アパート経営の始め方

アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスク

アパート経営メリットデメリット

アパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。

はたして、それほどの費用を借金しても本当にメリットがあるのか悩みどころではないでしょうか。アパート経営をしてもメリットがなければ意味がありません。

また、デメリットも気になります。

そこで本記事では、アパート経営のメリット・デメリットをご紹介します。どのようなメリットがあるのかを理解した上で、土地活用するようにしましょう。

アパート経営のメリットや魅力

アパート経営には、どのようなメリットがあるのでしょうか。アパート経営には、以下のメリットがあります。

  • 誰でもできるので初心者向き
  • 他の土地活用よりも利益率が良い
  • 生命保険の代わりになる
  • 無借地の土地が手に入る
  • 年金が貰えないリスク対策
  • 安定した収入がある
  • 税金対策ができる

このようなメリットがあるため、これらのメリットが魅力的な方はアパート経営を行ってみてはいかがでしょうか。

それでは、順番にご紹介していきます。

誰でもできるので初心者向き

アパート経営は、土地活用の中でも簡単です。利益率が良い点や管理を全て任せることができるため、初心者の方でも利益を出すことができるからです。

また、多くのアパート会社が一括借り上げシステムを行っています。これは、管理会社がアパート全室を借り上げて、毎月一定額の家賃を大家であるあなたに支払うというものです。

アパート経営サブリース

これにより、空き室に関係なく毎月安定した家賃収入が支払われます。また、入居者の管理や家賃の回収と言ったアパート経営業務も全て行ってくれるので、全くの初心者の方でも土地活用ができます。

「アパート経営」と聞くと難しそうなイメージがありますよね。

しかし、実際はそうではありません。土地活用を始めて行う方でアパート経営をする方は多いため、初心者の方でも簡単にできるのがアパート経営のメリットです。

他の土地活用よりも利益率が良い

アパート経営は、ほかの土地活用よりも利益率が良いです。駐車場経営や太陽光発電に比べて利益が大きいからです。

たとえば、駐車場経営の場合、1カ月1台あたり3万円が目安になります。

つまり、10台停めるスペースのある駐車場経営を行ったとしても、1カ月30万円の家賃収入になります。

一方、アパート経営の場合は車10台を駐車できる敷地があれば、6世帯のアパートを建設可能です。1世帯あたり8万円の家賃設定にすれば、1カ月48万円の家賃収入になります。

アパート経営は、土地活用の中でも利益が大きく、マンション経営とは異なり手軽に土地活用できるメリットがあります。

生命保険の代わりになる

アパートのローンを組む際、「団体信用生命保険」に加入します。これは、ローン契約者が死亡してしまったり、高度の障害になってしまったりした場合にローンを保険会社が支払うというものです。

つまり、あなたがアパートを建てて万が一亡くなってしまった場合は、ローンの残債がなくなります。

家族には、ローンの残債のないアパートを残すことができるので、アパートを建てると生命保険の代わりになります。万が一のことを考えると、生命保険の代わりになるアパートは魅力的ではないでしょうか。

自分のことはもちろんですが、家族のことを考えてアパート経営するのも1つの選択肢です。

無借地の土地が手に入る

アパート経営を行うと実質無料で土地を手に入れることができます。ローンで土地とアパートを購入したとしても、家賃収入でそれを支払うからです。

アパートは古くなると壊す必要がありますが、土地は購入してしまえばずっとあなたのものです。そのため、最終的には実質負担0円で土地が手に入ります。

土地があなたのものになれば、相続してもいいですし、そこに家を建ててもいいです。あなたの好きなように利用できます。

考え方次第で、アパート経営はとても大きなメリットがあります。こういった考え方でアパート経営するのもおすすめです。

年金が貰えないリスク対策

現代では年金が貰えるかわかりません。万が一貰えなかったことを考えると困りますよね。そのため、アパート経営を行い老後のために収益を発生させましょう。

仮に、家賃収入で毎月50万円の収入があれば、年金が貰えなくても問題ありません。

家賃収入はこのようなメリットがあるので、将来の年金対策や老後の資金について不安のある方は賃貸経営を行ってみてはいかがでしょうか。

安定した収入がある

アパート経営は、安定した家賃収入が魅力です。賃貸経営の場合、入居者が住み続けてくれれば収入が発生するからです。

来月、入居者のほとんどがすべて居なくなることはありません。そのため、急に収益が0円になるリスクは少ないです。

また、アパートを建てる場所が駅に近いなどの好立地の場合は、人気の物件になる可能性があります。入居者が退去してもすぐに新しい入居者が現れるので、収入が安定します。

アパート経営は、収入が安定するビジネスです。毎月一定額が必ず支払われるのは魅力的ですよね。安定した不動産収入が欲しい方は、アパート経営を行いましょう。

税金対策ができる

アパートを建設すると税金対策ができます。固定資産税が安くなったり相続税対策が出来たりするからです。

更地を持っている方は、税金が高いですよね。何も生み出さない土地を持っているのであれば、アパートを建てましょう。

家賃収入を手に入れた上に税金対策ができれば理想的ですよね。

固定資産税の場合は、更地よりもアパートを建てると6分の1になります。また、更地を相続する場合は、アパートを建てると評価額が3割少なくなります。

土地を持っている方は、アパート経営をして積極的に土地活用しましょう。そして、税金対策をしてください。

アパート経営のデメリットやリスク

アパート経営には、メリットもあればデメリットもあります。悪い点を考慮した上でアパート経営を行うようにしてください。

  • 空室になるリスク
  • 破産してしまうリスク
  • 老朽化のリスク
  • 金利が上昇する
  • 資産価値が下がる恐れがある
  • 災害による被害

後で後悔しないために、しっかりデメリットを把握しておきましょう。

空室になるリスク

空き室になるリスクがあります。空き室が増えるとその分収入が少なくなってしまいます。

入ってくる家賃収入よりも、アパートのローンのほうが高くなる恐れがあるので、注意してください。

空き室の対策

空き室の対策としては、駅に近い人気物件になりそうな場所でアパート経営することです。都市部で駅から5分の場所であれば、人気物件になるはずです。

また、一括借り上げシステム(サブリース)を利用するのもおすすめです。先ほどおお伝えしましたが、アパート全室をアパート会社が借り上げてくれるので、空き室を気にすることなくアパート経営ができます。

ただ、全てのアパート会社が一括借り上げシステムを行っているわけではないので、一括借り上げシステムによる賃貸経営ができる会社でアパートを建てましょう。

破産してしまうリスク

入居者が入れば儲かるアパート経営ですが、破産するリスクもあるので注意しましょう。アパート経営は、数千万円を超える借り入れをします。土地とアパートを両方購入する場合は、1憶円を超える恐れがあります。

これほどの借金をするため、入居者がいないとローンの返済ができずに破産してしまうのではないでしょうか。

破産しないためには

破産しないためには、頭金を用意したり安く土地を購入したりするなど、借入金額を少なくするようにしてください。

また、アパートの建設費はアパート会社によって数千万円単位異なるケースがあります。安くアパートを建てれば、その分リスクは少なくなります。

破産しないためには、リスクを減らすように工夫しましょう。

老朽化のリスク

アパートは古くなります。古くなると人気がなくなるので、老朽化のリスクがあります。同じ場所で同じ家賃なら古いアパートよりも新築アパートのほうがいいですよね。

古いアパートの価値

また、アパートが古くなると外壁塗装などの修繕費用が必要です。一般的に10年に1度の頻度で塗り替えを行います。このとき、100万円以上の修繕費用が必要になります。

アパート経営は、古くなると空き室や修繕費用がかかるリスクがあるので覚えておきましょう。

金利が上昇する

アパートをローンで購入すると、金利が上昇するリスクがあるため注意が必要です。アパートは数千万円単位のローンを30年以上で購入します。

ただ、30年以上のローンになるため、今後アパートローンの金利が上昇することも考えられます。金利が高くなると、ローンの返済額が増える恐れがあるので、アパート経営にはこういったデメリットがあるので覚えておきましょう。

資産価値が下がる恐れがある

将来的にアパートの資産価値が低下する恐れがあります。地価が下がったり、地域の環境が変わったりするからです。

アパート経営は、リスクマネジメントの一つとして売却があります。売却することでローンを返済できるので、リスクを回避できます。

ただ、今は良くても将来土地の価格やアパートの資産価値が下がる場合、売却しても借金だけが残ってしまう恐れがあります。将来的に資産価値が下がる可能性があるので、覚えておきましょう。

災害による被害

あまりないですが、災害の被害によるリスクも考慮しましょう。台風や津波などでアパート経営が困難になる恐れがあるからです。

ただ、保険があるのでそれを利用するようにしましょう。保険に入っていれば、万が一の場合でも安心です。

しかし、保険にも種類があります。保険に加入する際は、必ず一番良いプランを選ぶようにしてください。安い保険プランで失敗している大家は多くいるからです。

災害でアパート経営が困難になり、借金が残るのは嫌ですよね。

まとめ

アパート経営のメリットデメリットについてご紹介してきました。これからアパート経営を検討している方は、参考にしてみてください。

それでは今一度メリットデメリットをご紹介します。

アパート経営のメリット

  • 誰でもできるので初心者向き
  • 他の土地活用よりも利益率が良い
  • 生命保険の代わりになる
  • 無借地の土地が手に入る
  • 年金が貰えないリスク
  • 安定した収入がある
  • 税金対策ができる

アパート経営のデメリット

  • 空室になるリスク
  • 破産してしまうリスク
  • 老朽化のリスク
  • 金利が上昇する
  • 資産価値が下がる恐れがある
  • 災害による被害

アパート経営には、これらのメリットでメリットがあります。これから賃貸経営を考えている方は、参考にしてみてください。

そして、よくメリットやデメリットを考慮した上でアパート経営を成功させましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら