地域別の土地活用

沖縄県でも土地活用は十分にできる!沖縄県でおすすめな活用方法や注意点を解説

沖縄県で土地活用を考えたとき、「どのような方法が良いのかな?」「せっかくなら失敗したくない!」と考える方も多いはずです。

そのためには、沖縄県の特徴を理解し、その地域にあった土地活用方法を行う必要があります。

やたら滅多に土地活用を行っても儲かけることはできません。

そこで今回は、沖縄県でおすすめの土地活用方法から、土地の条件まで解説していきます。沖縄県で土地活用を考えているなら、ぜひ参考にしてください。

沖縄の土地活用の特徴

沖縄県で土地活用を行うなら、まずはその地域の特徴を知っておく必要があります。ここではまず、沖縄の特徴について見ていきましょう。

沖縄の土地代

出典:https://tochidai.info

沖縄の土地の坪単価の平均は、2019年の時点で「39万4102円(11万9215円/㎡)」となっています。

全国ランキングで見ても、47都道府県のうち12位となっており、比較的に土地代が高い件だということがわかります。

また、土地代の変動率ランキングでは、全国の中で1位を獲得しているのが沖縄県です。

沖縄県内で最も地価が高いのは、那覇市で坪単価749348円(22万6678円/㎡)」、最も安いのは、渡名喜村で坪単価「4958円(1500円/㎡)」となっており、本島と離島の差はかなり大きくなっている特徴があります。

ちなみに、沖縄県で土地代が高い地域と安い地域は次の通りとなっています。

【沖縄県で土地代が高い地域】

  1. 那覇市:坪単価74万9348円(22万6678円/㎡)
  2. 北谷町:坪単価44万1983円(13万3700円/㎡)
  3. 浦添市:坪単価42万4826円(12万8510円/㎡)

【沖縄県で土地代が安い地域】

  1. 渡名喜村:坪単価4958円(1500円/㎡)
  2. 北大東村:坪単価5057円(1530円/㎡)
  3. 栗国村:坪単価6677円(2020円/㎡)

土地代が高い地域と安い地域では、圧倒的な差があるのが沖縄県と言うことです。

沖縄の人口

沖縄県の人口は2019年5月1日現在で「145万16人」となっています。

性別 人口
男性 713,195人
女性 736,821人
合計 1,450,016人

これは、全国の中で25番目となっており、それほど多い人口がいる県とは言えません。

その中でもやはり那覇市に人口が集中していて、317,392人の方が那覇市に住んでいます。また、沖縄県全体の人口のうち、約9割の129万人が沖縄本島に集中しています。

沖縄県全体の人口は、県としては多い方ではありませんが、沖縄本島の中南部の都市圏の人口密度は、政令指定都市である北九州市よりも高くなっています。

沖縄といえば観光地

沖縄の一番の特徴とも言えるのが、日本でも有名な「観光地」と言うことです。国際通りや牧志公設市場、首里城、ひめゆりの塔など、数え上げればきりがありません。

海が美しい沖縄の離島では、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむこともできます。

沖縄県に公式ホームページによると、平成31年度には国内、国外客合わせて851,400人もの観光客が沖縄県を訪れています。

また、観光客数も年々増加傾向にあり、平成28年から31年にかけての観光客数は次のようになっています。

平成30年から31年にかけては、18,200人も観光客の増加があったという結果もでており、今後ますます増えていくと予想されています。

沖縄の土地活用におすすめな方法

ここまで、沖縄県の特徴についてお伝えしてきましたが、沖縄県では一体どのような土地活用方法がおすすめなのでしょうか。

ここからは、沖縄県でおすすめできる土地活用方法について紹介していきます。

賃貸経営

入居者募集

土地活用と言えば賃貸経営が頭に浮かぶ土地の所有者も多いのではないでしょうか。やはり沖縄県でも、賃貸経営による土地活用はおすすめとなっています。

沖縄県は、47都道府県の中でも出生率が非常に高いことが特徴です。さらに「本土」と呼ばれる他の都道府県からの移住者も多く、沖縄県の人口は年々増え続けています。

平成30年5月と比べても、令和元年5月には5,793人もの人口の増加がありました。

この観点から見ても、賃貸物件を建築する場所や間取りなどに注意すれば、他の都道府県より賃貸経営に成功しやすいといえるでしょう。

中・長期的な収入の確保も期待でき、空室リスクも低いといえます。

しかし、沖縄県は台風が多いため、それに耐えることができる構造の賃貸物件を建築する必要があります。

そのため、他の都道府県で賃貸物件を建築する場合より、建築費や維持費が高額になることがデメリットの一つです。

また、沖縄の一般的な物件には浴槽がなく、シャワーのみというケースも多々あります。

しかし、本土からの移住者には浴槽がある物件のほうがニーズが高いため、どちらの層を入居のターゲットにするかはっきりさせておく必要もあります。

そのほかにも、沖縄は車社会です。

中心部でこそモノレールやバスなどの公共交通機関が発達していますが、少し離れると生活する上で車は必須になります。

賃貸住宅であっても、駐車場有といった住宅を建てることで、ほかの物件と差別化できるので、入居者も集まりやすくなるでしょう。

あわせて読みたい
アパート経営メリットデメリット
アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスクアパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。 ...

駐車場経営

コインパーキング土地活用

先ほどもお伝えしたように、沖縄県は車社会となっています。車は一家に一台ではなく、一人一台という家庭も珍しくありません。

そのため、自身の住まいだけでは所有している車の台数分の駐車場を確保できない家庭も多くあります。

沖縄県の公式ホームページで見ても、平成31年1月の車の保有台数は「1,138,650台(二輪車は除く)」となっており、人口の約8割の方が車を保有しています。

なので、住宅街など多くの人が住まう地域では、月極駐車場のニーズも高いと言えるでしょう。

土地の流動性を確保したまま土地活用を行いたい方や、初期費用をかけずに土地活用を行いたい方に、月極駐車場の経営はおすすめです。

また、都心部においては、コインパーキングの需要が高いことも沖縄の特徴です。

実際に観光客がレンタカーを使ったり、車で来た方がモノレールを使ったりするため、都心部での駐車場の需要は高くなっています。

沖縄県の車保有台数や観光客の増加数から見ても、沖縄県での駐車場経営はおすすめと言えるでしょう!

駐車場経営を行う場合は、所有している土地の場所によって、向いているほうの駐車場経営を行うようにしましょう!

あわせて読みたい
駐車場経営失敗
駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのよ...

トランクルーム経営

トランクルーム田舎の土地活用

沖縄県には、本土からの移住者が増えてきていることは前述しました。このような移住者のほとんどは、マンションやアパートに住むことがほとんどです。

マンションやアパートは、「収納スペースの狭さ」が住む上の不満として挙げられます。そこで、レンタル収納スペースの需要が増加しているということが現在の沖縄の状況です。

また、個人の利用客以外にも、法人や士業、個人事業主の方が書類や事務用品、販促品の保管目的で利用するケースも増えています。

このような理由からも、トランクルームの需要は今後さらに伸びると期待されています。

トランクルーム経営は初期費用を低く抑えることができ、高利回りが期待できることが特徴です。

立地は、特に利便性が良い場所ではなくても十分に利益を上げることができる可能性もあり、変形地にも対応できます。

そのため、「沖縄の土地を持っているけど、立地条件があまり良くない・・・」といった方にもおすすめできる土地活用法です。

トランクルーム経営には、コンテナボックス型とルーム型があります。沖縄県で経営する場合は、コンテナボックス型がおすすめです。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

老人ホーム・高齢者住宅

土地活用介護施設

沖縄県は、全国の中でも長寿県として有名な県です。

男性の平均寿命は、約79歳となっており全国で25番目にランキングしています。その中でも驚きなのが、女性の平均寿命です。

沖縄県での女性の平均寿命は、約87歳となっていて、これは全国で1番長生きする県となっています。

この観点から見ても、今後沖縄県での老人ホームや高齢者住宅の需要は高まっていくと考えられています。

また沖縄は、介護老人福祉施設、老人保健施設、介護療養型医療施設の整備が他の都道府県と比べて格段に進んでいる特徴がある県です。

最近では、介護保険の給付対象となったグループホームについては順調に開設数が増加しています。

このような沖縄の現状から見ても、老人ホーム経営は効果的な土地活用法であるといえるでしょう。

老人ホームとしての土地活用法の方法は、所有している土地に老人ホーム用の建物を建築し、病院や福祉事業者に貸し出し、賃貸料を得る方法です。

土地の所有者は、実際に老人ホームの経営に携わることはなく、経営を行うのはあくまで病院や福祉事業者となります。

実際に経営を行う病院や福祉事業者、そして利用者のニーズに合った老人ホームを建設し、土地活用を成功させるようにしましょう。

あわせて読みたい
土地活用介護施設
土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?土地活用する上で、介護施設や高齢者住宅を検討する方は多くいらっしゃいます。今後、高齢者が増えることが予想されるため、注目されている土地活...

太陽光発電投資

太陽光発電事業

沖縄県で土地活用を行うなら、太陽光発電といった土地活用もおすすめです。ただ、その際には、まず沖縄の気候を知っている必要があります。

日差しがさんさんと降り注ぐイメージが強い沖縄ですが、実はその日照時間は全国平均と比べて低いのが特徴です。

それは、台風の接近による影響が大きいためです。その中でも、九月から二月までの日照時間は最も小さくなっています。

しかし、沖縄は梅雨の影響が比較的小さいため、四月から八月まで、日照時間は右肩上がりになります。

ですので、沖縄で太陽光発電を行う場合には、年間の日照時間の少なさを四月から八月までの日照時間が増加する期間でカバーすることが重要です。

従って、沖縄県で太陽光発電を行う場合、月々の売電収入は年間で波がでてしまうことを覚えておきましょう。

現在、売電価格は太陽光発電の生産と設置のコストの低下などの理由で下落傾向になっています。

ですので、太陽光発電投資をお考えの方には早めの開始をお勧めします。

沖縄県は、台風が多い県としても有名です。なので、太陽光発電を行う場合自然災害の対策は必須です。業者によっては、災害対策を全く行わないとこともあるので、業者選びは慎重に行うようにしてください。

あわせて読みたい
太陽光発電による土地活用
【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリ...

コンビニ経営

フランチャイズ土地活用

沖縄には、2018年にセブンイレブンがようやく参入しました。これは何を狙ったものかというと、訪日外国人観光客への需要を狙ったためです。

今後、2020年のオリンピックに向けて外国人観光客は増えると考えられており、コンビニの需要はさらに高まると予想されています。

また、沖縄県は年々韓国客が増えている県です。日本人だけではなく、外国からの観光客も増えています。

そのため、沖縄におけるコンビニの需要は右肩上がりに伸びていくことが予想されます。

コンビニによる土地活用は既存の日本人向けのものは飽和状態にあるため、外国人観光客をターゲットにできる場所に土地を持っている方におすすめの方法です。

例えば国際通りなど中心部だけではなく、郊外の観光地の近くなどもコンビニ経営に向いているといえるでしょう。

コンビニ経営は最低60坪以上の土地が必要ですが、上記のような場所に60坪以上の土地をお持ちの方は検討してみる価値がある土地活用法です。

あわせて読みたい
コンビニ土地活用
土地活用のコンビニは儲かるのか?コンビニに土地を貸す方法と家賃収入多くの人が日常的に使うコンビニも土地活用の1つだということをご存知でしょうか。土地活用において、コンビニは儲けの多い活用方法になります。...

コインロッカー

コインロッカー駅前土地活用

沖縄は観光客が多いため、大きなスーツケース持った人を多く見かけます。しかし、大荷物を持ったままでは、観光を十分に楽しむことができません。

そこで、モノレールなど公共交通機関の駅の近くに土地を持っている場合には、コインロッカー経営もおすすめします。

コインロッカー経営のメリットは、狭い土地でも始められる点にあります。

利用者は、このような公共交通機関のそばにあるコインロッカーに大きな荷物を預け、観光地へ向かうのです。

コインロッカーは収益がずば抜けて高いわけではありませんが、堅実に利益を上げることができます。

キャリーケースなど大型の荷物も預けられるコインロッカーを設置するなど、場所によってその種類を工夫することも大切です。

あわせて読みたい
駅前の土地活用
駅前におすすめの土地活用7選!失敗しない駅前の土地活用駅前に土地を持っているものの有効活用できていない方は多く見られます。相続などで土地を持っているものの、簡単に土地活用できるものではないで...

沖縄で土地活用がおすすめの土地の条件

沖縄で土地活用を行う際には、土地の条件が重要となってきます。その土地の条件には、次のものがあります。

  • 観光地が近くにある
  • 交通の便が良い場所に土地を持っている

この理由を以下に解説していきます。

観光地が近くにある

まず、一つ目の観光地が近くにあるという点ですが、これは観光地の近くには人が集まりやすいためです。

そのため、駐車場経営やコンビニ経営などを行えば、その分利用者も増え大きな収益に期待ができます。

また、コインロッカー経営なども観光地の近くならおすすめでしょう。

ただ、その反面観光地の近くでは、老人ホームや賃貸経営などの土地活用は、あまりおすすめできないので注意が必要です。

沖縄県で土地活用を行うなら、土地の立地に合わせて土地活用法を考えるようにしましょう。

交通の便が良い場所に土地を持っている

沖縄は基本的に車社会ですが、やはり土地活用を行う土地は、交通の便が良いに越したことはありません。

中心部の公共交通機関が発達した場所がベストです。

しかし、そのような場所以外にも用途により土地活用に向いている土地はたくさんあります。

例えばトランクルームなどは、車で訪れる方が多いため、必ずしも中心部にある必要はありません。また、コインロッカーも同様です。

所有している土地が交通の便が悪い場所にある場合には、その場所に合った土地活用法を考えてみましょう。

沖縄県で土地活用するポイント

沖縄県で土地活用する際には、沖縄県独自のポイントがあります。そのポイントを解説していきます。

人口が少ないのでリスクの少ない土地活用をする

土地活用低リスク

沖縄県の総人口は47都道府県の中では、少ない県です。

人口が少ないと言うことは、賃貸経営や駐車場経営を行っても、利用者が見つからない可能性が高いということになります。

そのため、沖縄県で土地活用を考えているなら、リスクのない土地活用を行うようにしましょう。

リスクがない土地活用がどういったものかと言うと、初期投資があまりかからない駐車場経営やトランクルーム経営などの土地活用です。

逆にリスクが大きい土地活用方法は、賃貸経営などがあります。

必ずしも全部の土地活用方法にリスクがないと言えませんが、人口が少ない沖縄県なら、なるべく初期投資がかからない土地活用方法がおすすめです。

土地の立地条件によっては、リスクの大きい賃貸経営などがおすすめの場合もあります。土地活用を行う場合、立地条件にあった土地活用が重要です。

田舎と都市部によって土地活用方法が異なる

沖縄県の特徴のところでもお伝えしたように、沖縄は本島に人口の9割が集中する県です。そのため、田舎の地域と都市部の地域では、土地活用の方法は大きく異なります。

人口が多い地域であれば、賃貸経営や駐車場経営を行っても利用者を簡単に見つけることができます。

しかし、人口が少ない地域で賃貸経営や駐車場経営を行っても利用者が見つからず、失敗してしまうだけです。

逆を言えば、都市部で太陽光発電を行っても、建物の陰になってしまい太陽の光を集めることはできませんが、田舎の地域ならさえぎるものがないので、十分に行うことができるでしょう。

このように、田舎と都市部では土地活用方法が大きく異なるということを覚えておきましょう!

土地活用業者をよく比較する

アパート経営建設費

土地活活用を行う上で最も重要となるのが、土地活用業者の比較です。

上記の画像でもわかるように、土地活用業者を比較しないだけで、何百万から何千万もの損をしてしまいます。

同じ土地活用法を行うにしても、初期費用やランニングコストなどは土地活用業者によって大きく異なります。

土地活用を行う場合、しっかりと土地活用業者の比較を行い、損のないように土地活用を行うようにしてください。

沖縄の土地活用業者に一括資料請求サービスをする

土地活用資料請求

土地活用業者は、数社のプランを比較・検討してから決めることが望ましいことは前述しました。

しかし、自らの足を使って1社1社土地活用業者を回るのは、非常に労力や時間がいることです。また、中には「そんな暇がない・・・」といった方もいるでしょう。

そんなときにおすすめなのが、「一括資料請求」です。

一括資料請求では、一度に複数の業者からプランの提案を受けることができます。

また、気になったプランがあれば、直接業者に問い合わせることもできるので、土地活用を考えている方にはおすすめです。

複数の業者のプランを比較できるので、最も優良な業者も簡単に見つけることができます。

もし、沖縄県での土地活用で悩んでいるのなら、まずは一括資料請求を行ってみてください。きっと、あなたに1番の土地活用方法を見つけることができます!

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら