土地活用

土地活用はタイムズの駐車場経営がおすすめ!メリットや注意点をまとめて紹介

タイムズ土地活用

「土地活用をしたいけど、手間も費用もかけられない」という土地オーナーに耳寄りな話があります。

それは、タイムズによる駐車場経営です。

所有している土地をタイムズに任せれば、なんと手間も費用もかけずに駐車場経営をすることができるのです。

本記事では、そんなタイムズによる駐車場経営の特徴や実際の事例について紹介します。駐車場経営に興味がある人や、手間と費用をかけずに土地活用をしたいという人に必見の記事です。

タイムズとは?

 

タイムズ ロゴ

タイムズは、1971年に創業した会社です。事業内容は、駐車場の経営やカーシェアリングサービスの運営となっています。

土地活用とはどのように関連しているかというと、先ほど挙げた「駐車場の経営」ですね。

タイムズの駐車場は北海道から沖縄まで、日本全国に存在しています。そのため、駐車場に適した日本の土地を持っている人なら、タイムズによる駐車場経営を始めることが可能でしょう。

タイムズによる駐車場経営のメリット

タイムズがどういった企業なのかを紹介したところで、次はタイムズで駐車場経営をするメリットを紹介します。

初期費用や維持費用がかからない

タイムズによる駐車場経営の最も大きなメリットは、初期費用や維持費用がかからないことでしょう。

初期費用や維持費用は、土地活用をするうえでどうしても支払わないとならないものです。

ですが、タイムズによる駐車場経営は、そのどちらも支払う必要がありません。つまり、所有している土地をタイムズに預けるだけで土地活用が始められるのです。

経営のイメージ

コインパーキング経営サブリース

「土地を預けるだけでOK」という話だけでは、実際の経営イメージがつかめませんよね。次は、具体的にどういった流れで経営が行われているのかを紹介しましょう。

まず、土地オーナーは所有している土地をタイムズへ預け、その土地でタイムズが駐車場経営を始めます。経営をしていると、その駐車場にドライバーが車を停めに来ることでしょう。

ドライバーが駐車場を利用すれば、利用料として駐車料金を支払いますよね。この駐車料金はタイムズの儲けとなります。

では、土地オーナーの儲けはどうなるかというと、土地オーナーはタイムズから毎月一定額の賃料をもらいます。この賃料は毎月一定のため、駐車場の利用率に関わらず、安定した収入を土地オーナーは得ることが可能なのです。

このように、タイムズに土地を預ければ、初期費用や維持費用を支払うことなく儲けることができます。

「土地は持っているけど資金がない」、「維持費用や管理の手間がかかるのは嫌だ」という土地オーナーは、タイムズへ駐車場経営の相談をしてみてください。

タイムズなら変形地などでも土地活用可能

変形地土地活用

「四角い土地じゃないから土地活用は無理」、「小さい土地だから何もできない」なんて思っている土地オーナーはいませんか。タイムズによる駐車場経営なら、変形地や狭小地であっても駐車場経営をすることが可能です。

「変形地や狭小地であってもタイムズの駐車場にできる!」といっても、流石に1台だけの駐車場をつくるというのは不可能だと思いますよね。

ですが、素晴らしいことにタイムズでは、立地条件次第で1台から駐車場経営をすることが可能です。

ここで、車1台分の駐車スペースがどのくらいの広さなのかを考えてみましょう。車1台分の駐車スペースを幅2.5m、奥行き5.0mとした場合、面積は12.5㎡となります。12.5㎡は約4坪です。

つまりタイムズなら…

10坪もない土地であっても、車1台が駐車できる土地であれば駐車場経営を始められる可能性がある!!

所有している土地が変形地や狭小地であるという理由で土地活用を諦めていた土地オーナーは、タイムズでの駐車場経営を検討してください。

駐車場経営の№1企業

タイムズ

画像のように、タイムズが運営している駐車場は約15,000件車室はなんと約510,000台となっています。

車室約510,000台という数字は非常に驚異的な値です。何故、驚異的な値といえるのかというと、他社の値に大きな差をつけているからです。

ここで、同業他社の例として、「三井のリパーク」を挙げましょう。

業者名 駐車場運営管理台数
タイムズ 約510,000台
三井のリパーク 約200,000台

三井のリパークの駐車場運営管理台数は、2016年の時点で約20万台となっています。

一方でタイムズは、先ほど紹介した通り約51万台です。このように、タイムズは駐車場経営の大手である「三井のリパーク」の約2.5倍もの規模を誇っている会社なのです。

これだけの実績を持っているタイムズなら、所有している土地を任せるのも安心ですね。どの会社に任せるか迷ったら、実績のあるタイムズにするのをおすすめします。

タイムズの土地活用の事例

タイムズの魅力について分かった次は、具体的な事例を見てみましょう。どんな風に土地を駐車場として使われるのかのイメージを、ここでつかんでください。

タイムズによる土地活用の事例1

駐車場経営収入

車が6台停められる広さの土地を、タイムズへ預けた場合の例です。

賃料を、「1か月あたり3万円」という設定にしたときの毎月の収入は、画像の式にあるように、3万円 × 6台 = 18万円となります。先ほど紹介した通り、維持費用はかからないため、収入がそのまま儲けとなるのです。

では、「6台分の土地」というと、どの程度の広さが必要なのでしょうか。

先ほどと同じように、1台あたりの駐車スペースを12.5㎡(幅2.5m × 奥行き5.0m)とした場合、12.5㎡ × 6 75㎡ となります。この値を坪に換算すると、約23坪です。

ただ、「約23坪で6台分ということは30坪弱あればOK」なのかというと、そうではありません。駐車スペースだけでなく、車の通り道の面積を考える必要があるからです。

6台分の駐車場に必要な土地の広さ

車路の幅を5.0m、長さを駐車スペース幅の合計である15mとすると、車路の面積は、5.0m × 15m  75㎡ となる。

この車路の面積75㎡のことも考慮すると、6台停められる駐車場を作るには最低でも150㎡(約45坪)ほどの面積が必要!!

この事例をまとめると、「40~50坪の土地を預けた場合、毎月18万円の収入を得ることが可能」という風になります。この事例を基に、所有している土地を預けた場合にどのくらいの収入を得ることができるかを考えてみてください。

タイムズによる土地活用事例2

土地活用駐車場経営10台

次は、建物が立っていて変形地になってしまっている土地の例です。駐車台数は10台となっています。

こちらの例でも、賃料は、「1か月あたり3万円」という設定です。そのため、1か月あたりの収入は、3万円 × 10台 = 30万円 という計算になります。

では、先ほどと同様に、どのくらいの面積が車を10台停めるには必要なのかを考えてみましょう。

まず、必要な駐車スペースは、「幅2.5m × 奥行き5.0m × 10台 = 125㎡」となります。次に、車路の面積を計算してみましょう。

画像を見ると、車路の長さは、「建物の長さ + 7台分の幅」となっています。そのため、建物の長さを10mと仮定したときの車路の長さは、1台あたりの「幅2.5m × 7台 + 10m 27.5m」となります。

この長さに、車路の幅である5.0mをかけると、「137.5㎡」という計算結果となり、車路の面積は「約140㎡」であると求まるのです。

最後に、ここまでに計算した駐車スペースと車路の面積を合算すると、「125㎡ + 137.5㎡ = 262.5㎡」となります。つまり、10台の車を停めるには、「約260㎡(約165坪)」ほどの面積が必要であるということですね。

この例は変形地のため、あまり正確な計算できません。

ですが、大きな土地なら変形地であっても、毎月30万円の収入を得られるということがこの例から分かるでしょう。類似した土地を持っている人は、こちらの例を参考にしてください。

タイムズによる土地活用:お客様の声

ここで、タイムズによる駐車場経営を実際に行った土地オーナーの声を聞いてみましょう。

オーナー約20年の方の声

タイムズ駐車場経営

私がタイムズ駐車場のオーナーになったのは、将来予想される相続問題に対応するためでした。

アパート経営では建築費用の他に、借家人の募集に時間を要し、相続の時には改めて立ち退きが必要になります。

一方、店舗建築などでは、営業権の問題が発生するなどのリスクも予想されます。

そんな中、土地活用の方法として考えたのが時間貸駐車場でした。自分自身で更地に募集看板を立て、事業者を募ったところ、タイムズを含め10社程から手が挙がりました。

その中からタイムズを選んだ決め手は、業界トップの安心感と営業担当者の人柄、そして何よりスピーディーな対応力でした。賃料や条件面で不安に感じていることや知りたいことにすぐに答えてくれたため、とても助かりました。

最大で4ヶ所の土地をタイムズに貸し出していたこともありますが、相続のためにいくつかの駐車場の契約を解除した際も滞りなく手続きを進めていただき、とても安心感がありました。

最初の契約から現在までの約20年間で、担当していただいた営業の方は4人になりますが、どの方もとても誠実な方ばかりです。

複数土地を所有していたため様々な形状の土地がありましたが、担当の営業の方に全ての土地を見てもらい、どういった駐車場が適しているかレイアウトを一緒に考えていただきました。

駐車場開設も約一週間とスピーディーで、その分賃料も早く受け取ることができます。

また他に仕事を持っている人であれば、土地管理に関する煩わしさもないので、自分の仕事に集中できるのも大きなメリットでしょう。

約20年間タイムズ駐車場と気持ちよくお付き合いしていますが、この関係は息子にも続けてもらいたいと思っています。

タイムズより引用

「相続のことを考えて、タイムズによる駐車場経営を始めた」という例ですね。

この声から分かるのは、タイムズの対応力の強さでしょう。様々な形状の土地にマッチした駐車場レイアウトを考え、約1週間という短期間で駐車場開設を行える対応力の強さは驚異的です。

素早く駐車場の経営が始められるというのは、収入が入るまでの期間が短くて済むということに他なりません。スピーディーに収益化できるというのは、土地オーナーとしては非常に喜ばしいことですね。

また、タイムズの信頼性の高さも、この声から分かります。「20年もの長期に渡って契約をし続け、そのうえ複数の土地を任せる」というのは、信頼のある会社にしかしないでしょう。

「対応力が強く、信頼性の高い業者へ土地活用を任せたい」と思う土地オーナーは、ぜひタイムズでの駐車場経営を考えてみてください。

タイムズで土地活用する注意点

多くの魅力があるタイムズですが、駐車場経営を任せるにあたっていくつかの注意点があります。ここでは、その注意点について紹介しましょう。

舗装費用はオーナー負担になる可能性がある

土地活用駐車場経営

タイムズのホームページ(https://times-info.net/owner/cashflow/)を見ると、『フェンス・ブロック塀の設置・撤去や、舗装等を行う場合、オーナー様のご負担となることもあります』という注意書きがあります。

つまり、駐車場をつくるうえで必要になってくる舗装工事の費用は、土地オーナー自身が負担する可能性があるということですね。

アスファルト舗装の費用ですが、1㎡あたり大体3,0005,000円ほどかかります。そのため、50坪の土地をアスファルト舗装する場合、5080万円かかる計算になるのです。

5080万円という金額は、土地活用の初期費用としては別段高いわけではありません。ですが、初期費用を全くかけたくないという人にとっては大きな金額でしょう。

このように、資金の乏しい人や初期費用をかけたくない人にとって、舗装にかかる費用は安くありません。舗装費用のことは、きちんとタイムズへ尋ねることをおすすめします。

全ての土地で土地活用できるわけではない

「変形地や狭小地であっても駐車場にできる」とはいっても、駐車場にしても利益が出ないと予想される土地では、駐車場経営をすることはできないでしょう。

土地活用には様々な形態があります。そして、それぞれの形態にマッチした立地というものがあります。

マンションにはマンションに見合った立地があり、駐車場には駐車場に見合った立地があるわけです。駐車場の場合、競合する駐車場が多かったり交通量の少なかったりする地域では、「駐車場には見合わない土地」と判断されてしまうことでしょう。

ただ、所有している土地が駐車場にマッチしているかどうかは、タイムズへ相談してみるまで分かりません。「この土地で駐車場はできるのか?」と疑問に思った人は、タイムズへ相談してみましょう。

建物の解体費用はオーナー負担

建物の解体

所有している土地に建物があっては、その土地に駐車場をつくることはできません。

そのため、駐車場をつくる前に建物の解体をする必要があります。その建物の解体費用は、悲しいことに土地オーナーが負担する必要があるのです。

確かに費用は土地オーナー負担なのですが、嬉しい話もあります。

それは、「タイムズが解体業者の紹介やその建物に適した解体費用の提示をしてくれる」ということです。建物の解体を依頼したり、業者の選定をしたりする苦労がなくなるのはとても嬉しいことですね。

所有している土地に建物が立っている場合、解体を済ましてからタイムズへ相談するのではなく、解体そのものもタイムズへ相談してしまいましょう。

フェンスなどの建設費用は負担する恐れがある

フェンス

舗装費用同様、駐車場経営を始めるために必要なフェンスやブロック塀の設置費用は、土地オーナーが負担しなければならない可能性があるのです。

当たり前ですが、フェンスやブロック塀の費用がかかるかどうかで初期費用が変わってきます。舗装費用のところでも紹介しましたが、「フェンスやブロック塀の費用がかかるかどうか」をきちんとタイムズへ尋ねることをおすすめします。

何故なら、このフェンスやブロック塀の費用のことを考えずに話を進めてしまった場合、土地活用のプランが破綻する恐れがあるからです。

初期費用が増えてしまうと、土地活用において重要な、「利回り・元がとれるまでの期間」が変化してしまいますからね。土地活用のプランを破綻させないためにも、フェンスやブロック塀の建設費用のことを考慮しつつ、話を進めましょう。

固定資産税はオーナー負担

タイムズによる駐車場経営では、固定資産税は土地オーナーが負担する必要があります。

そのため、駐車場経営にかかる経費として、固定資産税を考慮しなくてはなりません。もし考慮しなかった場合、先ほどの建設費用の話同様、土地活用のプランが破綻してしまうことでしょう。

ここで、元々住宅が立っていた土地を駐車場にする場合の注意点を紹介しましょう。

土地の状態 固定資産税
住宅の建っている土地 約15,000円(最大で1/6に減額)
駐車場の土地 約90,000円

※10万円の固定資産税がかかる場合

住宅の建っている土地は、固定資産税が最大で1/6になります。そのため、10万円の固定資産税がかかるような土地であっても、約15千円に減額されるのです。

ですが、この軽減措置は住宅が建っている場合の話です。駐車場にしてしまうと、この軽減措置が受けられなくなってしまいます。そのため、住宅を解体して駐車場にすると、住宅が立っていたときの6倍の固定資産税を支払う必要があるのです。

このことは、駐車場経営を始めるうえで非常に重要なことなので、よく覚えておいてください。土地活用のプランを破綻させないためにも、「経費として固定資産税がかかる」ということを念頭に置いてプランニングしましょう。

まとめ

最後に、本記事で紹介したタイムズについてのことをまとめてみましょう。

まず、タイムズでの駐車場経営のメリットですが、初期費用や維持費用がかからないところです。費用がかからないため、所有している土地をタイムズへ預けるだけで、収入を得ることができます。

資金が乏しい人や費用をかけたくない人に嬉しいメリットですね。

また、変形地や狭小地であっても駐車場にできるというメリットもあります。小さな土地だから、四角い土地でないから、という理由で土地活用を諦めている人には朗報ですね。

逆にデメリットですが、舗装工事やフェンス設置の費用を土地オーナーが負担する恐れがあるという点です。初期費用をあまりかけたくない人は特に、タイムズへよく確認した方がよいでしょう。

「安定した収入を得たい」、「初期費用や手間をかけずに土地活用したい」という人は、タイムズでの駐車場経営を検討してみてください。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら