駐車場経営

駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点

駐車場経営失敗

駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのような失敗をしているのか気になるものです。

実際の失敗例がわかれば、対処法がわかりますよね。せっかく駐車場経営するのであれば、失敗したくないのが本音です。

ただ、やみくもに駐車場経営をすると失敗します。これからご紹介する事例も失敗したくて失敗しているわけではないからです。これから駐車場経営をする方は、ここでご紹介する内容を参考にして失敗しないようにしましょう。

市場調査が甘かった

市場調査が甘いと駐車場経営は失敗します。駐車場経営は、利用者がいないと利益がないからです。

そこの土地で駐車場経営をして、本当に利用者がいるのかをよく考える必要があります。

駅に近かったり大きな施設に隣接していたりするような土地であれば、稼働率はいいかもしれません。しかし、地方で駐車場にしても利用者がいないような場合は、駐車場経営しても利用者がほとんどいない恐れがあります。

土地があるからと言って、駐車場経営すれば必ず利用者がいるわけではありません。事前にしっかり市場調査してニーズがあるかどうかを確かめるようにしてください。

市場調査で失敗しないためには

このような失敗をしないためには、事前に市場調査をすることです。そこの土地で駐車場経営をした場合に、利用者がいるのかどうかをしっかり調べましょう。

とはいえ、市場調査をするのはなかなか素人では難しいです。そのため、業者に調査してもらうのがおすすめです。業者であれば、経験や実績からそこの土地で駐車場経営して利用者がいるのかを判断してくれます。

自分自身で市場調査をするのではなく、プロである業者に任せてしまいましょう。

駐車場経営の種類を間違えた

駐車場経営には、「月極駐車場」「コインパーキング経営」の2種類があります。土地に応じて適切な方法を選ばなければ失敗します。

月極駐車場に適している土地に、コインパーキング経営をしてもいけません。また、コインパーキング経営が適している土地で、月極駐車場をしても十分な利益は見込めません。

土地や周囲環境に応じて適切な駐車場経営の方法があるため、それぞれのメリットデメリットを見極めた上で適切な方法を選ぶようにしてください。

駐車場経営の種類で失敗しないためには

駐車場経営の種類で失敗しないためには、それぞれの特徴をよく考えることです。月極駐車場は、周りに駐車場のない賃貸アパートやマンションが多い場合に適しています。

一方で、コインパーキング経営は駅に近い場所など、一時的に車を駐車したい方が多い場所に適しています。

このように、月極駐車場とコインパーキング経営の特徴を見極めて、適切な駐車場経営を選ぶようにしてください。

また、この場合においても駐車場経営業者に相談しましょう。業者に依頼すれば、月極駐車場とコインパーキング経営のそれぞれの収益プランを作成してくれます。それぞれを比較して、利益が大きいほうを選べます。

比較して選ぶだけなので、簡単に適切な駐車場経営を選べるのではないでしょうか。無料で相談できるので、駐車場経営選びで失敗したくない方は必ず利用するようにしてください。

一括借り上げシステムにすればよかった

コインパーキング経営をする場合、一括借り上げシステムで駐車場経営するか、自分自身経営するかどうかを選択できます。

一括で借り上げシステムとは、業者が駐車スペースを一括で借り上げてくれることです。そのため、毎月一定額の賃料を業者が支払ってくれるメリットがあります。

一括借り上げシステム

このとき、一括借り上げシステムではなく自分自身で駐車場経営することで、失敗してしまう方がいらっしゃいます。

一括借り上げシステムを利用しないと管理費用が安くなるため、利益は多くなります。そのため、利益を重視する方は、自己経営をする傾向にあります。

ただ、管理を自分自身で行う場合、さまざまなデメリットがあるため注意が必要です。

利益を求めて自分自身で経営したものの、稼働率が低く「一括借り上げシステムよりも利益にならなかった」という方がいらっしゃいます。

稼働率が高くなれば儲かりますが、稼働率が低くなると一括借り上げシステムよりも利益が少なくなるデメリットがあるからです。

タイムズの公式サイトにも、自己経営については以下のように記載してあります。

駐車場の経営を運営委託せずにご自身で資金用意の上、機械設置・運営を行います。

比較的高い収益を期待できますが、土地の整備・機械のメンテナンス・集金等のランニングコストを算出し、収支計画を策定するなどが必要となります。

また、駐車場の利用促進に関する告知活動や保守・防犯対策や近隣での苦情やトラブル対応も行うため、運用の手間がかかる場合があります。時間がなかなか取れない方や知識や経験がないとかなりの負担になる場合があります。

タイムズ公式ページより引用

自分自身で経営する場合、管理なども自分自身で行わなければいけません。利益を求めて自己経営をして利益が少なければ、手間暇がかかる上に赤字になる恐れがあります。これでは、元も子もありません。

初期費用が少なくてリスクの少ない駐車場経営ですが、稼働率がなければ利益は少なくなってしまいます。一括借り上げシステムか自己経営かは、よく考えて判断するようにしてください。

一括借り上げシステムか自己経営かで失敗しない対処法

経営方法を選ぶ際は、一括借り上げシステムと自己経営のどちらかをよく考えましょう。管理などをすべて任せて、確実に利益が欲しい方は一括借り上げシステムがおすすめです。

一方で、自分自身で管理などをできる方や稼働率が見込めるような立地の土地を持っている方は、自己経営で駐車場経営をしましょう。

ただ、初めて駐車場経営をする方は、欲張らずに一括借り上げシステムにすると安定した収入が期待できます。実際に多くの方が、自己経営で失敗していることを考えると一括借り上げシステムでリスクなく駐車場経営をしましょう。

料金設定を間違える

駐車場経営で、価格設定を間違えて失敗してしまう方は多く見られます。高すぎると利用者が少なくなり、安すぎても儲からないからです。

また、近くにあるライバル会社と同じ価格設定にしたとしても、あなたの駐車場が同じように稼働するかといえばそうではありません。

場所や停めやすさなどがあるため、同じ結果にならないからです。価格設定は難しく、値下げしてしまうと値上げしにくくなってしまいます。

料金設定で失敗しないための対処法

駐車場経営の値段設定は、1日最大の駐車料金を設定するかどうかが重要です。営業マンの方が、ビジネスで1~2時間車を停めるような方が多い場合は、値段設定が高くても問題ありません。また、最大駐車料金も高くても稼働するので問題ありません。

一方で、レジャーなどの家族連れが多い場合は、長い時間止めることが予想されるため、1日中停めても安いほうが利用者は多くなります。

  • ビジネス利用が多い:1時間200円最大料金2,000円
  • 家族利用が多い:1時間300円最大料金1,000円

このような価格設定すると失敗しにくくなります。価格設定は失敗しやすいため、周りの環境や相場を見極めた上で料金を決めるようにしてください。

台数が少ない場合は最大料金を設定してはいけない

料金設定をする際、台数が少ない場合は最大料金を設定しないようにしましょう。最大料金を設定してしまう場合、回転率が悪くなり儲からなくなってしまうからです。

たとえば、5台しかないような場所に最大料金を設定してしまうと、5台が1日中駐車する恐れがあります。最大料金設定がある場合、回転率が悪くほとんど機能しなくなります。

台数が少ない場合は、最大料金を高めに設定したり、最大料金を無くしたりして対応するようにしてください。

業者に任せると料金設定を気にしなくてよい

コインパーキングの料金設定は、コインパーキング業者に任せると料金設定を周囲の市場を調べて絶妙な価格で経営をしてくれます。

料金設定はもちろんのこと、管理をほとんど行ってくれるため、楽に駐車場経営ができるメリットがあります。

タイムズの公式ホームページにも記載されていますが、運営を全て任せることが可能です。

駐車場の運営・管理はすべて当社が行いますので、オーナー様に面倒な手間がかかることは一切ありません。

タイムズ公式ページより引用

正直、駐車場経営初心者の方が料金設定をするのは難しいです。失敗してしまう方がほとんどです。管理費用はかかりますが、運営をすべて任せてしまいましょう。

そうすれば、仮に同じタイムズが近くにできたとしても価格競争が起きにくくなります。こちらが個人経営の場合、大手が近くにできると価格競争が起こる恐れがあるからです。

価格設定や運営などを任せられるのであれば、プロに任せてしまいましょう。それが、駐車場経営で確実に失敗しないためのコツです。

価格競争に巻き込まれてしまった

駐車場経営は、価格競争が発生します。個人経営の場合、大手が参入すると価格競争が起こり、巻き込まれてしまう恐れがあります。

たとえば、あなたが1時間300円で駐車場経営をしていたと仮定しましょう。そこで、大手のコインパーキングが近くにできて価格を1時間100円にしてきた場合、お客さんはすべてそちらに流れてしまいます。

そうすると、こちらも対応しなければいけなくなります。

ただ、価格を1時間100円にしても全く儲かりません。そうして、撤退を余儀なくされる方は多く見られます。そして、その後大手は、個人経営の方が撤退をした後で価格設定を1時間300円に戻します。

個人経営の場合、価格競争に巻き込まれると、大手とは違うため余力がありません。そのため、個人経営の場合、価格競争に巻き込まれると駐車場経営で失敗してしまうのです。

価格競争に巻き込まれないようにする対処法

価格競争に巻き込まれないようにするためには、大手に経営を任せてしまうことです。コインパーキング業者に経営を任せれば、価格競争に巻き込まれにくくなります。

価格競争をしてくる際、大手も相手が個人だと分かった上で値段を下げてくるからです。

つまり、相手が撤退するまであえて値段を下げて運営し、個人経営を潰しにかかるからです。個人経営では、太刀打ちできません。そこで、大手に依頼すれば、価格競争が起こりにくくなります。

個人でコンビニ経営を行うことが難しいように、駐車場経営も個人では大手には太刀打ちできません。そのため、運営を大手に任せてしまうようにしましょう。

税金対策になると思った

土地活用目的で駐車場経営する方は多く見られますが、税金対策にならないケースがほとんどです。駐車場経営は賃貸経営とは異なり、税金面が更地と変わりません。

税金対策になると思ったものの、ほとんど税金が安くならなかったという失敗が多く見られます。

固定資産税・相続税対策をしたい方の対処法

税金対策をしたい方は、駐車場経営ではなく賃貸経営をするようにしてください。更地に比べて固定資産税が6分の1になり、相続税時の評価も3割少なくなります。

大きな相続税対策になります。大きな土地を持っており、相続税対策をしたい方は駐車場経営ではなく賃貸経営をするようにしてください。

税金の仕組みを知り、賢く土地活用するようにしてください。

駐車場経営は管理が手間

駐車場経営の管理はほとんどないと思い、自分自身で管理をして失敗する方は多くいます。駐車場経営は、ゴミ掃除やクレームなどのトラブルの対処、集金などの管理業務があります。

ゴミが落ちていれば掃除しなければいけません。また、自動車の事故が起きれば、そのクレームは大家であるあなたの元にいきます。

あなたの責任でなかったとしても、こういったトラブルやクレームの対処をしなければいけないのです。

管理がほとんどないように思える駐車場経営ですが、実際に経営してみると多くの業務があるため注意が必要です。

駐車場経営が初めての方は、こういったトラブルや管理業務に対応できる方は少ないです。そのため、初めて駐車場経営をする方は注意してください。

管理が手間な場合の対処法

駐車場経営を自分自身で行うとものすごい労力があります。そのため、管理は業者に任せてしまいましょう。

業者に任せてしまえば管理の手間がかかりません。自分自身で管理をしたい方以外は、業者に管理を任せてしまうようにしてください。

利用しにくい場所だと利用者が少ない

駐車場経営をする際、利用しにくい場所だと稼働率が少ない恐れがあります。一方通行の道沿いだったり、わざわざ遠回りするような場所だったりすると利用者が少ない恐れがあります。

こういった土地で駐車場経営を検討している方は、利用者が少ない可能性があることを把握しておきましょう。

利用しにくい場所の対処法

そういった利用しにくい場所で駐車場経営する場合は、価格を下げたりほかの土地活用をしたりしましょう。

ただ、賃貸経営ではなく駐車場経営しかできない場合は、利用者が少ない場所だということを事前に把握した上で駐車場経営するようにしてください。

初期費用が高い業者に頼んでしまった

駐車場経営の初期費用は業者によって異なります。そのため、初期費用の高い業者に頼んでしまう恐れがあります。同じ収益であれば、初期費用は安いほうがいいですよね。

本来であれば、300万円でコインパーキング経営ができる場合でも、業者によっては500万円の費用がかかるケースがあります。これは、業者によって工程などが異なるためです。

初期費用が高い業者に工事を依頼するとその分利回りは悪くなります。また、賃料で初期費用を回収するのに時間がかかってしまいます。

駐車場経営をする場合は、できるだけ初期費用を抑えるようにしてください。

初期費用が高い場合の対処法

初期費用が高くなってしまう方は、業者の価格を比較していないからです。価格を比較すれば、簡単に初期費用の安い業者がわかります。また高い初期費用の業者に依頼することはありません。

たとえば、以下は1社だけの業者に見積もりを依頼した場合です。

A社:500万円

これでは、500万円という価格が高いのか安いのかわかりませんよね。そのため、必ず複数社に見積もりを依頼してください。

  • A社:500万円
  • B社:350万円
  • C社:300万円

この場合、A社だけの値段が高いことがわかります。A社だけの見積もりではわかりませんでしたが、複数社の見積もりを取ることで相場がわかります。

価格を比較すれば、初期費用の安い業者に依頼するだけです。

逆に、業者を比較しなければ初期費用を安くすることはできません。

同じ工事内容でも業者によって初期費用は変わってきます。必ず見積もりを比較して、初期費用が高くならないようにしましょう。

コインパーキング業者に任せると初期費用がかからない

駐車場の初期費用を抑える場合、コインパーキング業者に任せましょう。コインパーキング業者は、初期費用や維持費用を負担してくれるからです。

以下は、タイムズの公式ホームページの引用です。

コインパーキング経営サブリース

コインパーキングの運営を任せる場合、初期費用や維持費用がかかりません。初期費用を抑えたい方は、コインパーキング業者に任せるのも1つの方法です。

初期費用がかからないのであれば、任せてしまったほうが良いですよね。

管理がずさんな業者だった

駐車場の管理会社の選択を間違えると、管理がずさんな業者に依頼してしまい失敗します。

業者に運営を任せると管理を行ってくれますが、管理がずさんな業者がいるからです。その場合、ゴミなどもそのままですし、結局管理をオーナーであるあなたが行わなければいけません。

これでは、管理費用を支払う意味がありません。管理がずさんな業者の場合、管理をしてくれないため注意が必要です。

管理がずさんな場合の対処法

こういった管理がおろそかな場合を防ぐためには、有名な業者に依頼しましょう。「タイムズ」「三井」といった大きなコインパーキング業者の場合、管理体制が徹底されています。

大手の場合、信頼感がありますよね。同じ管理費用を支払うのであれば、きちんと管理をしてくれる業者に依頼しましょう。

まとめ

駐車場経営の失敗例をご紹介しました。これから駐車場経営を考えている方は、失敗しないようにしましょう。失敗例は以下の通りです。

  • 市場調査が甘かった
  • 駐車場経営の種類を間違えた
  • 一括借り上げシステムにすればよかった
  • 料金設定を間違える
  • 価格競争に巻き込まれてしまった
  • 税金対策になると思った
  • 駐車場経営は管理が手間
  • 利用しにくい場所だと利用者が少ない
  • 初期費用が高い業者に頼んでしまった
  • 管理がずさんな業者だった

これらの失敗例をもとに、駐車場経営を成功させるようにしてください。また、多くの場合は、業者に相談すると解決できるケースがほとんどです。

特に駐車場経営が初めての方は、自分自身で考えるのではなく業者に相談してしまったほうが早く解決できます。無料で相談できるため、まずは無料相談してみることをおすすめします。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら