駐車場経営

土地活用で駐車場経営するにはいくらから?始め方や初期費用や資金の相場

駐車場経営土地活用

土地活用をする上で、駐車場経営をするには、いくらの初期費用がかかるのか気になる方は多く見られます。できれば、資金は抑えたいのが本音です。

ただ、業者によって土地活用のプランは変わります。同じ敷地を土地活用しても業者によって収益に差があるからです。

せっかく土地活用するのであれば、儲かる業者に依頼したいものですよね。

さらに、駐車場経営の初期費用も安い業者もいれば高い業者もいます。土地活用には定価がないからです。

そこで本記事では、土地活用を建設している方が駐車場経営する際にいくらぐらいの資金が必要なのか相場をお伝えします。

また、駐車場経営の初期費用を抑えるための方法についてもご紹介します。土地活用で駐車場経営を検討している方は、このページを参考にしてください。

初期費用0円でもできるリスクの少ない土地活用

駐車場経営は、賃貸経営などに比べると初期費用がかからない土地活用の1つです。賃貸経営のように建物を建設する必要がないからです。

利用していない土地がある方は、とりあえず賃貸経営による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。駐車場経営であれば、すぐに更地に戻すことも可能です。

更地は固定資産税がかかるため、利用していないとデメリットばかりです。せっかく土地があっても利用しないのであればもったいないですよね。

何も利用していない土地で駐車場経営を行い、収入が生まれれば嬉しいのではないでしょうか。土地を活用して駐車場経営を行いましょう。

コインパーキングは初期費用が0円で土地活用ができる

コインパーキングは、業者が建設費用などを支払ってくれるため、初期費用0円で賃貸経営が可能です。

以下はタイムズ24の公式ホームページですが、初期費用がかからないことを明確にしています。

コインパーキング経営サブリース

一部費用がかかるものの、基本的には初期費用がかからずに土地活用ができます。

つまり、あなたは土地を預けるだけで土地活用に関する費用なく不動産収入を手にする事ができます。

ただ、駐車場経営の魅力はこれだけではありません。

さらに、このようなコインパーキングの場合は、コインパーキング業者が駐車場をすべて借り上げてくれるため、毎月一定額の家賃が支払われます。

土地を持っているだけで土地活用を行ってもらい、毎月安定した収入が手に入るようになります。利用していない土地を持っている方は、駐車場経営しなければ損ですよね。

駐車場経営の種類で初期費用は変わる

駐車場経営は、種類によって初期費用が変わります。立体駐車場とロープだけで区切っている駐車場では、費用は変わりますよね。

そのため、土地活用を検討する方は、駐車場経営の種類を把握しましょう。

月極駐車場

月極駐車場は、ロープで区切る方法とアスファルト舗装の2種類があります。駐車場経営による土地活用の中でも、初期費用を抑えられるのが月極駐車場です。

ロープを区切る月極駐車場

月極駐車場

ロープで区切る場合、このように砂利を敷いてロープで区切れば完成です。数十万円で土地活用ができるのでコストが安く土地活用できます。

住宅地が多い場合、月極駐車場の利用者は多く見られます。そのため、住宅が密集している土地を所有している方は、月極駐車場による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

アスファルト舗装による月極駐車場

月極駐車場による土地活用アスファルト舗装

アスファルト舗装をする場合、上記のような土地活用に比べて初期費用は高くなります。アスファルトを舗装する費用と区切るための白いラインを引く費用がかかるからです。

規模にもよりますが、数十万~数百万円単位になることが予想されます。舗装すると乾燥してほこりが舞わないなどのメリットがありますが、初期費用が高くなるデメリットがあります。

月極駐車場で見込める収益に応じて、月極駐車場による土地活用プランを検討してみてはいかがでしょうか。

コインパーキング

駐車場経営土地活用

コインパーキングは、収益が期待できる土地活用の1つです。コインパーキング業者が、一括で借り上げてくれるため、毎月一定額の不動産収入が見込めるからです。

つまり、コインパーキングの利用に関係なく、毎月収入が支払われるので安定した土地活用が可能です。

また、コインパーキングの業者のほとんどが、初期費用や維持費がかからずに土地活用ができます。業者が建設費を支払ってくれるからです。

したがって、土地を業者に預けるだけでコインパーキングによる駐車場経営をしてくれます。

初期費用0円で駐車場経営ができるのであれば、とりあえず駐車場経営による土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

駐車場経営の初期費用や必要な資金の相場

駐車場経営に必要な初期費用をご紹介します。自分自身で駐車場経営を行う場合、必要な資金の相場は変わるからです。

駐車場経営で土地活用する場合、いくらぐらいかかるのか把握しておきましょう。

整地が必要な場合にかかる費用

駐車場経営する場合平たんの土地でなければ、整地(土地を平たんにする工事)が必要です。土を削ったり土を盛ったりして平らな地面にします。

たとえば、以下の画像のように草が生えていて凸凹している土地では草を除去して平らにする工事を行わなければいけません。

駐車場空地

まず草刈りを行い、その後砕石(砂利)を敷いて転圧(機械で地面を固めること)して固めます。そして、ロープによる区画で区切れば完成です。

土地活用整地

出典:柴崎建設株式会社

また、土地の凸凹具合によって、土を削ったり盛ったりする工事が必要です。

さらに、土地が余った場合は残土処分をしなければいけません。土を捨てるのにも費用がかかります。

空き地の状態によって工事の規模が変わってきます。工事の面積が大きくなるほど費用がかかるので覚えておきましょう。

規模や工事内容によって異なりますが、数十万円~数百万円単位の費用がかかる恐れがあります。凸凹な土地で駐車場経営を考えているのであれば、工事費用がかかることを想定しておきましょう。

ロープによる区画分け

月極駐車場トラロープ

ロープによる区分けは、数十万で可能です。かかる費用は「ロープ代」「固定する器具」の2つです。

費用は数万円になります。自分自身で行う場合費用を抑えられますが、車幅などがあるので、業者に任せてしまうと楽です。

ただ、地面が土の場合、雨の日に泥だらけになってしまうので砂利を敷く場合はさらに費用が高くなります。

また、費用は規模によって異なるので、業者に見積もりを依頼して価格を判断してください。

アスファルト舗装・ライン引き

土地活用駐車場白線

アスファルトによる舗装をする場合、数十万単位の費用がかかります。また、区画を区切るために白いラインを引くので、その分の費用もかかります。

規模にもよりますが、おおよそ5~10万円を目安にしておきましょう。

こちらも土地の広さによって費用は変わってくるので、正確な費用を知るためには業者に相談するようにしてください。

さらに、駐車場に車輪止めを設置する場合は、その分費用がかかります。1個4,000円程度を想定しておきましょう。つまり、1台分で2個必要なので8,000円が必要です。

あとは、台数に応じて費用が増えていくので、車を停める台数に応じて予算を決定しましょう。

出入り口の工事

月極駐車場乗入れ

駐車場に入る入口は、車が入りやすくなければいけません。道路と駐車場に段差がある場合、スロープ(緩やかな坂道)の設置が必要です。そのため、スロープを造る費用が必要になります。

数十万円単位の費用がかかる恐れがあるため、入り口の工事が必要な方はお金がかかることを予想しておきましょう。

駐車場舗装にかかる初期費用や相場の一覧表

駐車場の舗装にかかる費用の一覧です。業者や工事内容によって価格は異なります。あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

項目 費用
未舗装タイプ 3,000円/㎡
アスファルトタイプ 5,000円/㎡
コンクリート舗装 8,000円/㎡
区画用ロープ 40円/m
ライン引き 60,000円/5台
駐車場番号表記 700円/台
車止めブロック 4,000円
歩道縁石の切り下げ工事 50万円

コインパーキングの場合業者によっては初期費用が不要

コインパーキングによって土地活用する場合、コインパーキング業者に任せると土地を預けるだけで土地活用が可能です。

つまり、初期費用や維持費がかからずに土地活用ができます。さらに、毎月一定額の家賃収入が支払われるので、安定した不動産収入が期待できます。

ただ、業者によって条件などは異なるので、コインパーキングによる土地活用を検討している方は複数社比較しましょう。

そして、その中から初期費用がかからずに最も儲かる業者を選択するようにしてください。

自分自身で経営する場合費用がかかる

コインパーキングは、業者に任せると初期費用がかからずに土地活用ができます。ただし、管理費用を支払うデメリットがあります。

そのため、自分自身で経営するよりも管理費を支払う分利益が少なくなってしまいます。

管理費は業者によって異なりますが、売り上げの10~20%が一般的です。管理費を支払うと収益が減るため、大きく稼ぎたい方は自分自身でコインパーキングの費用を支払い、駐車場経営する方法があります。

ただ、この場合は初期費用を支払ったり業者を探したり、その後のメンテナンスをする必要があるので覚えておきましょう。

コインパーキングを自分自身で行う際、初期費用の目安は300万円以上です。

数台の駐車場であれば、もっと少ないですが、10台を超えるような場合は数百万円単位の費用がかかる恐れがあります。

とはいえ、管理会社に支払う費用がない分、利益は大きくなります。初期費用はかかりますが、数年先を考えると自分自身で投資したほうが儲かります。

メリットやデメリットを考えた上で、業者にすべて任せるのかそれとも自分自身で行うのかを判断してください。

月極駐車場による土地活用は初期費用がかかる

コインパーキングは業者によって初期費用が不要です。つまり、土地を預けるだけで自己資金が無くても土地活用による家賃収入が入ります。

しかし、月極駐車場の場合、整地やロープによる区画を区切る費用が必要です。また、アスファルト舗装やラインを引く場合は、さらに費用がかかります。

初期費用は少ないものの、自分自身で支払うため初期費用を抑えたい方はコインパーキングによる土地活用がおすすめです。

月極駐車場とコインパーキングはどちらが儲かるのか?

月極駐車場とコインパーキングについてご紹介してきましたが、結局のところどちらがいいのか気になるのではないでしょうか。同じ駐車場経営でも初期費用はもちろんのこと、収入も変わってくるからです。

せっかく土地活用するのであれば、儲かるほうで駐車場経営したいのが本音です。

どちらがいいのかは実際に調査しなければわからない

月極駐車場とコインパーキングは、実際に土地活用のプロに調査してもらわなければ判断できません。

地域によって月極駐車場が適しているところもあれば、コインパーキングのほうが良い土地があるからです。したがって、まずは実際にあなたの土地を調査してもらうようにしましょう。

そして、それぞれの特長やターゲットに適した土地活用をするようにしてください。

月極駐車場の特徴

月極駐車場は、毎月一定額を契約者に支払ってもらう必要があります。そのため、台数が多ければ利益は大きくなります。

仮に、月1万円で30台契約者がいる場合は、毎月30万円の収入です。

ターゲットですが、住宅地で駐車場のない方やオフィスが近く、社用車などを停める場所がない方が多く月極駐車場を利用します。

そのほかにもアパートやマンションが密集している場所は、月極駐車場を利用する方は多く見られます。そのような土地を持っている方、土地を安く購入できる方はおすすめです。

コインパーキングの特徴

コインパーキングは、駅に近い場所がおすすめです。また、施設に隣接している土地がある場合、施設の利用者が多く、そこにコインパーキングがあれば利用する方が多いことが予想されるのであれば、コインパーキングのよる土地活用がおすすめです。

特に、駅に近い場所はコインパーキングの需要は多くみられます。路地裏など、メイン道路から1本中に入った道路などにあるコインパーキングでも需要があります。

新幹線のある駅が近い土地を所有している方は、コインパーキングによる土地活用をしてみてはいかがでしょうか

駐車場経営の初期費用を抑える秘訣

駐車場経営で初期費用を安くする方法をご紹介します。

駐車場経営は、土地活用の中でも初期費用のかからないビジネスですが、方法によっては初期費用を全くかけずに土地活用が可能です。

コインパーキングによる土地活用を行う

コインパーキングは、初期費用0円で行える土地活用です。以上でもお伝えしたように、土地を預けるだけで、コインパーキング業者が建設からメンテナンスを行ってくれます。

さらに、毎月一定額の費用を支払ってくれるため、安定収入を手に入れられます。

初期費用を抑えて土地活用を行いたいのであれば、コインパーキングによる土地活用がおすすめです。

ただ、コインパーキングの業者すべてが初期費用なしで土地活用できるわけではありません。そのため、まずは一括資料請求を行い、初期費用0円でできる業者を選びましょう。

業者を比較して初期費用が安い業者を選ぶ

月極駐車場を経営する場合、コインパーキングとは異なり初期費用が必要です。整地の費用やアスファルト舗装の費用がかかるからです。

また、このような工事の費用は電化製品のように相場が存在しません。業者によって高いところもあれば、安いところもあるためです。

ただ、業者を比較して安いところで工事を行えば初期費用を抑えられます。そのため、以下のように複数社に見積もりを依頼しましょう。

  • A社:50万円
  • B社:40万円
  • C社:30万円

このように複数社見積もりを依頼して比較すれば、後は安い業者を選ぶだけです。

誰でも簡単にできるので、月極駐車場経営を検討している方は、必ず業者を複数社比較するようにしてください。

一括資料請求サービス活用する

コインパーキングや月極駐車場で初期費用が安い業者を選ぶ際は、一括資料請求サービスがおすすめです。

業者の特徴がわかる上に、そこから複数社の見積もりを取ることができるので非常に便利です。

コインパーキングで土地活用したい方は、どこの業者が初期費用なしで賃貸経営できるのかがパンフレットを見ればわかります。そして、その中からさらに儲かる業者を選べば、業者選びで失敗しないですよね。

ほかにも、月極駐車場を検討している方も一括資料請求によって安い業者を選ぶことができます。複数社を比較して、最も安い業者を選ぶようにしてください。

まとめ

駐車場経営は、土地活用の中でも初期費用が安い活用方法です。リスクが少ないため、利用していない土地がある方は積極的に土地活用してはいかがでしょうか。

また、駐車場経営の初期費用は、コインパーキングと月極駐車場で変わってきます。コインパーキングは業者が費用を出してくれますが、月極駐車場の場合は自分自身で行わなければいけません。

初期費用なしで土地活用を検討している方は、コインパーキングによる駐車場経営を検討してみてはいかがでしょうか。

何も利用していないままでは、固定資産税や手入れなどをしなければいけません。せっかく土地があっても利用しないのはもったいないですよね。

コインパーキングによる駐車場経営であれば、初期費用やメンテナンス費用なしで土地活用ができます。なおかつ、毎月の収入が安定して入ってくるので、土地活用に悩んでいる方は、ぜひコインパーキングによる土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

何も利用していない土地から毎月数十万円の収入が得られればうれしいですよね。

アパートをどこで建てるか迷っている方必見!

アパート経営に興味はあるが、何をしなければいけないのかわからないという相談は多く受けます。土地がある方は、相続税のことなどを考えるとアパートを建てて有効活用したいものですよね。

土地があるだけでは何も生み出さないので、アパートを経営できれば最高ですよね。

また、土地がなくてもアパート経営は可能です。実際にほとんどの方が、土地と建物を買ってアパート経営をしています。駅から10分県内の土地でアパート経営すれば、人気物件になること間違いなしです。

ただ、「アパートを建てても利益が出るのか」「資金はいくら必要なのか」「空き室のリスクはあるのか」など、たくさんの悩みがあるのではないでしょうか。

アパート経営建設費

そこでおすすめのサービスが、「タウンライフが行っているアパートの資料請求」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合ったプランを提供してくれる業者を選ぶことができます。

無料で利用できるサービスなので、土地活用を検討しているのであれば使わない手はありませんよね。アパート経営をするなら一番儲かるアパートメーカーに依頼しましょう。

無料!3分の入力で一括資料請求タウンライフはこちら