地域別の土地活用

熊本県で土地活用を考えているあなたへ:熊本県での土地活用で成功する方法やポイント

土地活用を始めるのであれば、収益の上げやすいエリアに着目する必要があります。ただし、土地活用は決まったエリアを選べば、必ず儲かるというわけではありません。

方法によっては、下手をすると赤字となってしまうケースもあります。その点で、複数の選択肢を比較してリスクのない土地活用を始めるのが無難です。

そこでお進めしたいエリアが熊本県です。

熊本県には、人口が多いエリアと少ないエリアの両方が存在するため、土地活用方法のバリエーションが豊かになっています。

また、熊本県は震災が起きてからまだ間もなく、復旧途上であるという特徴もあります。その点で、土地活用の機会がほかのエリアと比べて増加傾向にある点も見過ごせないポイントです。

今回は、熊本県でおすすめしたい土地活用方法を紹介していきます。

また、熊本県で土地活用をする上で押さえておきたいポイントについてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

熊本県の土地活用の特徴

熊本県では、どのような土地活用が適しているのかを知るためにも、エリアの特徴をつかむ必要があります。

そこでここでは、「地価」「人口」「震災後の状況」という観点から熊本県の特徴に触れていきます。

熊本県の土地代

熊本県 土地代

出典:https://sumaity.com/

不動産住宅情報サイトのスマイティーによると、熊本の平均地価額は「約31,000円」となっています。

全国平均の地価額が「約73,000円」なので、比較すると熊本の地価は全国的に見ても低い傾向にあります。

ただし県内のエリアによっては、地価が全国平均に比べて高いところもあります。

例として、熊本市の中にある「中央区」「東区」「南区」「北区」「西区」が挙げられ、その地価額は「約110,000円」です。熊本市の地価が高い理由の一つは、熊本県の中心部に位置しているからです。

県の中心地であるため公共サービスを受けやすいだけでなく、会社や商業施設も多くて生活しやすい環境が整っています。人が住みたくなるから地価が高くなるのは当然ですよね。

このように熊本市はエリアによっては土地への需要が高く、土地活用で収益を上げることも十分可能なことがわかります。

熊本県の人口

熊本県 人口

出典:https://sumaity.com/

不動産住宅情報サイトのスマイティーによると、熊本県の人口は「約25,000人」です。

全国の平均人口が「約73,000人」となっており、熊本県の人口は全国と比べると半分以下で、かなり人口が少ないことがうかがえます。

では、熊本市で最も人口が多いエリアはどこなのでしょうか? それは、「約190,000人」の人口を誇る熊本市東区です。

そのほかにも人口が多いエリアは複数あり、県庁のある熊本市中央区はもちろん、熊本市北区や熊本市南区なども全国平均よりも多くの人口を誇っています。

このように、熊本市には全国的に見ても人口が多いエリアが複数あります。

熊本県は、全体的に見ても人口が少ないイメージは確かにあるかもしれませんが、人口が多いエリアもあるため、土地活用ができないというわけでは決してありません。

被災後の熊本の状況

平成28年4月14日から16日にかけて、最大震度7を記録する地震が2度も熊本県を襲いました。「熊本地震」です。死者や負傷者がたくさん出ただけでなく、住宅をはじめ重要な文化財なども崩壊してしまいました。

被災状況を具体的な数字でも見てみましょう。

  • 犠牲者は:250人超
  • 全半壊した住宅の数:約43,000棟

このような状況で今後、熊本で土地活用することは果たして可能なのでしょうか? それを知るためにも、被災後現在の熊本県の状況を確認してみましょう。

熊本県の公式HPでは、「復旧・復興のあゆみ」と題された復旧報告記事が随時更新されています。

平成29年度4月26日の出来事として、県道阿蘇吉田線(南登山道)の通行再開が報じられており、南阿蘇村側から阿蘇山上に行けるようになりました。

そのため、阿蘇地域での移動がスムーズになり、観光客の受け入れ態勢も整いつつあるようです。

また、住宅の復興に関しての取り組みとして「くまもと型復興住宅」に注目が集まっています。

くまもと型復興住宅とは?

くまもと型復興住宅とは、被災者の方々が住宅再建を無理なく進められるように提案された耐震性に優れた良質な木造住宅のこと。地域産の木材を取り入れることで価格を低くする配慮がなされており、4月29日にそのモデルの一号が宇城市豊野町に完成されました。

このように、熊本県では道路や住宅を中心に復興が進んでいて、だんだん土地が活用されるようになってきています。

ただし、まだ多くの県民が仮設住宅等で生活しています。熊本県では、住民の暮らしを改善するための土地活用方法に着眼するとよいかもしれませんね。

熊本県の土地活用におすすめな方法

熊本県は、地価の低さや人口の少なさにより、土地活用に不向きなエリアがあります。

したがって、人口の多いエリアに絞った土地活用方法や人口が少ないことを活かした土地活用方法がおすすめです。

熊本県で土地活用を行うのであれば、次のような方法がおすすめです。

熊本県の土地活用におすすめな方法
  • 賃貸経営
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • 老人ホーム・高齢者住宅
  • コンビニ経営
  • 農園・農業

また、熊本県には被災地であるという特徴があるため、他県とは違った角度で土地活用ができます。早速、熊本県でおすすめしたい土地活用方法をご紹介します。

賃貸経営

入居者募集

熊本県でおすすめしたい土地活用方法の一つに「アパート経営」があります。

ただ、「地震が起きて仮設住宅がたくさん整備されてきているのに、アパートを建てる意味があるのか?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

実は熊本県では、いまだに仮設住宅に入ることができない人々がいるため、家賃の低いアパートに需要があります。

一般的に、仮設住宅に入るためには、建物の損壊程度による条件が決められています。

仮設住宅に入る条件

自宅が「全壊」や「大規模半壊」にあたる程度損壊した場合は入居が認められ、「半壊」に相当する場合は入居が認められない。

すべての被災者に住居を提供すると、予算が膨れ上がってしまうから当然ですよね。特に、財政状況が芳しくない自治体にとってはシビアな問題です。

このような条件があるため、熊本県では他のエリアでアパート経営を始めるより、入居者の確保がしやすいです。アパート経営では空き室が出るというデメリットが課題ですが、その問題も熊本県であればうまく解消されるでしょう。

被災者の方々の支援も兼ねて熊本県でアパート経営をしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
アパート経営メリットデメリット
アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスクアパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。 ...

駐車場経営

コインパーキング土地活用

代表的な土地活用の方法として「駐車場経営」があります。駐車場経営では、初期投資がかからないで始められるものがあり、おすすめの土地活用の一つです。

ただ、熊本県で行う場合はエリアを慎重に選ぶ必要があります。

一般的に郊外は、駐車場が安くなる傾向があるため、収益が上がりにくいです。熊本県は、都心部と郊外で地価の落差が激しいため、その傾向も顕著となります。

したがって、熊本県で駐車場経営をするのであれば都心部で行うことが必須となり、その点を踏まえても、県庁がある熊本市中央区が人が集まるのでおすすめのエリアです。

有名な繁華街である「上通(かみとおり)」と「下通(しもとおり)」のアーケードを中心に、飲食店や衣料品店、書店などが軒を連ねています。そのため、買い物客による駐車場への需要が高いです。

アーケードへちょっとした買い物に来るお客さんが多いことを考えると、月単位で契約する月極駐車場よりも、短時間の駐車で収益が発生するコインパーキングが適しているでしょう。

コインパーキングは、収益化が非常に早いという特徴をもっており、最短一か月で始めることもできます。すぐにでも土地活用したい人は、早速コインパーキングの運営業者に相談してみるとよいでしょう。

あわせて読みたい
駐車場経営失敗
駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのよ...

トランクルーム経営

トランクルーム田舎の土地活用
トランクルーム経営とは?

トランクルーム経営とは、物を収納できるスペースを貸し与えることで、その代価として賃料を得る土地活用方法です。

熊本地震によって建物が倒壊したことで、物を収納できるスペースが減ってしまい、私物の管理に困っている方が多い傾向にあると予想できます。

建物が無ければ、今まで室内で管理できたものが雨に濡れるだけでなく、汚れやすくなってしまいます。

下手をすれば盗難される恐れもあるため、早く何とかしたいと考えるのは当然ですよね。それを見越してトランクルーム経営を始めるのも一つの手です。

トランクルーム経営のメリットは、「土地の条件に左右されないこと」や「形がいびつな土地や日当たりが悪い土地でも活用できること」などがあります。

このような土地であっても、人が住むわけではないので誰にも文句をいわれません。

トランクルーム経営は、地震で土地が不安定になっている熊本でも問題なく始められる土地活用方法です。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

老人ホーム・高齢者住宅

土地活用介護施設

土地活用で建物を建てても、使ってもらえなければ収益を上げることができません。したがって空き室がでないような建物を建てる必要があります。

その点で高齢者施設による土地活用が浮かび上がります。

なぜなら熊本だけではなく、日本は高齢化社会に突入しているため、全国共通で今後高齢者施設の需要が高まっているからです。

それを踏まえて、熊本県で高齢者施設による土地活用を始めるのであれば、熊本市南区をおすすめします。

このエリアには「熊本中央病院」という大規模な病院がおり、周辺に高齢者が住居を構える可能性が高いからです。

ちなみに熊本中央病院の規模はどのくらいかというと、病床数は約360床、職員は668名(医師数は100人)といった大規模の病院です。

これだけベッドが多くて、たくさんの医師が勤務していれば、病院の規模が大きいことがわかりますよね。

さらに訪れる外来患者数は、平成25年において「約112,000人」であったのに対し、平成29年では「約120,000人」と、5年間連続で患者数が増加しています。

したがって、高齢者を含め周辺の住民からの需要がとても高い病院であることがわかります。

熊本県で高齢者施設の土地活用をする際に、熊本市南区エリアを候補に入れるのを忘れないようにしてください。

老人ホームや高齢者住宅を経営するのであれば、病院の近くで経営するのが基本的です。病院から遠い場所で経営しても、入居者が集まらない可能性があるので注意しましょう。

あわせて読みたい
土地活用介護施設
土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?土地活用する上で、介護施設や高齢者住宅を検討する方は多くいらっしゃいます。今後、高齢者が増えることが予想されるため、注目されている土地活...

太陽光発電投資

太陽光発電事業

熊本県は都心部の人口は多いですが、県全体の人口が少ないため、アパート経営や駐車場経営が困難なエリアも当然あります。

そのような人口が少ないエリアでおすすめしたいのが「太陽光発電」です。

太陽光発電事業であれば、人が集まらなくても、パネルを設置するスペースさえあれば土地活用を始められます。

太陽光発電で収益を得る方法には、以下の二通りの方法があります。

  • 発電した電気を電力会社に買い取ってもらう方法
  • 発電事業者に土地を貸し与えて賃料を得る方法

また、熊本県の都心部でも太陽光発電の土地活用がしやすいエリアがあり、それが「熊本市北区」です。

熊本市北区は、熊本市の5区の中で最も面積が広くて、自然が豊かで農業従事者が多い区とされています。農業従事者が多いということはそれだけ面積が広いということですよね。

このように、熊本県では、人口の少ないエリアはもちろん、都心部でも太陽光発電パネルを設置しやすい傾向にあります。

熊本で土地活用を行うのであれば、太陽光発電の土地活用も選択肢の一つとして頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

あわせて読みたい
太陽光発電による土地活用
【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリ...

コンビニ経営

フランチャイズ土地活用

どのエリアでも日用品を購入する人は少なからずいることから、コンビニ経営による土地活用も選択肢の一つとしては欠かせません。

しかしコンビニ経営では、人口が少ないと収益が減ってしまうため、熊本県では慎重に場所を選ぶ必要がある土地活用の一つです。

そこで、熊本ではどこでコンビニ経営をすれば収益が上がるのでしょうか?

熊本県でコンビニ経営を行うのであれば、熊本市西区にある「JR熊本駅」周辺がおすすめです。なぜなら、熊本県西区は県庁が所在する熊本市内にあるエリアの一つで、人口が比較的多いからです。

それに伴い駅周辺も人通りが多くなるため、コンビニを立ち上げたにもかかわらずお客さんが来ないというリスクを回避できるでしょう。

コンビニ経営を行う場合、利用者の数はとても重要です。人通りや車の通りが悪い土地でコンビニ経営を行っても、収益が上がらず赤字経営となってしまうので注意しましょう。

コンビニ経営は、土地活用を始める際の選択肢の一つとして考えることをおすすめします。

あわせて読みたい
コンビニ土地活用
土地活用のコンビニは儲かるのか?コンビニに土地を貸す方法と家賃収入多くの人が日常的に使うコンビニも土地活用の1つだということをご存知でしょうか。土地活用において、コンビニは儲けの多い活用方法になります。...

農園・農業

農業による土地活用

熊本県で土地活用を行うのであれば、農業や農園などに土地を使うという方法もあります。それは、熊本県には面積が広いエリアがたくさんあるからです。

熊本県にある市の中でも、特に面積が広いのが天草市です。

不動産住宅情報サイトスマティによると、天草市の面積は「683.78㎢」これは、全国平均面積を見ても3倍以上の面積となっています。

熊本県 土地面積

出典:https://sumaity.com/

また、熊本県天草市の人口は、「82,739人」となっており、人口密度は「377人/㎢」です。このデータからでも推測できように、人口に対して土地面積が広大なことがわかります。

これだけ広い面積があれば、自分で農園を立ち上げて農業を始めたり、農業経営者に土地を貸し与えたりして、賃料を得ることもできます。

そのほかにも、農園で農業体験イベントを開くことで、その参加費を取るというビジネスもできますし熊本なら農業による土地活用のバリエーションは豊富です。

もし、熊本で土地活用を検討しているのであれば、農園や農業も収益をあげるチャンスがあるのでぜひ行ってみてはいかがでしょう!

熊本県で土地活用するポイント

熊本県はほかのエリアと異なる特徴が多いため、それに応じた土地活用が必要となります。

やみくもに土地活用するとかえって損することもあり、気を付けなければなりません。ここからは、熊本県で土地活用する際に意識したいポイントに触れていきます。

人口が少ないのでリスクの少ない土地活用をする

土地活用低リスク

熊本県の最大の特徴は、人口の少なさです。しかし、人口が少ないと土地活用にどのような影響を与えるのでしょうか?

具体的には、一般的なエリアで当たり前のように行われるアパート経営やコンビニ経営がしづらくなることがよい例です。

人が少ないエリアでは、空き室に悩まされたり、商品が売れ残ったりする可能性が高くなります。

また、これは駐車場経営なども同様です。人が少なければ当然車の数も減り、駐車場経営を行っても、空車となるケースが目立ってきます。

熊本県で土地活用を始めても利用者がいなく赤字となっては、土地活用する意味がありませんよね。

そのためには、人に左右されず安定的に収益が得られるリスクのない方法を選択するのが重要です。

土地活用には、リスクがつきものです。失敗してしまうと土地返しのつかないことになってしまうケースもあります。そのため、土地活用を始める際は、リスクなどを考えてから始めるようにしましょう!

田舎と都市部によって土地活用方法が異なる

熊本県は、熊本市を中心に広がる都心部と、そこから離れたエリア間で人口の落差が激しい傾向にあります。

その点で、熊本県内でも市によっては、土地活用方法が異なるという特徴を持っています。

先ほど人口が少ない、地方の地域ではアパート経営やコンビニ経営などが難しいと説明しましたが、都心部では真逆です。

都心部では人口が多いため、賃貸経営では収益を上げるチャンスがゴロゴロと広がっています。公共サービスを受けられることから住みやすく、住居への需要が高いだけでなく、消費活動も頻繁になっているのです。

要するに、県としては人口が少なくておすすめできない土地活用方法でも、一部のエリアでは儲かる可能性があるということです。

そのため、熊本県では人口が少ないからといって土地活用方法を限定する必要はありません。県全体ではなく、県内のエリアごとに特性を見極めて土地活用をすることをおすすめします。

土地活用で成功するには、地域の特徴を見極めることが重要です。なお、熊本県のように人口が少ない地域では、より特徴を見極める必要があるので、心配の方は、プロに相談するのも1つの方法です。

土地活用業者をよく比較する

アパート経営建設費

熊本県で土地活用をする際に気を付けたい点は、エリアの選び方だけではなく、業者選びも大事になってきます。なぜなら、業者によって費用や収益が大きく変わってくるからです。

例えば、ある業者でアパートを建てる場合は「5,500万円の費用」がかかるのに対して、他の業者では「4,700万円の費用」で抑えられたらどうでしょうか。

土地活用を始めた途端から「800万円の損失」を生んでしまっていることになりますよね。

また、収益でも同じことが言えます。一方の業者に運営をしてもらうと20年で「4,100万円の収益」が出るのに対して、もう片方の業者では「3,000万円の収益」しか出ないなんてこともあるのです。

このように、業者選びを失敗するだけで、何百万円、何千万円の「損」をしてしまいます。

土地活用で損をしないためにも、始める際はいくつもの土地活用業者を比較し、本当に信頼できる業者に任せるようにしましょう。

熊本県の土地活用業者に一括資料請求サービスをする

熊本県における優良な土地活用業者を選択するには、一括資料請求サービスの利用にあります。

一括資料請求では、依頼した場合のコストや収益にまつわる資料を業者ごとに比較できるので、どの業者を選べばよいかが一目瞭然です。

しかも、一括資料請求では業者のもとにわざわざ出向く必要もないのがうれしいですね。

また、一括資料サービスのなかでもおすすめなのが「タウンライフ」です。タウンライフでは、全国200社以上の企業から土地活用プランや収支計画書などの資料がもらえます。

手続きも簡単で、連絡先・氏名、土地活用する際のエリア・資金などについて含めた事前情報を記載するだけとなっています。

しかも、無料でサービスを利用できるのだから驚きですよね。熊本県での土地活用を考えている方で、優良な土地活用業者を探したいのであれば、ぜひ「タウンライフ」を活用してみてください。

まとめ

今回は、熊本県での土地か活用について解説してきました。

熊本県は、人口が多いエリアと少ないエリアの差が激しいエリアです。そのため、エリアに応じて土地活用の方法を選び分けるようにするのが重要でしょう。

県庁を中心とした人口の多いエリアであればコンビニやアパート、駐車場経営が適していますし、地方の人口が少ない地域であれば、農園や農業、太陽光発電が適しています。

また、熊本地震による被災地の場合であれば、気軽に管理、収納できるトランクルームがよいでしょう。

このように熊本では、土地の特徴が変わるだけで土地活用の方法も大きく変わってきます。

これは、土地活用業者も同じです。同じ土地活用のやり方でも、業者によってコストや収益の金額に大きな差が出るケースがあります。

熊本県での土地活用に失敗しないためにも、一括資料請求サービス「タウンライフ」を活用し、その地域にあった土地活用方法や優良業者を見つけるようにしてください。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら