土地活用

50坪の土地活用!小さな土地の活用方法をわかりやすく解説

50坪土地活用

土地を持っている人で、「自分の土地は50坪しかないから土地活用なんて無理」なんて思っている人はいませんか。

土地の広さが50坪あれば、土地活用は十分に可能です。

空き地を持っているだけではもったいないので、積極的に土地活用しましょう。今まで放置していた土地から収益が生まれれば嬉しいですよね。

本記事では、50坪という土地の広さに焦点をあてて、様々な土地活用を紹介します。

どうすれば土地活用が成功するかの秘訣も紹介するので、50坪の土地を持っている人はぜひ最後まで読んでみてください。

高収入のアパート経営

50坪あれば、アパート経営が可能です。50坪では、土地が狭いため難しいイメージがありますが、30坪あればアパートを建設できます。

アパート経営は、初期費用はかかるものの土地活用の中でも高収入の土地活用です。立地が良ければ入居率が良いので安定した家賃収入を見込めます。

たとえば、以下は30坪の敷地にアパートを建てた事例です。

敷地35坪のアパート:敷地面積115.88㎡

35坪賃貸アパート出典:BLISS

構造 木造在来軸組工法(45分準耐火)
間取り 1K,1LDK
総戸数 7戸
敷地面積 115.88㎡
延床面積 210.96㎡
専有面積 20.53㎡〜40.80㎡
賃料 75,000円〜113,000円
竣工 2014年7月

このように50坪の敷地であったとしても、アパート経営による土地活用は可能です。「50坪だから賃貸経営はできない」と思っている方もこの事例のように土地活用してみてはいかがでしょうか。

今まで利用していない土地を有効活用して、毎月安定した収益が生まれれば嬉しいですよね!

あわせて読みたい
アパート経営メリットデメリット
アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスクアパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。 ...

競合性の少ない戸建て賃貸経営

戸建て賃貸

まずは、「競合性が少ない」という特徴を持った「戸建て賃貸経営」という土地活用を紹介します。

「50坪しかないのに戸建て住宅を建てられるの?」と思われる人がいるかもしれませんが、50坪あれば戸建て住宅を建てることはできます。

何故、「競合性が少ない」がといえるかというと、賃貸住宅の中で戸建てタイプのものは供給が少ないからです。「戸建て住宅があまりない=ライバルが少ない」ということですね。

また日本人は、「戸建て住宅に住みたい」と考えている人が多いのが特徴です。そのため、戸建て住宅には、アパートやマンションよりも需要があるという特徴があります。

アパートやマンションより需要が高いということは、アパートやマンションより空室リスクが低いということです。

経営におけるリスクが低いのは、土地活用をするうえで非常に嬉しいことですね。

「賃貸経営をしたいけど、大きなマンションを建てるには土地が小さい」と悩んでいる人は、戸建て住宅を建築することを考えてみてください。

あわせて読みたい
戸建て賃貸
土地活用で一戸建て賃貸経営:戸建ては数が少ないからおすすめ!土地活用方法には、アパート経営や駐車場経営などさまざまありますが、戸建て賃貸という選択肢があります。戸建て賃貸なら需要も高く、少し不便な...

お得な土地活用:賃貸併用住宅

戸建て賃貸

次は、先ほど紹介した戸建て賃貸経営と似た土地活用である、「賃貸併用住宅の経営」という土地活用を紹介しましょう。

こちらの土地活用は、賃貸住宅の中に自宅を設けている土地活用です。そのため、賃貸併用住宅を建てれば、マイホームと賃貸住宅の両方を一度に手に入れることができます。

つまり、マイホームを手に入れつつ、儲けるための物件も手に入れられるということですね。

この土地活用の嬉しいところは、入居者からの家賃収入を住宅ローンの支払いにあてられるところです。

場合によっては、住宅ローンを家賃収入のみで支払うことが可能となっています。このことは、「マイホームが安く手に入る」もしくは、「マイホームに無料で住める」と考えることが可能です。

このように、賃貸併用住宅という土地活用は非常にお得な土地活用となっています。また、50坪あれば、画像のような賃貸併用住宅を建てることが可能です。

これからマイホームを建てるという人は、この賃貸併用住宅という土地活用を検討してみてください。

初期費用がかからない駐車場経営

コインパーキング土地活用

これまで紹介してきた「戸建て賃貸住宅」や「賃貸併用住宅」は、どうしても建築や工事にかかる費用が大きいです。そのため、住宅ローンを組む必要があり、ローンを組みたくない人が実施するには難しい土地活用となっています。

では、ローンを組まないと土地活用はできないのかというとそうではありません。ローンを組みたくない人や資金が乏しい人でも、「駐車場経営」という土地活用が可能です。

駐車場経営には、月単位で駐車場を貸し出す「月極駐車場」と、時間単位で貸し出す「コインパーキング」という2つの方式があります。

月極駐車場

月極駐車場

月極駐車場の場合、ロープで駐車スペースを区切るだけで始めることが可能です。そのため、始めるためにかかる費用は、ロープ代とロープ固定用のペグ代のみとなっています。

月極駐車場トラロープ

50坪の駐車場の場合、1万円ほどあれば、ロープとペグをそろえることが可能です。

コインパーキング

駐車場経営土地活用

コインパーキングの場合は、月極駐車場より初期費用がかかります。精算機を設置したり舗装工事をしたりする必要があるからです。気になるこれらの費用ですが、数百万円ほどとなっています。

土地活用の中では比較的安いのですが、数百万円というのはやはり大金ですよね。初期費用を限りなく抑えたい人は、コインパーキングでなく月極駐車場の経営をおすすめします。

このように、駐車場経営は、「初期費用が抑えられる土地活用」となっています。

ただ、初期費用が抑えられる分、儲けが少ない土地活用でもあるのです。

そのため、ローリスクローリターンの土地活用をしたい人は、所有している土地で駐車場経営ができないかを考えてみてくださいね。

管理が楽なトランクルーム

トランクルーム田舎の土地活用

昨今人気が高まってきた「トランクルーム」という土地活用も、土地の広さが50坪あれば可能です。

まずは、このトランクルームという土地活用がどういったものなのかを紹介しましょう。

この土地活用は、コンテナを仕切って作った空間を収納スペースとして貸し出す土地活用です。

トランクルームの一室を借りた利用者は、車を使って収納スペースへ荷物を運びます。

そのため、駐車場やマンションといった土地活用と違い、駅から近くない土地や交通の便がよくない土地でも儲けることが可能なところが魅力ですね。

次は、章のタイトルにもある「トランクルームの管理の楽さ」を紹介します。

トランクルームは、貸し出したスペースに人が住むわけではありません。そのため、マンションのように共用部分を管理したり、貸し出しスペースに水道やガスなどのインフラを通したりする必要はないのです。

つまり、スペースを貸し出すといっても、マンションやアパートといった賃貸住宅経営のような手間はかからないというわけです。

このようにトランクルーム経営は、管理や修繕の手間が少ない土地活用となっています。

手間のかからない土地活用をしたい人は、この土地活用が所有している土地にマッチしているか調べてみてください。

そのまま借地として貸し出す

空き地土地活用

土地にマンションやトランクルームといった施設を建てて経営するのではなく、土地そのものを貸し出すという活用方法もあります。

50坪程度の広さでもコンビニやドラッグストアは建てられるため、需要はあるといえるでしょう。

この土地活用の特徴は、なんといっても初期費用と経営の手間がかからないところですね。

土地を貸し出すだけなので、施設を建てたり、経営をしたりするのは土地を借りた人が行います。そのため、土地オーナーは費用も手間もかからないというわけです。

また、リスクを抱えることなく土地活用ができるというのも、この土地活用の特徴といえます。

初期費用がかからないということは、初期費用が回収できるかどうかのリスクがないわけですからね。

また、施設の経営をするわけではないので、利用者減のリスクもありません。

ただ、リスクが低く、手間がかからない反面、儲けは少ない土地活用となっています。

そのため、「儲けは少なくていいから、低リスクで手軽な土地活用をやりたい」という人におすすめの土地活用です。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

資材置き場

田舎土地活用資材置き場

所有している土地を、「資材置き場」として貸し出してしまうのも手の1つです。

資材置き場は、資材用の倉庫を建てるようなことがなければ、初期費用がかからない土地活用となっています。

また、土地を貸し出すだけなので、経営の手間もかかりません。つまり、先ほど紹介した借地と同様に、「初期費用も手間もかからない土地活用」というわけです。

ただ、借地と違って、資材置き場には資材置き場特有のデメリットがあります。

それは、騒音や砂ぼこりの苦情です。悲しいことに資材を運搬するときには、どうしても騒音や砂ぼこりが発生してしまいます。

そのため、資材置き場の周辺が住宅地だった場合、近隣住民から、「トラックや積み込みの音がうるさい」、「砂ぼこりが飛んできて汚れる」といった苦情が寄せられるかもしれないのです。

近隣住民からの苦情は近隣住民がいるから起きます。

つまり、近隣住民がいないような土地を資材置き場にすれば苦情のリスクを減らせるというわけです。

「資金もないし、手間もかけたくないから資材置き場として貸し出そう」という人は、まずは土地周辺の環境を見直してみましょう。

もし、資材置き場にしても問題ないかどうかの判断がつかない場合は、土地活用の業者へ相談してみてください。

立地が良ければコンビニ経営

コンビニ活気

コンビニを建てるのに向いている土地であれば、コンビニ経営をするのもよいでしょう。

コンビニは人の多いところへ建てるのが向いています。そのため、利用者の多い駅の近くや住宅地の中などに建てると集客しやすいです。

では、駅前でも住宅地でもないところでは集客できないかというと、そうではありません。コンビニには徒歩や自転車ではなく、車で来店するケースも考えられます。

そのため、車で来店しやすい場所やドライバーの目につきやすい場所にコンビニを建てれば、十分集客できることでしょう。

車で来店する場合、具体的にはどういった場所がよいかというと、車のスピードがゆるやかになる場所や交差点を渡った後の場所ですね。

車のスピードがゆるやかな道路であれば、ドライバーはコンビニへ進入しやすくなります。

逆に、スピードが出ている道路だと、進入がしにくく敬遠されてしまうのです。また、交差点を渡った後の場所は、目立ちやすいうえに車のスピードがゆるやかになっています。

つまり、目につきやすく、進入しやすいということですね。

このように、所有している土地の周辺に人が多かったり、コンビニがよく目立ち、進入しやすい土地だったりする場合、集客がしやすくなっています。

こういった土地を持っている人は、コンビニ経営を検討してみてください。

あわせて読みたい
コンビニ土地活用
土地活用のコンビニは儲かるのか?コンビニに土地を貸す方法と家賃収入多くの人が日常的に使うコンビニも土地活用の1つだということをご存知でしょうか。土地活用において、コンビニは儲けの多い活用方法になります。...

日当たりが良ければ太陽光発電

太陽光発電土地活用

50坪という広大ではない土地でも、太陽光発電を行うことは可能です。そのため、日当たりのよい土地を所有している場合は、太陽光発電という土地活用を考えてみましょう。

太陽光発電の魅力ですが、利用者を必要としないところですね。マンションや駐車場などの土地活用は、施設の利用者がいなくなってしまうと赤字になってしまいます。

ですが、太陽光発電は利用者を必要としないため、「利用者の減少による収入減」というリスクがないのです。

そのため、日当たりさえよければ、人口の少ない土地であったとしても儲けることができます。

また、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」という制度があるため、20年もの長い間、同じ価格のまま買い取ってもらえるのも魅力です。

「買取価格が年々下がっているから、太陽光発電を始めても収入が落ち込んでいく」なんてことはありません。

このように、太陽光発電は利用者の有無に左右されずに、安定した収入を長期間得ることができる土地活用なのです。

ただ、初期費用は50坪の土地の場合でも、500万円ほどかかってしまいます。

そのため、資金に余裕があって、日当たりのよい土地を持っている人は太陽光発電という活用方法を考えてみてもよいでしょう。

あわせて読みたい
太陽光発電による土地活用
【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリ...

立地によってはコインランドリー

コインランドリー

50坪あれば、駐車場付きのコインランドリーを建てることが可能です。立地がよければ、コインランドリーという活用方法を考えてみてもよいでしょう。

「立地がよければ」といっても、コインランドリーに向いている土地はどういった土地なのでしょうか。

コインランドリーの利用者は30代や40代の女性が大半となっています。そのため、30代や40代の女性がよく通る、スーパーマーケットやドラッグストアといった商業施設のある生活道路沿いに建てるのが理想的ですね。

「生活道路に沿っていない=よくない立地」であるかというと、そうではありません。都市部の場合は、駅の近くという立地もおすすめです。

何故、都市部かつ駅の近くがおすすめなのかというと、「都市部の自動車保有率が低い」「仕事の帰りに立ち寄りやすい」というのが理由ですね。

所有している土地がコインランドリー経営に向いているかは、生活道路沿いなのかだけでなく、その土地周辺が栄えているかどうかも見る必要があるということです。

コインランドリー向きの土地を持っていたとして、気になるのは初期費用ですよね。コインランドリーの初期費用は、2,000万円から3,000万円ほどかかります。

建物代も安くはありませんが、最も高いのは機械代ですね。初期費用の半分前後が機械代となります。このように、コインランドリーは多額の資金が必要な土地活用なのです。

もし、手持ちの資金だけでは足りない場合は、金融機関から借り入れをする必要があります。

所有している土地がコインランドリーに向いていて、まとまった資金のある人はコインランドリーという土地活用を検討してみてください。

あわせて読みたい
フランチャイズ土地活用
フランチャイズの土地活用:コンビニやコインランドリーは儲かるのか自分で新しく店舗事業を始めるのは失敗しないか不安ですよね。そこで、フランチャイズによる土地活用がおすすめです。 フランチャイズであ...

50坪でも土地活用は十分可能

ここまでに紹介したように、50坪でも様々な土地活用を行うことができます。この章では、50坪という広さの土地で土地活用をするメリットを紹介しましょう。

土地活用しないと固定資産税がもったいない

土地を所有していると固定資産税を支払う必要があります。

もし、固定資産税評価額が1,000万円の土地を所有していた場合、およそ14万円もの税金を支払わなければなりません。

これだけの大金を支払わなければならないのに、更地のまま寝かせておくのは非常にもったいないです。

寝かせておいた土地を活用すれば、固定資産税の負担を軽くすることが可能です。

うまく儲ければ、固定資産税の支払いをすべて儲けから出したり、固定資産税の支払い額以上に利益をあげたりすることができることでしょう。

また、土地活用の種類によっては固定資産税の支払額そのものを低くすることが可能です。

一例として、住宅を建てた場合を挙げましょう。住宅を土地に建てると、その土地は住宅用地とみなされます。

そうすると、嬉しいことにその土地の固定資産税は、最大で1/6になります。固定資産税評価額が1,000万だった場合、固定資産税の支払いは約23,000円になるのです。

10万円以上も安くなるのは非常に喜ばしいことですね。

このように、土地活用をすれば、利益を固定資産税の支払いに回したり、固定資産税の支払いそのものを低くしたりできます。

更地のまま放置してしまっている土地を所有している人は、税負担を軽くするためにも、儲けて資金を増やすためにも土地活用を検討してみましょう。

50坪でも安定収入が入る

これまでに紹介した様々な活用方法を見てもらえば、「50坪であったとしても、安定した収入を得られる土地活用ができる」ということが分かることでしょう。

確かに土地活用の中には、初期費用に1億円もかかるうえに空室や災害のリスクがあるマンション経営のような、ハイリスクハイリターンの土地活用もあります。

逆に、先ほど紹介した中にもあった駐車場経営や借地のような、低リスクで安定した収入を得られる土地活用もあるのです。

50坪という広さの土地であっても、先ほど紹介したような土地活用をすることが可能となっています。

そのため、土地活用のプランを考えたり、業者に提案してもらったりすれば、自分のスタンスにマッチした土地活用が必ず見つかることでしょう。

まずは所有している土地で土地活用ができないのか検討してみることが大切なのです。

50坪の土地活用を成功させるには

50坪という広さの土地で土地活用を成功させるためには、以下のことに気を付けてください。

土地に合った最適な方法で土地活用

まず、土地にマッチした土地活用をすることが重要です。「その地域の人々に必要とされていない施設を建てても儲けるのは難しい」ということですね。

たとえば、人口の少ない土地や駅から離れた土地に駐車場をつくったと仮定します。このような立地の場合、つくった駐車場を利用する人はとても少ないでしょう。

利用者が少ないということは、収入が少ないということです。収入があまりにも少なければ、当たり前ですが最悪赤字になってしまいます。

このように、その土地のニーズに適していない土地活用をやってしまうと、赤字になってしまう確率が非常に高くなってしまうのです。

では、その土地のニーズを知るためにはどうしたらよいかというと、その土地周辺の調査ですね。

その土地周辺には、どういった施設があるのか交通量はどのくらいなのかなど、様々なことを調査する必要があるでしょう。

プロに相談するのが早い

「その土地を調査するといっても、自分にはできなさそう」と思う人がいるかもしれません。そんなときは、土地活用のプロへ相談しましょう。

土地活用のプロである土地活用の業者へ相談すれば、所有している土地にどういった土地活用がマッチしているかを教えてもらえます。

あまり詳しくないことは、その道のプロへ聞くのが一番ということですね。

「相談するといっても、1つ1つ業者のところへ回るのは大変」という人は、土地活用会社が行っている「プラン一括請求サービス」を利用するのをおすすめします。

このサービスは、様々な業者の土地活用プランを一括で請求できるサービスです。

嬉しいことに、webから無料で利用できるため、相談しに行くのが大変という人でも問題なく土地活用のプランを手に入れることができます。

土地活用を始めようと思ったら、まずは、「タウンライフ土地活用」のような土地活用会社の「プラン一括請求サービス」を利用しましょう。

そうすれば、手軽かつ無料で土地活用の情報を手に入れられますよ。

あわせて読みたい
土地活用相談先
土地活用の相談は誰にすればいいの?大手?お勧めの無料相談先土地活用の相談をする際、誰に相談すればいいのか悩まれる方は多くいらっしゃいます。土地活用するのであれば、最適なプランで土地を有効活用した...

複数社を比較して最も良い条件のところを選ぶ

先ほど紹介した「プラン一括請求サービス」の利点は、多くの情報が簡単に手に入るだけではありません。

本当の利点は、プラン同士を比較して、よりよいプランを見つけ出せるところなのです。

「なんでプランの比較が必要なの?」と思われた人は、下記の図を見てみてください。

アパート経営建設費

この図にある通り、プランによっては収益額や初期費用の額が1,000万円近く変わってくることがあります。

自分の理想により近い土地活用をするためには、自分のスタンスに最もマッチしたプランを採用する必要があるというわけです。

このように、プランの比較は非常に重要なことです。プランの比較を少しでも簡単にするためにも、「プラン一括請求サービス」を利用することをおすすめします。

まとめ

最後に、本記事で紹介したことをまとめてみましょう。

まず、50坪という広さの土地でも、戸建て住宅の経営や駐車場経営といったものから、太陽光発電のような利用者を必要としない土地活用まで、様々な土地活用が可能です。

「50坪だと土地活用は難しい」と思いこまずに、所有している土地に見合った土地活用の形態を探してみてください。

次に、土地活用を成功させる秘訣ですが、土地にマッチした土地活用を行うことですね。ただ、どういった土地活用がマッチしているかの判断がつかないこともあるでしょう。

そんなときは、土地活用の業者へ相談しに行ったり、「プラン一括請求サービス」を利用したりしてください。

そうすれば、その土地に見合ったプランを見つけ出せることでしょう。「土地活用で悩んだらプロに相談」、これが土地活用を成功させる秘訣です。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら