土地活用

1000坪あるなら土地活用しなきゃもったいない!有効的な活用方法や注意点

土地オーナーの人で、土地を持て余してしまっている人はいませんでしょうか。もし、持て余してしまっているのでしたら、それは非常に不経済です。

何故、不経済なのかというと、土地を所有していると固定資産税の支払いを毎年しなければならないからですね。

しかも、この固定資産税の支払い額は、土地の価格が高ければ高いほど、高額となってしまいます。

そのため、広大な土地を所有している人こそ、土地活用をして儲けた方がよいのです。

本記事では、1000坪という広大な土地での土地活用について紹介します。広い土地をどう活用してよいか分からないという人は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてくださいね。

1000坪ってどのくらいの広さ?

1000坪の土地を使った土地活用について紹介する前に、1000坪の土地がどれほどの広さなのかを説明しましょう。

まず、1000坪を平米(㎡)に変換してみますね。

1坪3.30579㎡なので1000坪を変換すると、3305.79㎡となります。この広さは、1辺が57mの正方形とほとんど同じ面積です。

もし、数字だけを聞いても広さのイメージがつかめない場合は、「1辺の長さ = 小学校や中学校にあった50m走のコースより少し長い距離」と考えてみてくださいね。

1000坪の固定資産税はいくら

これだけの広さがある1000坪の土地ですが、気になるのは「固定資産税がどれくらいかかるか」ですよね。

固定資産税は、土地の固定資産税評価額や自治体ごとに定められている税率(多くの場合1.4%)によって決定されます。

そのため、所有している土地がどの地域にあるのかによって、固定資産税の支払い額は変化するのです。

ここでは一例として、「110万円の土地を所有している場合の固定資産税」を考えてみますね。

110万円なので、1000坪の場合、土地の価格は1億円となります。

固定資産税評価額は、土地価格の70%を目安に決定されるためこの場合の固定資産税は、次の計算式で求めることができます。

【土地価格が1億円の土地の場合】

(土地価格) × 0.7(固定資産税評価額) × 0.014(税率) = 固定資産税

「1億円 × 0.7 × 0.014 = 98万円 」

このように、110万円だったとしても1000坪ともなれば、年間およそ100万円もの固定資産税を支払わなければならないのです。

あわせて読みたい
土地活用税金
土地の税金はいくら?税金の種類や計算方法:税金対策のコツや注意点土地を持つということは、その土地にかかる税金を納めることでもあります。納める税金の額は、土地の使い方・活用方法によって変化することはご存...

1000坪の土地があれば活用しないのはもったいない

先ほど紹介したように、土地の価格が比較的安かったとしても、1000坪という広大な土地であれば、固定資産税の負担はとても大きくなります。

そのため、土地を遊ばせておくのは非常にもったいないわけです。

「これだけの固定資産税がかかるのなら、いっそのこと売ってしまうか」と思う人もいることでしょう。

確かに、売却してしまうというのもよい手です。自分の土地でなくなれば、固定資産税を負担する必要がなくなりますからね。

ただ、土地を売るということは、「その土地から得られたであろう利益を得る機会を失う」ということと同義です。

そのため、あまりよく考えずに売却してしまうと「土地活用をした方が儲かったな」と後悔することになるでしょう。

後悔をしないためにも、土地を持て余してしまった場合には、土地活用のプロへ相談しましょう。きっと、よい土地活用プランを提案してくれますよ。

1,000坪の土地を所有しているだけで、毎年100万円近くの固定資産税がかかってしまいます。何もせずこの金額がかかるなら、土地活用を行い儲けましょう!

1000坪の土地を持っている方におすすめの活用方法

1000坪という広さの土地について説明したところで、ここからは具体的にどういった活用方法が向いているのかを紹介します。

ピンときた土地活用があった人は、その土地活用を扱っている業者へ相談してみてください。

アパート経営

アパート経営のやり方

広い土地を活かして、アパート経営をするというのもよい手ですね。

アパート経営は、入居者からの家賃が収入となる土地活用です。そのため、入居者が多ければ多いほど収入は大きくなります。

裏を返せば、空室が多くなると収入が小さくなるということでもありますね。

このようにアパート経営は、「入居者がどれだけいるか」「入居率は高いか」というポイントが儲けの大きさにつながってきます。

広い土地にアパートをいくつも建てれば収入が大きくなり、儲けも大きくなることでしょう。

ただ、その土地のアパート需要を上回る規模のアパートを建ててしまえば、空室が多くなってしまうことが予想されます。

こういった特徴があるため、大規模なアパートをつくる場合は、小規模のアパートより「ハイリスクハイリターンの土地活用である」といえるでしょう。

アパート経営には莫大な資金が必要ですが、その見返りも大きい土地活用です。

アパートを建てるのに向いていそうな土地を所有している人は、不動産業者へ相談してみてはいかがでしょうか。

アパート経営では、入居者が重要になります。需要がない土地でアパート経営を行っても空き室が増え大損をしてしまうので注意しましょう。

あわせて読みたい
アパート経営メリットデメリット
アパート経営のメリットデメリットは?知っておきたいリスクアパート経営を検討している方は、アパート経営のメリット・デメリットが気になりますよね。アパートを建てると数千万円単位の借金をします。 ...

マンション経営

マンション

アパート同様、広大な土地にマンションを建てるというのもおすすめの活用方法です。

マンションとアパートという言葉には明確な差はないものの、「マンションの方が大規模で堅牢」というような扱いをされています。

そのため、マンションの方がアパートに比べて建設費用がかかったり、戸数が多かったりすることでしょう。

マンションもアパートもよく似た賃貸住宅経営なので、アパートの部分で紹介した事柄はマンションの場合でもいえます。

マンション特有の注意点としては、その地域での建物の高さ制限ですね。

地域によっては建物の高さに制限がかかっていて、希望通りのマンションが建てられない可能性があります。

所有している土地にマンションを建てたいと思っている人は、高さ制限の有無という要素がマンション経営には関わってくることをよく覚えておいてください。

もし、「高さ制限といわれても、制度や法律のことはよく分からない」という場合は、土地活用に精通している業者へ相談してみることをおすすめします。

マンション経営もアパート経営同様、立地が収益に大きく関係する土地活用方法です。マンション経営を行う場合は、しっかりと立地条件を見極めてから始めるようにしてください。

あわせて読みたい
マンション経営始め方
マンション経営を始める前に必ず知っておきたい5つのことマンション経営は、一歩間違えると家賃収入を得るどころか、損をしてしまう可能性があります。 そのため、あらかじめマンション経営を行う...

駐車場経営

駐車場経営土地活用

1000坪の土地を駐車場にすれば、多くの車を駐車させられるため、より大きく儲けることが可能でしょう。

まずは、駐車場経営には2つの方式があることを紹介しますね。方式の1つは、月極駐車場方式といって、月ごとに駐車料金を利用者からもらう方式です。

駐車スペースをロープで区切るだけで始められるので、手の込んだ整地をせずとも経営がスタートできるのが魅力ですね。

もう1つの方式であるコインパーキング方式は、1時間や30分といった短い時間ごとに駐車料金が発生する方式となっています。

コインパーキング土地活用

こちらの方式の方が儲けは多いですが、精算機やロック装置などの設備が必要です。そのため、月極駐車場方式に比べて、初期費用がかかってしまうのが欠点ですね。

さて、駐車場経営そのものについて紹介したところで、次は、1000坪の土地で駐車場経営をするうえでの注意点を紹介します。

1000坪のような広大な土地で駐車場経営を行う場合には、舗装費用の高さが少々問題になるかもしれませんね。

アスファルト舗装の費用は、1㎡あたり5,000円前後となっています。

そのため、1000坪(約3300㎡)もの面積を舗装するとなると、おおよそ1,500万円かかる計算になるのです。

この額は駐車場経営の初期費用としては、比較的高いものとなっています。

実際に業者からの見積もりを見ないと、どれだけの費用がかかるか分からないとはいえ、安くない費用がかかることを覚えておいてください。

月極駐車場、コインパーキング経営、どちらも舗装なしで始められる場合があります。詳しくは、専門の土地活用業者に問い合わせください!

あわせて読みたい
駐車場経営失敗
駐車場経営の失敗例を紹介!失敗しないコインパーキング経営の注意点駐車場経営を行う上で、「失敗例を知りたい」という相談は多く受けます。これから駐車場経営をする方は、実際に駐車場経営をしている方が、どのよ...

トランクルーム経営

コンテナボックス

昨今注目されているトランクルーム経営もまた、1000坪の土地で行うにはおすすめの土地活用です。

【トランクルーム経営とは?】

トランクルーム経営という土地活用は、「コンテナを加工してつくったスペースを収納として貸し出すビジネス」です。

スペースを貸し出すという点では、賃貸住宅経営と似ていますね。

ただ、居住用スペースとして貸し出すわけではないので、スペースをつくるための費用は比較的安くなっています。

トランクルーム経営そのものの説明の次は、1000坪の土地でトランクルーム経営を行えるかについて紹介しますね。

トランクルーム経営は、そこまで広い土地でなくても可能な土地活用ということもあり、1000坪の土地では少々広すぎます。

では、何故「1000坪の土地で行うのにおすすめ」なのかですが、それは、駐車場経営も一緒に行えるからですね。

「土地の半分をトランクルームにして、もう半分を月極駐車場にしてしまう」なんて活用方法もあるのです。

トランクルーム経営は、このような柔軟性があるだけでなく、初期費用が抑えられて、高利回りでもあります。

この魅力的な土地活用をやりたくなった人は、ぜひ業者へ相談してみてください。

土地活用の中でも、利回りが高いのがこのトランクルーム経営です。ただし、しっかりと立地条件を見極める必要があるので注意しましょう。

あわせて読みたい
トランクルーム土地活用
失敗しない土地活用:トランクルーム経営のメリットや初期費用トランクルームによる土地活用を検討している方は多くいらっしゃいます。 ただ、トランクルーム経営について詳しく知らない方がほとんどで...

クリニック経営

クリニック医院

1000坪もの土地があれば、複数のクリニックをその土地へ建てられるでしょう。

クリニックという土地活用は、「医者の要望に合わせたクリニックを土地オーナーが建てて、できあがったクリニックを貸し出す」というものとなっています。

レントハウス クリニック

賃貸住宅経営のように、建物を利用者へ貸し出して賃料を得るわけですね。

このような土地活用なので、開業したい医者とクリニックを建てられるだけの土地の広さがあれば十分に実施できます。

1000坪という広さなら、1つのクリニックだけでなく複数のクリニックを建設することも可能でしょう。

実際、クリニックモールという形で複数のクリニックを1つの土地へ建てている例があります。

クリニック 事例 クリニック 事例 概要

積水ハウス公式HPから引用

土地の広さを活かしたクリニック経営をするためには、このクリニックモールというやり方がよいでしょうね。

周辺にクリニックがない、もしくは、「恩のある土地だから貢献がしたい」という場合には、このクリニック経営が向いています。

ピンときた人は、ぜひ検討してみてくださいね。

あわせて読みたい
土地活用ならクリニックがおすすめ?方法やメリット成功のポイント・注意点とは?土地活用というと「アパート」や「マンション」などの賃貸住宅建設を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、所有する土地によっては病院や医療ク...

老人ホーム・高齢者施設

土地活用介護施設

老人ホームや高齢者施設という土地活用も、広大な土地で行うにはぴったりの活用方法です。

この老人ホームや高齢者施設といった土地活用は、広い土地がどうしても必要となってきます。

そのため、1000坪の土地で行うにはよくマッチしているといえますね。

「広い土地なら、マンション経営でもいいのでは」と思う人がいるかもしれませんが、老人ホームや高齢者施設の経営にはマンション経営にはない美点があります。

それは、「マンション経営には向いていない土地でも儲けられる!」というところですね。

マンションの場合は、駅前や交通の便のよいところでないと儲けるのは難しいです。ですが、老人ホームや高齢者施設への入居者は遠方から来てくれる場合があるため、マンションに不向きな土地でも儲けられます。

そのため、田舎の広い土地を所有している人は、この老人ホームや高齢者施設の経営という土地活用が向いているでしょうね。

「栄えていない地域だから活用の仕方に悩んでいる」という人は、老人ホームや高齢者施設の経営という手があることを覚えておいてください。

近年、少子高齢化が問題視されています。今後も高齢者の増加が見込まれているからこそ、老人ホーム・高齢者施設といった土地活用もおすすめと言えます。

あわせて読みたい
土地活用介護施設
土地活用で介護施設経営するには?儲かる?デメリットはあるの?土地活用する上で、介護施設や高齢者住宅を検討する方は多くいらっしゃいます。今後、高齢者が増えることが予想されるため、注目されている土地活...

太陽光発電

太陽光発電という土地活用も、1000坪の土地によくマッチした活用方法ですね。

太陽光発電を始めるためには、比較的大きな土地が必要となってきます。業者によっては小さな土地でも可能かもしれませんが、収入額を高めるためにもある程度の面積が必要なことは予想できます。

土地活用業者によると「250~300坪がソーラーパネルを設置する目安」とのことなので、1000坪もあれば十分に可能でしょう。

また、太陽光発電には次の魅力的な特徴があります。

太陽光発電投資の魅力
  • 再生可能エネルギーの固定価格買取制度がある
  • 利用者が不要

1つ目は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」という制度があるところですね。この制度は、「発電した電気を20年間、同じ価格で買い取ってくれる」というものです。

これだけの長期間、同じ価格で買い取ってくれるのなら安心して経営ができます。

2つ目の特徴は、「利用者が不要」という点です。賃貸住宅経営なら入居者が必要となり、駐車場経営なら車を停めてくれる利用者が必要です。

この太陽光発電という土地活用は、「発電した電気を売って儲けるビジネス」なので、施設を利用する人はいりません。

そのため、利用者を集めにくい田舎であっても、問題なく経営できるのです。

田舎に広大な土地を持っている人は、この太陽光発電という土地活用を検討してみましょう。安定した収入を長期間得ることができるかもしれませんよ。

あわせて読みたい
太陽光発電による土地活用
【失敗しない土地活用】太陽光発電投資のメリットデメリット土地活用する上で、太陽光発電による土地活用を検討しているのではないでしょうか。土地活用する上で、太陽光発電にはどのようなメリットやデメリ...

1000坪の土地活用の注意点

ここからは、1000坪の土地で土地活用を行う場合に、気をつけなければならないことを紹介しましょう。

これらのことをよく覚えておいておき、正しく、儲かる土地活用を行ってください!

場所によって臨機応変に対応

場所、つまり立地というのは、土地活用を実施するうえで非常に重要な要素です。立地に見合っていない土地活用をしてしまっては、最悪赤字となってしまいますからね。

分かりやすく説明するために、ここで例を挙げましょう。

ここでは、人が少ない土地でのアパート経営について考えてみますね。人が少ないということは、「アパートという施設を使ってくれる可能性がある人間が少ない」ということを意味します。

どういうことかというと、「使ってくれそうな人がいない」ということです。

こういったアパートの需要がない土地で経営をした場合、入居者が集まらずに経営が破綻してしまったり、赤字経営になってしまったりする恐れがあります。

このように、立地に見合っていない土地活用をすると、儲けるどころか借金だけが残ってしまうかもしれません。

アパートやマンションの経営なら駅前や人の多い都市部で、太陽光発電なら日当たりのよい土地で、というように、その土地にマッチした活用方法を選択してくださいね。

何度も言いますが、土地活用において立地条件は重要です。土地活用で失敗しないためにも、しっかりと立地条件に合った土地活用を行うようにしましょう。

広いのでよく考えて土地活用をしよう

1000坪という土地は、冒頭で説明したように非常に広い土地です。そのため、土地の使い方を誤ってしまうと、土地を余らしてしまうことになりかねません。

「施設を建てて専用駐車場もつくったけど、土地が余ってしまった・・・」なんてことになれば、余らしてしまった分の土地がもったいないですよね。

使っていない部分についても、毎年、固定資産税を支払うわけですから、余りが出ないようによく考えて土地を使う必要があるわけです。

そうなると、「どうすれば上手く土地を使い切れるか」を知りたくなりますよね。

こういった問題は、土地活用のプロへ相談するのが一番です。所有している土地の形状や面積にぴったりのプランを提案してくれることが期待できますからね。

また、土地が大きければ、その分投資金額も大きくなります。間違った土地活用を行い失敗してしまえば、それだけで大きな借金だけが残ってしまうので慎重に行うようにしましょう!

プロに相談するのが失敗しないコツ

土地活用業者比較

ここまでに説明したように、土地活用は、立地や土地の状態をよく加味して行う必要があります。

あまり考えずに土地活用をしてしまっては、土地活用のプランが破綻してしまうかもしれませんからね。

ただ、「自分の頭や目だけでは、大事なことを見落としてしてしまいそう」と不安になってしまいますよね。

そんなときは、土地活用のプロへ相談しましょう。土地活用のプロへ相談すれば、所有している土地に向いている活用方法を提案してくれますよ。

「土地活用の相談って、お金がかかりそう・・・」と心配している人がいるかもしれませんが、ありがたいことに無料で相談を受け付けている業者もいます。

土地活用を成功させるためにも、まずは無料相談へ行ってみてください。

一括資料請求を使い1000坪の土地を有効活用しよう

土地活用資料請求

実店舗へ相談しに行くという方法以外にも、土地活用の情報を集める手段はあります。それは、土地活用会社が実施している「一括資料請求サービス」というものですね。

このサービスは、土地活用会社のWebページから、様々な業者の資料を一括で請求できるサービスです。

それぞれの業者へいちいち資料請求をしなくて済むのは、手間が省けて嬉しいですね。

また、手間が省けるだけでなく、「利用料がかからない」というメリットもあります。つまり、外出せずに、ネットから無料で資料請求できるということなのです。

直接相談をする以外にも、こういった便利なサービスがあることをよく覚えておいてくださいね。

失敗しないアパート経営・土地活用をするためには安くて儲かる業者を選ぶ

アパート経営は業者によって大きく収益が異なります。せっかくアパートを建てるのであれば、一番儲かる業者を選びたいのが本音です。

そこでアパート経営でおすすめのサービスが、「タウンライフアパート経営」です。たった3分の入力で、完全無料で土地活用のプランやアパート建設会社の資料がもらえます。

全国200以上の会社の中から、あなたに合った最も儲かる業者を選ぶことができます。

タウンライフを活用して年間で1,000万円以上の家賃収入を手に入れている方も大勢います。

今の収入に1,000万円増えたらとても生活が豊かになりますよね。家賃収入で家を買ったり家族のために使ったりしてください。

無料で利用できるサービスなので、アパート経営を検討しているのであれば使わない手はありません!

アパート経営などの土地活用で成功している方は、このようなサービスを上手に利用していますよ。土地活用をするなら一番儲かる業者に依頼しましょう。

アパート経営
完全無料の資料請求!儲かるアパート経営プランを提供してもらう

※たった3分の入力を1度で複数社からの土地活用プランがもらえます

アパート経営以外の土地活用の方はこちら

アパート経営以外の土地活用を検討している方は、「タウンライフ土地活用」がおすすめです。土地活用で最も儲かるプランを提案してくれます。

土地活用するのであれば、楽で簡単に誰でも儲かる方法で土地活用したいですよね。

たった3分の入力で無料で資料が貰えるため、これを利用しないなんて損です!無料で資料を貰って最も儲かる土地活用プランを作成してもらいましょう。

無料簡単!たった3分の入力1度で!便利な一括資料請求はこちら