地域別の土地活用

茨城県で土地活用を成功する秘訣とは?おすすめな土地活用の方法やポイントを紹介

誰しも老後の生活については心配になります。そのときまでに貯金をしておこうと一生懸命働いているかたも多いかもしれません。その不安を和らげるために、あらかじめ土地活用を始めるという手があります。

老後に身体が動かず思うように働けなくても、土地活用なら身体を動かさずに収益を上げられます。

では、どのエリアで土地活用を始めればよいのでしょうか?

そこでおすすめできるのが「茨城県」です。関東地方の北東に位置する県で、農業だけでなく研究なども盛んなエリアです。

茨城県はさまざまな特徴を持っており、幅広い種類の土地活用ができます。今回は、茨城県での土地活用方法についてご紹介していきます。

茨城の土地活用の特徴

エリアの特徴を知らないと、土地活用を始めたあとに損をしてしまうことがあります。そうならないように茨城県の特徴を地価や人口から読み取っていきましょう。

茨城の土地代

出典:https://sumaity.com/

不動産住宅情報サイトのスマイティによると、茨城の平均地価は「約28,000円」です。

全国平均地価は、「約73,000円」となっているので、茨城県の地価は相対的に低いことがわかります。

唯一地価が全国平均より高いのが守谷市で、地価は約86,000円です。したがって、茨城県で土地活用する場合は、全国的見ても地価が低いという点を考慮する必要があります。

茨城の人口

茨城 人口

出典:https://sumaity.com/

不動産住宅情報サイトのスマイティでは、茨城県の平均人口は「約67,000人」となっています。

全国平均人口が「約73,000人」なので、若干茨城県のほうが低くなっています。ただ、茨城県でも市によっては、全国平均を大きく上回っているところが複数あるのです。

人口の多い市を見てみましょう。

水戸市の人口は「約270,000人」で、つくば市は「約227,000人」の人が住んでいます。そのほかの市を見ても、100,000人を超える市の数は多い傾向にあります。

茨城におすすめの土地活用

ここまでの説明でもお分かりいただけたように、茨城の土地代は全国平均と比べ低いです。そのため、茨城県では広い土地を確保しやすいと考えられます。

その点で、茨城県では土地の広さを活かした土地活用を行いやすいでしょう。具体的には、太陽光発電や農業などによる土地活用が浮かんできます。

次に、人口の観点からも考えてみましょう。

全国平均を大きく上回っている市があるため、その人口の多さを活かさない手はありません。人に利用してもらうことで収益をあげる「アパート経営」や「コンビニ経営」などが適しています。

茨城県でアパート経営やコンビニ経営を行うのであれば、特に人が集まりやすい場所を狙うとより効果的です。土地の種類に応じて土地活用の方法を変えるようにしましょう!

茨城の土地活用におすすめな方法

ここまでで茨城県は、土地代が安くて広い土地が手に入りやすい点や人口が多いところも存在するという特徴があることをお伝えしました。

それを踏まえ、茨城県でおすすめの土地活用方法には次のようなものがあります。

茨城県でおすすな土地活用方法
  • 賃貸経営
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • 老人ホーム・高齢者住宅
  • 太陽光発電投資
  • コンビニ経営
  • 農園・農業

ここでは、茨城県でおすすめの土地活用方法をわかりやすく解説していきます。

また、収益が上がりやすいエリアを選べるように有名なスポット情報も一部取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

賃貸経営

入居者募集

茨城でアパート経営をするのであれば、人口の多いつくば市をおすすめします。

なぜなら、日本の研究拠点と定められている「筑波研究学園都市」があり、そこでは「約20,000人」の研究者が研究にいそしんでいます。

また、「筑波大学」という1960年から続く名門大学もあります。平均偏差値は約60強となっており、レベルの高い大学として人気です。

筑波大学のHPによると201851日における学生数は「約17,000人」で、留学生は「約2,500人」となっています。

これだけたくさんの学生や研究者がいるのであれば、周辺でアパート経営、賃貸住宅経営はしやすいでしょう。

賃貸住宅の経営を行うのであれば、入居者数が重要となります。そのため、なるべく人口が集まる付近での経営を行うようにしましょう!

あわせて読みたい
アパート経営メリットデメリット
アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスクアパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。 ...

駐車場経営

コインパーキング土地活用

茨城県で最も人口の多い水戸市は、駐車場経営にうってつけのエリアです。

なぜなら、茨城県で最も乗降客数多い「水戸駅」があるからです。国土交通省の国土数値情報ダウンロードサービスのデータによると、一日あたりの乗降客数は約60,000人。

これだけの人が駅に集まるのであれば、駅を利用するために駐車場を探している人もたくさんいそうですよね。

それに加え、2011年に3月には北関東自動車道が開通しました。

それにより関東の主要都市である、群馬と栃木からの車によるアクセスも活発になっています。この点も水戸市で駐車場経営をおすすめできる利用の一つです。

あわせて読みたい
駐車場経営失敗
駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのよ...

トランクルーム経営

トランクルーム田舎の土地活用
トランクルーム経営とは?

トランクルーム経営とは、屋外に荷物を収納できるコンテナを設置し、それを貸し与える土地活用方法です。

茨城県でトランクルームを始めるなら、車でアクセスしやすい大通り付近をおすすめします。

それは、トランクルームまでの距離が近いという場合を除いて、荷物を手で持ち運ぶことは考えづらいからです。

茨城県庁のHPによると、平成25年における茨城県の人口千人当たりの乗用車保有台数は628台です。

茨城県 自動車保有台数

出典:(一財)自動車検査登録情報協会

これは、群馬県と栃木県に続いて全国3位を記録しています。茨城の生活には自動車が欠かせないことがわかりますね。

そのため、車によるアクセスが良い土地であれば、トランクルームの需要も上がり、茨城県で土地活用をするのであれば、トランクルーム経営も有効な手段といえます。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

老人ホーム・高齢者住宅

土地活用介護施設

日本では、2025年に10人のうち3人が高齢者になると予想されています。

時代を見据えた土地活用をするのであれば、高齢者施設もおすすめです。茨城県で「老人ホーム・高齢者住宅」するのであれば茨城県つくば市を候補に入れるとよいでしょう。

なぜなら、茨城県つくば市には、比較的規模の大きい「筑波学園病院」があるからです。

病院のHPによると病床数は331床あり、2017年度の全年齢における退院患者のうち、60歳以上の退院患者の割合は全体の6割を占めています。

その退院患者数は約3,600人おり、これだけ高齢者に利用される病院があれば、周辺にたくさんの高齢者が住んでいることが予想できますよね。

実際、周辺には老人ホームがいくつかあり、新たな施設への需要も期待できます。茨城県で高齢者施設を立ち上げるのであれば病院の周辺を狙うと効果的です。

老人ホームや高齢者住宅を経営するのであれば、比較的大きな病院の近くでの経営が基本的です。病院が遠すぎてしまうと、入居者が増えない恐れがあるので注意しましょう。

あわせて読みたい
土地活用介護施設
土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?土地活用する上で、介護施設や高齢者住宅を検討する方は多くいらっしゃいます。今後、高齢者が増えることが予想されるため、注目されている土地活...

太陽光発電投資

太陽光発電事業

茨城県だからこそできる土地活用に、太陽光発電があります。太陽光発電では、パネルで発生させた電力を電力会社に買い取ってもらうことで収益を得ることができます。

ただ、太陽光発電を始めるには、広大な土地が必要です。広大な土地がなければパネルを設置することができません。

しかし、地価が低い茨城県であれば、広い土地が手に入りやすいため問題ないですよね。

具体的にパネルを設置しやすいエリアの代表格が常陸大宮市です。常陸大宮市は、茨城県で最も面積が大きく、おまけに地価は約26,000円と安くなっている市です。

広い土地が手に入りやすく、パネルも設置しやすい環境が整っているので、太陽光発電を始めるなら常陸大宮市を検討しましょう。

広大な土地であればどこでも太陽光発電投資をできるわけではありません。太陽光発電では、太陽の光が当たらない土地では当然できないので、覚えておきましょう!

あわせて読みたい
太陽光発電による土地活用
【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリ...

コンビニ経営

フランチャイズ土地活用

コンビニ経営は、人が集まりやすい場所で始める必要があります。

その点でおすすめできるのは、茨城県水戸市にある県庁の周辺エリアです。県庁は茨城全域から住民が訪れる場所であるため、特別な対策をせずとも集客しやすい特徴があります。

しかも、県庁の北には交通量が多い国道50号線が通っているため、スーツ店やレストラン、家具量販店など幅広い種類の商業施設が道路に沿って立ち並んでいます。

そのことからも、やはり茨城水戸市にある県庁周辺は一定の集客が見込めそうです。

茨城県でコンビニ経営による土地活用を始めるのであれば、ぜひ茨城県庁周辺を検討してみてください。

あわせて読みたい
コンビニ土地活用
土地活用のコンビニは儲かるのか?コンビニに土地を貸す方法と家賃収入多くの人が日常的に使うコンビニも土地活用の1つだということをご存知でしょうか。土地活用において、コンビニは儲けの多い活用方法になります。...

農園・農業

農業による土地活用

茨城県で見過ごせない特徴の一つは、農業が盛んであることです。

茨城県のHPによると平成28、29年度の農業産出額は約4,900億円超えており、これは、全国でも2位となっています。

茨城 農業産出額

出典:農林水産省「生産農業所得統計」

茨城県には、全国第一位の産出額を誇っている品目もたくさんあり、レンコン、白菜、ピーマンなどが全国でもトップの産出額です。

これらの点から、茨城県が農業に適したエリアであることについて疑いようがありませんよね。したがって、茨城県では農業による土地活用も候補に入れるべきです。

また、茨城県で農園や農業を行うのであれば、笠間市がおすすめです。笠間市には、茨城県が運営する「いばらき農業アカデミー事務局」があります。

そのため、農業に関する情報収集がしやすく、他のエリアより収益を上げやすいでしょう。茨城県で農業を始めるにあたって、これほど安心できるエリアはありませんよ。

農園や農業で収益を上げる方法には二種類あり、「作った農産物をスーパーや道の駅などで販売してもらう方法」と「農業始めたい人に農園を貸し出して賃料を得る方法」です。

これらの方法を行うことで、農園や農業でも安定して収益が得られるでしょう。

茨城で土地活用するポイント

茨城県にはさまざまな特徴があるため、それに応じた土地活用のコツがあります。

ただ、特徴を押さえて土地活用をするだけではまだ不十分です。ここでは、茨城県での土地活用を安心して行えるようにポイントをまとめたので見ていきましょう。

茨城の特徴を理解した上で土地活用しよう

茨城県で土地活用を行うのであれば、茨城県の特徴を理解した上で土地活用を行うことが重要です。

ここまでに触れた茨城県の特徴を整理してみます。

茨城県の特徴
  • 人口は全体的に少ないが多いエリアもある。
  • 地価が全体的に低い
  • 面積が広いエリアがある
  • 農業が盛んである
  • 有名大学や研究都市がある
  • 車を保有している人が多い

茨城県で土地活用するのであれば、これらの特徴を踏まえて行うようにしましょう。しっかりと特徴を理解していれば、より効率的に収益を上げることができますよ。

田舎と都市部によって土地活用方法が異なる

茨城県のエリアを大きく分けると、都市部と田舎の二つになります。これらのエリアでは、それぞれ適した土地活用方法は当然異なるので注意しましょう。

県庁所在地がある都市部では生活しやすといった特徴があります。そのため、人口が集中するので、「人を集客することで収益を上げる土地活用方法」が適しています。

一方、田舎のエリアでは人が少ないため、都心部と同様の土地活用方法ができません。

しかし、田舎には広大な土地が手に入りやすい傾向にあります。そのため、都心部では不可能である自然を活かしたの「農園や農業、太陽光発電投資などの土地活用方法」が可能です。

茨城県で土地活用をはじめるのであれば、人と自然のどちらに目を向けるかを考えてみてはいかがでしょうか。

土地活用業者をよく比較する

アパート経営建設費

土地活用業者を選ぶことは、土地活用の方法を選ぶのと同じくらい重要です

なぜなら、土地活用業者が違うだけで、初期投資額や将来の収益に差が出る場合があるからです。ここで、アパート経営を例に見てみましょう。

アパートを5,500万円で建築する業者と4,700万円で建築する業者があったらどちらを選びますか? 当然4,700万円のほうが魅力的ですよね。

そのほかにも、運営して20年後に4,100万円の収益が出る業者と、3,000万円しか出ない業者の場合はどうでしょうか? 4,100万円の業者を選ばない手はありませんよね。

また、業者によっては提示する金額が正しくない場合もあります。建築後になって予算オーバーなんてことが起きてしまっては、せっかくの土地活用も残念な結果になってしまいます。

これらのことを引き起こさないためにも、土地活用業者をしっかりと比較し検討することが重要です。

土地活用におけるコストや収益をより詳しく知りたい場合、銀行やファイナンシャルプランナー、税理士などがおすすめです。

茨城の土地活用業者に一括資料請求サービスをする

土地活用のパンフレット

全国に土地活用業者の数は、数え切れないほどあります。そのため、一社一社の見積もりを取っていたのでは埒があきませんよね。

そこでおすすめになってくる方法が「一括資料請求サービス」です。

一括資料請求では、必要最小限の個人情報を入力することで、一度に複数社から資料を取り寄せることができます。

その後、資料を確認して気になった業者があれば、随時問い合わせることもでき、土地活用のプランに対して詳しい話を聞けます。

また、一括資料請求サービスにも種類があり、アパート経営やマンション経営など特定の土地活用方法に特化したサイトやあらゆるジャンルの土地活用方法に対応しているものなどです。

もし、土地活用の方法が定まっていないようなら、幅広い種類を取り扱っているサービスを利用して、情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、茨城県での土地活用についてご紹介しました。茨城県で土地活用するのであれば、まず県庁を中心とした都心部に目をつけるとよいでしょう。

都心部では、人口に比例して土地活用できるチャンスも多いので、初めての土地活用でも安心です。また、学校やオフィスが多いエリアなどを狙うと一定の集客が狙えるため効果的でしょう。

ただ、都心部での土地活用で収益を得る方法は、場所を選び間違えると集客に失敗してしまい赤字経営となってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、茨城県での土地活用は都心部でしかできないわけではありません。

茨城県は、全国に誇れるくらいの農業に適したエリアであり、農業も盛んな県です。その点で、他の地域よりも農業についての情報収集がしやすくなっています。

そのため都心部を離れた田舎の土地でも十分に土地活用で収益を上げることができます。もし、少しでも農業や農園に興味があるなら、田舎での土地活用を始めてみるとよいでしょう。

このように、茨城県では、都心か田舎で土地活用の方法が変わってきます。

その分、土地活用の種類も幅広く行えるのが茨城県の特徴です。茨城県での土地活用を検討しているのであれば、ご自身が始めやすいものを選ぶようにしてくださいね!

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら