土地活用

短期間でも土地活用できるの?数年の土地活用の種類やポイント

短期間土地活用

「土地活用は長期間でないと行えない」「短期間では利点がない」という考えを持っている人がいるかもしれませんが、それは思い込みです。土地活用は短期間でも行うことが可能ですし、利点もあります。

たとえば、5年後土地活用するがそれまで空き地のままというケースでも土地活用できるのですう。

土地は持っているだけで固定資産税がかかります。そうであれば、数年でも土地活用して収益を発生させたいですよね。

本記事では、短期間の土地活用の利点や、おすすめの活用方法を紹介します。

土地を持て余してしまっている人や、短期間だけ土地活用をしたい人はぜひ本記事をご覧ください。

短期間でも土地活用がおすすめの理由

短期間土地活用おすすめ

どういった土地活用なら短期間でも可能なのかを紹介する前に、短期間の土地活用をおすすめする理由を紹介しましょう。

固定資産税がかかる

土地を所有していると、どうしても固定資産税がかかってしまいます。

そのため、土地活用をせずに土地をそのまま放置していては、資金がただ減っていくだけの状態になってしまうのです。

ここで、固定資産税の計算方法について見てみましょう。

固定資産税の計算式は、「固定資産税評価額×税率」となっています。この税率は市町村ごとに異なりますが、標準の税率が1.4%となっているため1.4%としている場合が多いです。

もし、固定資産税評価額が1,000万円の土地を所有していて、その地域の税率が1.4%だった場合、固定資産税の計算は、

1,000万円 × 1.4% = 14万円

となります。

このように、高額の土地を所有している場合、短期間であっても固定資産税は無視できない額の支出となるのです。

例に挙げた1,000万円の土地を3年所有しているだけで、約40万円の固定資産税を支払う必要がありますからね。

だったら土地活用して固定資産税分でも収益を発生させたほうがいいですよね。

収益化ができるのでプラスになる

なぜ、短期間であっても土地活用をした方がよいのでしょうか。それは土地活用をすれば、土地活用の形態に応じた収入を得ることができるからです。

収入を得ることができれば、固定資産税をその収入から支払うことができるようになり、資金が減ることはなくなります。

そのうえ、固定資産税の支払いより収入の方が多ければ、儲けることも可能です。

先ほど紹介した通り、短期間であっても土地の評価額が高額の場合、固定資産税による支出は大きな支出となります。数年間であっても土地活用を行えれば、その支出をなくすことが可能です。

固定資産税を支払うためにも、資金を増やすためにも、土地活用をすることをおすすめします。

短期でも初期費用をかけずに土地活用可能

「短期間だと初期費用を回収できないのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。

土地活用の中には、短期間であっても初期費用をかけることなく始められるものがあります。そのため、初期費用の回収を心配する必要はないのです。

初期費用がかからないうえに短期間の土地活用に向いているものとして、月極駐車場があります。

月極駐車場は、ロープとロープを固定するためのペグを用意して、それらを使って駐車スペースを区切るだけで、最低限の土地整備は完了です。

月極駐車場トラロープ

このように、土地整備に費用があまりかからないため、初期費用をかけることなく始めることができます。

月極駐車場のように、初期費用をかけることなく始められる土地活用もあるのです。

「短期間で初期費用の回収ができるか心配」「資金が乏しいから初期費用を抑えたい」という人も、自分の土地で儲かる土地活用ができないか検討してみましょう。

あわせて読みたい
駐車場経営失敗
駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのよ...

数年の土地活用が向いている条件

短期間の土地活用というのは、どういった条件をクリアしているものに向いているのでしょうか。短期間の土地活用に向いている条件として、以下のようなものが考えられます。

初期投資をかけたくない

土地活用は初期投資が大きければ、利益も大きくなります。ただ、投資した額をすべて回収するには長い時間が必要です。

そのため、短期間で土地活用を行う場合、多額の初期費用がかかる土地活用は資金回収に時間がかかるため不向きとなっています。

先ほど紹介した月極駐車場のような土地活用は、初期費用が抑えられるため、利用者さえ見つかれば資金回収は簡単です。

逆に、アパートやマンションの経営は資金回収に時間がかかるため、すべての資金を短期で回収するのはとても難しいでしょう。

このように、短期間の土地活用に向いているかどうかを判断する材料の1つとして、「初期費用が抑えられるか」というものがあります。

「短い期間だけ土地活用をやりたい」という人は、その土地活用の初期費用や利回りに注目しましょう。

早期撤退が可能

土地活用を短期間だけ行うわけですから、撤退のしやすさというのも重要です。

土地活用を始めるには、土地を整備したり設備を設置したりする必要があります。そのため、行っている土地活用を止めて、更地に戻したり他の土地活用をしたりする際には、もう1度土地整備をし、設備を撤去する必要があるのです。

何かが言いたいかというと、「土地整備や設備撤去をする手間がない、もしくは少ない土地活用でないと、撤退がしづらい」ということです。

また、仕組み上、止めるのに時間がかかる土地活用も撤退がしづらいため、短期間だけの土地活用には向きません。

このように、撤退するのに手間や時間がかかる土地活用は、短期間だけの土地活用には向きません。

そのため、初期費用や利回りだけでなく、「撤退のしやすさ」にも注目しましょう。そして、どういった土地活用を始めるかを考えるようにしてください。

撤退費用がかからない

「撤退の手間や時間がかかるかどうか」だけでなく、撤退するのに費用がどれだけかかるかも重要なポイントです。

長期的ではなく、短期間で止めることが決まっている土地活用なのに、撤退するのに多額の費用がかかってしまっては問題です。

多額の撤退費用がかかってしまうと、数年かけて儲けた資金が小さくなってしまいますからね。

「儲けの大部分を撤退費用として使うことになってしまった」ということにならないために、初期費用や経費だけでなく、撤退費用のことも考えてプランニングしましょう。

短期間の土地活用におすすめランキング

短期間の土地活用に向いている、おすすめの土地活用を5つ紹介します。

短期間の土地活用におすすめ5選
  • 駐車場
  • レンタル収納スペース
  • 資材置き場
  • 市民農園
  • 自販機設置

短期間の土地活用を行いたい場合は、これらの土地活用ができないかを検討してみてください。

駐車場

月極駐車場

先ほど紹介した通り、月極駐車場は駐車スペースを区切るロープとロープ固定用のペグを設置するだけで、最低限の土地整備が完了します。

そのため、初期費用がかかりませんし、設置したものを撤去するのも簡単なので、月極駐車場は短期間の土地活用に向いているのです。

コインパーキングは短期間の土地活用に向いているか

駐車場経営土地活用

では、月極駐車場ではなくコインパーキングの場合はどうなのでしょうか。

コインパーキングの場合は、精算機やロック装置などを設置する必要があります。そのため、月極駐車場より初期費用がかかるうえに、撤去の手間もあります。

初期費用も撤去の手間もかかるのでは短期間の土地活用には向いていないかというと、必ずしもそうではありません。

駐車場経営の業者に土地を借り上げてもらった場合、設備の設置と撤去の費用を負担してくれる場合が多いです。そのため、費用をかけずに土地活用をすることが可能です。

また、撤退を短期間で行うことができるため、業者に土地を借り上げてもらってのコインパーキング経営は短期間の土地活用に向いているといえるでしょう。

月極駐車場でもコインパーキングでも、短期間の土地活用は可能です。駐車場経営に向いている土地を所有している人は駐車場経営を検討してください。

レンタル収納スペース

コンテナボックス

レンタル収納スペースは、コンテナを改造した物置を貸し出す土地活用です。

家の中に置ききれなくなった物を収納したり、バイクを保管したりする目的で使用します。そのため、ある程度人口の多い都市部でないと儲けるのは難しいでしょう。

このような土地活用であるレンタル収納スペースの経営ですが、短期間の土地活用には向いているのでしょうか。

レンタル収納スペースも、駐車場経営同様、初期費用が抑えられ短期間だけ行うことも可能です。そのため、短期間の土地活用に向いているといえます。

また、初期費用が抑えられるだけでなく、撤退時にコンテナを売って、資金にできる場合があります。レンタル収納スペースという土地活用は、設備が最後まで無駄にならないという強みもあるのです。

ただ、短期間だけ土地活用を行う場合は、収納スペースを短期間しか使用できないということを伝える必要があります。

トラブルを起こさないためにも、きちんと事前に伝えることが大切です。

駐車場経営に向かない土地でも、レンタル収納スペース経営には向いていることがあります。

短期間の土地活用をする際には、レンタル収納スペースという選択肢があることを覚えておいてください。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

資材置き場

田舎土地活用資材置き場

資材置き場の経営は、文字通り、資材の置き場として土地を業者へ貸し出す土地活用ですね。

資材を保管するための倉庫や小屋といった建物を建てない場合、特に何か準備する必要はありません。そのため、資材置き場の経営は、初期費用がとても抑えられる土地活用なのです。

土地を返してもらうときも、貸し出す前の状態で返ってきます。それゆえに、土地さえ戻ってくれば簡単に撤退できるのです。

このように、資材置き場という土地活用は短期間の土地活用に向いてはいるのですが、儲けが小さいというデメリットがあります。

そのため、儲けが小さいということを念頭に置いて、資材置き場経営をするかどうかを考える必要があるのです。

初期費用が抑えられ、撤退も簡単な土地活用ですが、収益性が低いというデメリットがあることを覚えておきましょう。

市民農園

農園土地活用

所有している土地が農地の場合は、市民農園として活用することを考えてみましょう。

市民農園とは

市民農園とは、農地を地域の人々に貸し出すことで収入を得る土地活用です。眠っている農地を市民農園として活用すれば、利用者からの賃料による収入を得られます。

さらに、農業に触れてもらう機会を地域の人々に提供できます。また、農地を農地として貸し出すため、大掛かりな準備をする必要はなく、初期費用が抑えられるのもメリットの1つです。

ただ、市民農園の形態によっては、農業委員会の承認や市町村からの認可が必要な場合があります。そのため、承認や認可をしてもらうための手続きを行う手間があるのです。

このように市民農園は、農地転用をせずに土地活用が行えるため、初期費用を抑えられる土地活用となっています。

ただ、少々手間がかかる土地活用でもあります。農地を所有している人で、短期間の土地活用を行いたい場合は市民農園として活用できないか検討してみてください。

自動販売機設置

自動販売機土地活用

人通りの多い場所やオフィス街の場合、自販機を設置して儲けるということが可能です。

自販機による土地活用では、フルオペレーションタイプとセミオペレーションタイプの2つのタイプがあります。

フルオペレーションタイプ

自販機の設置スペースを業者へ貸し出して、売り上げの一部をもらう方法です。

土地オーナーが行うことは、土地の貸し出しと電気代の負担だけです。自販機のメンテナンスや商品の補充などは業者が行ってくれます。

このように、土地を貸し出すだけなので、初期費用も手間もかかりませんが、その反面、儲けは少ないです。

セミオペレーションタイプ

購入もしくはリースした自販機を、自分の土地に設置して儲ける方法です。

フルオペレーションタイプと違って、商品の仕入れや補充などを自分で行う必要があるので、管理の手間が増えます。

その一方で、自販機の売り上げはすべて自分のものになるため、儲けは大きくなるのです。

どのタイプにするか

「儲けは少なくていいから、初期費用をより小さくしたい」という人は、フルオペレーションタイプをおすすめします。

逆に、「いくらか初期投資をしてでも、儲けを大きくしたい」という人はセミオペレーションタイプにするとよいでしょう。

フルオペレーションタイプであっても、土地活用の中では比較的初期費用がかからない土地活用となっています。

そのため、どちらのタイプを選んでも、短期間の土地活用には向いているといえるでしょう。自分の土地活用スタイルにマッチしたタイプを選ぶことをおすすめします。

あわせて読みたい
土地活用 自動販売機 アイキャッチ
小さな土地を活用するなら自動販売機経営がおすすめ:成功する方法やメリットを詳しく解説!土地活用を考えた際、「自動販売機経営をやってみたい!」と思う方もいるのではないでしょうか? 自動販売機経営は、初期投資を抑えられた...

短期間の土地活用はプロに相談する

飲食店土地活用

土地活用の形態によらず、短期間の土地活用をする場合は必ずプロに相談してから始めましょう。

短いからこそ低リスクにする

短期間しか土地活用できないということは、「今止めてしまうと赤字になるから続けよう」という選択ができません。

そのため、リスクが低い土地活用が短期間の土地活用に向いているといえます。

多額の初期費用がかかる土地活用や、儲かる確率が大きくない土地活用は高リスクです。短期間だけ土地活用をする際には避けた方がよいでしょう。

また、資金回収に時間がかかる土地活用は、短期間で資金を回収しきれない恐れがあります。「短期間でも黒字になるかどうか」をよく考えて、プランニングしましょう。

土地活用のプロに相談すれば失敗しない

自分の力だけでプランニングすると、儲かるかどうかの判断が間違っていたり、思っていた以上に費用がかかってしまったりすることがあります。

きちんとしたプランを立てるためにも、土地活用のプロへ相談しましょう。

どこへ相談するかですが、「タウンライフ土地活用」のような土地活用会社へ相談することをおすすめします。

土地活用会社に相談すれば、所有している土地にマッチした土地活用や、短期間での土地活用に向いている活用方法を教えてくれるでしょう。

有益な情報を手に入れるためにも、きちんとしたプランニングをするためにも、必ずプロに相談してください。

まずは一括資料請求サービスがおすすめ

最初は、土地活用会社が実施している「一括資料請求サービス」を利用しましょう。

この「一括資料請求サービス」は、様々な業者の資料を一括で請求できる無料サービスです。土地活用会社のwebページから無料で利用できるため、家にいながらでも簡単に利用することができます。

実際にタウンライフ土地活用を利用すると以下のような資料が無料でもらえます。

土地活用のパンフレット

無料かつ手軽な「一括資料請求サービス」をまずは利用して、土地活用そのものの情報を手に入れましょう。

無料でこのようなパンフレットがもらえるのです。土地活用を検討している方は、貰わなければ損ですよね。

まとめ

最後に、短期間の土地活用について、まとめてみましょう。

まず、短期間であっても土地活用することをおすすめするのは、固定資産税の負担を軽減したり資金を増やしたりすることができるからです。

土地は活用しないままでは、ただ、固定資産税がかかるだけのものですが、活用さえすれば短期間でも利益を得ることができます。

短期間だけ行う土地活用の場合、初期費用が抑えられて、リスクの少ない形態の土地活用を行いましょう。

多くの初期費用が必要だったり、リスクが高かったりする土地活用を行ってしまうと、土地活用を止めるまでに資金を回収できない可能性が高くなります。

資金が回収できないと赤字になってしまうため、どういった土地活用を行うかはプロに相談しつつ、慎重に考えてください。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら