太陽光発電

太陽光発電投資は儲かるのか?収支や利回りはどのくらい?

太陽光発電投資利回り

太陽光発電投資は、どのくらい儲かるのでしょうか。これから太陽光発電投資を検討している方は、利回りがいくつぐらいなのか気になるものです。

太陽光発電投資を検討している方は、儲けたいのが本音です。

太陽光発電投資は、利回りが高く注目されています。利回り10%以上も可能です。賃貸経営などに比べると、高い利回りになるため魅力的ですよね。

そこで本記事では、「太陽光発電投資の利回りはどのくらいになるのか」「本当に儲かるのか」などについてご紹介します。

これから太陽光発電投資を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

太陽光発電投資は儲かるのか

太陽光発電投資を検討している方は、儲かるのか気になるものですよね。この項では、太陽光発電投資が儲かる理由をご紹介します。

太陽光発電は利回り10%以上が可能

太陽光発電投資は、利回りが10%を超えるため、リスクの少ない儲かる不動産投資です。

利回りとは

初期投資における売電収入の割合のこと。高ければ高いほど儲かる。

利回りが10%の場合、初期費用を10年で回収できます。賃貸経営の場合、5~7%ほどなので、太陽光発電投資は、高い利回りだということがわかります。

システム価格はどんどん安くなっている

太陽光発電投資利益

太陽光発電投資の利回りが10%以上になる理由としては、システム価格(太陽光発電装置を設置する費用のこと)が下がっていることが理由です。

売電収入も少なくなっていますが、それ以上に技術が進化しているため、コストが安くなっています。そのため、利回りは年々良くなっています。

利回りが10%を超える不動産投資は非常に儲かります。太陽光発電投資を検討している方は、ぜひ高利回りの太陽光発電投資を行ってみましょう。

太陽光発電投資は賃貸経営のように空き室がない

太陽光発電投資は、太陽の光があれば売電収入を生み出してくれます。そのため、賃貸経営のように空き室の心配がありません。

つまり、賃貸経営でいうところの満室状態です。

このことから、「空き室のないマンション」と言われています。賃貸経営の場合、満室であればいいですが、空き室が増えればその分家賃収入は少なくなります。

都市部であれば人口が多いため、空き室のリスクは少ないですが、地方で土地活用する場合、空き室のリスクがあります。空き室のリスクを考慮すると、地方の場合は太陽光発電投資のほうがリスクの少ない土地活用ができるのではないでしょうか。

1憶円の費用で賃貸経営するのであれば、賃貸経営よりも太陽光発電投資を行ったほうがいいですよね。

土地活用をする場合は、利回りやリスクなどのバランスを考えて上で賃貸経営を行うのか、それとも太陽光発電投資をするのか決定しましょう。

初期費用や収支・利回りの事例

太陽光発電投資の初期費用や利回りが、どのくらいになるのか気になる方は多く見られます。この項では、実際の太陽光発電投資の初期費用や収支、利回りなどをご紹介します。

太陽光発電投資が儲かるのか気になる方は、ここでご紹介する事例を参考にしてください。

設置費用が1,400万円収支:利回り11%の事例

太陽光発電野立て

初期費用1,400万円の太陽光発電投資の事例です。利回りは以下の通りです。

11%(利回り) = 154万円(年間の収入)÷ 1,400万円(初期投資)

利回りが11%ということは、投資した1,400万円を9年で回収できます。そのため、それ以降はほぼ利益です。非常に高利回りになるので、リスクの少ない不動産投資です。

初期費用8,150万円の収支:利回り14%の事例

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

初期費用が、8,150万円の太陽光発電投資の事例です。高額ですが、土地面積も4840㎡になるため、非常に大きな敷地に太陽光発電投資を行った事例になります。

4840㎡は、坪数に表すと1464坪になります。そのため、坪単価は55,668円です。非常に安く太陽光発電投資を設置できています。

そして、利回りは以下の通りです。

14%(利回り) = 1,160万円(年間の収入)÷ 8,150万円(初期投資)

利回りは14%になります。そのため、7年で初期投資を回収できます。初期費用が高額ですが、利回りが高く初期投資をたった7年で回収できるため、非常に儲かる不動産投資ではないでしょうか。

このように高利回りが期待できる場合は、投資費用が高くても積極的に太陽光発電投資を行いましょう。リスクが少なく儲かるからです。

設置費用が3,400万円の収入:利回り12.7%の事例

太陽光発電土地活用売電収入シミュレーション

太陽光発電の設置費用が3,400万円の事例です。土地面積は、1890㎡です。坪数は、571坪になり、坪単価は59,544円になります。

そして、利回りは以下の通りです。

12.7%(利回り) = 440万円(年間の収入)÷ 3,400万円(初期投資)

利回りが12.7%になります。そのため、初期費用を8年で回収できます。非常に高利回りになるため、リスクの少ない太陽光発電投資です。

このようなリスクの少ない太陽光発電投資は、積極的に行うようにしましょう。すぐに回収できるため、資金繰りが良くなります。

太陽光発電投資に重要な表面利回りと実質利回りとは

太陽光発電投資の利回りを参考にする上で、「表面利回り」「実質利回り」の2種類があります。

この2つの利回りの違いを理解していない方は、違いを把握しておくようにしましょう。

表面利回りとは

アパート経営表面利回り

表面利回りとは、単純計算の利回りの求め方です。年間の収入から購入金額を割って算出できます。

年間の売電収入が100万円で、初期投資が1,000万円であれば利回りは10%です。そのため、10年で初期費用を回収できます。

ただ、表面利回りは単純計算になるため、あくまでも目安です。実際は、ここからメンテナンス費用であったりローンの利子があったりするからです。そのため、実際の利回りはもう少し少なくなります。

実質利回りとは

アパート経営実質利回り

実質利回りは、必要経費を差し引いたより正確な利回りになります。太陽光発電投資を検討している方は、表面利回りだけではなく実質利回りを参考にしましょう。

たとえば、先ほどの売電収入が100万円で初期投資1,000万円の場合で例えてみます。この場合、利回りは10%でしたが、実際は必要経費がかかるため、以下のような計算式になります。

【100万円(売電収入) - 10万円(年間の経費 )】÷ 1,000万円(初期費用) = 9%(実質利回り)

このように必要経費がかかるため、実質利回りはさらに低くなります。利回りを参考にして業者選びなどを比較する際は、実質利回りを比較するようにしてください。

表面利回りが高くても無駄な保険料や経費がかかるため、実質利回りが低かったら意味がありません。実質利回りをよく比較するようにしてください。

太陽光発電投資で利回りを高くするポイント

太陽光発電投資の利回りを高くする方法はあるのでしょうか。利回りが高ければ、回収年数が短くなりリスクの少ない太陽光発電投資が可能です。

初期費用を抑えて利回りを高くする

売電収入を上げることは難しいですが、初期費用を抑えることは可能です。そのため、初期費用を抑えて利回りを高くしましょう。

同じ売電収入でも初期費用を抑えることが、できれば利回りは高くなります。簡単に利回りを高くするためには、初期費用を抑えるようにしてください。

相見積もりで業者を選ぶ

太陽光発電投資の初期費用を抑えるのであれば、必ず相見積もり(あいみつもり:複数社に見積もりを依頼し比較すること)を行いましょう。業者の見積もりを比較することで安い業者を簡単に選べるからです。

複数社に見積もりを依頼すれば、簡単に安い業者を選ぶことができますよね。

たとえば、以下は相見積もりを行った場合の事例です。このとき、売電収入は同じ100万円だと仮定します。

  • A社:1,500万円|利回り6.66%
  • B社:1,200万円|利回り8.33%
  • C社:1,000万円|利回り10%

このように複数社の見積もりを依頼すれば、簡単に初期投資の安い業者を選べます。そのため、簡単に利回りを高くすることができますよね。これであれば、業者を比較するだけなので簡単に利回りを誰でも高くできます。

初期費用が安くなれば、利回りが高くなりリスクの少ない太陽光発電投資が可能です。

これから太陽光発電投資を検討している方は、相見積もりを行い初期費用の安い業者を選びましょう。そして、利回りの高い太陽光発電投資を実現してください。

一括見積もりサービスを活用する

相見積もりをする際、一括見積もりサービスを活用するようにしてください。簡単に複数社比較することができるため、非常に便利なサービスだからです。

また、太陽光発電投資の業者は、こういった一括見積もりサービスを利用しなければ出会えません。太陽光発電投資業者は身近ではないため、どこの業者が良いのかわかりませんよね。

そのため、こういったサービスを使い、実際に見積もりを比較して優良業者を探す必要があります。たった数分の入力を1度行えば、複数社の見積もりを比較できます。完全無料なのでこのサービスを利用しない手はありません。

太陽光発電投資で成功している方は、一括見積もりサービスを上手に活用しています。失敗したくない方は、必ず活用するようにしてください。

まとめ

太陽光発電投資の利回りは、賃貸経営に比べて高く儲かる不動産投資です。利回り10%以上も可能なため、リスクの少ない不動産投資ではないでしょうか。

ただ、表面利回りや実質利回りなど違いがあるため、利回りを参考にする場合はよく違いを理解した上で失敗しない選択をしましょう。

また、利回りを高くするためには、売電収入を上げるのも重要ですが、最も効果的なのは初期費用を抑えることです。初期費用は業者を比較して安い業者に依頼すれば、簡単に安くできます。

安く太陽光発電投資ができれば、利回りも高くなりリスクも少なくなります。

一括見積もりサービスなどの無料で便利なサービスがあるため、ぜひこういったサービスを上手に活用するようにしましょう。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら