。事前に駐車場経営について勉強するなどしなければ、失敗する恐れがあります。

駐車場経営は事前に勉強などの準備をしっかりして、儲かるべくして儲かるようにしてください。そのため、以下のポイントに注意してください。

  • 初期費用を抑える
  • 業者選びが重要
  • 業者に相談してみる
  • 一括見積もりサービスを活用する

順番にご紹介していきます。

初期費用を抑える

駐車場経営をする場合、初期費用は抑えましょう。

コインパーキング経営のように、業者が費用を負担してくれるのであればいいですが、自分自身で初期費用を負担する場合、なるべく安くするようにしてください。

初期費用を抑えると利回りが良くなるからです。

利回りとは、初期費用における不動産収入の割合のこと。初期費用1,000万円の場合、年間の収入が100万円であれば利回り10%になります。そのため、10年で初期投資を回収できる計算です。

同じ賃料であれば初期費用は安いほうがいいです。

たとえば、年間の収入が100万円と同じ場合、初期費用が異なると利回りは以下のように異なります。

  1. 初期費用1,000万円:利回り10%
  2. 初期費用800万円:利回り12.5%

1番は10年で初期投資を回収できますが、2番の場合は初期費用を8年で回収できます。不動産投資においてこの差は非常に大きいです。

また、利回りが良くなれば儲かり、リスクは少なくなります。駐車場経営の収入を上げることは難しいため、初期費用を抑えて利回りを高くするようにしてください。

特に、駐車場の場合賃貸経営とは異なり、車を停めるだけです。そのため、初期費用を抑えても品質に影響することはあまりありません。

値段を抑えて高利回りのリスクの少ない駐車場経営を実現させましょう。

業者選びが重要

以上で初期費用を抑えて利回りを良くすることについてご紹介しましたが、初期費用を抑えるためには、業者選びが重要です。駐車場経営の初期費用は、定価がありません。

高いところもあれば安いところもあります。そのため、業者を比較して安いところを選ばなければいけません。

また、コインパーキング経営をする場合でも、すべての業者が初期費用や維持費用を負担してくれるわけではありません。

初期費用を業者に負担して欲しい方は、業者を比較してその中から初期費用を払ってくれる会社を選ぶようにしてください。

業者に相談してみる

駐車場経営は、まずは業者に相談してみることが重要です。業者に相談することでアドバイスを貰えるからです。

駐車場経営専門の業者がいるため、積極的に相談しましょう。専門業者は、無料相談を行っています。また、資料などを無料でもらえるため、こういったサービスを活用しないと損ですよね。

業者に相談したからといって、そこの業者に依頼しなければいけないわけではありません。納得がいかなければ断ってしまっていいです。

これから駐車場経営を検討している方は、業者に積極的に無料相談しましょう。

一括見積もりサービスを活用する

業者選びや値段を比較する際、一括見積もりサービスを活用しましょう。一括見積もりサービスであれば、業者の資料請求や相談はもちろんのこと、そのまま見積もりを取ることも可能です。

駐車場経営は賃貸経営のように簡単に儲かりません。そのため、こういったサービスを上手に活用して初期費用を抑え、利回りを高くする必要があるのです。

一括見積もりサービスを利用すれば、簡単に安い業者がわかります。以下のように見積もりを比較すればいいだけだからです。

  • A社:1,500万円
  • B社:1,200万円
  • C社:1,000万円

この場合、C社が最も安い業者だということがわかります。値段を比較して安い業者を選ぶだけだからです。

一括見積もりサービスを利用すれば、簡単に安い業者がわかります。値段を抑えたい方は、必ず利用しましょう。

まとめ

駐車場経営の年収や利回りについてご紹介しました。どのように駐車場経営を行えば、儲かるのか理解できたのではないでしょうか。

駐車場経営は、リスクなく手軽に行える土地活用です。やり方によっては、十分に儲かる土地活用になるため、土地を持っている方は積極的に土地を有効活用しましょう。

土地を持っているだけでは、税金を支払うだけなのでもったいないです。そのため、駐車場経営をして収入を生み出す仕組みを作りましょう。

今まで何も利用していない土地で駐車場経営を行い、毎月30万円の収入があるようになればうれしいですよね。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら