土地活用

土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?

土地活用介護施設

土地活用する上で、介護施設や高齢者住宅を検討する方は多くいらっしゃいます。今後、高齢者が増えることが予想されるため、注目されている土地活用だからです。

需要と供給のバランスを考えずに、賃貸アパートやマンション経営による土地活用を行うと、空き室になるリスクがあります。

賃貸アパートやマンションなどは、多く建設されています。今更建設してもライバルと差別化できないのであれば、やみくもに賃貸経営を行っても損をする恐れがあるので注意してください。

そこで、同じ土地活用であれば介護施設や高齢者住宅を建設することで、多くの需要が見込めます。これから多くの需要が見込めるため、介護施設や高齢者住宅を建設すれば、利用者は多いはずですよね。

賃貸経営は、利用者がいなければ儲かりません。そのため、むやみやたら土地活用してはいけません。

土地周辺の市場を調査した上で、介護施設や高齢者住宅を経営しましょう。そうすれば、儲かる土地活用が可能です。

それでは、土地活用で介護施設や高齢者住宅を行う方のために必要な情報をご紹介します。介護施設や高齢者住宅による土地活用に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

そして、長期的に安定した収入を手に入れましょう。

目次

介護施設・高齢者住宅の土地活用の種類

介護施設・高齢者住宅の土地活用には、大きく分けて「民間施設」「公的施設」の2種類があります。

制度なども大きく変わってくるため、介護施設や高齢者住宅による土地活用を検討している方は違いを理解しておきましょう。

民間施設

民間施設は、民間で営業されている施設のことです。民間施設ということもあり、運営している会社は民間企業や医療法人による施設が多く見られます。

さまざまなサービス形態があり、その地域で行っていない施設を行えるメリットがあります。

たとえば、以下のようなものが民間施設による経営です。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム

民間施設のほうが後述する公的施設に比べて土地活用しやすいです。公的施設は国が運営するため、土地活用に審査などが必要になるからです。

介護施設・高齢者住宅による土地活用を検討している方は、これらの経営が現実的です。

公的施設

公的施設は、民間施設とは異なり、国や地方自治体、社会福祉法人などの公的機関によって運営されている介護施設・高齢者住宅のことです。

民間施設とは異なり、国の補助金によって建設することが可能です。そのため、民間施設に比べて建設費用が抑えられるメリットがあります。

さらに、入居者の経済状況に応じて補助金なども受けられるので、安定した経営が可能です。公的施設は、以下のような施設が当てはまります。

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(療養病床)
  • ケアハウス(軽費老人ホーム)
  • 養護老人ホーム

これらの公的施設は、民間施設と比べて自治体などが募集を受けているタイミングで応募しなければいけません。

あなたが公的施設による土地活用を行いたいと思っても、経営が公的である以上、あなたの都合で建設できないデメリットがあります。

ただ、募集があり建設してしまえば、ライバルが現れにくいのでその地域の需要を独占できるメリットがあります。

介護施設・高齢者住宅で重要な総量規制とは

介護施設・高齢者住宅による土地活用を考えている方に、知っておいて欲しい情報があります。それは、「総量規制」です。

総量規制とは、建物制限のことになり、介護施設の需要が大きくなりすぎることを防ぐ規制です。介護保険が使える施設が多くなりすぎると、財政難になります。

それを回避するために、自治体が介護保険を使える施設の数を制限するための制度です。

介護保険は、9割を国が負担し1割を国民が負担する制度です。介護保険の利用ができる介護施設や高齢者住宅が増えてしまうと、介護保険料が増えてしまう問題があります。

したがって、自治体が総量規制によって自由に介護保険が利用できる施設を建設できないようにしています。

介護施設・高齢者住宅の特徴

介護施設の種類 総量規制 民間建設 概要
公的施設 特別養護老人ホーム × 介護が必要な高齢者が入る低価格な代表的な公的老人ホーム
介護老人保健施設 × 自宅に戻るために機能訓練をする短期入所施設
介護療養型医療施設 × リハビリや医療ケアが充実した医療施設
ケアハウス × 身寄りがない方や低所得などの高齢者を対象にした安い施設
養護老人ホーム × 基本的には病気がなく介護を必要としない自立した65歳以上の高齢者向け施設
民間施設 介護付き有料老人ホーム × 24時間常駐するスタッフが介護サービスをする施設
住宅型有料老人ホーム × 外部の介護サービスを利用
健康型有料老人ホーム × 自立できる方を対象としたアクティビティやレクリエーションのある施設
サービス付き高齢者向け住宅 × バリアフリーで安否確認のあるサービスの住宅
グループホーム 地域密着型の認知症高齢者向け施設

介護保険が利用できる施設は限られている

介護保険が利用できる施設は、総量規制により限られています。以下の施設が介護保険制度を利用できる施設です。

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(療養病床)

これらは、介護保険三施設と呼ばれる介護保険を利用できる施設です。そのため、建設が限られています。介護保険を利用できる施設を多く建設すると介護保険料が高額になるのを防ぐため、自治体が規制しているからです。

しかしながら土地活用において、これらの施設を建設することができれば、安定して収入が得られることが予想されます。

ただ、民間では建設できないため、土地活用で建設するためにはハードルは高いです。

総量規制の公的施設で土地活用するには

総量規制となる土地活用をする場合、先ほどもお伝えしたように、自治体が募集しているタイミングで認められなければいけません。

施設計画書を提案し、建設許可を得なければいけません。そのため、すでに総量規制の建物が建設されている場合は、新たに建設することは難しいです。

その場合は、民間で建設できる土地活用方法を選ぶようにしましょう。

逆に、あなたの所有している土地周辺で総量規制の対象となる建物がない場合は、チャンスと言えます。まずは、一括資料請求サービスなどを利用して、業者の情報を集めてください。

そして、その中から業者を選び、介護施設による土地活用を提案してくれる会社に依頼しましょう。

詳しいことは専門家に相談したほうが良いので、一括資料請求サービスで担当者を見つけるようにしてください。

民間の介護施設の種類や土地活用の特徴

民間施設の特徴をご紹介します。種類や特徴をお伝えします。総量規制のことから、土地活用しやすいのが民間施設です。どのような特徴があるのかを把握しておきましょう。

民間施設の介護施設・高齢者住宅は以下の通りです。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム

このような種類があります。それぞれ特徴が異なるので、理解しておきましょう。それでは、違いをご紹介します。

介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホーム土地活用

出典:みんなの介護

介護付き有料老人ホームは、24時間スタッフが常駐する介護施設のことです。そのため、高齢者が生活しながら介護サービスを受けられます。

主に3つのタイプに分けられ、以下の3種類があります。

  • 自立型:介護の必要がない方
  • 介護専用型:介護の必要がある方
  • 混合型:介護の必要がある方とない方の両方

このような特徴があります。必要な床面積は600坪以上になります。民間施設ですが、行政の公募によって建設するため、建設してしまえば競争になりにくい土地活用方法です。

住宅型有料老人ホームの特徴

住宅型有料老人ホームは、元気な高齢者向けの施設です。必要な床面積は600坪以上になります。自立が可能な方を対象としていますが、要介護になった場合でも介護サービスを受けられます。

そのため、介護付き有料老人ホームと大きく差がないのが特徴です。

ただ、大きな違いとしては介護スタッフが常駐していません。そのため、介護サービスは訪問介護などを依頼します。

元気な高齢者から介護が必要な方を対象としています。部屋の広さや設備など、入居者のライフスタイルに合わせた造りの施設を建設しなければいけません。

健康型有料老人ホームの特徴

健康型有料老人ホームは、介護がいらない元気な高齢者向けの施設です。そのため、健康維持に必要なスポーツジムや温泉などが充実しています。必要な床面積は600坪以上になります。

また、アクティビティやレクリエーションが充実しており、外出などもできるため、元気に生活したい方が対象の施設です。

食事なども提供されるため、生活環境はとても充実しています。

ただ、介護が必要になった場合は退去しなければいけません。そして、認知症の方も入居は原則できません。あくまでも、元気な老人向けの施設です。

土地活用を行う際は、需要があるのか判断しなければいけません。実際、ほとんど健康型有料老人ホームを建設しているところはありません。

元気な方を有料の施設に入れる方は少ないからです。基本的には、介護が必要になったら入れるのが介護施設です。そのため、介護需要を狙って土地活用する場合は不向きと言えます。

土地活用する際は、土地活用業者に相談してどのような施設を建設するか判断しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付きの高齢者住宅は、高齢者向けの賃貸マンションのことです。そのほかにも、「シニアマンション」「サ高住」「サ付き」と言った呼ばれ方があります。そのため、これらはすべてサービス付き高齢者向け住宅になります。

バリアフリーや見守りサービスがあり、資格のある相談員が勤務している施設です。

土地活用する際は、自治体の登録を受けるようにしましょう。補助金が出て税金が優遇されるからです。民間の土地活用の中でも需要のある、賃貸経営になります。

比較的建設しやすい施設になるため、まずは業者にどのようなものか相談しましょう。

グループホームの特徴

グループホームは、介護が必要な病気や障害を抱えた方や認知症の高齢者を対象として共同生活をする介護施設です。

専門スタッフの援助を受けながら5~9人の方が共同で生活します。入居者には家事などの役割があるため、それぞれが自立した生活を送ることが目標です。

ただ、病気や認知症の症状が悪化し、自分自身の身の回りのことができなくなると退去される恐れのある福祉施設です。

認知症の高齢者の増加とともに、グループホームの数も増えています。あなたが土地活用する土地の周りに、グループホームがない場合はグループホームによる土地活用も1つの方法です。

介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅があったとしても、グループホームによる土地活用を行えば、ターゲットが異なるので需要があるかもしれません。

すでに介護施設がある地域でも土地活用によるチャンスがあるため、まずは土地活用のプロに相談してみましょう。

公的施設の種類や土地活用の特徴

国や自治体が運営している公的施設の特徴をご紹介します。介護施設の種類や土地活用の特徴をご紹介します。

あなたが所有している土地周辺で公的施設がない方は、公的介護施設を建設するチャンスかもしれません。高齢者が増えている現代に合った土地活用をするためにも、種類や特徴を把握しておきましょう。

先ほどもお伝えしましたが、公的施設は以下の種類があります。

  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(療養病床)
  • ケアハウス(軽費老人ホーム)
  • 養護老人ホーム

介護保険が利用できる介護保険3施設を始め、5つの介護施設があります。それでは、順番にご紹介していきましょう。

特別養護老人ホーム(特養)の特徴

特別養護老人ホーム介護施設土地活用

出典:みんなの介護

特別養護老人ホームは、「特養」とも呼ばれ、自宅での介護が難しいと判断された高齢者を介護する介護施設です。寝たきりであったり、重度の認知症であったりした場合の高齢者向け施設になります。

介護保険が利用でき、価格も月額15万円ということや生活のサポートはもちろんのこと、レクリエーションのサービスも充実しているので人気の高いサービスです。

人気のサービスということからとても需要があり、入居待ちをするほどになります。待機者がいるほどなので、特別養護老人ホームによる土地活用ができれば、需要のある施設を建設できるのではないでしょうか。

駅から遠くても需要があることが予想されるので、駅から遠い土地を所有している方でも土地活用できるメリットがあります。

公的機関が運営してくれるので、リスクが少なく長期的に安定した不動産収入が手に入ります。

土地活用する上で、空き室や赤字になるリスクは非常に怖いです。その反面、国や自治体が運営してくれるため、安心して土地活用ができますよね。

土地活用を検討している方は、まずは資料請求を行い相談してみるようにしてください。

介護老人保健施設(老健)の特徴

介護老人保健施設土地活用

出典:みんなの介護

介護老人保健施設は、「老健」とも呼ばれます。病院と住宅の中間部分の役割を担う施設です。こちらも介護保険が利用できる介護施設です。

入居者は、介護や看護サービス以外に医師のサポートを受けられるので、人気の介護施設になります。

入居者の自宅復帰を目的としているため、短期的な受け入れが前提です。そのため、3カ月程度で継続するかの審査があります。

そして、施設数も多く、特別介護老人ホームの次に多い施設数になります。

介護施設数

出典:みんなの介護

介護保険が利用できる点や、施設の需要があることが見込めます。公的の介護施設で土地活用したい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

介護老人保健施設による土地活用ができれば、長期的に安定した収入が得られます。空き室なども気にしなくてよいので、安心して土地活用できます。

介護療養型医療施設(療養病床)の特徴

介護療養型医療施設は、「療養病床」とも呼ばれます。医療法人による経営がほとんどになり、介護保険が利用できる施設です。また、医療ケアが充実しており、リハビリや手厚いケアを受けられる特徴があります。

要介護の中でも介護度の高い高齢者向けの介護施設です。

ただ、厚生労働省の決定で2020年までに介護療養型医療施設を廃止することが決定しています。そのため、土地活用には向かない施設です。

介護施設による土地活用を検討している方は、別の施設を検討するようにしましょう。

ケアハウス(軽費老人ホーム)の特徴

ケアハウスは、「軽費老人ホーム」と呼ばれます。身寄りがない方、家族との同居が難しい低所得の高齢者のための施設です。

食事や介護サービスによってタイプが分かれており、以下の3種類に分けれます。

  • A型:軽費老人ホーム(食事あり)
  • B型:食事なしで自炊
  • C型:介護サービスあり

食事がある場合は、A型になり、食事なしで自炊の場合は、B型です。そして、介護サービスを必要とする場合は、C型になります。C型の場合、介護サービスを受けながら生活できます。

ただ、重い症状になった場合などは、退去しなければいけない施設です。料金が安く設定されていますので、入居待ちのところも多く需要の見込める介護施設です。

公的施設になるので、これから土地活用を考えている方はケアハウスによる土地活用を行ってみてはいかがでしょうか。

養護老人ホームの特徴

養護老人ホームは、介護を必要としない自立している65歳以上の高齢者が対象です。入居者の条件は、低所得などの原因で自立した生活ができない方が主な対象者になります。

また、養護老人ホームは生活保険を利用できる施設ではありません。

寝たきりであったり、認知症の症状があったりする方は、入居することができないデメリットがあります。

公的施設であるため、土地活用できれば安定した収入が見込めます。やみくもに賃貸経営するよりもこういった社会貢献性の高いビジネスを行うほうが、土地を有効活用できるのではないでしょうか。

介護施設・高齢者住宅の土地活用のメリット

これから土地活用を検討している方に、介護施設や・高齢者住宅がどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

同じ土地活用であったとしても、ほかの賃貸アパートや駐車場経営とは大きく異なります。そのため、どのようなメリットがあるのかあまり理解していない方は、これからお伝えするメリットを参考にしてみてください。

  • 社会貢献性の高いビジネス
  • 大きな土地を利用できる
  • 総重量規制により安定収入が得られやすい
  • 今後も需要が伸びることが予想される
  • 駅から遠くても建設が可能
  • 節税効果が期待できる
  • 補助金制度など利用できる

介護施設・高齢者住宅には、ほかの土地活用にはない多くのメリットがあります。せっかく土地活用するのであれば、多くのメリットがあるほうがいいですよね。

それでは、介護施設、高齢者住宅のメリットについてご紹介していきます。

社会貢献性の高いビジネス

介護施設や高齢者住宅による土地活用は、社会貢献度の高いビジネスです。一般的な賃貸住宅や駐車場経営に比べて、世の中の役に立っているのではないでしょうか。

これから高齢化社会になる日本で、介護施設や高齢者住宅は必要とされてきます。

介護施設や高齢者住宅に空きがないことで困っている方は大勢います。賃貸アパートやマンションは空きがあり、あなたが行わなくても誰でもできるのではないでしょうか。

しかし、介護施設や高齢者住宅による土地活用は、限られた人にしかできません。そう考えたとき、介護施設や高齢者住宅で土地活用できれば、世の中のためになりますよね。

社会貢献性の高い土地活用をしたい方は、介護施設や高齢者住宅による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

大きな土地を利用できる

介護施設や高齢者住宅は、500坪以上の面積を必要します。そのため、大きな土地を持っている方は、一度に有効活用できます。

大きな土地を持っている方は、固定資産税なども高いので、一度に活用できると助かるのではないでしょうか。

賃貸アパートなどでは、広い土地をすべて土地活用するのは難しいです。せっかく土地活用するのであれば、すべての土地を有効活用したほうがいいですよね。

大きな面積を必要とする介護施設であれば、大きな土地を一度に有効活用できます。

安定収入が得られやすい

介護施設や高齢者住宅は、安定した収入が得られやすいです。国や自治体が運営するケースがあるからです。

また、一般的な賃貸物件に比べても需要が見込めるため、空き室などの心配をしなくてすみます。今後高齢者が増えるので、時代に合った土地活用ができるのではないでしょうか。

土地活用する上で、安定した収入が見込めるのは大きなメリットです。賃貸経営をしている方で空き室が多く、赤字になる方もいらっしゃるからです。

そう考えると安定した収入が見込め、空き室などのリスクが少ない土地活用ができる点は介護施設や高齢者住宅の大きな魅力と言えます。

今後も需要が伸びることが予想される

土地活用高齢者

出典:レオパレス21

これから高齢者の数が増えることが予想されています。2035年には人口の3人に1人が65歳以上になります。そこで、介護施設や高齢者住宅の施設数が必要です。

介護施設や高齢者住宅の土地活用における需要必要性

出典:レオパレス21

これから介護施設や高齢者住宅は需要が伸びることが予想されているので、これから土地活用するのであれば、時代に合わせた土地活用をしなければいけません。

賃貸アパートやマンションはライバルが多く、むやみに建設しても空室のリスクがあります。そうであれば、利用者が見込める介護施設や高齢者住宅を建設したほうが、賢い土地活用ではないでしょうか。

需要と供給のバランスを考えて土地活用しましょう。そして、空き室などを気にせずに安定した収入を手に入れてください。

駅から遠くても建設が可能

賃貸アパートやマンション、駐車場経営とは違い、駅から遠くても介護施設や高齢者住宅であれば、問題なく土地活用が可能です。

駅から遠い場合土地活用方法に悩まれる方は多くいらっしゃいます。しかし、その場合でも介護施設や高齢者住宅であれば、駅に近くなくても問題ありません。

賃貸アパートやマンションであれば、駅の近さは重要です。

ただ、介護施設や高齢者住宅の場合はそうではありません。駅から遠いのであれば、介護施設や高齢者住宅による土地活用を検討しましょう。

土地の立地条件が悪い場合は、土地活用方法を臨機応変に変えるようにしましょう。それが土地活用で成功するためのコツです。

節税効果が期待できる

更地の場合、固定資産税や相続税が高いです。介護施設や高齢者住宅を建設すると固定資産税や相続税が安くなるため、節税効果が期待できます。

更地の場合に比べて建物を建設すると、固定資産税は6分の1になります。そして、相続税は評価額が3割低くなるなど、節税において大きなメリットがあるのです。

土地活用すると税金対策になるため、更地を所有して土地の有効活用方法に悩んでいる方は、介護施設や高齢者住宅を建設してみてはいかがでしょうか。

税金が安くなる上に、不動産収入も見込め地域・社会貢献ができため、非常に貢献度の高い素晴らしいビジネスではないでしょうか。あなたの土地を世の中のために、役立てましょう。そして、税金対策をしてください。

補助金制度など利用できる

介護施設や高齢者住宅は、補助金を利用できます。建設費の何割かを補助金によって賄えるので、建設費を抑えることができます。

一般的な賃貸経営では、補助金制度などありません。そのため、建設費をすべて負担しなければいけません。

そう考えると初期費用を抑えられる介護施設や高齢者住宅は、土地活用する上で非常にメリットのある土地の有効活用方法ではないでしょうか。

補助金などの社会制度を有効活用して、土地活用するように工夫してみてください。

介護施設・高齢者住宅による土地活用のデメリット

介護施設や高齢者住宅の土地活用のメリットについてご紹介しました。ほかの土地活用に比べて多くのメリットがあったのではないでしょうか。土地活用する際は参考にしてみてください。

ただ、メリットもある一方で、デメリットもいくつかあります。

  • 大きい土地が必要
  • 初期投資額が大きくなる恐れがある
  • 土地の転用性が低い
  • 運営事業者を見つけるのが大変

これらのデメリットがあります。介護施設や高齢者住宅による土地活用を考えているのであれば、デメリットをよく理解しておくようにしてください。

それでは、どのようなものかご紹介しましょう。

大きい土地が必要

介護施設や高齢者住宅は、大きな土地が必要です。600坪以上でなければ建設できないものもあるので、大きな敷地が必要です。

そのため、100坪ほどの土地では、介護施設や高齢者住宅を建設することは難しい可能性があります。

ただ、建設する建物や介護施設や高齢者住宅の種類によっては、建設できる可能性があります。自分自身で判断するのではなく、土地活用の専門家に相談しましょう。

初期投資額が大きくなる恐れがある

介護施設や高齢者住宅は、補助金が利用できますが、それでも建設費は高いです。そのため、建設費は高額になる恐れがあります。

億単位の借金を背負う恐れがあるので、あらかじめ想定しておきましょう。

とはいえ、安定した収入が入ることが予想されます。そのため、そこまで借金の大きさを気にする必要はありません。

問題なのは、ローンの審査です。借り入れができない場合、施設そのものを建設できないからです。金額が大きくなることで、借り入れできないなどのデメリットがあります。

土地活用する方は、事前に資金を用意するなどをして、初期費用を準備するようにしてください。

土地の転用性が低い

介護施設や高齢者住宅は、土地の転用性が低いです。一度介護施設や高齢者住宅による土地活用を行うと、その後ほかの土地活用に変更することができないからです。

転用性とは、ほかの土地活用に変更することになります。

たとえば、駐車場経営から賃貸経営に土地活用を変更することができます。駐車場経営で利益が出なければ、賃貸経営に変更することで、土地の有効活用が可能です。

介護施設や高齢者住宅をした後に、「賃貸アパートやマンション」にすることは現実的ではありません。そのため、土地活用する際は、数十年先のことも考えて行うようにしましょう。

運営事業者を見つけるのが大変

介護施設や高齢者住宅は、運営事業者を見つけるのが大変です。介護施設や高齢者住宅は、運営が特殊であり、自分自身で経営を行うことは不可能だからです。

介護サービスを行うのであれば、そのスタッフが必要になります。そういった部分の運営を見つけるのが難しいため、土地活用する際は注意してください。

ただ、土地活用業者であればそういった事業者を知っていたり、登録している業者が介護施設による土地活用を行っていたりします。

そういった面から、一括資料請求サービスはとても有効的な業者選びです。完全無料なので利用しない手はありませんよね。

土地活用で介護施設・高齢者住宅が適している方の特徴

土地活用において、介護施設や高齢者住宅が向いている方をご紹介します。介護施設や高齢者住宅による土地活用を検討しているが、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

  • 介護施設や高齢者住宅でいいのか
  • 賃貸経営にするか迷っている
  • 駐車場経営のほうが良いのか

このように、さまざまな悩みを抱えている方は多く見られます。

そこで以下では、介護施設や高齢者住宅による土地活用が向いている方の特徴をご紹介します。

これからお伝えする内容に当てはまる方は、介護施設や高齢者住宅による土地活用を前向きに考えてみてください。きっと、あなたとあなたの所有する土地と相性の良い土地活用のはずです。

大きい土地を所有している人

介護施設や高齢者住宅は、500坪以上の大きな敷地が必要です。そのため、小さな土地では建設することは難しいです。

逆を言えば、大きな土地を持っている人しか土地活用できません。もし、あなたが大きな土地を持っているのであれば、ほかの方にはできない土地活用になります。

賃貸住宅が多い中、賃貸アパートやマンションを建設してもライバルが多いだけです。

空き室のリスクなどを考えると、介護施設や高齢者住宅を建設したほうが空き室の心配なく安定した収入の入る土地活用が可能です。

大きな敷地を持っている方にしかできない土地活用になるため、大きな土地を持っている方は、ぜひ介護施設や高齢者住宅を建設し、社会的地位の高い土地活用を行ってみてはいかがでしょうか。

安定収入が欲しい人

安定して収入が欲しい方は、介護施設や高齢者住宅による土地活用がおすすめです。先ほどもお伝えしたように、介護施設や高齢者住宅であればライバルが少ないため、市場を独占できるからです。

土地活用は、利用者がいなければ意味がありません。空き室が多ければ、その分収入は少なくなります。

実際、賃貸アパートやマンションは、多くの物件がありどこも空き室ばかりです。そのため、わざわざ空き室のリスクのある賃貸経営を行う必要はありません。

土地活用によって安定して収入が欲しい方こそ、需要の見込める介護施設や高齢者住宅による活用方法を検討してみてください。

社会貢献の高いビジネスをしたい人

地域・社会貢献の高い土地活用をしたい方は、介護施設や高齢者住宅がおすすめです。賃貸経営や駐車場経営に比べて、誰かのためになる土地活用だからです。

これらの土地活用は、限られた人しかできません。広い土地を持っているなどの条件があるからです。

これから高齢者は増え、そういった施設の需要は増えます。賃貸経営は誰でもできるため、あなたにはあなたにしかできない土地活用を行いましょう。

社会的地位の高く、安定した土地活用が見込めるのであれば、社会貢献のできる土地活用を考えてみてください。

賃貸経営以外のビジネスをしたい人

賃貸経営以外の土地活用をしたい方は、介護施設や高齢者住宅がおすすめです。賃貸経営とは異なり、社会的地位が高く安定した収入が見込めるからです。

需要が見込めたり、一括借り上げシステムがあったりするため、安定した収入も期待できます。

一括借り上げシステムとは、業者が部屋を一括で借り上げてくれるシステム。そのため、入居者に関係なく毎月一定額の賃料が大家に支払われます。

賃貸経営は、多くの方が行っているのでライバルが多いですよね。

賃貸経営以外の土地活用を検討している方は、安定した収入が見込める介護施設や高齢者住宅による土地活用を行いましょう。

駅から遠いが大きい土地を持っている方

駅から遠い土地は、賃貸経営や駐車場経営には不向きです。地方のように車を使う地域であればいいですが、都市部の場合は、駅から10分圏内と15分圏内では、たった5分違うだけで入居率が大きく異なります。

駅から遠い土地を持っているけれども、土地活用に困っている方は、介護施設や高齢者住宅がおすすめです。

賃貸経営よりも安定した収入が見込めます。また、社会的地位も高いです。駅から遠い土地を持っている方は、介護施設や高齢者住宅を検討してみましょう。

長く安定して稼ぎたい方

介護施設や高齢者住宅は、これから需要が見込めるため、長く安定した収入が見込めます。

これから少子高齢化は進み、介護施設の数も足りなくなります。需要が伸びることが予想されるため、介護施設・高齢者住宅による土地活用を行えば長く安定して稼げるのではないでしょうか。

賃貸経営の場合、古くなると新しいアパートやマンションには勝てません。同じ家賃であれば、新築のアパートやマンションに住みたいと思うからです。

しかし、介護施設は古くなってもそこまで影響はありません。新築かどうかをそこまで重要視しないからです。

長く安定して土地活用による家賃収入が欲しいのであれば、介護施設・高齢者住宅による土地活用を行うようにしてください。

介護施設・高齢者住宅の賃貸経営で失敗しない注意点

介護施設や高齢者住宅を行う方に、失敗しない注意点をご紹介します。土地活用は、失敗する恐れがあります。

安定した収益が見込める土地活用であったとしても、事前に注意点を把握しておくようにしてください。

市場を調査して需要と供給のバランスを考える

介護施設や高齢者住宅による土地活用を行う際は、土地の周りの市場を調査しましょう。

都市部などによっては、介護施設や高齢者住宅であったとしてもライバルが多く、十分な集客が見込めない恐れがあるからです。その場合は、利用率が少なく思っているよりも収入が少なくなってしまいます。

最悪の場合、経営難になることも考えられます。

「介護施設や高齢者住宅が儲かる」という理由だけで、やみくもに土地活用するのは控えるようにしましょう。

そのため、まずは市場調査を行うようにしてください。市場調査に関しては、土地活用業者に相談するのが早いです。

多くの実績のある土地活用業者であれば、過去の経験や調査方法によってあなたの土地が介護施設に適しているかどうかを判断してくれます。

素人目線で判断するのではなく、必ずプロに相談して判断してもらいましょう。そうすれば、土地活用プランで失敗することはなくなります。

投資額が大きくリスクがあることを理解する

以上でもお伝えしましたが、投資額が大きくリスクがあることを承知しておきましょう。

いくら安定した収入が見込める介護施設による土地活用であったとしても、必ず倒産しないわけではありません。

借金をするということは、必ずリスクがあることを覚えておいてください。

一括借り上げのある業者も視野に入れる

介護施設や高齢者住宅においても、一括借り上げシステムを行っている管理会社や土地活用会社はいらっしゃいます。

一括借り上げシステムは、毎月一定額の賃料が支払われるので安定した収入が見込めます。

一括借り上げのある事業者に依頼すれば、空き室などを気にせずに土地活用が可能です。また、建物の管理なども行ってくれるため、大家としては介護施設や高齢者住宅の運営を任せられるので、楽に土地活用ができます。

毎月支払われる通帳を確認するだけです。これであれば、誰でも安定した土地活用ができますよね。

一括借り上げシステムを行っている業者に依頼して、運営を任せてしまいましょう。

ただし、一括借り上げシステムの業者は限られています。すべての業者が行っているわけではないからです。そのため、まずは資料請求を行い一括借り上げシステムを行っている業者の情報を集めましょう。

資料請求するのであれば、一括資料請求サービスがおすすめです。

1度の入力で複数社に資料請求ができるので、楽に土地活用業者の情報を集められます。無料なので、ぜひ活用してみてください。

介護施設・高齢者住宅による土地活用の成功のポイント

介護施設や高齢者住宅で土地活用する際に、成功するためのポイントをお伝えします。

一般的な土地活用とは異なり、業者選びが難しいです。そのため、介護施設や高齢者住宅による土地活用で成功するには、これからお伝えするポイントをご紹介します。

まずは一括資料請求サービスを利用する

介護施設・高齢者住宅は、業者選びがとても重要です。そのため、まずは一括資料請求サービスを活用しましょう。

介護施設・高齢者住宅が得意の業者を簡単に選ぶことができます。土地活用会社は数多くいるため、どこの業者が介護施設・高齢者住宅に得意なのかがわかりません。

したがって、一括資料請求を行えばどこの業者が介護施設・高齢者住宅を得意としているのかが簡単にわかります。

また、業者が異なると初期費用の値段は大きく異なります。同じ物件でも5,000万円以上の差があることは珍しくありません。

さらに、護施設・高齢者住宅は、医療スタッフや介護スタッフが必要になるため、それら専門の業者を探さなければいけません。

一般的な賃貸経営などの土地活用に比べて、初期費用や専門業者などの点から業者選びは慎重に行う必要があります。せっかく介護施設・高齢者住宅で土地活用するのであれば、いい業者で土地活用したいものです。

1社ずつお問い合わせするのでは手間がかかってしまうため、まずは一括資料請求サービスを利用するようにしましょう。

土地活用の資料請求については、「【土地活用の資料請求】不動産会社おすすめ人気ランキング」の記事で詳しくお伝えしています。

業者を比較した上で決定する

業者を選ぶ際は、必ず複数社比較した上で決定するようにしてください。以上でもお伝えしたように、業者選びがとても重要だからです。

そのため、できるだけ多くの業者を比較しましょう。1社だけよりも3社比較したほうが条件の良い業者を選べますよね。

1社だけでは優良業者を見つけ出すことは不可能です。必ず複数社を比較した上で業者を選ぶようにしてください。

それが、介護施設・高齢者住宅による土地活用で失敗しないためのコツです。

最も儲かりそうな業者で土地活用する

土地活用する以上、儲かる業者を選ぶ必要があります。できれば、安定して儲かりたいと思うのが本音です。

そのため、業者を比較して儲かる業者を選ぶようにしてください。このとき、1社だけでは条件の良い業者を選ぶことはできません。

たとえば、以下は1社だけを比較した場合です。

  • A社:年間収入1,000万円

1社だけでは、この1,000万円が高いのか安いのか判断できませんよね。業者選びで失敗してしまう方は、ここで業者を決定してしまいます。

しかし、業者によって儲かるかどうかが決まるので、必ず以下のように業者を比較するようにしてください。

  • A社:年間収入1,000万円
  • B社:年間収入1,400万円
  • C社:年間収入1,800万円

このように、ほかの業者のほうが土地活用の収益プランが良い恐れがあります。そのため、必ず1社だけではなく、複数社を比較した上で最も条件の良い業者を選ぶようにしてください。

1社だけではA社を選んでしまった恐れがあるので、損をしてしまうのではないでしょうか。

業者選びは比較すれば、その中から最も条件の良い業者を選べばいいだけなのでとても簡単です。

一括資料請求サービスなどを利用し、そのままプランを提供してもらえば簡単に業者を比較できます。比較してしまえば、あとは選ぶだけなので誰でも簡単に最も条件のよい業者を選べますよね。

複数社にプランを出してもらい、その中から最も条件の良い業者を選びましょう。

まとめ

介護施設・高齢者住宅は、社会貢献度の高い土地活用です。これから高齢者の割合が増えていくことが予想されます。このような需要のある物件で土地活用を行うと、空き室などの心配をせずに安定的な収入を手に入れられます。

つまり、一般的な土地活用に比べてリスクのない土地の有効活用方法ではないでしょうか。

ただ、初期費用が高くなりやすいことや専門スタッフが必要になるため、業者選びがとても難しいです。介護施設・高齢者住宅による土地活用で失敗しないためのポイントになります。

必ず一括資料請求サービスなどを利用して、業者の情報を集めてください。そして、見積もりや収益プランを比較した上で初期費用が安く、儲かる会社を選びましょう。

介護施設・高齢者住宅による土地活用を行い、社会的地位の高くリスクの少ない安定した土地活用を行ってください。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら